My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« ご無沙汰しております。 | Main | Are there many bitches in Japan? »

Sep 09, 2013

トライアル (テスト、テスト、テスト・・・)

またまたご無沙汰してしまいました。

前回プー(フリー)になったと書きましたが、それでも社内通訳のオファーもいただくので、通えそうな案件は時々チャレンジしています。

通常、派遣会社等からオファーをいただき、先方が職歴等を見て会いたいといってくださり、ようやく面談にこぎつけるのですが、問題はここからです。多くの場合、面談とテストがセットになっています。

通訳として働くためには、まずはこのテストに合格する必要があり、ある一定の水準を求められているような気がします。そして新しい仕事を紹介してもらうたびに、このテスト(トライアルと呼んでいますが、要はテストです)をクリアしなければならない。まさに試練です。

応募者の通訳学校のレベルが何であれ、それまでどんな学歴・職歴であれ、雇う(お金を出す)側の企業としては、数社に発注をかけ複数名を面接し、同じテストをして、レベルを見せていただきましょう、という姿勢です。(本来複数呼ぶのはよくないらしいが、通訳業界ではこれが当たり前になっているよう)

ただ、この面談やテストのやり方は、企業によってまちまち。内容もレベルも簡単なものからものすごく難しいものまで多岐に渡ります。
正直言って、学校のテストで満点をとれたとしても(そんなことはありえないでしょうけど)、また、エージェントさんによっては独自のテストを行っているところもありそこでOKと言われても、究極、この派遣先企業におけるトライアルに合格しなければ、お仕事ゲットできないわけです。

これまで、何度かトライアルを受けて、受かったり落ちたりしました。

受かったときはもちろん嬉しかったしラッキーだと思います。問題は落ちたときです。

この最終トライアルに落ちるというのは、2重の辛さがあるのです。
一つは、もちろん、企業側から、「あんたはヘタだから要らない」とズバリではないが言われること。
二つ目は、せっかく自分を推して企業に紹介してくれた派遣会社の担当者の方に申し訳ない、という気持ち。

そしていつも思うのは、私がもっと上手かったら余裕で受かってただろうな・・・ということ。実際私の実力は一定の水準に達していない、ということがわかります。しかもセカンドチャンスはないわけだから、辛い。

ただ、落ち込んでばかりもいられません。
フリーでやっていると、テストのない、甘いラクな仕事もありますが、そういう仕事は積み上がっていかない感があります。
もちろん、今の私に仕事を選り好みするような余裕はないので、オファーをいただいたものは基本順番にお受けするようにしていますが。
そうして、以前先輩通訳の方がおっしゃっていた、「ナルトさんを必要としている企業は必ずあると思いますよ。」という言葉を信じて、また新たな出会いを求めて、日々やっていくしかないのでしょう。

学校での試験も客観的なレベルを知るのにいいかもしれませんが、さらに一歩外に出て、仕事をすることで実力をつけ、かつトライアルを受けることで、企業が要求する水準に達しているか否かを客観的に知ることができる。トライアルを受ける前はいつも怖いし、受けている最中も、雰囲気に呑まれて超緊張しますが、テストを受けることには、それなりに意味がありそれだけの価値があると思います。

« ご無沙汰しております。 | Main | Are there many bitches in Japan? »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ご無沙汰しております。 | Main | Are there many bitches in Japan? »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!