My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Feb 05, 2012

仕事学のすすめ (ETV) 覚書

仕事学のすすめ (ETV) 司法試験伊藤塾長 伊藤真氏 録画より

スケジュール・時間管理
 必ず優先順位をつけておき、遅れが出てきたら下位のほうは捨てる、見切る
 ランチ=可処分時間ととらえる

休みをとる、ボーッとする、リフレッシュすることも必要。

目標 合格体験記を書く、など、具体的にイメージする。
計画を立てることに意味がある。=棚卸しだから。
ゴールと今をつなぐプロセスを見直す。

自分の評価は自分で決める。他人の評価で生きない。

「スランプ、おめでとう」の意味は?

Continue reading "仕事学のすすめ (ETV) 覚書" »

Dec 11, 2011

使えたらいいな、影分身の術!

11月上旬の記録より。

平穏に暮らしているように見える我が家だが、昨年から、バクダンをいくつか抱えている。
家族や身内の誰かが入退院を繰り返していた昨年に比べれば、今年はだいぶ落ち着いたともいえるが、それでも何かしら、他にも、気にしたり気にかけたりしなければいけないことがいろいろある。。

そうしてそういう状態になると、英語や通訳練習は後回しになり、その反動でものすごくニュースを追ったり本を読んだりしたいと「渇望」している自分に気がつく。

できなくなって、ハッと気がつく、本当にやりたいこと。

物理的に体も心も一つしかないのだから、どれかを切り捨てるのは、別にどうってことない。

Continue reading "使えたらいいな、影分身の術!" »

Apr 03, 2011

ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life

大震災で会社が休業になったのをきっかけに、ツイッターを始めたのは先日も書いたとおり。

これまでミクシィに誘われても入らず、フェイスブックも興味はあるが実名公開やいろいろな問題を耳にするため躊躇していたのに、ツイッターの気軽さお手軽さが災い?いえ幸いして、つい気軽な気持ちで始めてしまった。
日本にいながらにして、世界中でいろんな国籍・人種の人がどう考え、どう行動しているのかがリアルタイムでわかる。
しかしこれ、楽しいのはいいけど、また新たにチェックするものが増えたことになる。しかも、面白い記事が紹介してあると、ついついそこに飛んでいって読んでみたり。もちろん、uptodateで有益な情報もあるので、それは自分の練習用に使わせてもらったりもしている。ただ、時間がとられる。うーん、またしても、ソーシャルメディアのディレンマだ。

もともと、携帯やデジカメが登場したとき、私は心底こう思ったものだ。
「あぁ、これが私の高校・大学時代になくてよかった」と。
だって、もしこんな便利なコミュニケーションツール(おしゃべりツール?)が学生時代あったとしたら、100%ハマッていたと断言できる。もともと上の空だった授業中、ノートや紙切れに他愛もないおしゃべりを書いては渡しあいこしてスリルを楽しんでいた元・不良学生は、これ幸いと机の下でケータイでtextしていたであろうと、当然の成り行きで、全く勉強に身が入らなかっただろうと、確信を持って言える(きっぱり)。

デジカメだって、当時プリントするという煩わしさがあったにもかかわらず、行事の度にコンパクトカメラを持ち出しては「思い出作り」と称して写真を取りまくっていたことを考えれば、デジカメなんかあったらそりゃもうハマッちゃって、整理が絶対大変だったはずですよ。

Continue reading "ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life" »

Feb 24, 2008

やっぱり

自主トレのための時間ってないですよ。私の場合。
前の記事の後に、こう書くとすごく言い訳がましくてイヤだけど、
よーく考えてみたら。
平日、仕事から帰るのが夕方6時から7時の間とするでしょ。
次の日晴れで、洗濯物がたまっている場合は、洗濯機をまわす。
それからがんばって夕飯の支度をして、食べさせる。これで8時過ぎ。
その後子供とTVを見たり話しながら食休みをする。
(ここでうたた寝してしまうこと限りなく多し)
片づけは、食器洗浄機に洗ってもらうんだけど、そのセッティングは家族で交代でやることになっている。
で、チラッと9時のニュースなどを見ながら、
次男にはお風呂に入るように促し、洗濯物をほす。
この合間に、学校に出す書類を整えたり、
生協の宅配の注文書を書いたりすることもある。
11時か、遅くとも12時前には寝たいので、
逆算すると、あっという間に自分もお風呂に入らなきゃいけない時間になり、
しかも家族それぞれが、さっさとお風呂に入らなきゃいけない。
翌朝誰が一番早く起きて出かけなくてはいけないかによって、
ダンナ、長男、私の間で、お風呂に入る順番を決める。
やっぱり、一体どこに自主トレする時間あるの?って、
あらためて思った。

で、「時間の使い方」っていうカテゴリーを作っておきながら、
全くと言っていいほど、その記事をエントリーしてこなかったので、
今度こそ、それについて、書いてみたいと思う。
「時間の使い方」は、「時間の作り方」でもあり、「時間の見つけ方」でもあり、
ぶっちゃけ、「ある程度何かをばっさり見切る、捨てる、あきらめる」ことでもある。(笑)
ダンナに言わせれば、寝る(時間を作る)ために、他をあきらめるんだろ、と。そうともいう。
これについては、また今度アップします。
こちらもお楽しみに!(最近予告ばっかりでスミマセン。)


Nov 30, 2005

脱線と善意のパワー その2

帰宅してから、引継ぎの様子をダンナに話す(別の意味で疲れたよー)と、
最近、自分でも会議を仕切ることの多くなってきた彼は、「会議をうまく運営する方法」類の本を読んでいたので、得意げに、ノウハウを話してくれた。
「会議を始める前には、必ず会議の目的とアジェンダと順番を提示する。」
「会議中に脱線するのはよくあること。それは仕方がないとして、それを元の本題に戻す人が必要だよな。司会者を決めないと。ファシリテーターが必要なんだよ。」
・・・そんなことわかっとるわい!
そういうMtgとは明らかにレベルというか質が違うんだけど・・・。

たとえば会社で、会議が始まる前に、議題はもちろん、内容の行く先を教えてくれなければ、そりゃあ不安になるし、どういう姿勢で臨めばいいのかもわからない。どういう方向に持っていきたいとか、どういうアウトプットがほしいとか、水先案内してもらえなかったら、私ならとっても不安で、絶対聞くと思う。

でもね、相手は私達の母親世代の人たちなのよ。
(第2次世界大戦(!)を幼少期または学童期に経験している!世代ですよ)
アジェンダだの、ファシリテーターだの言って通じる相手ではない。
彼女達は、FAXは使えるけれども、小さすぎる字は読めないし、メールは打て(た)ない。
「メールで連絡もらえますか。」なんて、言っちゃダメですよ~!そのくらい気がついてあげなきゃ。メールが打てないのは彼女達のせいじゃないんだから。
ヒヨコ思うに、彼女達が我々に合わせるよりも、私たち世代が彼女達に合わせた方がいいというか、スムーズにいくような気がする。
だから結局は仕切らなかった。
たとえ話し合いがチャッチャッと進まなくてもね、その場の空気に合わせるってことも必要かなと。(ワタシがこんなこと書くなんてねえ。苦笑)

それに何より1年振り返って、平日仕事をしているヒヨコは、平日は地域の手伝いはほとんどできなかったので、土日しか手を出していない。
あまり手を出してないから、口も出せない。平日の活動は、彼女達の賜物なのだ。だから決して話を仕切る立場ではない。

ハッキリ言って、地域の役員は、あくまでもボランティア、善意以外のなにものでもない。しかも今どき、なり手がいないの。
お給料もらって、利潤追求という同じ目的を持って、全員が一丸となってとりくむ開発部隊じゃないのだ。
そこんとこよろしく。
脱線パワーにも圧倒されたけど、でもなによりも、
彼女達の光り輝く☆善意のパワー☆なくしては、地域の活動はまわっていかないのだ。よって感謝。

脱線と善意のパワー

11月某日、地域の役員引継ぎのため、話し合いに参加した。
参加者(全員女性)の年齢構成(推測):60-70代4人+50代1人+ヒヨコ(子育て中)世代3人の、計8人 
ちなみに、皆さん、「いい人」ばかりなんですよ。心優しい方ばかりです。だから彼女達の人格を否定するつもりなど毛頭ない。
ただ、会議というか、話し合いの進め方に多少ギモンを感じたのと、あまりにも効率が悪いので、途中で何度も仕切りたくなってしまった。
まず、冒頭、
いきなり、ABさんはどうしてらっしゃる?とか、CDさんのお宅はどこなの?とか、知っている人同士での井戸端的な会話に突入。
あのー、引継ぎで顔合わせの意味もありますから、お名前と顔が一致するように一言、自己紹介したらいかがでしょう? とヒヨコ提案してみた。で、自己紹介。
しかし、
その後も、旧知の間柄という方々の間で、勝手に話が進んでしまう。
しかも、その話があっちゃ飛びコッチャ飛びして、もう飛び火アンド飛び火、
脱線に次ぐ脱線で、
「あーん、本題はどこ行ったー??」状態。
見かねた誰か(ヒヨコも含めて)が、「えーっと、まとめると、こうこうですよね?」「整理すると、つまり、・・・」と話を戻すんだけど、
油断すると、あっという間に、自分や自分の親の健康状態や、EFさんやGHさんの話、その他行事のこぼれ話などへと発展してしまう。ううぅ・・・

今日の話し合いの目的は、この地域での役員の引継ぎなので、
― 初めて引き受ける人に、仕事の説明、
― 年間の行事予定、地区の担当行事、掃除当番月、
― 連絡網の順番の入れ替え・確認、
― 旧役員から要望や改善点などを出し、新役員からの質問を受け付ける
― 今後数年間に役員を引き受けてくれそうな人の情報交換
これを順序よくやれば、なんてことないはずなんだけど。
もう順番もへったくれもなく、行き当りばったりで話が進み(後退し?)、しかも脱線しまくり~。
正味1時間くらいで終わるであろう話合いに、2時間半もかかってしまった。

小学校の懇談会の方が、もうちょっとスムーズに進むような気がする。(役員のなり手はなかなかいないけど・・・)
実家の母も話がメチャクチャ脱線するほうなので慣れてるつもりだったけど、でもそういう人が複数集まってたから、脱線の度合いがグーンと増幅されたみたい。
しかも、ワタシはこんなにせっかちだったかな?と思うくらい、途中何度もイライラしてしまった。元来のんきとかのんびり屋だとか言われていたのに。
なんだ~?話の行き先が見えない~!と、この、行きつ戻りつする話の非効率さに、イライラしている自分に、ちょっと驚いた。
通訳の自主トレと関係あるのかしらん? 「時間の使い方」にかなり敏感になってるせいかもしれない。
ともあれ、やっと役員交代できる。ちょっとホッとした。
(つづく)

Sep 10, 2005

体力づくりと週末の時間配分

体力づくりが必要な理由は、もともと体力不足気味なのと頭痛・肩こり予防、常に安定した健康状態で仕事をしたいから。
安定した健康状態を保つことは、安定した精神状態にもつながり、社会人として必要なことだと、過去の失敗から(!)痛感しているから。
ただ、バレエや筋トレを始めて半年後ぐらいに、英語の勉強を再開したため、バレエにのめり込みそうになった矢先に、英語に割く時間が大量に必要になり、自分の中で葛藤が始まった。
どちらもはずせないというか、はずしたくない。サボるとどちらもきつくなる。

休日の時間割というか、何を優先させてやるかを常時考えなくてはいけなくなった。
土曜日: 掃除・洗濯(来客があるときは大掃除?)>(子供の面談など不定期に)>子供のおやつ(スイミング前に軽食)>通訳の自主トレ>庭の手入れ(時々)>息抜きか気晴らしのためのDVD視聴、買い物等
日曜日: 洗濯>地域のお手伝い>バレエ・ヨガ・筋トレ・スイミング>通訳の自主トレ>次の週の献立作り&注文書提出>洗濯物たたむ、アイロンかけ(あれば)

現状こんな感じ。でもダラダラ過ごしたり、ボーっとする時間が結構ある。もったいないなと思いつつ、ボーっと新聞を読んだりしてる。もっと時間の使い方を意識して工夫せねば。もっと改善できるのでは?とも思いつつ、でもボンヤリすることが必要なときもあるし。意思の問題だろうか。

Mar 06, 2005

ブログタイトル 変更か?

「ブログに、朝練できたかできなかったか、記録して、達成率を発表してるんだけど・・・2月は3割だったんだよねー。ってことは、あとの7割はグースカ寝てたってことよね、ワタシ。」とブツブツ言っていると、横で聞いていた夫が、
「いっそのことさー、それを‘売り’にしたら?」
「はぁ?」
「だからさー、寝てることを、‘売り’にするんだよ。いっそブログのタイトルを替えてさあ、たとえば、『眠って合格!通訳検定』とか、『寝てこそ合格!』とか。もっと週刊誌っぽくするなら、『睡眠こそ必勝のカギだった!』とか、『驚異の学習法!あさりどんの睡眠!』みたいな? 結構読む人増えるかもよ。」
あ、あのねー、人が学習時間とれないって、真剣に悩んでるっちゅうに・・・
「今のまま、マジメなトーンで書き続ければ、結構信じる人いるかも。ふむふむ、通訳トレーニングには眠りが大切なんだ・・・って、本気で思っちゃう人もいるかもね。わっはっは。」

ぐっ・・・でも、反論できない。というのも、夫は、なんでそんなに体力あるの?っていうくらい、仕事(や飲み会)でどんなに遅く(午前1時とか2時とか)帰ってきても、ちゃっちゃとお風呂に入って寝て、朝は6時とか6時半と、大体決まった時間に起きることができる人。仕事で早出しなきゃいけない時(4時起き5時起き)もへっちゃらで、自分でさっさと起きて行く。大体いつも、私よりも遅く寝て、私よりも早く起きている。だから、私が起こされることはあっても、私が彼を起こすことはめったにない。休日は休日で、夫は、寝てるのがもったいない、とか言って、早―くから起きて何やらやっている。風邪などで体調が悪いときは別だが、彼が朝寝坊とか昼寝とかしてるのを、ほとんど見たことがない。それにひきかえこちらは・・・。
そう、一番身近で、いつも(朝寝や昼寝で)グータラしている私を、目の当たりにしているのは、彼なのだ。ゆえに「寝てばっかいんじゃん」、と言われても、実態を知られている以上、また全くその通りなので、何も言い返せない。朝連への思いだけは熱く語っているが、実行できてない実態を知られているからな・・・。
「あ、もひとつタイトル思いついた。」
「どんな?」
「ちょっと流行りの本みたく、『朝連はするな!』とかさ。 あっ、『果報は寝て待て』もあるな。」
「もうちょっと、キレイな感じのないの?・・・あっ、『眠れる森のあさりどん』っていうのはどう?」
「なんか響きがマヌケだよなー。童話・昔話路線なら、『三年寝太郎(寝たろう)・あさりどん』の方がいいんじゃない?ほのぼの系でいくか。」
「・・・・・。」

今月は、朝練、やるぞっ。

Mar 03, 2005

上を向いて、歩こう♪みんなちがって、みんないい

誤解を招かないように書いておきたいのですが、私はここで、「ほーら、こんなに時間がないのにがんばってるのよ」と自慢するつもりも、「いろいろ大変なんだから、トレーニングできなくても当然でしょ。大目に見てね。」と開き直るつもりも、さらっさら、まるっきり、ないです。これ全部、自分にとっての「現実」であり、ある意味、私はこういう生き方(大げさな?言い方ですが)を選んでいる、ともいえる。だから、私のログにしょっちゅう出てくる「時間がなくてトレーニングできなかったー!(嘆)」「また寝てしまったー!(アセる)」のは、ウソでも謙遜でもなく本当のことで(笑)、情けないとは思いつつ、全て自分のせいだと思っている(体力のなさ等)ので、それに関して言い訳はしたくない、のです。与えられた環境、限られた時間の中で、なんとかやりくりしなきゃいけないのは「自分」なのであって、それを意識づける・自分を叱咤する意味で記録をつけているともいえます。(それでも結構言い訳がましく聞こえるときも(自分で読んでて)多々ありますが・・・笑)

就労中・失業中、外で働く・自宅で働く、正社員だパートだフリーだ、既婚・未婚・バツイチ・再婚、子供ありなし、子供の障害ありなし、親の介護ありなし、どうしても譲れない趣味ありなし、家や車のローンありなし、自分の健康状態の良し悪し、人それぞれ、全て状況・事情は違って当然だと思う。こういった様々な状況、それぞれに当てはまる友人・知人が実際にいるし、また本やTVを通してそういう人達が現実にいるのも知っている。
何を「大変だ」と思うかも主観的なものなので、人によって違う。(似たような状況、というのはあるかもしれないが、全く同じ、というのはありえない。それに、似たような境遇においても、人によって反応というか、とる態度というか、心の持ちよう・感じ方も様々。)みんな、それぞれの立場や状況で、時間をやりくりしつつ、がんばっているんだ、と思う。
金子みすずの詩「私と小鳥とすずと」の中の一節、
みんなちがって、みんないい」 のです。
だからこそ励ましあいたい。計画倒れに終わったとしても、それを笑い飛ばせるくらい、明るい、ポジティヴなパワーとエネルギーが、私には必要。

それから、これも自戒を込めて書くのですが、自分の過去(たとえば受験や就活時の失敗等)を分析してウダウダ言ってる暇があったら、今、目の前にある本を手にとって読む、自分の置かれた境遇を嘆く暇があったら、表現のひとつでも覚える、人をうらやむ暇があったら、雑誌の記事を短いのでもいいから1本読む方が、ずーっと前向きで建設的だと実感するようになったのです。そういう私も、以前はウダウダ言ったり、誰かのせいにしてみたり、人をうらやんだりしたこともあります。むしろ、しょっちゅうありました。そっちの方がラクだから。でもはっきり言って、これこそ(不満を言ったり、人をうらやんだりすること)が時間の無駄だと気がつきました。愚痴ることでは、何も解決されない。残された時間は、私の場合、そんなに多くはないので、”今、自分がどうありたいか“"今、何をすべきか”を大切にしたいと、心から思うようになりました。
「どうせ」と言いたくなったら、「どうにかしよう」「なんとかなるさ」と言ってみる。

そして、自分の小さな夢の花束を大事にしたいのです。小さくても、一歩一歩前に進みたい。青いと言われても、甘いと言われてもいい、ジコチューだ、ドンくさい、不器用だと思われてもいい。これからも、ためらったり迷ったりするかもしれないけれど、自分の花を大切に育てて、花束を作りたいのです。(最後、話がトンでしまいました。スミマセン)

飛びついでに、
時間管理しよう、朝連しなきゃ、って、言うじゃなーい? でもうちで一番よく寝てるのはーっ!あさりどんですからーっ!ざんねんーっ
寝過ごして、朝連できない日があってもいいじゃない? たっぷり眠れば、脳みそスッキリ!ですから~!

Jan 22, 2005

不測の事態に備えてスケジューリング

仕事、家事、通訳のトレーニング、筋力トレーニング、家族の行事、地区での役割、その他いろいろ忙しい。
とある週末。
金曜の夜は目からくる疲れと肩こりでほとんどトレーニングできず、土曜日は小学校の行事と地区の役員の集まりがあったが少しはやった。日曜日は、3週間ぶりにジムに行って汗を流した。その余波で、通訳トレーニングのほうはあまり思うように進まなかった。定期的に体を動かすことも必要だし、通訳のトレーニングも必要。どちらも、サボるとできなくなったり衰えたりするところはとてもよく似ている。(そういえば、NHKスペシャルで、脳(神経)の発達や働きは、筋肉の発達や働きに似ていると言っていたな。)
週末は、あれもこれもとトレーニングの予定を立てていたが、山のような家事がある上(夫がそれでもやってくれたが)、今回のように急な用事などがはいり、結局期待したほどできない場合もある。この、物理的にできない時というのは、自分のやる気とは関係なく、ありえるのだから、それを予想した上で、もっとうまく時間をコントロールしたい。もちろん、自分の体力とも相談した上で。家族、特に子供に犠牲を強いるようじゃ意味がないし。
やはりトータルで見て、ミニマム・マストでこなすものと、マキシマムでやれるものと、両方用意しておく。
その月の目標がはっきりしていれば、自ずと決まってくるはず。たとえば今月は、通検2次に向けて、パラサマとサイトラに重点を置く。マキシムは、時間があれば、過去に3回Reading ができないままになっている教材をもう一度やる、とか。テーマ別に用語をピックアップする、とか。
やはり、自分の頭の中で、スケジューリングをしっかりしておくこと。机について、さあ、何やろう、ではなく、もう、机に着く前から、やるべきことが頭にインプットされている、という具合に。11/22/04

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!