My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Apr 30, 2012

K先生、あなたの愛は生きています

先日、息子達が小学生の頃ずっとお世話になった方、K先生が亡くなられた。いつも、本当にいつ会っても笑顔で、誰に対しても優しくほがらかな人だった。

海のように深く、風のようにさりげなく、太陽のように温かい愛情を持った方。本当に、現実に、こんな人がいるんだなあ、とよく思っていた。

K先生への感謝と哀悼の意を込めて書きました。

「supernova_sn1006_tezel_full.jpg」をダウンロード

Continue reading "K先生、あなたの愛は生きています" »

Apr 01, 2012

YELL 巣立っていく君へ

卒業、別れと旅立ちの季節がめぐってきた。

我が家でも、長男が社会人になり、巣立ちの時を迎えた。
お給料がいただける仕事に就けて、独り立ちして親元を離れる。自分たちもそうしてきたように。めでたいことだし喜ばしいことだ。
でも。

あ~、こんな気持ちになるんだ、ってことが、初めてわかった。頭では、理屈ではよくわかっているのだけど、ああ、これで本当に離れていくんだと思うと、やはり寂しい。言わないようにしていたけど、実際家族や他の人にに口にされると、やっぱり寂しいんだ、と。

仕事をしていてよかったと思う。子育てに全力投球して立派に育て上げる人たちもたくさんいるけれど、「空の巣症候群」=子供が巣立っていった後、ぽっかり心に穴が開いたようになてしまう、その気持ち、すごくよくわかる。子育てに100%全力投球できなかった私ですら、穴が開いたように感じるのだから。だから、仕事をして、引越しの手伝いをして、忙しさにパタパタしてるくらいが、ちょうどいいのかもしれない。

職場の同僚で、やはりお嬢さん二人を働きながら育て上げ、上のお子さんは社会人、下の娘さんは大学留学中という方がいて、先日一緒にランチしたときにこの気持ちを話すと、「あぁ、わかる、よくわかる。」と。子供たちはケロッとして新しい世界に飛び出していく。親の心子知らず。

そこで、子供が巣立って「寂しい」という気持ちがわいてくる度、リフレイミングして(言い換えて)みることにした。「寂しい」→「めでたい、喜ばしいこっちゃ」→「これでやっと一人片付いて、せーせーしたわ!」

3月、次男の学校の合唱祭で歌われた曲の歌詞がとてもこの季節にぴったりだったので、新しい世界へ飛び立つ方々へ、この歌詞を贈りたいと思います。 

Continue reading "YELL 巣立っていく君へ" »

Apr 17, 2011

子供に英語を教えるということ Part2

NHK基礎英語1・2・3に感謝!!

英語は、中学から始めても、大丈夫
ただし、スポーツや楽器のように、ある程度練習を続ける必要はあり

二人の子育てと英語を伝授した経験から、引き続き書いています。あくまでも私見ですのでご了承ください。
しかも兄弟二人、性格が違うので、実はやり方も全く違いました。

前回書いたとおり、小学校5年生から週1回だけ、小学生用のテキストとCDを使っておしえた長男は、中学入学時、フォニックス以外はぜーんぶ!きれいサッパリ忘れてしまってました。中学入学後はほとんど私はノータッチでしたが、不思議なことに英語力はごく普通についていたようで、受験も問題なかったです。

さて、次男の場合。

Continue reading "子供に英語を教えるということ Part2" »

子供に英語を教えるということ Part1

この記事も3月上旬に書いたものです。

二人の子育てと英語を伝授した経験を通して気がついたことを書いてみます。ただ、私は英語教育の権威でもなんでもない、一母親としての意見なのでそのつもりで読んでいただければ。

まず、子供たちに英語をおしえる際、私には全くきれいごとではない、現実的な考えがあった。それは:

Continue reading "子供に英語を教えるということ Part1" »

Apr 10, 2011

涙の理由 5) かなしみを乗り越えて

そして、東日本大震災が起きた。

多くの命が津波に奪われた。子供たちもいたと聞く。
また、被災地ではたくさんの子供たちが、友達と離れ離れで卒業式を迎えた。
もっと胸をしめつけられたのは、親と生き別れ、震災孤児になった子供たちがいるということだ。

次男が中2の頃から、受験のことでいろいろあれこれやきもきしていたが(私一人で)、あの大震災の後、何か全てが吹っ飛んでしまった。

自分の悩みは、全くたいした悩みじゃなかった、ちっぽけだったことに気がついた。学校のレベルとか、私立とか公立とか、そんなのどうでもよくなった。

人間の根源的な思い、もっと大切なものがあるだろーって。

Continue reading "涙の理由 5) かなしみを乗り越えて" »

涙の理由 4) 卒業式にて

今年の卒業式の「呼びかけ」は、とても趣向が凝らしてあった。

卒業証書授与式の後、生徒たちがくるっと後ろ、つまり保護者席のほうを向いて、3年間のいろんな思い出を語りだす(台詞はもちろん用意したものを)。
合唱コンクールで各組が歌った曲をメドレー、全員で4部混声合唱、相当練習したとあって、300人近い人数でハモると、すごい迫力でコンクールの時より素晴らしい。

中盤では、生徒全員がステージ上のひな壇に登り、再び呼びかけと合唱。

最後は、親への言葉。

それまで何度も涙は流れたけど、ここでほぼ100%の親たちが泣いたと思う。それは、

Continue reading "涙の理由 4) 卒業式にて" »

涙の理由 3)

3月6日 つづき

泣くだけ泣いたら、かなりサッパリした。目はお岩さんみたくなっちゃったけど。

それにどんなに後悔しても、この3年間はもう過ぎてしまった。

それに、もし働かずに家にいたとして、自分の仕事を諦めて、教育ママ(or子育て熱心なママ)になったとして、
息子も私も、果たして幸せだったんだろうか?

Continue reading "涙の理由 3)" »

涙の理由 2)

3月6日 続き

これまで、周りの人によく言われた慰めの言葉、自分でもそう思うことにしていた:
「男の子は(勉強)しないって。」
「男の子は冬眠中。目覚めるのが遅いんだよ。」
「頭(の良し悪し)は親の遺伝。ジタバタしたって、カエルの子はカエル。親がそこそこだから、子供も知れてるんだよ。」
「なんか万引きしたりバイクを乗り回したり盛り場をほっつき歩いてるわけでもないし、元気なんだからそれでいいじゃない。」

そう、そうだよね。でもこれ全部、今となっては

Continue reading "涙の理由 2)" »

涙の理由 1)

以下の記事は、3月6日に下書き、その後加筆修正。

その前にひとこと。気持ちが高ぶったり、揺れたりしたときは、すぐには文章をアップしないようにしています。後で読み返すと、顔から火が出そうなくらい恥ずかしくなったりするものもあるからです。特に今回は、子供がらみで、しかもあまり軽くもない。でも、311大地震の前にいろいろあれこれ悩んだりしていたことが、地震後は吹っ飛んでしまった部分もあります。
あまり自分の内面にばかりフォーカスして書くと、読んでるほうはつらいんじゃないかと思うんですね。私も別にツライぜ自慢をしたいわけではなく、宇多田光ちゃんのように切々と文章で訴えるつもりもなく、自分の気持ちの整理として書いてる部分があると思うのですが、人から見れば子育ての悩みなんてかなりどーでもいいことかもしれないわけで。いつも長いので、できるだけ短くしてみます。

Continue reading "涙の理由 1)" »

Dec 04, 2010

いいとこ探し

これ、10月中旬の出来事。またまた時差投稿です。

次男の進学のことでダンナと話しているうちに、「君は息子のあら探しばかりしている。口から出る言葉が全部批判になっている。」と指摘され、つい感情的になってケンカしてしまった。

理由は何であれ、あら探しはよくない。たしかに、人があら探しするのを聞いていると、とてもイヤな気分になる。

Continue reading "いいとこ探し" »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!