My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Sep 05, 2005

LとR、悩みの種

ある時、ふと、Jが、「グロ・・・?グル・・・?」ちょっと、J、何言ってるの?
何度聞いてもよくわからず、結局、”Grover” って言ってたんだけど、これが聞き取れなかった。
(オペレーターの女の子が、セサミのキャラのついたシャープペンを持っていて、それに気がついたので、彼女はグローバーが好きなのかな?とか何とか聞いてただけみたい。)
・・・でもね、J、突然セサミのキャラ振らないで~!仕事中ですから~!

ふと思い出したが、ビルゲイツの
“We can’t rest on our laurels.” (私たちはあぐらをかいているわけにはいかないんです。)
も、laurel が全く聞き取れなかった。

今までのリスニングでミスってるところ、必ずといっていいほどLとR混じり。
やっぱりLとRは弱い。昔からだけど。
きっとヒヨコの舌はふにゃけてて、Lを発音するのが難しいのよね。きちんと発音できてないから、聞き取れないんだと思う。わかってるんだけど・・・
よく出てくる relationship なども、難しい。文脈で通じてるだけだと思う。

アメリカ人が日本人の発音を陰で笑うジョークに、
"I love you." "Where should I rub you?"
みたいなのが多々あるんだけど、私はこれ、笑えないの。冷や汗たら~って感じ。

Sep 03, 2005

ズッコケ!アテンド通訳 '05

8月末から、J(エンジニア)来日中で、久々にウィスパリングの真似事。

型品評価は hard tool(ed parts) test、突入姿勢は xx angle、コシがない は、low stiffness でいいんだよぉ。
もー、ヒヨコ、なんで忘れるの~?初日からズッコケてる。

Jが来る2日くらい前に、my技術用語集でQRの練習しといたんだけど、
覚えてると思ってたからか、この用語たちはヒヨコのリストに入ってなかったのね。

部品を入れ替える(同じ部品の新旧を入れ替えるのではなくて、同じ機能を持つ部品Aと A’を交換するような場合)、に、swap が使える。Jにおそわる。
なんで出てこないかなー。
削りカス: scraping, debris どっちがいいか、Jも迷ってた。

仕事とは関係ない雑談を横で訳していて、日本人の方が、「倉庫のような・・・何かを改造したレストランに行きましたよね。」 We went to the restaurant reformed from a storehouse or something? ダメだー、J、全くピンときてない。倉庫、っていうのが何だかなかなかわからず、結局、あれこれ言って、結局、製粉場: flour mill のことだと判明。ビールの倉庫なんて言ってもわかるわけないわー。だってビールの倉庫と粉引き小屋じゃあ、それぞれの頭に描くイメージが全然違うんだもん。しかも私はそのレストラン、行ったことも見たこともないのよー。フー

Feb 12, 2005

やさしい?技術用語

2月某日 臨時Mtg. ネイティヴ3人:R, J, Lと、日本人エンジニア一人 + me:
Rがいる場合は、私は"just in case"のために、アテンドするだけ。こういうのが時々ある。
Rは在日7年となり日本語をほぼ理解し、話せるようになっているので、技術的・しかも専門的な細かい話は、ほとんど彼(理工学系出身)が通訳できるようになっている。ので、Rに"just in case"のため同席するよう依頼されて私がMtgに参加しても、ほとんど彼が通訳するし、当然彼の方が話も早い。すると、そばに座ってるだけの自分がuseless に感じてしまうことがある。(もちろん、時々、日本語で彼が理解できない言葉(漢字2文字のものが多い)は、私が訳すというか、おしえるんですけど。「コーテイノーリョク(工程能力)」って何?とか、また逆に‘opaque’って、(日本語で)何て言う?とか聞いてくる。)
が!しかし!そばに座ってるだけで、彼らの会話を聞いているだけでも、意外と勉強になるのだ。あー、こういう時(場面)はこういう言い回しを使ったほうがいい(わかりやすい)んだ、とか、ムム・・この単語はどういう意味で使ってるの?等々・・・意外と、簡単な言葉でいろんなことが言えることに気がつく。
企業秘密に触れる部分もある(かもしれない?)のであまり具体的に書けないが、例えば、

(It’s) easy to find new parameters for that channel X.
‘channel’って言葉は便利ですね。日本人は、通常ここには、某部品名を入れて話してるので、この言い回しはすごーく新鮮に聞こえた。Jに聞くと、「僕らは普通、(アメリカの現場では)、こう呼んでるよ。」とのこと。そっか。

Have to trade off (some settings or functions) to minimize risk. 
'minimize' とか 'optimize' は、知っていても、(私が)通訳中に出てこない言葉のひとつ。っていうか、そういうのがいーっぱいある。長々と説明した後、ネイティヴに短く要約されて、あ、そっかー、この単語使えば一言で済むんだ、なんて思うことはしょっちゅう。
Capture raw data. 「生データをとる」 ちなみに私は、翻訳時は、retrieve とか take とか使ってました。Capture の方が感じが出てる。
population 「分布密度」 グラフの中では、こういう意味。
「スクリーンを重ねる」 have screens overlaid
「ほんのわずかな」にmarginal を使う。例: have a marginal effect on xx. xxにわずかな影響しか与えない。ナルホド。
「出力電圧」のことを、output voltage とは言わずに、bias を使う。ちょっとモノを傾けたり、ずらす場合も、Bias xx a little. (この場合は動詞。意外と、こういうのが出てこなかったりする。)工場で、Jが教えてくれた。
「ハーネスをひきまわす」route the harness; routing を使う。言われてみるとなーんだ、の好例。これも工場で、Jからおしえてもらった。

それから、現場では、とにかく早くて短い言葉が好まれる。日本でもよく略語が使われるが、英語は日常的には音節の多い言葉をきらい、1音節で発音できる言葉を好む。ラボ(実験室)のことを、chamber もしくはもっと短く、Lab と言ったり。これが最初の頃、love に聞こえてビックリした。文脈から言って、んなわけ、ないっしょ~。(笑) 

自分がuseless に感じることがあってもそれはほんの一瞬で、そこにいるだけで、ネイティヴから技術用語を盗ませて(おしえて)もらってるんだ、と思えば(ガックリしてる場合じゃない)、ものすごくラッキーだ!感謝しなくては!と思いつつ、今日も後学のために、メモをしこしこ取るのだった。(smile!)

Feb 11, 2005

冷や汗の副産物

Jは、アメリカ人のシステムエンジニア。一度来日すると、3週間から4週間くらい滞在するので、なんだかずいぶん親しくなったような気がする。Jは10年以上前から来日していたらしく、回数を重ねるにつれ、日本の習慣や日本人にもすっかり慣れている(でも日本語は話さない)。
開発初期の頃、03年の12月頃は、工場で、丸一日、彼にアテンドしていた。翻訳作業とはあまりにも違う通訳、しかもビデオ撮影しながら、だったので、本当に冷や汗をかきっぱなしだった。初期の頃の、自分のひっどい英語がビデオで記録されている。穴があったら入りたいよー

あまりにも最初の頃パフォーマンスがひどかったので、次回は少しでもよくなるように、せめて、同じ間違いはしないようにと、アテンドした後や、Jが帰った後、学んだことを忘れないよう、記録しておくようにした。
「ちょっとした言い回しがすっと出てこない。」このもどかしさを解消するべく、約1年前くらいからとっていたメモをたよりに、Jや、日本人のエンジニアに聞いたりして、マイ社内用語集を作っている。電気・物理用語なんかは専門用語辞書で調べたりして説明を補充したり。これが意外と自分でも気に入っている。少しずつアップデイトしていくつもり。

日英での課題:
私の悪い癖で、まわりくどい言い方をしてしまうときがある(あー、でも日本語でもそうだ。日頃、夫にも再三注意されている)。
日本語に引っ張られて直訳してしまい、英語で聞くと意味不明に。(トホホ)
 技術的な内容を理解していれば、意訳もできるし、ブロークンでも何でも自信を持って訳せる。(声も大きくなるし、ハキハキ言える) 
日本人の丁寧すぎる言い回しも、通訳泣かせ。お願い、大事なことを先に言って!

恐ろしいのは、自分が理解していないことを、へんてこりんな英語で出してしまうとき。声も小さく、ゴニョゴニョ・・・あー。(ため息)
Jだから待ってくれるけど、他の普通のアメリカ人だったら、絶対待ってくれない。とにかく、彼らは、日本人の3倍くらい速い話し方で、速い決め方をするから。通訳が遅いと、イラついてるのがわかるし。通訳のせいで、進行に支障をきたしてはいけないのだ。それがわかっているからこそ、恐ろしい。
というわけで、冷や汗をかいた分、転んでもタダでは起きないゾと、エンジニアには、チャンスがあれば、質問しまくる。「こんな事も知らないの?」って思われたっていいのだ。誤訳の方が怖いんだから。

Jan 12, 2005

アテンド通訳奮闘記 その3: ロジックの壁

Jのアテンドも5週目に入ったが、RやJと話していて気がついたことで、やはり彼らのロジックで話しているときはなかなか頭にスッと入ってこない。RやJに限らず、通訳するときは100%人の話についていかなければならないのだから、日英はエイヤでやれても、英日は、英語のロジック+その話者のロジックに沿って訳す必要があり、これは今の私にとっては高度な技術であり、目指す山頂でもある。
私はこのロジックの壁を乗り越えられるだろうか?Yes.乗り越えなければならない。なぜなら、いつもそこで思考が停止というか、ひっかかってしまい、理解が遅れるから、結局置いてけぼりをくう。このロジックの壁を乗り越えねば、よい通訳翻訳はできない。逆に言えば、ロジックの壁を乗り越えたとき、本当の意味でゆるぎない実力がついているのではないだろうか。(Oct 2004)

アテンド通訳奮闘記 その2

Jのアテンド終わった。Jのアテンドはクイックレスポンスの練習にはなった。が、やはり自分の口から出てくる構文がメチャクチャな場合も度々あったし、技術を知らないためにJや他のエンジニアから教えてもらうこともあった。いつになったら、洗練された英文が出てくるんだろう?技術的な知識は、社内でこつこつ蓄積していくしかない。秋の工業英検1級も視野に入れて、きれいな訳が出せるよう、日ごろから気をつけようと思う。

ウイスパリングの真似事をやったけど、通訳に関しては翻訳と違って、とにかく出だしが大事。翻訳なら時間をかけて考えられるが、ウイスパリング通訳は、時間がないし、とにかく言い直しがきかないし、言い直したりすると、もう議題は次に移っていくので、1発できれいに出して、耳は次の議題をキャッチ、という訓練が必要。Jは、みんなが楽しそうに笑っているときは、どうして笑ってるのか?と聞いてきたりするので、冗談も含めて、日本人のエンジニアがしゃべってることは、訳す努力がいる。
ただ、該当議題を言わないまま議題に入ったり、とにかく省略が多いのが悩み。技術的な内容は特に、専門用語だけが飛び交って、主語がわからないことがしょっちゅうあった。いずれにしても、やはり毎日、トレーニングしておいたほうがいい。お相撲とおんなじ、という意味がよくわかる。土俵にあがってから、ウーンと考えてる暇はない。日ごろの不断のトレーニングがすべて。
仕事が結構遅くまでかかったこともあり、通検のトレーニングがあまりできなかったのが心残り。シャドウイングとパラサマだけでもきちんとやらねば、と思いつつ、やはり落ち着いてできなかった。でも、秋に受けることになってもいいように、シャドウイング、リテンション、パラサマと逐次訳のトレーニングは、できるだけ毎日やるつもり。目指せ、通検1級!(2004年7月12日)

アテンド通訳 悪戦苦闘 Get to the point!

2004年6月の記録より:
アメリカからJ & B (エンジニア)(ログ上では匿名にさせてください) が来て、アテンド通訳。2度目なので、がんばろうと思ったのだが、思うようにはできなくて、結構自分的にはうちのめされている。スラスラでてこないーっ。

日英:問題点:スラスラとでてこない  
対策:英語らしい表現パターンをインプット&表現の即訳&Get-to-the-point Summary &音読サイトラ 

ちょっとした言い回しがわからない、Bに聞くと、なーんだ、そういうんだ、というのが多いが、とにかく何ていうのか知らないものは訳せない。これはネイティヴにその場で聞いて(これもできるだけ早く聞くこと。間があくのはよくない。日本人からも不信の目で見られる。待ってはくれないのだ。)それをノートにメモっておいて、今後の役に立てるしかない。
それから、日英で一番気になるのが、単語は出てきても、英文の組み立てというか、構造がめちゃくちゃなので、英文としては成り立ってないときがしょっちゅうあること。これは私のあせりからくる問題。
考える時間といい表現を選ぶ余裕のある翻訳作業と最も違う点がこれ(瞬時に適切な表現をアウトプットすること)。もっと冷静に対処すべし。SVの組み立てを瞬時にやるには、やはり全体を理解していることが肝要で、かつ、多くの英語らしい表現パターンを頭に叩き込むことが必須。じゃないと、やはりスラスラとはでてこない。

夜自宅で、手話ニュースや9時のNHKニュースを日英同通訳してみたけど、やっぱりスラスラッと出てくるときと、まるっきり出てこないときとある。語彙の問題もあるが、表現の問題も大きい。「語彙をカバーしていれば、時事ニュースくらいなんとかなるさ」とタカをくくっていたのがいけない。出だしでアセッてつまずいたら、日本語に追いつくのが難しくなる。対策としては、あせらず、出だしを落ち着いて決めて、あとはひたすら理解に基づく予測をしながら、訳す。既知のニュースだったらなんとか同通できる。それから、数字の表現などはある程度パターンがあるので、それを覚えるとか。とにかくパターンをできるだけたくさんインプット。あと音読量を増やす。ここのところサボリ気味だったので、音読して舌をころがしておかないと、いざというとき出てこない。音読は、プロとしては当然の心がけでしょう。
STに新崎隆子さんのショートエッセイが載っているが、それに、英日対訳の教材を利用して、日本語から英語の反訳をやって、英文をチェックする、という方法が紹介されていた。この方法の利点は、元の英文があるので、自分で英文のチェックができる点だ。伊藤サム氏もたしか反訳を勧めていた。

英日:問題点:聞き間違いによる誤訳  
対策:耳を鍛える、わからないことは聞き返す勇気を持つ、理解に基づいて的を射た日本語を出す、単純な英文から始めて、複雑な英文をズバッとまとめて即訳する

RやJは、私のためにゆっくり話してくれてるんだなあ(わかってはいたけど)。今回初めて会ったBは、アメリカ北東部のやたら速いスピードでまくしたてるときがあるので、ちゃんと質問が1回でとれないときがあって、誤訳してしまい、返答内容が的を得てなくて違っていたから、本人が質問しなおして、気がついたり。あー(ため息)・・・RやJが内輪で話してるときなんて、まったくついていけてないし。でも、質問がとれないのは致命的だなあ。勘違いと誤訳の大元。これは本人に質問しなおしてでも確認して、私がわかってから日本語にすること。
あと、M のBritish English にも、やっぱりまだ慣れない。彼が雑談というか、冗談で、invite him beerと言ったのが、bite me にまるっきり聞き間違えて、自分でも大笑いしてしまった。Let’s stop this conversation と言われてしまった(もちろん笑ってだが)・・・。これは雑談レベルなのであまり職業レベルではないが、速い英語に弱いのは確か。でもスピードダウンして話さないネイティヴは、実はありがたい存在。3年以上日本在住のネイティヴは、もうゆっくり話すことに慣れているから、現地のスピードではない。やはりアリーマイラブやホワイトハウスがそのままわかるように耳を鍛えるしかないかな?
あと、これはいつも思うことだが、日常英会話をいくらホメられても、プロとしてはあんまり意味がないのだ。日常英会話はクリアして当然(これもついていけないときが度々あるのだが・苦笑)で、現場で瞬時に適切な訳が出せないと、全く満足できないよー!

冷静でいること。これは私の恒常的な課題ですね。Rからも、よく、Don’t panic! とたしなめられる。 
Get to the point! これもRからよく言われる。というか、言われなくても感じる。もっとdirect に、的を射た表現がズバッと出てくるように、対策としては、やはり最初は単純な英文で表現のトレーニングを繰り返して、少しずつ複雑な英文に移って、ズバッとまとめる練習を回数やる、とか。
フラッシュメモリーの質を高めること。今聞いたことを忘れるなんて、最悪だー・・・集中力アップ!
 (2004年6月17日)

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!