My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Feb 27, 2011

リテンションの練習を継続するには? 一日一練 2月を振り返って

2月から、ウエブページに載せる一日一練の記録の仕方を変えてみました。

申し訳ない、あれこれいろんな方法を試しましたが、なぜかウエブページにするとどうしても@マークが入ってしまい見づらくなっています。でも@マークのところは大元の表には何も入っていません。

できるだけ時間をかけなくてすむようにエクセルで一覧表にしてみました。
サマリや表現のまとめなどはできていませんが、やはり通訳練習は音声中心なので、書くことよりも、とにかく何をやったかがわかるようにしてみました。

で、一覧表にして、ふと気がついたことがあります。

Continue reading "リテンションの練習を継続するには? 一日一練 2月を振り返って" »

Feb 26, 2008

計画倒れと歯磨き化

もうずっと以前に、自主トレのために自分で月ごとにテーマを決め、計画を立て、ノートに実際は何をやったか記録していたことを書きました。このブログも、そのノートの記録を元に書いていたこともあります。
 ところで昔中学生だった頃、中間・期末試験前になると、試験勉強の計画表を書かされました。私はなぜか、「計画だけはスンバラシイ!」(担任の先生)ものを立てていたようで、100%の実行が伴わないのが常でした。それでも50%くらいはやっていたのかなあ?全くやらなかったわけではありませんが、いつも予定通りにはこなせていなかったような気がします。ただ、塾にも予備校にも通っていなかったため、誰かに指導してもらうのではなく、自分で見通しを立てて、自分でやるしかなかった。自分の弱点を補強するようなメニューを作っていたような気がします。
その頃から「三日坊主」「計画倒れ」だったような気がします。ヒヨコの原点?

今思うに、計画を立てているときは、何となくウキウキして、いろいろ欲張って、盛り込みすぎるんではないかと。しかもそれで「やったつもり」になって満足してしまうという。
もちろん、仕事でも、プロジェクトごとに綿密な計画を立てることはどこの会社もやっていることで、規模こそ違いますが、「計画を立てる」ことで、目標をはっきり意識し、見通しを立て、気合いを入れることができるという面もあります。
ただ、計画を立てただけで満足し、日々の忙しさに結局流されてしまい実行が伴わないのでは、意味がないですよね。

ふと気がついたら、2007年の4月16日頃、プツッと、この自主トレ記録(ノートにつけていたもの)が、途絶えたのです。
それまでは、例えば1月のテーマは「流ちょうさと記憶保持力アップ、メモなしで出す練習」、とか、2月は「Exposure を増やす、多読」「Make steady efforts」とか、3月は「定着するよう工夫する」「精度重視・スピード重視で素材を分ける」、4月は、「ぐっすり眠ってスッキリ目覚めて、音読多読」なんて具合。日にちを縦軸に、日々のもしくは1週間ごとに、大体何をやったかを記録していました。
しかし4月以降、月別テーマも日々の記録も、全くつけてない!のです。
これにはいくつか理由があります。

ひとつには、仕事が忙しくなったせいもあったのですが、計画をのんびり立てていられなくなった。計画を立てる時間自体が惜しくなってきた。
ふたつめ。テーマが大体いつも同じ事の繰り返しになってきた。金太郎アメ状態。精度を上げる、だとか、リテンションアップ、多読、なんていうのは、この2年間何度も繰り返したので、結局自分の求めているものは同じじゃん、ということなのだった。
そしてみっつめ、これは自分でも驚いたのですが、小さな自主練(音読だとかサイトラだとか)は、もう生活の中に組み込まれつつあったからではないかと。
そう、歯磨き化現象です。
つまり、壮大な計画は立てなくなった代わりに、
小さな自主トレをひとつでもやらないと、きもちワルイ(歯磨きしないで寝るのってきもち悪いでしょ?)と感じるまでに、いつのまにか習慣になっていたのかもしれません。

それでも、備忘録的に、A4の紙にThings to do を書き出したり、思いついたときに小さなメモ用紙にぐしゃぐしゃっと書きつけて、貼ったりはしましたが、計画を立てること自体が目的になったり、立てたことで満足したりということはなくなりました。

自主練も、歯磨きレベルになれば、ある意味気が楽です。ねじり鉢巻で、っていう感覚ではなく、ちょこっとやる、やらないときもちワルイからやる、という感覚。計画にこだわることもなくなりました。計画倒れの呪縛からも解放されました。
Brush your skill as you brush your teeth!!

Apr 13, 2007

音読と多読

3月実行できたこと:
仕事の合間に、LNEの去年の秋の号で逐次練習。簡単にできるかと思ったが、甘かった。抽象度が高い題材は、難しく感じ、結局、’動詞取り’からやり直し。これは難しいマテリアルをやる時に、全部訳すのを最初は諦めて、動詞だけに集中して訳したり、動詞の前後だけ抽出しながら訳す方法。これを数回やってから、文全体を訳す。なんでこれくらいがスラスラできないんだろうね?って自分で自分にガッカリしたりもする。時間がかかるので、あまり数をこなせず。

速読速聴 Advanced 1000 (友人から借りた)で逐次の練習: 内容にもよるが、思ったよりも構文が難しく、1回聞いて全部とるのは現状では難しい。ただ、いろんな新聞や雑誌の様々なタイプの英文に触れられるのがいい。一流の記者の書く文は、結構読みごたえあり。ただ書き言葉なので、かなり凝った言い回しもあり、苦労している。これに載っているレベルの英文がスラスラと頭に残るようになれば、おそらく通検1級2次は楽勝だろう。完全にムズたく教材。

スピーチ教材の復習。話し言葉を聞いて、わかりやすい日本語に訳出する練習。話し手のニュアンスまで伝えられたら理想だが、現実はほど遠く、やはりメモ取りとリテンションのバランスがうまくいかず苦しむ。

これ以外で、継続的にやっていることは、PB、JTWを週に1回読む、Podcast でニュースなどいろいろと聴く。
気がつくと、明らかにムズたくになっていたなあ。いかんいかん。
飽きたら、ひな型トレーニングに戻った。
口の周りの筋肉を衰えさせないためにも、音読は重要だなと実感。

4月の予定

意味をとりながら多読速読。どんなに速く読めても、意味やイメージが頭に残らないようなら、やるだけ時間のムダ。
意識の底に残るような自主トレを心がける。
音読の量を増やす。
リテンションとメモ取りの練習。メモ取りの悪い癖を直す。早く直す!
中途半端に仕掛かっているマテリアルをとっとと仕上げる。スラスラできるようになるまで繰り返す。

国連英検特A級の受験準備。もっと気合入れなアカン。
長文に対する耐性をつけておくこと、速読速解。
UNガイドからの出題が、以前の5題から突然10題に増えたので、やはり読んでおくべきだろうな。
((笑)実は以前はこの5問は捨ててました。UNガイドもほとんど読んでなかった。)

あ~、時間がほっすぃ~!!

Mar 23, 2007

ひな型トレーニング

2月某日メモより。
今年は通検の二次が1月にずれこんだこともあり、
1月は、通訳自主トレの総仕上げ月間として、
試験のために、政治経済中心に取り組んだ。
必然的にムズたくになっていた。

問題点:
1回でとれない・忘れる・抜ける(というより、理解できていないのだろう)
メモ取りとリテンションが全くうまく機能していない。
たった40秒くらい、メモをとらなくても、覚えていられるようになりたい。


2月は、やさたく&ムズたく 硬軟とりまぜて取り組む。
合理的に考えて、やるべきこと&できることを、淡々と着実にやる。

近々の目標は、流暢さと記憶保持力のアップ。英日・日英両方。
最終的な目標は、分野を問わず、1回で理解して80%以上、正確に訳出できるようになること。

- オーラルイングリッシュのブラッシュアップのため、ドラマ・映画のせりふなどをスクリプトでチェック
- 自動車工学・automobile engineering の本を日英どちらでもいいので読む。
- 記憶保持力アップのため、一日1サイトラ、メモなし逐次
- Fluency UP のため、とにかく耳に入るもの何でも訳してみる

ヒヨコのひな型トレーニング、大公開!?
 K/H システム: 4分のスピーチ素材のシャドウイング、リテンション、逐次、日英反訳。これをとにかくくり返す。K/H システムは非常によくできていると思う。初心者向けだが、中・上級者にもとてもよい刺激になる。これをやり込んで、ベースにして、他の素材で同じように練習すれば、かなり力がつきそう。
 「晴山式」英語速答700問ドリル 基礎体力編: これで中学レベルの英語、足し算引き算など、とにかくQRの練習。
 VOA, BBC の音読。やはり音読は効果があると、友人がおしえてくれた。

って、ぜんっぜん目新しくないやん!

Dec 31, 2006

秋へ向けて

決意・誓い: 通訳翻訳の仕事を通して、人の役に立つこと。

訳出の精度を上げる。初見で80%以上。
正確に、よどみなく、ムラなく、コンスタントに訳出できるように。

持続可能な自主トレ方法を考える。
自主トレを習慣化してしまう。
朝時間・通勤時間の活用。何をやるか、事前に決めておく。「通勤大学」という考え方
たるんだとき、落ち込みそうな時の対処法を前もって用意しておく。
必要ならば、人の手の助けを借りる。

ゆるぎない英語力および通訳の実力をつけるために、
国連英検特A・工業英検1級・通訳検定1級2次突破 を目指す。

8月中に読んでおきたい本

短い夏休み、山中湖で遊んだり、帰省したりで、あまり読めなかったなあ。
目標は多読だったんだけど、やっぱり中だるみした。

CL (clarity & logic) トレーニング 片野拓夫著
ここまで使える超基本単語50―同時通訳の最前線から学ぶ 鶴田智佳子・河原清志共著
CDブック「プロ英語」入門―通訳者が実践している英語練習法 鳥飼玖美子著
論理的に話す方法 小野田博一著
わかりやすい話し方の技術 吉田たかよし著

distracted too much...in July

To keep motivated in July:

上半期は、受動的なインプットが多かったので、総仕上げとして、
最後、能動的なQRと訳出練習に注力する。ビシバシ!
daily に、音読・音読サイトラ・ビジネス用語のインプット
朝: BBCサイトラ、Live!BusinessE、BBC W、CNN E
通勤電車内: 
往き: QR、シャドウ、WST (Wall Street Journal) 1日1分!ビジネス英語
帰り: JTW (Japan Times Weekly) サイトラ、N-JE表現集で、即訳練習


振り返って:
この頃は、プライベートであまりにもいろいろなことがあり、集中力に欠けていた。
Distraction が多すぎて、自分で自分にハッパをかけるつもりで、
メモに書いていたのが上記の内容。
それでも現実はやはり気が散った。
そんな中、通勤の電車・バスの乗り換えが頻繁だったことを逆に利用して、
短い文章をサイトラすることに。

WST (Wall Street Journal) 1日1分!ビジネス英語 はオススメ。
初級から中級の英語学習者向けだが、内容がバラエティーに富んでいて、電車の中で気軽にできる。
最初は2行くらいの短文から始めて、100-130語くらいのまとまった記事を読めるように構成されている。
これを私は一読して、即、訳出する練習に使った。
訳例が載っていて、時々、ちょっと直訳っぽいものもあるが、うまく訳しているものもあるので、参考にして、とにかく、意味内容がとれていれば、次へ進む。
飽きっぽいヒヨコのようなタイプには、こういったアソートチョコみたいな本がいいのかも。

May 04, 2006

2006 1-3月 計画と結果

まず、年頭に、英語のbrushupに関する今年の決意と誓いを立てた。これはプロフィールに載せた(でも恥ずかしいからあんまり見ないで・・・)。ちなみに、プライベートな誓いは、精神的なものから、バッグの中身を点検する、なんていうひじょーに俗っぽい細かなコトまで、マイ手帳に書き込んだ。(こちらは非公開です!!)

で、次に、年間計画というかテーマを、1年を4分割して、おおざっぱに決めた。
1-3月: 徹底的に基礎固め。現場に出る準備。テクニカルライティング基礎。
4-7月: できれば社内通訳の現場に出る。メンタル面の強化。受験準備?
8-9月: 多読速読&精読。多聴&精聴。
10-12月: '04年から始めた英語やり直し&通訳翻訳トレーニングの、3年間の総仕上げ。受験準備。

で次に、月別のテーマ・目標・対策を考えた。これは、自主トレの進み具合、自分のサボリ具合、等々、状況に合わせて、フレキシブルに立てられるようにする。なので月末か月初めに決める。

1月: 初心に戻って、飛躍の土台を築く。やさたく&対訳本で精読
実績: 朝練10days/31 
やさたくの教材として、Time for Kids (TFK) と Japan Times Weekly (JTW) の購読を開始。
対訳本は、新渡戸稲造の武士道(Bushido, The Soul of Japan)を選んだが、未だ読み終えてない。
区切り聴きとSV取りの練習は、BBCサイトトランスレーション。これは1月7日に2巡目終了して、9日に3巡目開始。
音読サイトラは、'05年からやっていたBBC Worldを継続。CNN-EE 12月号の基礎トレも。
友人と始めたプチ勉強会では、Scientific American の記事の精読、社説の音読逐次の練習。
いずれも少しずつ。

2月: 多読&精読。科学技術系の短文即訳を、たくさんやる。
実績: 朝練4回。
ハイ、正直言って、緊張の糸がブチッと切れました。全く自主トレに身が入らない日々が続いた。なんとか、TFKとJTW を、遅れながらも読んだくらい。気合いが入らなかった。
科学技術系の短文即訳は、工業英検の対策本から、以前やってみて間違えた短文を抜粋して、自分でワードに打ち込み、日英・英日、ササッと訳せるように練習。とにかく、短くても効率的な言い回しの練習。プチ勉強会で友人にランダムに読んでもらって、ちゃんと出せるかチェック。
週末しか自主トレできず、まったく目標未達。

3月: 集中力・冷静な判断力アップ!現場を想定したトレーニング。
実績: 朝練、自主トレともに、ほとんどまともにはできず。プライベートでとにかくいろいろ忙しすぎた。
短文即訳の練習に、昔買ったままで使ってなかった、Live! ビジネス英語リスニング、のCDを使って、メモなしで訳出する練習を加えた。BBC2本やっていたので、これとCNNでブリティッシュとアメリカンのバランスがとれるかも?
音読サイトラは、3月20日に、BBC World の3巡目終了。25日から4巡目にはいる。今回は、メモなし段落逐次と、音読、日本語訳音読をやる。とにかく、コンセプトの置き換えがスイッとできるようになりたいので。

というわけで、昨年末に思いっきり緊張の糸が切れて、1月はフレッシュな気持ちだったものの、2月は超たるんで猛省、3月は、プライベートが充実していた代わりに、自主トレ全く進まず、でした。
4月以降はまた今度!ピヨ!

Dec 03, 2005

精度を上げたい

12月の目標: 逐次の精度を上げる
Focus: 6分でいいから集中する
Always keep this in mind: 常に、実際の現場を思い浮かべながら発声・通訳(の練習を)する

12/18 まで:逐次初見で安定して80%以上出せるようになること。
時間があまりないので、優先順位を決めて、できるだけ毎日やること。
1.NH w/ JL (PBS) で、3分+3分のみ、集中してメモ取り逐次&パラサマ。スクリプトでチェック。マイ語彙・表現集でボキャビル。
2.CNN E.Express: 1回か2回聴いてメモ取り逐次。スクリプトでチェック。
3.リテンション: 「BBC サイトトランスレーション」:2巡目 リテンションと頭出しサイトラ
4.音読&シャドウイング: K/H, BBC World 3巡目(電車内)
5.サイトラ: 「速読速聴トレーナー」 (電車内)
6.日英: LNE12月号(電車内)
7.(時間があれば)短い記事でメモなし逐次練習 or スピーチの逐次練習

注意すること: 
ビジネスの現場で使える力をつけることが当座の中期的目標。国際関係や政治経済のトピックは、どこでも通用する実力をつけるための教材である。
決して、勉強している自分に酔わないこと。酔ってるうちはまだまだ甘いんだろうな。

クリスマスとその翌日は次男の誕生日なので、それまでは、忙しさに振り回される12月。
なので自分に「ごほうび」を。
ずーっと行ってないマッサージに行きたいっっ! 肩と首と目の周りの筋肉がもう既にバリバリです。
ホントはタラソに行きたいんだけど。遠いしなあ。
とにかくどこかに行く。温泉でもいいし、何でもいいから、ボーッとできるところに行く。
観たかった映画を観る。アルバムの整理。
あぁ~、でも書いてるうちに、大掃除のこととかお正月のおせちのこととか思い出してきた・・・。
結局休めないのね、ヒヨコ・・・。
小さくてもいいから、自分にごほうび用意しておこうっと。
ナイショのごほうびもネ♪

Nov 30, 2005

リフレィミングの術

11月を振り返って
朝練達成率: 66% (20/30days)(ちなみにこれでも過去最高記録!)
サイトラ:10本、読んだだけ記事:12本
工業英検対策: 問題集やり直し・パラサマ → 拙記事「ノーサイド」「大リーグボール養成ギブス」をお読みください。魔球完成は5カ年計画に変更してます。(笑)

11/21 以降通検対策: 
基礎トレ: 音読&シャドウイング: 11/29 VOA3巡目終了。おつかれ~! K/Hシステム3-10。
「BBCサイトトランスレーション」で、逐次練習。11/28 一巡目終了。
区切り方が短すぎて逐次しづらいので、全体を聴いてからメモ取って逐次。
20のストーリーのうち、精度の記録をとったのが14回。精度は、下は62%から、上は83%。14回の平均は、71.7%。やっぱり目標未達。
精度がなかなか上がらない。ブリティッシュの発音のせいではない。やはり語彙・表現・知識不足で訳出にムラが出る。2分弱くらいの軽めの話題が多いのに、くやすぃー!

NH w/ JL (PBS) で、3分+3分のみ、集中してメモ取り逐次。スクリプトでチェック。マイ語彙・表現集でボキャビル。話し手の知的レベルが高かったり、内容が難しいと、ついていくのがきつい。(特に米東部のジャーナリストの早口。容赦ないスピード。) でもやりがいのある内容が多い。

CNN Express (雑誌)を初めて購入。TVでCNNを視聴していて、自分が理解しているのかしてないのか、スクリプトで確認したくなったから。
むかーし買った「速読速聴トレーナー」で、サイトラ。(電車内) 短いのと、訳例がついているので練習にはちょうどいい。クリントンの話題とか、古いけど。
日英を全くやってないことにハタと気づき、LNE12月号を久々に買い、日英パラグラフ逐次。(電車内) 部分的に出てこないところは即チェック。昔(2年前)よりはサクッとできるようになったのでは?あー、でもやっぱりつっかかるところもある。サクサクッとできるようになるまで練習。

反省点
1.EJパラサマがあまりできなかったのが心残り。
ママさん通訳さんのお奨め練習法に、「なんでもかんでも要約してみる」っていうのがありました。(ありがとうございます!)
そう、内容がわかっていれば、要約できるのですよね。内容がとれてないと、要約で出すことができない。工業英検の問題でも、やはり内容が自分の中でしっくり処理できてないときは、要約できなかったです。逆に言うと、パラサマは、自分の理解力のチェックにもなります。12月に期待。

2.「覚醒していること」と、「実際に起き上がること」の間には・・・
時々、目は覚めているのに、体が起き上がれないときがあり、30分ぐらいふとんの中でグズグズ・・・
で、気がついたこと。
「あー、グズグズして寝坊してしまった。」という後悔の念を引きずってしまうと、一日どんより。あー、今日はトレーニングの時間がないー!と、あせる。

3.11月は、運動・体力づくりをサボった。
本当は体を動かしたほうがいいのは百も承知だし、ジムの会費がもったいないが、目先の優先順位(!こういう言い方イヤですけど)を考えると、命の維持に直接関わらないもの、バレエ・ジムとガーデニングがリストから落ちる。よって体型はどんどん崩れ、庭は荒れ放題・・・。ムムム・・・

よかった点
新しい発見: 朝は、スパッと起きてトレーニングできた日の方が、一日が充実して感じる。気持ちも前向きだし♪
でもどうしても寝坊してしまい、時間がとれない時もある。希望時間に起きられなかった時に、自分自身に何と言いきかせるか。
そんな時は、くよくよしない、「リフレイミングの術を使うべし。
つまり、コップに半分水が入ってるとして、もう半分しかない、と思うか、まだ半分ある、と思うか、っていう、あれ。
「寝坊した→ トレーニングできない!→ どうしよう!」の堂々巡りじゃなくて、
「今日はよく寝た(よく眠れた)。→ だから訳出の質が上がるかも。Or 電車で集中してやろう。 or よく寝たからお肌の調子がよいワ。」等々・・・
ものの見方のフレームをかえてみる、っていうことですかね。
これもね、トレーニングで、できるようになります。いい方に解釈するクセをつけるんですね。
(ただノーテンキなだけかも?でもヒヨコにはちょうどいいみたい)

これ、何にでも応用できまっせ♪

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!