My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 予測力をつける | Main | 思い出の小さな小さなブレイクスルー »

May 05, 2012

地頭力が良くなくても、通訳になれるのか? その2

下記は、4月上旬に書いたものです。前回(4月1日記事)の続き。

どうやったら通訳に必要な理解力・論理的思考力・情報処理能力を身につけることができるのか?

たまたま家にあった本(たぶんダンナの本です)に、某商社社長の情報収集と論理的思考力の鍛え方が載っていて、読んでみたら。
私がほしかった答えを書いてくれていたから、おぉ!と思ったのかもしれない。以前だったら、読んでもこの部分はすーっと意識を素通りしていただろう。今のように、「どうしたら、理解力をアップできるんかいな?」という意識で本を読んでいると、おのずとその「こたえ」に、目が、意識が向くような気がする。

この社長さんは、若い頃から続けている読書法で、その本との付き合い方で、経営に必要な論理的思考を鍛えたそうな。

それは、週に1誌、隅から隅まで読む(精読)、という方法だ。
ひとつは、情報収集のため。第二は、経営に欠かせない論理的思考力を鍛えるため。以下引用:

「論理的思考は、人間に自ずと備わっているものではない。身につけるにはそれなりの修練が必要だが、読書は、論理的思考能力を磨き、ひいては情報分析力の強化に役立つのだ。」
「ただ本に目を通した、というだけではいけない。1冊の本の中で展開されるテーマや著者の狙い、論理構成をよく考えることが大切だ。」
会議にしろ、お客様にしろ、すべては情報の膨大な塊のようなものである。そうした多種多様な情報を分析し、経営戦略を立て実行に移すためには、論理的思考能力が必要不可欠である。その意味で経営の舵取りを行うときに、読書は非常に強力な武器となるはずだ。」

昔なら、「読書がいかに大切か、武器となりえるか」といったくだりは、そんなのは当たり前だ、と読み飛ばしていたと思います。
今回、自分の論理的思考力のなさを現場で痛感してから、ここを読むと、目からウロコでしたよ。三つの点で。

ひとつは、論理的思考は、人間に自ずと備わっているものではない。身につけるにはそれなりの修練が必要、というくだり。アタマのよさ(悪さ・程度)は生まれつき決まっているとしたら、あれこれ努力しても無駄なんでは?と思っていたけど、たしかに、論理的思考回路なんかは、生まれたときから備わってるはずない。それなりの修練を経て、身につけるものだということ。

2点目は、「地頭が悪いから通訳はムリかも」などという言い訳に逃げようとしていたかもしれない、とちょっと反省。たしかに、生まれつきのアタマのよさというか柔軟さは、明らかに人によって違います。でも、それだけで仕事ができないかというと、そうでもない。ゼロサムではない、ということ。だったら補えるはずなのに、「やっぱりアタマが悪いから、ムリ」と言ってしまえば、一時的に気が楽にはなりますからね。

せめて通訳に必要な理解力・論理的思考力・情報処理能力は、後天的に、意識して練習・訓練すれば身につくのかもしれない。私は忙しさや時間のなさを理由にそういった努力をしていなかったので、ハッとさせられた。

3点目は、今回のように経営陣が加わる会議に出た場合、その人の頭の中の思考・論理展開にきちんとついていかなければならない。例えば、アメリカの大学院で経営学の修士や博士を取った人が、情報分析をし経営戦略を立てる、その話についていかなければならない。通訳もレベルが上がれば上がるほど、経営陣の話についていく必要に迫られる機会が増えることになる。ということは、彼らが話す内容は、ほぼ100%理解する必要がある。経営陣自らが、相当読書をし勉強しているとしたら、やはり同等でなくても同様の知識・情報処理能力は必要になる、ということ。


地頭力が良くなくても、通訳になれるのか? 

なれるよ!ほら、私は地頭全然よくないけどね~!笑)と言いたいところですが。まだまだ途上ですね。でももし私のような地頭力の弱い人間が、修練して上記の力をつけて、もし同通できるようになったら、奇跡ではないだろうか?笑 いつかそんな奇跡を起こしてみたい。道は険しいが。

同通に必要な理解力や情報処理能力は、一朝一夕に身につくものではないとは思う。でも、向上させるためのやり方はあるんじゃないか、とも思う。

皆さんはいかがですか?何か意識的にやってらっしゃいますか?もしあれば、教えてください。あるいはシェアしてくださいね。

« 予測力をつける | Main | 思い出の小さな小さなブレイクスルー »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 予測力をつける | Main | 思い出の小さな小さなブレイクスルー »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!