My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 清々しい強さ カーネーションより 2 | Main | 地頭力が良くなくても、通訳になれるのか? その2 »

May 05, 2012

予測力をつける

下記は、4月上旬に書いたもの: 

先日久しぶりに、社内の他部門主催の会議に入り、2時間ウィスパ対応した。以前米国人上司がいた頃は、彼について入っていた会議なので、主催者の方が私を知っていたこともあり、声をかけてくださった。人事異動などで、会議のメンバーが入れ替わり、別の部署の外国人2名が入ったため通訳が必要となった。前日の夕方言われて、当日の朝資料をもらったが、ほとんどざーっと目を通すくらいしか時間はなかった。

驚いたことに、久々のウィスパだったにもかかわらず、ほぼ全くストレスなく、2時間通してできた。

これはどういうことだろう?
3月にやった某他社の会議では、同通(パナ)をやるにはやったが、とても「できた」とは言えない状態で、ことごとく打ちのめされていた私。心底、自分のアタマの悪さ、飲み込みの悪さを痛感していた。フリーの人なら、きっと初見でもきちんと出せるだろうし、あのくらいは出せなきゃいかんよな。しかも80%程度じゃなくて、100%近く。

明らかに、社内会議だと、内容・発言の予測がつくこと、出席者の大半の方と顔見知りであること、つまりどういう話し方をするかを知っていること、等で、新規の話題が出ても、これまで似たような案件を扱った覚えがあったりで、ものすごくやりやすかったことはたしか。私の通訳した内容を聞いて、即座に意見を言う外国人、会議がきちんと成り立っている、と感じたので、ちょっと嬉しかった。
(他社案件でコケてガックリきた気持ちを、オフセットしてくれた、という感じ。)

予測がつく、先がある程度読めると、どんなに訳しやすいか!を実感した。

もちろん社内なので、英語のできる人たちばかりの中でやらなければならないというプレッシャーは常にあるけれど、全く初めての、知らない人達ばかりの中で、モニターされながらやるプレッシャーよりはまし。

リラックスしつつ、集中して訳すことも大切なんだな。
とはいえ、フリーの方たちというのは、毎回そういうプレッシャーにさらされながらやるわけだから、それを考えると本当にすごいなと思う。社内だと、やはりその業界の慣れもあって、「やればできるんじゃん!」と思いがち。だからある程度のところまでいくと伸びない、とよく言われる。


もちろん、社内でスラスラできたからって、じゃあこれで私はバッチリかというと全然そんなことはなく、相変わらず、全く新規の業界、業態、経験のない部門の話だと、論旨が追いづらい、という弱みをかかえている。

また、やはり数字がからむ論理展開になると苦手意識が頭をもたげる。でもどの企業でも、投資とコストの話は絶対出るので、避けて通れない。ここは歯を食いしばってでも、話についていけるようになりたい。

さらにもうひとつ、課題が見えてきた。根本的にゆるぎない英語の運用力をつけること。これは国産には永遠の課題だが、どうしても海外組(帰国子女・長期留学・長期滞在経験者)と組んだ時に感じる決定的な差というのは、やはり英語の力だし、エィジェントやクライアントもその辺はしっかり見て(聞いて)いる。

ただ、時々ウサギとカメの話を思い出す。私はどうしたってカメさんタイプ。ぐずでのろまなカメだけど、一歩一歩進んでいくしかない。

« 清々しい強さ カーネーションより 2 | Main | 地頭力が良くなくても、通訳になれるのか? その2 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 清々しい強さ カーネーションより 2 | Main | 地頭力が良くなくても、通訳になれるのか? その2 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!