My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

May 15, 2011

技術翻訳でこぼこ道

企業で技術翻訳の仕事を始めた頃、大量に訳していた頃は、あまり考えずに機械的に訳すことがよくありましたが、納期に追われるので、結局は訳漏れチェックや文法ミスを直す程度で終わってしまい、
いつも心の中で、本当にこれでいいのかな?という思いを抱いてました。

技術文書は特に、洗練されていなくても通じればわかればいい、というのがあった上、何のフィードバックもなかったので、直しようがなかった。
ただ、いつも、「このままじゃ、ここでは通用しても、他では全く通用しない・使い物にならない翻訳者になってしまう!」という危機感は持ってました。

Continue reading "技術翻訳でこぼこ道" »

May 03, 2005

社内の日中友好?

4月末、社内の中国人と、話すチャンスがあった(初めて)。
私が派遣されている会社は製造業なので、ご多分に漏れず、中国に工場を持っている。翻訳を頼まれた資料に、中国から送られてきたデータが含まれており、知らない漢字があったので、隣の部署にいる中国人のエンジニア(在日12年で、日本語ペラペラ)を紹介してもらい、漢字の意味をきいた。一通り、質問と回答が終わってから、ワタシは何を思ったのか(!)、おずおずと(でも思い切って)、「あのー、中国で反日デモがあったようですが、できれば、私達と仲良くしていただけるでしょうか。」と言ってみた。(なんじゃ?この質問は?)
すると、この中国人のエンジニアは、わざわざ立ち上がって、
「ああ、僕も、できれば、友好的にやっていきたいと思ってます。」(にっこり)
「ほんとですか?嬉しいなあ。」(ニッコリ)
「あんまり、ああいったデモがエスカレートするのはよくないと思っています。」
「そうですよね。私もそう願います。」
「あのデモの後、僕の(日本にいる)友達が、日本人に、石を投げられたとか、帰れ、って言われた人もいます。」
「それはそれでヒドイ・・・。せっかく日中の国交が回復して、中国と日本でたくさんの人が行き来できるようになったんですもの。せめて現場では仲良くしないと、大変なことになってしまいますよね。」
「たくさんの企業でたくさんの中国人と日本人が一緒に働いています。何かあったら、お互いに困ることになるのです。だから、大丈夫だと思います。」というような意味のことを言ってくれた。「また何かあったら、どうぞ。」とも。

それにしても、初対面の人に、なんちゅーことを聞いたんじゃ?あさりどん! おそらく、週末ごとに繰り返される反日デモを見て、やはり心のどこかで、漠然とした不安を感じていたのでしょうね。でも、せめて、現場では、彼の言ったとおり、友好的にやっていきたいものです。歴史問題、教科書問題、ガス油田開発問題、その他台湾・朝鮮半島問題等々、問題は山積しているし、一朝一夕に片づくものでないことだけは確か。だったら、私達一介の市民にできることといえば、現場の個々人同士で仲良くするとか、助け合うとか、そのくらいのことしかできない。友好は足下から。
Charity begins at home. Friendship starts at home.

Apr 17, 2005

七転び八起き

職場で、ちょっと悲しいことがあった。ここでは具体的には書けませんが、とにかく、ツライ。もう仕事辞めたい、って思うくらい。もしかして、風邪の悪化はこれが原因だったかも? でもローンと教育費がね・・・。
そうしたら、今度はひょっこり、嬉しいことがあった。捨てる神あれば、拾う神あり?

こういうことってありませんか?
以前、他の部署のある方に、無理を言って、あることをお願いしたのですが、その時、その方は最初、「たぶん無理だよ。できない(時間的に)。」ってきっぱり言っていたにもかかわらず、結果、お願いしたことを、私が考えていた以上にちゃんとやってくださったのです。それからまた、別の件で米国から問い合わせが来た時も、「俺が答える時間なんかない」と言っていたのに、結局、回答文書を作ってくれて、翻訳だけやっといて、って言って、さりげなーく、フォローしてくださったのです。
私は、学生時代からそうなんですが、先輩や上司に、思いがけずに、(自分が思っていた以上に)、よくしていただくと、
「よし!この人のためなら、次は絶対、お手伝いできる機会があったら、多少の無理はしてでも、がんばって一肌脱ごう。」って思っちゃうのです。(あ、誰でもそうですかね?)

そして、今回、この方(とりあえず、X氏としておきます)が、出張することになり、米国側にプレゼンする資料の翻訳を、私に依頼してこられました、お忍びで。というのは、翻訳の依頼には社内でいろいろメンドーなこともあって、部署が違うし、あからさまにできない、が急ぐもの、なので、電話で、「ちょっと・・・Yには内緒で、頼んでいいかな?」と。
もちろん、やっと恩返しできるチャンスが来たわけですから、私も本来の仕事も結構たくさんあったのだけど、それは言わずに、お受けしました。以前お世話になった、だから今度は多少無理しても、やってさし上げたい、と思ったのです。しかも、X氏はかなり仕事のデキル方。数は少ないけど、社内には、「ぬぬ・・・おぬし、デキルな。」って人が必ずいるでしょ?そういう方。だから、私をこっそりとでも、指名してくださったのが、すごーく嬉しかったわけデス。いろいろ事情があって、私が訳したことはたぶん誰にもわからないのですが、それでも、誠意を持って訳そう、と思いました。誠意には誠意で応えたいですよね。

そしてもちろん、そういう仕事をした後は、「オレ(私)がやってやったんだぞ」って態度は、みじんも見せないし、感じさせない。さりげなさには、さりげなさで応えたいんですよね。

でもこれって、逆に考えれば、マネジャーや上司のあり方を考えると、ちょっと参考になりません? 部下が、この人のためなら、何でもやってやろう、という気になるのは、どういうことか。ね? ちょっと日本的かな?

Mar 11, 2005

ぬるま湯はヤバイ・化石にはなりたくない・でも

社内翻訳の良し悪しについて。
よい点(私が考えるところの): 
1. 原稿を書いた技術者に直接会って、日本語の(!)意味、内容(専門的な)に関する質問ができる。結果、誤訳を防げる。
2. 開発工程や、現物(部品、モジュール、組み立て品、試作品、その他)を見ることができる。機械音痴にとっては、頭の中にイメージしやすいので、助かる。
3. 少しずつではあるが、その分野の専門用語やソフト・ハード両方の知識が蓄積していく。略語にも慣れる。結果、翻訳スピードが上がる。
4. 仕事の量に波はあっても、基本的に時給なので、定収入が得られる。(ボーナスはないが)
5. 宮仕えのつらさはあれど(?)サラリーマンなので、土日が休み。家族の休みにあわせて休みの計画が立てやすい。

悪い点(私が感じるところの):
1. Get bored too often. Jに、How are you? と聞かれて、私がよく答えるのが、Bored to death. 正直言って、技術翻訳は、ワクワクしたり、胸躍るような内容ではない。(最先端の技術に触れられる場合はワクワクしますが)
2. 翻訳とは言えない作業をやることが多い。例えば、既に翻訳した文書の改訂。数字や誤記を直すだけの場合もある。(もちろん新規に加わるところは訳しますけど。)エクセルで8000項目ぐらいあるデータを訳す、っていう仕事があるとして、そのうち7割くらいは、置換え作業。これに、フォントを変えたり、全角入力の数字を半角にする、なんていう作業も加わる。ワードの文書でも、時々置換えできるものもあるので、こういうのばかりやっていると、いつかそのうち、こういう仕事はぜーんぶ、機械翻訳にとって代わるんじゃないか、とさえ思ってしまう。(実際、大量の翻訳を機械にやらせているところもあるでしょう)
3. ぬるま湯状態になる。下手して、ずーっとこのままいると、お尻に根っこが生えるか、化石になっちゃいそう。怖いよー!
4. 年数とともに専門用語に通じてくるのはいいが、その会社(や業界)でしか通じない。他で通用しなくなるのでは?という危機感が膨らむ。
5. 社員と違って、ボーナスなし、退職金なし、なのに、派遣で3年以上(しかも時には社員と同じように)働くのって、意味がないのでは?と思い始めた。

思いつくままに書いてみたけど、よい点悪い点ともに5個ずつ。プラマイして0・・・。でも私の場合、
「このままじゃイカン。ぬるま湯につかったままだと、脳ミソがふぬけになって、化石になってしまう!!」
という危機感の方が強い。 
そもそも英語のやり直し&通訳トレーニングを始めたのも、この危機感が引き金になったとも言える。他でも通用する実力をつけたい!という切実な思いがトレーニングに駆り立てたとも言える。
ただ、ジレンマもあって、やはり山のような(!)家のローンだの子供の教育費だの考えると、例えば、今仕事を辞めて大学院に行って勉強する余裕も、フリーで仕事をする勇気も(もちろん実力も)ない。通訳の学校に通う時間的経済的余裕もない。
いつになるかわからないけど、いずれはステップアップしたい、という気持ちも捨ててはいない。
となるとやっぱり、今は、現時点で、自分にできることを、自力でやるしかない。
あさりどんが化石になるなんて、想像しただけでも恐ろしい(エーン!泣いちゃいそう)。なのでとにかく、通訳自主トレをやって、せめて脳ミソだけでも柔軟性を保つようにしたい。
・・・とまた、自分の‘思い’だけが先走ってるような・・・(ちゃんと実行しろよー) ブツブツ言いつつも、
今日もローンレンジャー・ブルーは(ちなみにローンレンジャー・レッドはダンナ)、ひたすら働くのであった。まる。

Feb 26, 2005

やさしい?技術翻訳

4本くらい前の記事: やさしい?技術用語の中で、一部私の勘違いがありましたので、ここにお詫びして、訂正をさせていただきます。
  「出力電圧」のことを、output voltage とは言わずに、bias を使う。
   → 「出力値」は、電圧を指す場合と電流を指す場合があり、「出力電圧」は、output voltage とも言うし、bias を使う場合もある。

実は、先週、この件と関係のあるモジュールの、ある社内文書を翻訳していて、内容が非常に難しかったので、そのモジュールの担当者に直接会って、いろいろ質問する機会を得ました。最初15分の予定だったのに、結局45分くらいかかってしまい、それにもかかわらず、その若き優秀な技術者は、非常に丁寧に、私の稚拙な質問に答えてくれました。社内翻訳のいい点はこういうところ。でも技術者の皆さんは、ひっじょーに忙しい(誇張ではなく、本当に忙しい)ので、実は、こういうチャンスは滅多にないのです。本当に感謝です。

詳しくは書けないのですが、「出力値」は、機能や部品によって、電圧の場合と電流の場合があり、もちろん、内容がわかっていれば(翻訳者がそれを理解していれば)、voltageや biasとしても、何の問題もありません。むしろ、読み手にしてみれば、わかりやすいから助かるのです。が、やはり中途半端な理解でなまじ知ってるから使おう、というのも非常に危険です。
今回のように、担当の技術者に直接会って話を聞き、自分が思い違いをしていたことに気がついたからよかったのですが、いつもいつもそのようなラッキーな状況にあるわけではありません。こちらも山のような文書をかかえてると、いちいち単語一つのために担当者に聞きに行くのもどうかとためらいます。
で、結局そういう場合(はっきりと何を指すのかわからない場合)は、output value という、直訳で逃げる。

直訳について:
上司で同僚のRが、翻訳に関して、いつもこう言います。
「日本人技術者の書いた日本語を、忠実に、正確に”直訳”してくれ。」と。
つまり、彼は、私の下手な意訳が、日本語の概念を本当に忠実に置き換えているのか、いぶかっているわけ。そして、在日年数7年を過ぎ、日本語の理解にも自信がついてきてる。
「えー、でも直訳じゃ、ワケわかんなくなるもん」と私が言うと、
「君が訳した英語がヘンなのは、君のせいじゃなく、もとの日本語がおかしいからだ。それはわかっている。でもそれでもいいから、直訳してくれ。あとは、こっちで”推理”するから。」

”直訳”して、ネイティヴに”推理”させて理解させるなんて、なんてヒドイ、と思われる方もいるかもしれない(特にフリーでお仕事されてる方は、最初っから、高品質なものが求められるのですから、意訳して当然。これを読んで気を悪くしないでくださいね)。
が、社内翻訳で何が一番重要かというと、「技術の内容・機能や仕組みの詳細・数値・データ」。これに尽きる。逆に言うと、細かい英語の表現なんて、かなりどーでもいいわけ。そんなことより、数値ですよ。メカの仕組みですよ。内容さえ、正確に伝われば、また、図柄や写真があれば、英文の表現や時制なんかは、かなりどうでもいい。(すみません、極端な言い方で)そして、技術屋同士では、極端な話、単語だけ並べても通じるくらい、ツーカーで話をしているし、なぜか”超”直訳調の翻訳でも、ほとんどクレームをつけない。つまりは、内容がわかれば、他は気にしない。

というわけで、社内翻訳というのは、概念を別の言葉で置き換えることを良しとする作業や、質の高い翻訳作業とは、ちょっと違うかもしれない。
個々には難しい部分もあって、やはり、本当に、全体を理解しなければ、いい翻訳はできない、というのが私の信念ですが、急いでるときとか、もうほんとにエイヤで訳してしまうこともある。
難しくて、奥の深い、やさしい?技術翻訳なのです。


January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!