My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

May 04, 2012

清々しい強さ カーネーションより 2

糸子の強さに惹かれた。どんな状況でも屈しない、自分の生き方を貫く、その潔さと強さに惹かれたのは私だけではないようで。風とともに去りぬのスカーレット・オハラを彷彿とさせる(あ、だからオハラ洋装店なの?)。

これまでの朝ドラといえば、(ほとんど見たことないから土曜の朝たまにチラッと見た限りのイメージですが)、登場人物がみーんないい人で、主人公は一途で健気で頑張り屋さん。時々、こんな人ホントにいる?こんなこと言うか?って感じがして面白いと思ったことがなかった。
カーネーションの主人公は、もちろん洋裁一筋で働き者、だけどとっても人間味がある。そうそう、そういうこと言うよね!って感じ。

年末の総集編で、印象に残っている場面がいくつかある。

Continue reading "清々しい強さ カーネーションより 2" »

ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より

注: これは4月に書いた記事です。

NHK朝の連続ドラマは、普通に日中働いていたら見ることはできない時間帯の放送だが、たまたま年末、前半の総集編を見て、あれ?これ面白いやん!と、ダンナまでが率先して録画し、帰宅後見るようになった(苦笑)。

海外ドラマを見ていると、時々見る日本のドラマの説明セリフの多さに辟易する。そんなこと、こんな場面で、そんな風に言うか、普通?と突っ込みたくなること多し。
カーネーションは、朝ドラには珍しく、セリフの切り返し、つまり脚本の上手さとキャスティングの良さが光った、久々に大ヒットのドラマだったようだ。

途中から見出したにもかかわらず、印象に残っているセリフと場面がいくつかある。

「ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。人は品格と誇りを持って、はじめて希望が持てる。」

Continue reading "ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より" »

Apr 30, 2012

アスリートに学ぶ気持ちの持ち方

皆さんはどちらのタイプですか?
何の分野でもいいのですが、ものすごく上手な人を見たり、組んだりして、明らかに自分の能力のなさというか低さを感じて、あ~私ってダメなんだ~って落ち込むか、うわぁすごいな、私も近づけるようにもっとがんばろう!と思えるか。

私はブログでも書いてきたように、以前はどちらかというと前者で、何かあるたびにガックリ落ち込むことが多かった方です。最近でこそ少しずつポジティブな考え方をするようになってきましたが、それでも何か強烈なトリガーがあると、私は結構グズグズ(ってかウジウジ?)してしまう、気持ちがへたるっていうか。
もともと才能があるわけじゃない、時間的な制約がある中で(ちょっとずつ、こつこつしかできないけど!)やってる割には労力が報われないなあ・・・ なんて感じてしまったりする時があるんです。
しかも、その努力や労力ではなくて、もともと持ってる基本的な能力が違うんでは?と感じる時は、もうそれ自体を変えることはできないわけだから、さらに気持ちは下り坂に。。。。。

最近、ふと思ったのですが、アスリート達は、早い人は小学生くらいからずっーと、勝負の世界にいるわけで、どの競技であれ、必ずどこかで、「自分よりも強い/上手い」人に出くわすはずです。また、プロになっても何度も試合をやる中で、当然勝つ日もあれば負ける日もあるわけです。そんな時、どうやって気持ちを立て直すのか、どうやって次の試合までモティベーションをキープするのか?とても興味がありました。スポーツ選手は、学生時代からそんな環境でもまれているから、メンタルが強いんじゃないかと思うんです。アスリートのインタビューを見たり読んだりして感じた印象的な言葉などを何度かブログにも書いてきました。

でも今回、職場の同僚の若手女子社員が元アスリート(スケート経験者)であることがわかり、彼女にその辺の気持ちの立て直し方など、いろいろ聞いてみました。
とても参考になったので、私のようなクヨクヨ・ヘタレタイプの方にシェアしたいと思います。

Continue reading "アスリートに学ぶ気持ちの持ち方" »

Apr 01, 2012

YELL 巣立っていく君へ

卒業、別れと旅立ちの季節がめぐってきた。

我が家でも、長男が社会人になり、巣立ちの時を迎えた。
お給料がいただける仕事に就けて、独り立ちして親元を離れる。自分たちもそうしてきたように。めでたいことだし喜ばしいことだ。
でも。

あ~、こんな気持ちになるんだ、ってことが、初めてわかった。頭では、理屈ではよくわかっているのだけど、ああ、これで本当に離れていくんだと思うと、やはり寂しい。言わないようにしていたけど、実際家族や他の人にに口にされると、やっぱり寂しいんだ、と。

仕事をしていてよかったと思う。子育てに全力投球して立派に育て上げる人たちもたくさんいるけれど、「空の巣症候群」=子供が巣立っていった後、ぽっかり心に穴が開いたようになてしまう、その気持ち、すごくよくわかる。子育てに100%全力投球できなかった私ですら、穴が開いたように感じるのだから。だから、仕事をして、引越しの手伝いをして、忙しさにパタパタしてるくらいが、ちょうどいいのかもしれない。

職場の同僚で、やはりお嬢さん二人を働きながら育て上げ、上のお子さんは社会人、下の娘さんは大学留学中という方がいて、先日一緒にランチしたときにこの気持ちを話すと、「あぁ、わかる、よくわかる。」と。子供たちはケロッとして新しい世界に飛び出していく。親の心子知らず。

そこで、子供が巣立って「寂しい」という気持ちがわいてくる度、リフレイミングして(言い換えて)みることにした。「寂しい」→「めでたい、喜ばしいこっちゃ」→「これでやっと一人片付いて、せーせーしたわ!」

3月、次男の学校の合唱祭で歌われた曲の歌詞がとてもこの季節にぴったりだったので、新しい世界へ飛び立つ方々へ、この歌詞を贈りたいと思います。 

Continue reading "YELL 巣立っていく君へ" »

Feb 05, 2012

仕事学のすすめ (ETV) 覚書

仕事学のすすめ (ETV) 司法試験伊藤塾長 伊藤真氏 録画より

スケジュール・時間管理
 必ず優先順位をつけておき、遅れが出てきたら下位のほうは捨てる、見切る
 ランチ=可処分時間ととらえる

休みをとる、ボーッとする、リフレッシュすることも必要。

目標 合格体験記を書く、など、具体的にイメージする。
計画を立てることに意味がある。=棚卸しだから。
ゴールと今をつなぐプロセスを見直す。

自分の評価は自分で決める。他人の評価で生きない。

「スランプ、おめでとう」の意味は?

Continue reading "仕事学のすすめ (ETV) 覚書" »

Jul 17, 2011

スランプから脱出する​16の方法 Zen habitsより (要約摂訳)

いい感じの英文ブログを紹介します。

zenhabits - smile, breath & go slowly -

ワタシは最近このブログを知ったのですが、ずいぶん人気があるサイトらしいです。直訳すると、禅の習慣。読んでみると、ムダをすべてそぎ落としてシンプルに暮らし生きよう、ということのようです。
ちょっと前に、禅のよさ(simplicity)をアピールしている外国人が書いた本を紹介されたのも、根底には同じ理由があるのだろうなと思います。

つまりそれだけ、(特に欧米文化において。日本も似たような状況かもしれませんが)、生活が複雑になり慌ただしくなり、多くの人が情報に踊らされて、心のゆとりを失いつつある、あるいは自分を見失いつつある、という背景があるのではないかと。

だからこういう禅の習慣なんてものが、新鮮に映りクローズアップされるのかもしれません。

正直、日本人にとってはかなり当たり前な部分も多いわけですよ、あらためて説教されなくても。茶の湯、能・狂言、禅寺の修行風景等を少しでも観たり触れたりしたことのある人なら、あのミニマリズムの精神は、よーく理解できると思うし、実は日常でも息づいているのではないかと思うのですが。

ここへきて日本で、外国人による禅の習慣や精神性を称えているものが翻訳出版されたり逆輸入されているということは、日本の暮らしがいかに欧米化しているか、ということの逆の表れでもあるような気がします。


さて今回は、ワタシが6月にスランプに落ちたときこのサイトで読んでいたものを、全部ではないのですが、要約しながら訳したものがあるので、それをアップします。16個もあるので、そんなことわかってるよ、と思う部分も、アメリカ人っぽいな~と感じる部分も出てきますが、中にはちょっと新鮮な見方もありますので、ご参考までに。

Continue reading "スランプから脱出する​16の方法 Zen habitsより (要約摂訳)" »

May 22, 2011

医学・医療分野での通訳は

最近時々、医療通訳という言葉を耳にするが、これは推測するに、医療の現場で医師と患者さんの間に立って行う通訳なんだろうか(よく知らなくてごめんなさい)。
だいぶ前に人から、医学・医療関係の通訳は少ないから、できるようになると重宝されるよ、と勉強するよう勧められたことがある。
科学技術畑出身ではないが、技術系の通翻訳にアレルギーは起こさずにきた私も、やはり医学・医療となると、気持ちが引いてしまう。

ずいぶん昔、看護師をやっている知人から、医師と看護師向けの「子供の糖尿病の治療あるいは療養方法」を記した英語論文の翻訳を頼まれ、気軽に引き受けたが、正直かなり苦しんだ。
書かれている英文は読めるし、単語も調べればわかる、なのに因果関係の是非が自分では理解というか判断できないのだ。おそらく専門家なら、一読してすぐにわかる内容であろう。私は最後までわからない部分があったことを友人には正直に伝えた。

おそらく医学・医療関係の通訳や翻訳には、普通の技術系の通翻訳とは大きく異なるプレッシャーがあると思う。

Continue reading "医学・医療分野での通訳は" »

May 15, 2011

通訳の大先輩 その2

4月中旬に書いたもの

職場で、余震が続くためTVをつけているのだが(音声は最小にして)、偶然、NHKTV アーカイブ 「あの人に会いたい」という番組で、ロシア語通訳者の故米原万理さんを特集していた。

米原さん(というか大先輩)の本やエッセイで文章はよく目にしていたが(抱腹絶倒の小気味良い文章が多いですよね)、
ご本人の生前のご活躍の様子や、容姿も含めて声や話し方などは、この番組で初めて、見聞きすることができた。

Continue reading "通訳の大先輩 その2" »

Jan 22, 2011

脳をやる気にさせる習慣

脳流行りで、いろんな本が出ています。

茂木健一郎さんは、「プロフェッショナルたちの脳活用法」という本で、NHKの番組で出会ったその道のプロの方々の努力について、脳科学者の立場から解説していて、興味深いし面白いなと思いました。

昨年末に読んだこの本「脳をやる気にさせるたった一つの習慣」では、ご自身の体験等も含めて、本来は相当難しい研究(クオリア)をしているにもかかわらず(ちなみに以前NHKプロフェッショナルで本人を取り上げていた時、東大で学生達を指導する時の会話、NHKのディレクターも「さっぱりわからない」と言っていたほど難解だった!)、とってもわかりやすい言葉で、脳の仕組みについて説明してくれています。

時間をおいて読み返すと、また新たに気づきがあったりして、ちょっといいなと思ったので紹介します。

仕事でもスポーツでもなんでもそうだと思いますが、いかにやる気を出させるか、どうやってそのやる気を維持するか、結構たいへんですよね。ワタシもいったんやる気が出て、だんだんノッてくると練習が楽しくなるのですが、まずは最初、自分にやる気の灯をともして、そこまで行くのに一苦労。

Continue reading "脳をやる気にさせる習慣" »

Jan 04, 2011

Justice with Michael Sandel [ハーバード白熱教室]

以前知人が練習素材として取り上げた、サンデル教授のインタビューを聞いて、ぜひこのハーバード大学初の公開となった講義を見てみたいと思っていました。

ウエブでも見ることができますが、Justice with Michael Sandel 
NHKが1~2日の夜中に一挙再放送してくれたので、DVD録画しました。
なんせ長いので、少しずつ見ることに。
幸いにも二カ国語放送で、字幕はなく吹き替えだったので、日本語でも英語でも視聴できます!やったー!

本来なら学費を払っている学生しか聴講することができない海外の大学の講義を、こうやって公共放送でタダで(まあ受信料は払ってますけど)見聞きすることができるなんて、本当に時代は変わったし、幸運だなと思います。

講義は予想以上に面白くて、最初の第1回~2回(01 The Moral Side of Murder / The Case for Cannibalism 「殺人に正義はあるか」「犠牲になる命を選べるか」・「サバイバルのための殺人」
02 Putting a Price Tag on Life / How to Measure Pleasure 「命に値段をつけられるか」「ある企業のあやまち」・高級な「喜び」 低級な「喜び」)までを見た限り、もっと見たい・聞きたいなと思いました。

Continue reading "Justice with Michael Sandel [ハーバード白熱教室]" »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!