My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Feb 09, 2008

光の射す方へ

From Memo in Oct '07:
これを乗り越えれば、きっと光がさしてくる。
慢心も絶望もする必要はない。
今のこの経験は、全て未来へとつながっていく。
チャンスは必ず準備している人のところへやってくる。
あんまり思いつめないこと。やるだけやったら、あとはリラックス!

通訳は新しい方がメインでやるようになり、ワタシは翻訳メインになった。
でもいいこともある。
次の会議の準備ができないくらい忙しかった状態からは解放された。
自主トレの時間がとれる。
各種試験勉強ができる。
健康的な生活。
休みがとりやすくなった。
Hop, Step, Jump!!!

Feb 08, 2008

生き馬の目

だんだんわかってきました。
この世界、やはり競争です。
うまい人に仕事がいく。当たり前といえば当たり前ですが。
二人で会議に入るという機会は、あまりないのですが、たまたま依頼がダブって、かち合ってしまった。
あまりcomfortable ではないまま、なんの打合せもせず始まってしまった。
私は、二人で入るときは、事前になんらかの打合せ(担当するスピーカーを決めるとか、英日・日英で担当を分担するとか)をするもんだと思っていたのだけれど、全くそれもなく、いきなり始まり、適宜訳す、という、とってもやりづらい状況。しかも、この方、「自分はこんなにデキますっ!!」と言わんばかりのパフォーマンス。人のミスは、助けると言うよりは、待ってましたとばかりに訂正しまくり。うわぁ~、参りました。
どうやらこの方、他の人と組んだときも、似たような感じだったらしい。助け合うという気はさらさらなく、ひたすら自分がやりますッ、という勢いで訳しまくってたらしい。
しかも通訳のスタイルがあまりにも違うので、私たちはついていけず、譲るしかない。
人のミスは密の味とばかりに、自己アピールする人が、たしかにこの業界では勝ち抜いていくのかもしれない。
でも、なんだかなあ。なんか違うような気もする。
この世界では、助け合いの精神が、いつか必ず必要になると思うから。もちろん、個人的には努力しますよ。助け合いというのは、人に甘える、という意味で言っているのではない。でも、能力不足や理解不足で、だれにでも、ミスをする可能性はあるわけで、その時に、同僚に助けてもらえるかもらえないか、それも結構大きいんじゃないかなあ。日頃のコミュニケーションの問題もあるだろうし。
生き馬の目を抜いたら、自分も抜かれるんだ、ってことを、お忘れなく。

荒れ野にひとり

振り返ることはあまりしたくないのですが、書き留めてあるメモを元に、
9月までさかのぼって心の軌跡を追います。

夏、自分の実力不足もあるのですが、最大の試練がやってきました。
誰も助けてはくれません。
自分でこの試練を乗り越えるしかないのです。
荒れ野にひとり。
表面は明るく冷静にふるまっていますが、心は荒涼としていました・・・。

Jun 20, 2007

能動的&受動的な 疲労回復

仕事をコンスタントに(フルに)依頼されるというのは、たしかにいいことではあります。
が、しかし、やはり会議に入って通訳してないときは、溜まったファイルをせっせと翻訳しているので、どうしても、用語の整理ができないっっっ!!これはこれでフラストです。
思うに、5月の連休明け以降、通訳メモ(覚えておくべき用語などを走り書きしてあるもの)と、翻訳済みの原稿(これも用語の整理用)が、どんどんデスクの脇に溜まっている・・・ことに気がついた。
そうして、いつの間にか自分の体にも疲れが蓄積しているような気がする・・・

先日、2本依頼された翻訳を終えて、ちょうど3時半のブレイクに、まだまだ翻訳するファイルはあるんだけど、
なんだか発作的にというか、衝動的に、グーグルのサーチ欄に、
「緑の風の中、ランチ、ブランチ、ゆったり」なんていうキーワードを打ち込んでいる自分がいた。

で、今ヒヨコに必要なのは、
「自然の治癒力」なんではないかと。そう、
「緑の風の中で、のーんびり寝ころびたい&ゆったりした気分で食事したい。」

これまでの経験から、エステは期待はずれに終わることが多く(これについては後日書きたい)、ヘッドスパやマッサージにも行ってみたけど、一時しのぎにはなるが根本的には疲れはとれない。
エステやマッサージは受動的な癒しにすぎず、もちろんこれはこれで時々行く分には効果があると思う。でも、やっぱり能動的に体を動かす方が、結果的には気分はスッキリするような気がする。
ヨガもバレエもジムもここのところお休みしている。
やっぱり疲れるから&時間がもったいないからジムを休んでいたけど、これだけだるさが蓄積してくると、やっぱり定期的に体を動かしていた方がいいのかも、と思えてきた。
会費ももったいないし、やっぱりヨガとバレエに行って体を動かそうかな。

Jun 10, 2007

常に冷静に

先週某日、午前中会議で午後翻訳。で夜の7時から9時までの予定で入っていた電話会議が、実際に終わったのはなんと11時!内容は通信関係。
前の前の職場で、私はインターフェイスプロトコルや、データリンクの仕様書を(それもかなり大量の)翻訳していたので、このトピックに関して全くの初心者ではないのだが、それでもやっぱり、予想したとおり、難しかった。
詳細は機密に触れるので書けないし書かないが、
本当に難しくて、途中何度も混乱して、最後の一時間は時々投げ出したくなった。でもなんとか投げ出さずに終わった。
ワタシのこの小さなアタマで、スペシャリスト同士の話を理解するのはもう本当にタイヘンです。限界を感じます。
それでも救われたのは、参加者皆さん冷静で、私がわかるように、言葉を換え表現を変えて説明してくださったこと。感心しました。以前の職場でも思ったけど、ソフト関係の方は皆さん冷静に話されますよね。
常に冷静に。見習いたいです。

Jun 03, 2007

疲労感と充実感と

はぁ~、今週はなんだか忙しかったです。ざっと書くと、
月: 午前中はMtgがキャンセルされたので戻って翻訳。午後3時過ぎに面談のため小学校へ。
火: どんどん送られてくるファイルやメールを翻訳。夕方6時から電話会議。でも数値でモメて消化不良。
水: 10:30まで某会議で日英ウィスパ。10:30からは別の少人数のMtgでウィスパ。午後は翻訳。
木: 10:30から小規模Mtgでウィスパ。午後は翻訳。夕方6時から7時過ぎまで電話会議。
金: 現場で設計関連の打合せ。午後は戻って翻訳。3時からはエンジニアの情報交換会議(これはただ見学するだけ)。その後資料の翻訳。

木曜夜あたりからかなり疲れが出てきました。(もうトシです・・・)
あの、初期の頃の、開店休業状態が今となってはなつかしい・・・
でもねー、エンジニアはもっと忙しいんですよ。時差の関係で、どうしても夜電話会議を数本入れたり、一人でいくつもサブシステムというかモジュールをかかえてるから、打合せの相手も複数になるし。
彼らががんばっているのを、そばで見てよくわかっているので、また、どんなに疲れていても、ユーモアを交えて話をしてくれるので、私もグチったりはできません。
疲れているけど、人様のお役に立てているという感覚が、なんとか自分を支えているのだと思います。

ただ、ヒヨコ的に問題がひとつ。
以前は、会議がどんなに小さな規模でも、前準備をしてから臨むことができたのですが、最近は会議がない時間は翻訳に追われて、全くと言っていいほど前準備ができていません。会議の大小にかかわらず、終わった後は用語の整理などしていたのですが、それもどんどん溜まっていきます・・・。どうしよ・・・
でもそのうちきっと、ちょっとした空き時間ができることを期待しつつ、その時に、用語や資料の整理をしようと思います。
目や首・肩がツライし、体力も気力も衰えを感じることがありますが、でも日々これ精進だと思って、なんとか乗り切りたいと思います。

May 20, 2007

力不足

力不足を痛感しています。
悪いことは重なるというか、自分のできなかったところを、他の人にズバッと直されてしまいました。
それも何度も。
う~ん、やっぱり力不足。。。

なんだか、仕事も自主トレもうまくいかない。
正直、ツライです。
気力体力の衰えを感じます。
若い人や能力のある人がたくさん出てきて、
「あんたみたいに下手な人なんか要らないよ」って言われてるみたい。
子育て時の勉強しなかったブランクと、翻訳の仕事を始めた後も勉強しなかったブランクが、
今さらながらコンプレックスとしてひしひしと。

でも、すんだことをクヨクヨしていてもしょうがない。
目の前の、やるべきことをやるしかない。

でも誰か、助けて!
って、めずらしく叫びたい気分。
どうしたらいいのか、おしえてください!!

May 07, 2007

宇宙へ行ったサル君

副題: Discovery Channel HD に感謝。

4月下旬、社外のメーカーさんとのMtg。ちなみに相手のメーカーさんは皆さんスーツ。
以前も書きましたが、この手の打合せは、やや緊張するのですが、
でも実は用件が技術案件にしぼられているので、話も弾むし、やりやすい。
(交渉ごとというか、駆け引きとか、なんだかお互いが疑心暗鬼のまま紛糾する会議より、ずっといいです)

ただ、今回私がついて行く外国人エンジニアは一人だけだが、早口の米国人。他は全員日本人。
ってことは、日本人が発言している間はずーっとウィスパ日英、彼の発言は逐次で英日。
ところでこの米国人エンジニア、日頃から早口なのはわかっているのだが、問題は、大のジョーク好き。
時には、一人でふざけて、一人でウケてたりする。
"xxxxxxx, xxxxxxx, (laugh)"
ほら、日本人にもよくいるでしょ、(オヤジ)ギャグを一人で言って、一人でウケてる人。そんな感じ。
まあ、緊迫した雰囲気を砕きたくて、笑いを誘いたいのはわかるんですけどね。
でも時々わからないこともあるから、そこが難点。

今回は、というか、いつも大体そうなんですが、
最近は日本人の技術者の方々も、英語ができる、わかる方が圧倒的に多いのです。
だから、いちいち訳さなくてもわかる方が大半です。私は一応、念のため訳して、皆さんも確認のため聞いてる、という感じではないでしょうか。

打合せも終わりに近づき、進行役の方が、
「まあ、今回のケースは僕らが初めてのケースになるかもしれないから。定期的にコミュニケーションとってやっていきましょう。」
米国人: 「そうですね。僕らが実験台(ginnie pig)ってとこかな。ほら、あの宇宙へ初めて行ったサルみたいにね(笑:一人で)」
ここでポイントは、ginnie pig の方ではなく、宇宙へ行ったサルの方です。
彼は、実験台の比喩として、アポロ計画の前に、ほ乳類として初めて一人(一匹?)ロケットに乗せられ、宇宙へ飛んだサルの話を出したのです。
本当に偶然ですが、1ヶ月くらい前に、私ディスカバリーチャンネルで、この話をボーッと観ていたのです。
その時は、それがアポロ計画の前哨戦というか、実験として行われたということ、カプセルの回収に時間がかかり、サル君(名前忘れました)の安否がわからず、皆が冷や冷やしていたこと、カプセルを開ける時のドキドキする気持ち(「生きているんだろうか、大丈夫だろうか」)、そうしてサル君が無事生きて帰ってきて皆笑顔、その後このサル君は有名になったこと、などが、当時の白黒フィルムで紹介され、私の頭の中に、その映像が残っていたのです。

米国人エンジニアが早口で言ったことは、他の日本人の方はすぐにはわからなかったようです。私も、このディスカバリーチャンネルの番組を観ていなかったらわからなかったかもしれない。でも観ていたのが幸いして、わかりやすく訳す(説明する?)ことができました。で、笑いをとれた。すると、日本人の一人が、
「じゃあ、僕らはサルってことだね?」と、英語で言ってくれました。ここでも一同爆笑。すると米国人、
「そう。バナナがあるから、食べに来て。」
という具合に、(彼の望み通り?)、笑いがとれたので、とても終わり方としてはよかったわけです。

この日ほど、たまたま観ていたTV番組に助けられたと、感謝したことはありませんでした。
Discovery Channel さま、本当にありがとうございました。
これは何かのサインかもしれません。何が幸いするかわからない。
何にでも関心を持つことが大事なのでしょうか?
これからも時々、チャンネルをあわせて観ておきたいと思います。

ボルトが丸見え

よく、設計者の方々が、
「この中のボルトが見えちゃうんですよ。」(だから、設計上クリアランスがよくない、という意図を含んでますが)
と言う。これと類似の言い方で、
「ボルトが丸見えになる。」と言うこともあります。

これをワタシ、The (entire) bolt can be seen. とか、We can see the bolt inside. とか、
ウイスパで、テキトーに訳してましたが、
外国人エンジニアの中に、スペイン語・英語・日本語を話す人がいて、
日頃彼には用語や表現の日英ダブルチェックのため、いろいろ質問しているんですが、
この時ワタシの訳すのを聞いた後、
「それからね、The bolt is exposed. とも言えるよ。」
と教えてくれたのです。
The bolt is exposed!! たしかにそうですよね。でもこの発想が私にはなかった。
丸見え、という言葉から、expose という言葉は出てこなかった。

現場で、実物を見ながら表現を学んでいく、いい例だと思いました。

Apr 15, 2007

レターの和訳

あまりないが、時々ビジネスレターの和訳を頼まれる。
(エンジニアが書いた英文のレターを、念のため(誤解を避けるために)、日本語にする、っていうもの)

ちなみに、これまで行った職場では、翻訳は圧倒的に日英が多かったんですよ。前の職場もその前の職場も、95%は英訳だった。つまり日本人の技術者が書いた文書を英訳する、というもの。

で、私はこの英日のレターというのに、ものすごく時間をかける、というか、結果的に時間がかかってしまうんですが、それはですね、日本語の方が、ものすごく気を遣うからです。
だってまず、読む人が日本人でしょ?ちょっとした言い回しや「てにをは」がおかしかったりすると、どんな人でもすぐに気がつくじゃないですか。だから、日英の時の10倍くらい気を遣うんです。
特に尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方、誤字脱字がないかとか、くどくないか、逆に言葉が足りなくて失礼になってないか、とか、英訳なら全然気を遣わないようなことに、神経とがらせてしまいます。よって、校正を3回くらいかけてしまうので、結果時間がかかるのです。そうそう、相手が社内の人か社外の人かでも、言い回しに気をつけなきゃいけないし、とにかくどんな相手か知らない場合は特に、失礼がないか、何度も読み直します。
(もちろん原文の意味・意図を逸脱してないか、というのも考慮します。)

先日、社外の方々との、初顔合わせのMtgがあった。ちなみにこの会議は終了時刻が決まっており、そのためにスピード優先、つまりヒヨコの文法くずれまくり。でもやたら頭のエンジンの回転数が上がった感じだった。
会議が終わった直後、先方の会社の、ある方が名刺を持ってヒヨコのところへ。
「私OOOでございます。この前、メールを流ちょうな日本語に訳してくださったのは、もしかして?・・・」
「(!この方があのメールを読んだ方だ) ハ、ハイ。恥ずかしながら、ワタクシです。」
「そうでしたか。ありがとうございました。今後とも何かありましたらどうぞよろしくお願いします。」
「あ、いえ、こちらこそ、まだわからないことがたくさんありますので、いろいろとお聞きすることがあるかと思いますけども、どうぞよろしくお願いします。」

「流ちょうな日本語」って・・・・・いやー、ワタシ、一応日本人なんですけどねー(笑)。
でも、実は英日はいつも苦戦(悪戦苦闘?)していたので、冷や冷やもの(だってメールは残るでしょ?)だったんですけど、こんな風に言われたのは初めてだったので、とーっても嬉しかったんですよ。
ほーって、胸をなでおろしたというか。
でもね、日英の3倍くらい時間かけてます、なんて、口が裂けても言えないです。ここだけの話。

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!