My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Sep 17, 2011

悪魔に魂を売ると The Devil Wears Prada 感想2

このミランダ(上司)のBitchぶり、鬼上司ぶりには読んでいても圧倒されますが、なぜそうなのか、ファッション雑誌のカリスマ編集長というだけで、なぜそこまでわがままを通せるのか、そして皆も皆なぜ言うことを聞いてしまうのか、一切説明はありません。
同僚のシニアアシスタント、エミリーが何度も言います(彼女もこの鬼上司に振り回されっぱなしなんだけど)。「彼女はいつもそうなのよ、悪気はないの、ただそういう人なの」と。有無をも言わせぬカリスマ編集者の迫力!!

ただ、わがままで理不尽な要求をする上司っていうのは国に関係なく、どこにでもいますよね?彼女の横暴ぶりを思えば、うちのボスなんてたまに暴走しますけど、まだカワイイ方かもしれません。

先日、それを職場の仲間にちらっと言ったら、(もちろん、皆、上司の暴走には悩まされた経験あり)

Continue reading "悪魔に魂を売ると The Devil Wears Prada 感想2" »

The Devil Wears Prada プラダを着た悪魔

今年は震災以降、原発問題や風評被害、震災以前からある少子高齢化や財政赤字、円高や雇用不安など、とにかく暗い話題が多く、練習に使う素材もおのずと深刻なものに。
できるだけ日々の生活は普通に明るく過ごそうと思っていても、やはり時に気持ちが沈んでしまうのは仕方がない。

ただ、せめて観たり読んだりするものは、明るく笑えて、元気が出るものがいい。

The Devil Wears Pradaについて。

8月中旬に読み始めて8月中に読み終えるつもりが、印字が小さくだんだん目が疲れてくるので、本当に少しずつしか読めず、やっと先日9月8日読了。ホント、年ですわ、目がイタイ。PBを大量に読める時期というのも限られてしまうのかな。でも上記の理由から、殺人事件や探偵ものではなく、明るい軽いものが読みたかったので、ちょうどよかった。

いや~、面白かった。
ライター志望なのに全く畑違いのファッション業界で、ボスの理不尽な無理難題に振り回されながらも奮闘する主人公。なんかところどころ共感できる部分もあって、結構笑えました。
でもこの小説に出てくる悪魔みたいな上司に比べたら、うちのボスも含めて、世の中の上司はみーんなカワイイもんじゃないんでしょうか?
この話、原作者の実体験に基づいているらしいので、それなりにリアルです。

Continue reading "The Devil Wears Prada プラダを着た悪魔" »

Mar 11, 2009

2008年 読書記録 (2)

2008年自主勉強のテーマは経済と書いたけれども、平行して、仕事に関係あるもの、それから全く関係ないものを読んだ。当時の同僚だった通訳者達の読みを思い出すに、これがまた三者三様で、興味深い。うち二人はワタシと同じ国産。一人は必ず日経新聞を丹念に読んでいた。学校の先生から、少なくとも日経に書かれていることは、理解できなければいけない、と言われたらしい。もう一人は、かなり難解な科学読み物(日本語・または邦訳、ちなみに分厚いのが多かった)を読んでいた。あと一人は、日本で生まれ育ってはいるが、幼少期からずっとミッション系の学校で、英語やフランス語が当たり前な環境で、自然に身に付いたと言っていた。さらに留学経験ありなので、英語はものすごく自然。彼女はいつも、ロマンス系のPBを読んでいた。

この尊敬すべきかつての同僚通訳者達の読み方は、今でもワタシの中で都度思い出される。
日経は経済知識を理解し、仕事でクライアントと同じframe of referenceを維持するために必要、科学読み物は、ロジックを追いながら理解する力を養うことができる、PBの速読は外国の文化・歴史に触れ、自然な英語の表現が身につく。

というわけで、前回の続き。
秋口は仕事がかなり忙しくなり、新聞を読むのもままならない状況が続いた。疲れて電車内でさえ読めない日々。。。

10月~12月 新書
技術の伝え方 畑村洋太郎 ☆☆☆☆☆ おすすめ。技術者だけでなく、ものづくりに関わる全ての人に読んでほしい本。
日本人の技術はどこから来たか
世界を制した中小企業
ものづくりに生きる
品質管理の基本
品質管理のカイゼン入門
戦略的思考の技術
グローバル経済を学ぶ ☆☆☆
あなたの話は、なぜまわりくどいか
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 ☆☆☆☆☆ あえて説明する必要はないベストセラー。遅ればせながら読んでみて、なぜベストセラーになったのかがよくわかった。身近な例で、経済のしくみや会計学がわかりやすく説明されている。面白くて、印象に残った1冊。

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める 築山 節  ☆☆☆ 
脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める 築山 節  ☆☆☆ 
この2冊は、お医者様が書かれたものなので、実用的かつ説得力あり。意外にも、実行していることも少しはあり、チョット嬉しい。でも新しい発見もあり、時々読み返したくなる本。

Paperback
H.R.H. 友人に借りたロマンスもの
The Shop on Blossom Street ☆☆☆ こういうのを読むと、米国の映画やドラマの脚本の巧さは、こういうタペストリーのような物語を書けるライターがいる裾野が広いのかなと思わせられる。非常に読みやすい。
2007 Best Short Stories まだ全部読み切っていない。やっぱり文学作品系は、難しい。読みごたえあり。

うーん、他にもあったかもしれない。思ったほど読めなかったというのが正直なところ。特にPBは、計画では1週間に1冊のペースで読まないと、身長の2倍に到達しないのだが(しかもそのペースで読んでも2年近くかかる計算)、ぜんっぜんそのペースで読めてなかった。ちなみに、これらの本以外に、ネットからとったニュース記事などはコンスタントに読んでいた。特に金融・経済中心。ただ、ニュース記事以外に、いろんな種類の文体やロジックに触れる必要があると考えていたので、日本語ではとにかくいろいろ読むようにした。
さて、効果のほどは・・・・・?

時間がないので今日はここまで。

Mar 10, 2009

2008年マイ・テーマ&読書記録

もう過ぎてしまったが、一応、昨年2008年の自主勉強テーマは、ずばり、「経済」だった。
昨年の3月頃、友人のpさんとサイトラや逐次の練習をしていて(通称カフェ練)、サブプライムがらみの経済・金融関係の記事をいくつかやってみたのだが、これが全然うまくできない。英語の問題と言うよりも、基本的な経済・金融の知識が全く足りないことからくる理解不足。なんだか一応訳してはいるけれど、人にはそのまま聞かせられないような日本語で、練習だからと割り切ってはいたものの、録音していたら、きっとうなだれていただろう。それまでも、そういう思いは何度かしていたが、その場限りで終わってしまい、何ら進歩がなかった。

そこで、ワンテーマ学習、というか読書を思い立った。
工業英検1級をとっていたので、技術関係の次は、やはり、「経済」。
ちょうどサブプライムや金融危機の問題もあったけれど、何より私たちの生活全ては、経済と密接に絡んでいる。これを一度きちんとやっておく必要があると思った。ただ、大学の経済学部に入り直している時間的・金銭的余裕は全くない。ということは、自分で本を読むしかない。

で、記録によると6月頃、以前読んだ超初心者向けの経済学の本(マンガ)「超入門ゼロからスタート」の中で、推薦されていた本を、いくつか選んでアマゾンで購入。読み切ったものもあれば、ざーっと一読しただけ、部分的によんだだけのものもある。ちなみにこれ全部日本語か、邦訳。知識を入れるのが目的なので、母国語の方が早いから。まず日本語で理解することが先かなと。いずれにしても、一気に読むのは難しく、相変わらずパラレルに数冊ずつ。難しくてどうしても無理、と感じたら、軽い新書などにスイッチして読んでみた。以下はそのリスト。
「日常生活を経済学する」 フリードマン
「まんがDE入門経済学」
「ゼミナール国際経済入門」
「ゼミナール国際金融入門」
「マクロ経済学講義」(これは昔買っておいたもの)
「ミクロ経済学戦略的アプローチ」
「現代アフリカと開発経済学」
「開発経済学入門」
「開発経済論」

7月
「貧困の克服」 アマルティア・セン この本はダンナが持っていた本。期待せずに読んだら素晴らしくて、「こういう本が読みたかった。」と思えた。おすすめ。
「クリティカル・シンキング」 まあまあ。2p読み切りになっているので、読みやすい。
「財政学から見た日本経済」 ダンナが持っていた新書。

8月~10月 洋書多読月間(でもないか・・・) レベルの易しいものからちょっと読みごたえのあるものを、アマゾンのベストセラーランキングを参考に。
Charlie and Chocolate Factory ロアルド・ダールを原書で。笑える。
the Giver 考えさせられる。
Holes 面白い!人気があるのがわかります。
Hush Money これ探偵もの。面白い!

続く

Sep 24, 2007

読書記録 Sep 07

Books for parallel reading:

超基本語50 同時通訳の現場から (読了)
英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング (読みかけ)
人道援助、そのジレンマ (読了)
FA: Crash of Civilization (読了)
Chocolate Chip Cookie Murder (読了)
Tuesdays with Morrie (読了)
You know you should be glad (読みかけ)
Hope in the hell (読みかけ)
CLトレーニング(再読)

これ以外に、JTW (Japan Times Weekly), Foreign Affairs, Economist で気になった記事・エッセイのみピックアップして数本。これはちょっとお勉強入ってるかな。
自己啓発も兼ねて?Dale Carnegie の本(PB)も取り寄せてみた。読書尚友。さて、読み終わるかな?

それぞれ感想を書きたいけど、おそらく時間的な制約で無理でしょう。残念。

それから、最近話題になった、サブプライムローン焦げ付きがらみで、株安円高、利下げの話等、理解するためにも、ここらで経済関係の本を読んでおくべきかなあと思案中。マクロとミクロが絡み合っているので、苦手意識を克服する意味でも、挑戦するべきかな。
APECやASEANがらみで、貿易関係も読みたいし。あ~・・・読む時間がほしい・・・ですね。

Sep 23, 2007

パラレル・リーディング

飽きっぽい性格のワタシが、どうやったら多読速読精読ができるんだろう?
これは以前からの課題で、このブログでも何度か、ふざけたりしつつ時に真剣に書いたことがある。
で、最近、というか、まあ、以前からそうせざるを得なかったというのもあるが、複数の本を読んでいて、大体自分の読むリズムがつかめてきた。(8月くらいしか、いろいろ読む時間がとれない、という事情もあるが)
聞けばなーんだ、ってことなんだろうけど、要は、4,5冊の本を、平行して少しずつ読む、というだけ。
その、4,5冊の組み合わせ方は、例えば、こういう感じだと、ワタシの場合、飽きない。
 1. 日本人が書いた、英語関連の本(つまり、英語と日本語両方載ってる)
 2. 現在自分が最も興味のある分野・事柄についての、日本語&英語の本
 3. ペーパーバック(軽めのもので、純粋に楽しみのために読む)
 4. 新聞・雑誌等(英文)
 5. 英語や時事問題とは全く関係のない日本語の本

そして、どんなに近場にお出かけする場合でも、常に上記4~5種類の「何かしら読むもの」を持ち歩くのだ。ちょっとでも時間ができたら、電車やバスの待ち時間とかに、すかさず、チョコチョコッと読む。もちろん、集中して読めれば一番いいのだけど、それが難しい場合。
逆に、時間がポッカリ空いて、カフェなどで1時間くらい過ごせそうな場合、これを15分か20分くらいに区切って、4冊なり3冊を読むようにする。もちろん、面白くてノッてきたら30分くらい読み進んでもいい。
特にルールはないのだけど、自分なりに、集中力が切れてきたな、気が散ってるな、と感じたら、迷わず、他の本へ移ってみる。硬軟取り混ぜて、自分を飽きさせないようにする。
それから、レバレッジリーディングという本にあったのだが、100%読もうとしなくていい、と、ある程度完全読了を諦めるのもいいかも。大事なことは本の20%に書いてあるらしいし。
人から強制されるのではなく、お勉強でもなく、あくまでも、自分の興味や楽しみのために読んでるんだ、と実感できれば、結構読める。

Oct 21, 2005

学生時代こそ多読を

大学時代、授業で読まされて(!)いたのは、
英米の文学作品やシェイクスピア、タイム、学術論文などを、
辞書を引き引き、時間をかけて読み、内容を理解していた。
今考えると、受験英語の後、いきなり ’ムズたく’ をやっていたことになる。
もちろん、それは決してムダではなかった(と思いたい)のだけれど・・・
でもやっぱりレベルアップのやり方と順番が違っていたような気がする。
(タイムなんて、当時のヒヨコの頭では理解してるつもりになってただけで、本当の意味では理解できてなかったんじゃないかなあ)
授業の進め方も、よく考えたらあまり効率よくなかったような・・・。
基本的に、読ませる量が少なかったのではなかろうか。辞書を引き引きだと、当然遅くなるから、読む量は減る。

少量精読も大事だけど、大量速読も必要。
それを大学の先生方はご存知なんだろうか。

Oct 15, 2005

なぜ多読なのか?

月一で逐次の練習に付き合ってくれている友人が、私がレベル0(200 wordsの語彙で書かれている中学生レベル)から読み直したことを告げると、
「なんで? なんでヒヨちゃんがレベル0から読むの?」との反応。彼女のお母様が最近読み始めたらしく、彼女自身、レベル0は初心者向け、と思っているからだろう。
「速くたくさん読みたかったんですよ。」言い忘れたけど、語感が身につくし。
「英語教育者の中には、ああいう、リトールド版を読むのはよくないって言う人もいるけど。」と友人。おそらく、原書の格調高い英文とはほど遠いとか、省略が多いとか、そういうことを心配しているのだろう。
「初心者でも、ある程度読める人でも、文学作品やSFやノベライズの原作をいきなり読むのは大変かも。段階を追って難度を上げていくほうがいいと思う。リトールド版なら気軽に読めるし。読む速度もアップするし。」
そう、何より続かなくてはいけない。楽しくなければ続かない。

もちろん、最初は勇気が要る。こんなにレベル下げなきゃいけないのか・・・って。(レベル0は、200 wordsの語彙で書かれている。中学生用の副読本にも使われる。)国産で、英検1級やTOIEC900以上の実力をお持ちの方ならきっとそう感じると思う。
でも、伊藤サム氏が書いておられた、
「ジャパタイの新人記者(帰国子女)でも、レベルゼロから読ませるし、伸びる人やカンのいい人ほど、レベルが低いものでも充分味わって読むことができる。」「冠詞や前置詞に注意しながら読むと、新しい発見がある。」
こういった‘効用’を信じ、プライドをばっさり捨てて、ただひたすら読んだ。
ただし、試験前などは、どうしてもニュース記事やエコノミストやForeign Affairs なども読むので、キリン読みの時期もあった。

通訳・翻訳のトレーニングには、英語力という土台が当然必要で、その土台がグラグラしたら、その上にいくら語彙や難しい理論を蓄積しても、やはり的確な訳出は無理。海外で教育を受けた帰国子女や、留学経験のある人、海外で働いたことのある人は、その基礎ができているから、トレーニングすれば、通訳or 翻訳できるようになる(滞在年数にもよるが)。
ヒヨコのような純国産は、ハッキリ言って、まず、この土台がない(か、弱い)。大量の英語にイマージョンした経験がない。だから資格をとっても、なんとなく自分の英語に自信がもてない。数年のブランクで、一気に力が落ちる。ブランク後やり直しても、基礎工事がしっかりしてないから、どんなにタイムやエコノミストを読んでも、いつまでたっても自分の中でしっくり理解できない。
具体的な言葉のイメージが定着していないまま、抽象的な言葉をインプットしても、ピンとくるはずがない。
このimmersion (どっぷり浸ること)状態を、(仕事も家事も育児もある社会人が)強制的に作り出すには、多読多聴しかないと考えた。

多読はこれからも必要だと思っているので、現在進行中なのだが、当座の実感としては、
「あなどるなかれ、語数制限のあるPB」といったところかな。意外に楽しめる。

「やさたく」から、「やさたく&ムズ少し」、そして「ムズたく」へ

祝: 100万語通過

SSSの多読セット、レベル0から始めてレベル6まで、一通り読み終えた。その記録:
(左から)多読セット名:  レベル;  冊数;       総語数
New Starters AH1&2:  0-1     13+13        56,206
Beginner A:        1-2     20         128,837
Beginner B:        1-2     20         138,934
Elementary:        2-3     20         161,374
Intermediate:       3-4     18         245,424
Advanced:         4-6     19         345,203
        Total:          123 books    1,075,978 words

初期の頃は、多読セット以外に、図書館で絵本を借りてきて、20冊くらい読んだ。
多読セットはもっと早く(8月頃)読み終える予定だったが、なにせ他のトレーニングと平行しながらだったので、後半かなり‘ちんたらペース’になってしまった。
でもとにかく読んだ。電車やバス、お風呂の中でも読んだ。
やさたくのよい点:
♪ 語感が身につく
♪ 頭の中でビジュアライズしやすい。
♪ やさしい言い回しでズバリの表現を学べる
♪ 古典・文学作品・小説・歴史もの・SF・実話・ファンタジー・サスペンス・映画のノベライズ等々、様々なジャンルで様々な英文(ライターの癖も含めて・たとえリトールドでも)に触れることができる。いろんな時代・世界を知ることもできるので、単純に楽しい。
♪ 精読と速読が可能。丁寧に読むのもよし。読み飛ばしてもよし。筋を追うだけでもよし。

多読を始めたきっかけは、2004年春期通検2級の二次に落ちて、何とかせねばと、もがいていたときに読んだ、伊藤サム氏の「やさしくたくさん」と、SSSの「今日から読みます 英語100万語!」という本。
SSS多読3原則っていうのがあって、(以下引用)

1) 辞書は引かない、和訳しない
2) 辞書を引かなくても十分わかる本を読み、わからないところは飛ばす
3) つまらなくなったらその本を読むのはやめて、後回しにする

この中で、3)が気に入った。つまらないなら、読まなくてもいい。そう考えると、気が楽になる。
でも実際は、全然後回しにする必要がないくらい、楽しく読めたので、結局全部読めた。

本を読んでる間は没頭できるし、世界が広がる。電車の中にいても、18世紀のイギリスにも、20xx年の宇宙旅行にも行ける。
いつか、印象に残った話や印象に残った場面・セリフなど、感想とともに、書いてみたいと思っている(時間があるとき)。
ちなみに、SSSでは、疲れたらレベルを一つ下げて、高いレベルと低いレベルをまだらに読むことを、パンダ読み、と呼ぶ。
日本語の翻訳と原書を交互に読むのはシマウマ読み、というそうだ。昔学生の頃よくやったなあ。

さあ、次は、児童書や、気軽に読めるPBにトライ。でも秋はきっとキリン読みが続く。

Feb 25, 2005

やさしく、たくさん

結局、ここに戻ってきた。やさしく、たくさん。
ジャパンタイムズ・伊藤サム氏の本で、有名なので英語学習者の間ではご存知の方も多いと思う。私は昨年夏ごろだったか、実力の伸び悩みを感じて悶々としていた時、偶然、ネットでこのコンセプト「やさしく、たくさん」に出会った。この中から、私が、目からウロコなんてもんじゃない、もっと、横っ面をなぐられたような、もしくは心にガッツンと響いた言葉を引用させていただきます:

プロになることを目指す人は、今どんなに力があっても、最初級レベルからきっちりやること。もっと徹底的に基礎を固めましょう。 大人の脳は、日本語で固まり、化石化fossilize しやすい。母語干渉と闘う。 自分で自分をほめましょう。 プロになるなら「身長の2倍」読む。

ジャパンタイムズに入社する(ようなおそらく相当優秀な)帰国子女でも、新入社員には、ゼロから(中学生の教科書や絵本などから)読み直させ、「やさしくたくさん」から、「難しくたくさん」まで、徹底的に多読をさせる、とのこと。

自分がいかに中途半端な実力で、中途半端に仕事をしていたかを思い知らされました。
このブログのサブタイトルの、「真の実力をつけたい!」というのは、そういう気持ちを込めたのです。社内翻訳でお金をいただいているけど、真のプロとはまだまだ呼べない、本当にお恥ずかしい限りの実力なのです。

それから、この本のもう一つ好きなところは、伊藤サム氏の語り口が本当に優しく、心温まる口調で、しかも説得力があるということ。叱られたり怒られたりしても、やる気が出る人はいいのですが、私のように失敗と挫折続きだと、叱られると、ますますヘコむだけ。伊藤サム氏の上記の指摘は、心にガッツンと響きはしたが、気持ちをへこませることはなかったのです。サムさんの心根の温かさを感じました。

サムさん、
いまだに私の実力はプラトー状態。今年は英語力のブレイクスルーが(自分に)起きるといいなと切望しております。でも前も書いたのですが、目の前がパーッと開けるようなブレイクスルーって、あるんでしょうか?ABCやBBCのニュースレポートが、初聴1回で100%わかるようになる日は、果たしてくるのでしょうか? なんだか、今やっていることは、本当に小さな小さな歩みにしか思えないし、独りでコツコツやるトレーニングは、正直言って、楽しい部分とツライ部分と、両方あります。1日のトレーニング量というか、時間が、圧倒的に足りてないのがわかっているのに、毎日やらなければならない。(やらなければ、進歩はゼロですものね。)
タイムやエコノミストやネイチャーが、リラックスして読めるようになる日は来るんでしょうか・・・

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!