My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より | Main | 予測力をつける »

May 04, 2012

清々しい強さ カーネーションより 2

糸子の強さに惹かれた。どんな状況でも屈しない、自分の生き方を貫く、その潔さと強さに惹かれたのは私だけではないようで。風とともに去りぬのスカーレット・オハラを彷彿とさせる(あ、だからオハラ洋装店なの?)。

これまでの朝ドラといえば、(ほとんど見たことないから土曜の朝たまにチラッと見た限りのイメージですが)、登場人物がみーんないい人で、主人公は一途で健気で頑張り屋さん。時々、こんな人ホントにいる?こんなこと言うか?って感じがして面白いと思ったことがなかった。
カーネーションの主人公は、もちろん洋裁一筋で働き者、だけどとっても人間味がある。そうそう、そういうこと言うよね!って感じ。

年末の総集編で、印象に残っている場面がいくつかある。

ダンスホールの踊り子さんがドレスを注文。しかし糸子は、「あんたみたいな中途半端な気持ちで仕事するような人の服はよう作らん。」とお客さんを突き返す、プロ意識のあふれるシーン。今じゃこんなこと考えられないだろうけど。言ってみたいもんだ、「あんたがそんな態度なら、通訳なんかせえへんで!」なーんてね。

戦争が終わり、お針子さん達がラジオの周りに集まって、ラジオから「すみれの花咲く頃」だったか、きれいなメロディーが流れてくると、しみじみと、「あぁ、ええなぁ。」って言う場面。「もう、軍歌聞かんでもええんやなぁ。」と。
この前に、戦時中の悲惨な様子もよく描かれていて(食糧不足、空襲、防空壕、疎開、夫の死、友人の死)、「早く戦争終わってあげてほしい」と思った(この日本語ヘンですが、終わらせてほしいもおかしいし、終わってほしいとも違うので)。なので、本当にこのラジオを聴くシーンで、戦争がやっと終わったことを実感し、思わず一緒になって胸がキュンとした。
物理的にも精神的にも押さえつけられ我慢を強いられていた時代が終わり、きれいな曲、きれいなものに強く惹かれる気持ち、自由で華やかなものを求める気持ちが、お針子さん達に再び芽生える。

今で言ういわゆる不倫(恋愛)を続ける主人公に対し(まあいろいろ事情はあるんですが、当時の社会的通念からすると、やはりとんでもないということで)、従業員や親戚一同が、主人公に不倫をやめるよう叱り説得する。これだけの大人数に言われたら、今までの主人公なら、「ハイ、わかりました。ごめんなさい、私が悪かったです。」と平謝りするところだろう。今回のドラマでは全く予想外、かつ面白い展開となった。つまり糸子は、「皆の言うことはようわかる。けど、おこがましい言い方ですけど、相手の家族も含めて、私がこのまま面倒見させていただきます。」と、力強く宣言するのだ。
この打たれ強さ、この、自分の気持ちに真っ直ぐで、人に何か言われたからコロッと態度が変わったり謝ったりする弱さのない、清々しい強さ。

これがあったからこそ、和裁中心だった時代に革新的な洋裁店を繁盛させ、3人の世界的なファッションデザイナーを育て上げ、70代になってなお自分のブランドを立ち上げるという偉業を成し遂げることができたのだろう。この強さ、たくましさが好きだ。

最後の放送月に、奇跡、という副題で、病院でファッションショーをやる、という週があった。二人の子供を持つ、末期がんを宣告された女性が舞台に立つ。糸子先生、幼い子供たちに目をやって、涙で紹介文が読めない。『私は、絶対に幸せになります』と、笑顔で花びらを客席に向かって散らすシーンはもう、涙、涙。
服には癒しの力があると同時に、希望を与える力があると感じさせてくれた。

きれいな服を着たいという気持ちを大切にしましょう。決して罪悪感を感じる必要はありません。服には人を癒し、自分を癒し、希望を与えてくれる力があるのですから。

« ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より | Main | 予測力をつける »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ほんまにええ服は、人に品格と誇りを与えてくれる。「カーネーション」より | Main | 予測力をつける »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!