My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

May 04, 2012

清々しい強さ カーネーションより 2

糸子の強さに惹かれた。どんな状況でも屈しない、自分の生き方を貫く、その潔さと強さに惹かれたのは私だけではないようで。風とともに去りぬのスカーレット・オハラを彷彿とさせる(あ、だからオハラ洋装店なの?)。

これまでの朝ドラといえば、(ほとんど見たことないから土曜の朝たまにチラッと見た限りのイメージですが)、登場人物がみーんないい人で、主人公は一途で健気で頑張り屋さん。時々、こんな人ホントにいる?こんなこと言うか?って感じがして面白いと思ったことがなかった。
カーネーションの主人公は、もちろん洋裁一筋で働き者、だけどとっても人間味がある。そうそう、そういうこと言うよね!って感じ。

年末の総集編で、印象に残っている場面がいくつかある。

Continue reading "清々しい強さ カーネーションより 2" »

ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より

注: これは4月に書いた記事です。

NHK朝の連続ドラマは、普通に日中働いていたら見ることはできない時間帯の放送だが、たまたま年末、前半の総集編を見て、あれ?これ面白いやん!と、ダンナまでが率先して録画し、帰宅後見るようになった(苦笑)。

海外ドラマを見ていると、時々見る日本のドラマの説明セリフの多さに辟易する。そんなこと、こんな場面で、そんな風に言うか、普通?と突っ込みたくなること多し。
カーネーションは、朝ドラには珍しく、セリフの切り返し、つまり脚本の上手さとキャスティングの良さが光った、久々に大ヒットのドラマだったようだ。

途中から見出したにもかかわらず、印象に残っているセリフと場面がいくつかある。

「ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。人は品格と誇りを持って、はじめて希望が持てる。」

Continue reading "ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より" »

Sep 25, 2011

glee 印象的なエピソード

「自分に自信があれば、人を蹴落とす必要なんてない」という名せりふの他にも、歌とダンスシーンにうっとりしたり圧倒されたり、いつも元気をもらっているドラマです。友人に面白いからとおしえてもらって、昨年ケーブルテレビ(と衛星放送)を解約したので、休みの日にDVDで最初から少しずつ観ています。

glee club 合唱部メンバーの皆がそれぞれ悩みや問題を背負っていて、たかだか高校生のコメディだと思っていたら、意外とほろっとさせられます。合唱部顧問のシュー先生や、彼をとりまく他の教師とのやりとりも面白い。
最初は極端なパーソナリティ設定に引きそうになりますが、フシギなことに、アリーマイラブの時と同様、一人ひとりの個性が強烈なためにかえって気になり、次を観てしまう。

選曲もすごくよくて、60年代のオールディーズから往年のポップス、ミュージカルの主題歌、ロック、ゴスペル、現代のラップまで、いろんな曲を全く違和感なくアレンジし取り込んでいて、親子で観ても楽しめる選曲になってます。このドラマが幅広い世代に受け入れられている理由がよくわかります。

ここにも一人、悪魔のように恐ろしい女性教師が出てきます。プラダは着ていませんが、いつもジャージを着ている、チア部の顧問。このチア部の鬼コーチも強烈、口は悪いし気は強い、どんなに汚い手を使っても人を蹴落とすのは平気、いわゆる常識的に良しとされていること全て裏を行くような行動をとります。

Continue reading "glee 印象的なエピソード" »

Jun 26, 2011

ソーシャル・ネットワ​ークを観て

6月上旬、遅ればせながらDVDで観ました、映画「ソーシャルネットワーク」。“Facebook“を開発した大学生たちの間に生じる愛憎を緊張感豊かに描いた実話に基づく人間ドラマ。というふれ込み。

鬼才デヴィッド・フィンチャー監督、脚本はあのホワイトハウスのアーロン・ソーキン氏とくれば、ああそれは面白そうだなと公開前から思っていました。

先にアルクの字幕翻訳の特集ページで、ソーシャルネットワークの字幕翻訳者と制作者の方の苦労話やコメントが載っていたのを興味深く読ませていただきました。

ソーシャルネットワークの字幕はここがすごい!

実際に観ると、たしかにセリフの数は多いし、大学生たちの喋りが早いしで、字幕は本当に大変だっただろうと、そのご苦労がしのばれました。

制作者の方もおっしゃってるように、この映画は、「脚本が素晴らしい。誰が裏切り者で、誰がいい奴だとか、そういう断定はせず、見る人がさまざまな意見を持てるように描かれています」。

なので、見る人の職業や立場によって、様々な意見があったようだ。

Continue reading "ソーシャル・ネットワ​ークを観て" »

Dec 29, 2010

笑って!コラえて?

大掃除、普段は見えるところしかやってないからもう大変です。
今年は、(今流行りの)「断捨離」するぞ!、たまったモノを仕分けをして不要なモノを捨てるぞ!と意気込んで取りかかりましたが、ぞさすがにちょっと疲れてきました。

TVでは、今年あった出来事を振り返る番組が多いようです。
後でウエブページの方にアップしますが、今年のワールドニュースのトップ10も、明るいニュースはチリ鉱山の救出劇とサッカーのワールドカップくらいで、他は全て暗いか哀しいかひどいニュースが多い。(ウィキリークスの機密文書公開(暴露)ニュースは賛否両論あるようですが)

そんな中、所ジョージさんが司会の番組、さんまさんが年末特別ゲストで出ていて。
名倉さんというダンスの振り付け師の女性が出ていらっしゃったのですが、70歳にして姿勢良し、踊ったら2,30代にしか見えないくらい動きにキレがある!信じられない身のこなし。すごい!かっこいいなあ。

そして最後に、「ダーツの旅」の総集編をやっていました。

Continue reading "笑って!コラえて?" »

Dec 26, 2010

夢と潜在意識 “Inception”

“Inception”
話題作だったので、DVDがレンタル解禁になったら観ようということで観てみました。休日の一日一練はこれの視聴ということで逃げております。(苦笑)

感想:
まず、人の夢や潜在意識に潜入する、という発想自体がユニークで面白いし、構想も非常によく練られています。こういうのを見ると、やはり緻密に論理を組み立てていく筋立ての巧さは、かなわないなー、なんて思います。CGだけに頼らず、実写を多く使った映像もものすごくきれいだし迫力があります。相当お金かけて作ったんだろうな、と。
ただ、

Continue reading "夢と潜在意識 “Inception”" »

Mar 29, 2009

録画するのはいいけれど

昔に比べると、ここ数年で、ケーブルに加入したこともあり、TV番組を録画するのが非常に簡単になった。なんせあのVHS(ビデオテープ)やDVDの時代を経て、今やハードディスクに直接録画できるんですもの。なーんてラク。予約リピート設定もいろいろできるし、デジタルだから、録画しながらさかのぼって最初から見れちゃったりするので、とにかく便利。というわけで、TVをあまり見ない長男以外、家族は録りたい番組を録りまくっている。しかも2番組同時に録画できるので、次男のアニメと親が見たいドキュメンタリーが重なっても、どちらもしっかり録れる。わーい。

ただ、ここで新たな問題が。
録りまくるのはいいんだけど、それを見る時間がないっっ。もしくは、見る時間を作らなきゃいけない。

ちなみに、ワタシが予約録画しているのは、以前はフレンズだったんだけど、終わってしまったので、今は次の番組。
NHK 視点論点
NHK 海外ネットワーク
CNN Daily Show (ニュース番組のパロディー・コメディー)

ダンナは、もっぱら24とかLOSTとか、他にもアクション、スリル&サスペンスものをよく録っている。
共通で楽しんでいるドラマは、
House (ドクターハウス)、
Numbers (天才数学者がFBIと事件を解決)、
Glay's Anatomy (若きインターン医師達の青春ドラマ)
などなど。シリーズが新しくなったり、放送時間が変わったりして、最近ワタシはあまり見てない。

あと、予約はしないが、気になるニュースがあるときは、単発的にABCや CNNのニュースを録っておく。勉強のために、後からプロの通訳を聞き直そう、という思いで。

録画するのはいいけれど、1時間番組なら1時間どこかで作って見なければいけない。たとえばジムやバレエに行くのをあきらめてでも。
しかし本来、忙しいから録画しているので、考えてみたら、その1時間を作るのが結構大変だったりする。結果、ワタシだけが見てない番組が蓄積されていく・・・・・
今日は久しぶりに、録画した海外ネットワークを3回分見た。でもこれ去年の11月から今年の2月頃のもの。
タイの空港占拠、イラクの選挙、イスラエルの総選挙、ロシアの輸入車関税引き上げ、イラン革命30周年など、なんだかちょっと「なつかしい」話題ばかり。ほんの数ヶ月前なのに。
この番組は、海外情勢をざっくり知るには非常によくまとまっており、情報収集のために録画し始めたのだ。45分番組だが、やはりこうして後からまとめて見るよりは、都度見ておいた方がいいような気がする。その時の旬な話題も、3ヶ月経つと、そういえばそういうこともあったなあ、みたいになるし。
録画するのはいいけれど、定期的に時間を作って、さっさと見ていかないと、録り溜めても見溜めはできない。他にもいっぱいやることあるから。
ご利用は、計画的に。だな。

Apr 13, 2007

フレンズとThe West Wing

久しぶりに、フレンズとThe West Wing を観た。(ちなみに去年からケーブルに加入。BSのおはよう世界が見れるようになった。)
フレンズは、楽しめる。筋は大体わかる。笑いのツボもバッチリ。それでもTVの笑い声と一緒に笑えない時、ジョークがわかってないということなので、悔しい。

ホワイトハウスは、やっぱりもう、超難しい。会話だけで話が進むところなんか、ほとんどわからん。「何かが起こった」とか、ざっくりとしかわからない。登場人物の恋話なんかだとかなりわかるんだけど、政治・法律・議会のしくみ・選挙戦術・宗教など、話が込み入ってくると、ほとんどわからない。
ただ、脚本が非常によくできているので、見逃すのはもったいない。というわけで、HDに録って(便利になりました!)、
ともかく英語で観る→日本語で確認→英語で再度観る、
を繰り返してみた(時間がかかるのが難点ですが)。
不思議なのは、日本語の吹替えを観た後英語で観ると、1回目に観たときとうって変わって、ほとんどわかる(固有名詞以外は)。なんでぇ?

Sep 17, 2005

休み中に観た映画&DVD

8月の夏休み中に観た映画&DVD:
宇宙戦争、Day after Tomorrow、シービスケット、Sex and the City、The Village

宇宙戦争&Day after Tomorrow
どちらもパニック映画だが、テーマは親子愛を描いている。設定は荒唐無稽だが、それを感じさせないほどリアルで、ドキドキハラハラさせられる。
極限状態において、自分だったらどんな風に振る舞うだろうか?: ただただパニクってしまうのか、それとも冷静に判断して行動できるのか、人間的な振る舞いができるのか、それとも弱者を置き去りにするような非人間的な振る舞いをするのか、ジコチューになってただただ逃げまどうのか(これが一番ありそう・苦笑)、いろいろと考えさせられた。
ところでこの映画を観た後、仕事中に偶然にも比較的大きな地震があり、その時まず頭に浮かんだのは、「下の子、どうしてるだろう」だった。だから、やっぱりこの二つの映画の主人公の気持ちに共感できる。

シービスケット
この中ではイチオシ。最近観た中では最も気に入った作品。もともと馬は好きなのだけれど(時間があれば乗馬習ってみたかった)、やはりこのドラマで描かれている人間の想いが伝わってきた。実話を元に描かれているからかな。DVDでメイキングも観たが、やはり作り手の情熱が素晴らしい。「いい映画を作りたい」この一心で作っている。そんな感じが伝わってきた。映像も綺麗。

Sex and the City
アダルト映画ではありません。NYに生きる4人の女性達のキャリア・恋愛・友情を描いたもの。日本人の感覚からするとかなり奔放にも見えるが、でも真剣に恋愛観や悩みを語り合う脚本は面白い。

The Village
全く期待もせず、予備知識なしで観たら、意外にも面白かった。よくできているなー、という感じ。シックスセンスの監督さんらしい、グイグイ引き込んでいく手法はお見事。

May 06, 2005

River Runs Through It

「サイダーハウスルール」と同じくらい、静かに深く感動した。
ずっと昔から見たいと思いつつ、なかなか見る時間がなかったので、この連休中にやっとビデオを借りてきた。(去年12月の通検2級が終わったら見ようとリストアップしていた映画(ビデオやDVD)の、どれひとつとして、まだ観ていなかったのだ。)river_runs_through_it


モンタナの大自然の美しさももちろん素晴らしいが、やはり主人公の兄弟の人生・性格の違い・思いやり、お互いに対する感情の機微が、非常によく描かれていたのが印象的だった。好きな映画のひとつになりそう。
アクション映画が好きな長男なんかは、「これって、なんも(事件が)起きない映画?」と、何やら不思議そうな顔。何も大きなイベントが起きず、ただただ田舎の日常が描かれていく、というのが、映画的ではない、と感じたようだ。
ふっっ・・、おぬし、まだまだ若いな。この映画の良さがわかるには、まだまだ人生の修行が足りんぞ。なーんてね。でもまあ、大人だからこそ、味がわかる映画かもしれない。
そういえば、うちも一時期、父親と息子二人で、フィッシングにはまってた時期があって(フライではないが)、母(私)を置いて、男3人で川や湖へあちこち出かけていた(チビはただ兄ちゃんの真似してただけ)。だから、ちょっとだけ、映画の親子に彼らの姿を重ねたりして。

印象的だったのは、
弟が、「助けを差し出しても、それに気がつかないやつもいるんだよ」となにげに言うのを、兄がハッと何かに気がついたように弟をじっと見つめる。でもその弟は、後に、兄が自分に「助けを差しだそうとしているのに」気がつかず、それを拒否してしまう。皮肉だなあ。

この話は、昔、ホワイトハウスを見ていたとき、ジェド(大統領)が、死刑執行のゴーサインを出したことをものすごく悔やむシーンで、訪ねてきた神父が話す、信仰深い男のたとえ話を思い出させた。たしかこんなたとえ話だったと思う(細部はちょっとあやふやだが):
大洪水が起こって、中州(だったかな?)に取り残された信仰深い男が、泳いで助けに来た人に、「神様が助けてくれるから自分には助けは要らない」と言って助けを拒む。次にボートが助けに来るが、「やはり神様が助けに来るから大丈夫。」と。ヘリコプターが救助に来るが、同じことを言って、救助を拒む。結局、男は洪水にのまれて死んでしまう。天国に行って、男は神に向かって尋ねる。「どうして私を助けてくださらなかったのですか?」神は答える。「私は3度もお前を助けようと、人と、ボートと、ヘリを送ったのだ。助けに気がつかなかった、もしくはそれを拒んだのは、お前ではないか。」と。

身の回りの小さな幸せ、小さな幸運、人の好意、親切、「そっと差し伸べられる助け」に、気がつかなかったり、無視したり、かたくなに拒んだりしてないかな?

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!