My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« YELL 巣立っていく君へ | Main | K先生、あなたの愛は生きています »

Apr 01, 2012

地頭力が良くなくても、通訳になれるのか?

3月、結局1本しか記事を書けませんでした。まあ、公私ともいろいろあったから仕方がない。
しかもいつだったか週末、記事を書いてる最中に強制リブートかけられて記事が消滅。。。

でも、リアルライフでは、本当にいろんなことがありました。その都度、いろんなことを感じ、考えていました。とてもこの心の軌跡を全部は書けません。

中でも、他業界で初の同通をやってみてわかったこと、感じたことが引き金となり、あるひとつのことをウダウダと考えていました。それは、
通訳というのは、上へ行けば行くほど、語学力だけではなく、地頭、あるいは持って生まれたアタマの良さ、が必要になるのではないか?という疑問です。つまり、逆の言い方をすれば、
「アタマの悪い人はおよびでない!お断り!」な世界なのか?ということです。

まあ、アタマの良し悪しをどう定義するか、地頭とはそもそも何ぞや?とか、いろいろ突っ込みたくもなるでしょうが、これは、同通に必要な理解力、という言い換えをしてもいいと思います。
同じ話を聞いても、一度で全て完璧に理解する人と、60%くらいしか理解できない人と、全く理解できない人といますよね?あ、ちなみに言語は母国語でも、です。その差は何か?もちろん、予備知識、背景知識を補充することで、60%くらいの理解力を80, 90%くらいまで近づけることは可能です。でもたとえ十分な準備をしても、残り10%, 15%くらいは、なんか英語力でもない、通訳スキルでもない、なんかもっと違う力、根源的な力が必要な気がしたのです。

もちろん、私の場合は、英語力や通訳のスキル、基本的な力がまだまだ欠けているのは確かなので、そういった力をつけていかなければならないのはわかっています。でも、たとえそういった語学力、運用力がついたとしても、もっと他の力が結局はパフォーマンスに現れるような気がします。

正直言いますと、頭のいい人、もっと言ってしまえば18歳の時点でいわゆる偏差値の高い大学に入れるような能力を持った人のほうが、この業界では得なんではないか?と。
語学力や通訳スキルが同じ程度身についていたら、あとは、地頭力のある人のほうが、絶対トクじゃん!

通訳学校や、先輩たちが、「努力をすれば通訳になれる!」と言ったり励ましたり、あおったり(!)しているけれど、あれって皆とんでもなく無責任じゃない?もっと早く「ただし、アタマのいい人に限ります」って言ってよー・・・

私の場合、40歳をとうに過ぎてから英語のやり直しを始めて、たしかにある程度の努力をして、社内通訳にはなれました。でも、このまま続けたら、いったいどこまで行けるんだろう?という一種怖いもの見たさもあり(笑)、同通の世界に足を踏み入れたはいいけれど・・・

そこで目にした感じたことは、こりゃー大変でっせ。しかも自分より上手な人なんで、ゴマンといるわけだし。そういう人のパフォーマンス見ると、すごいなー、すごいなーと感心しつつ、終わった後思い返してはガクッと落ち込みます。もともとアタマの悪いナルトはどーしたらいいん?いまさら地頭が奇跡的に飛躍的に良くなるなんてことはないだろーし。

そこへ追い討ちをかけるかのように、ダンナが、「アタマの良さって、大体遺伝で決まってるじゃん」と。はぁ~・・・
「アタマの良さというか、持って生まれた能力は、そんなに変えられないんだよ。つまりCPUの速度が変えられないみたいにね。」
「ほんじゃあ、能力の低い私はもう見込みがない、文字通り頭打ちってこと?」
「いや、そういうゼロか全か、じゃなくって、CPUに乗っけるOSやらアプリケーションやらで、アウトプットはいくらでも変えられるんじゃないの?成長することは可能じゃないの」と。ふーむ。

また、通訳の先輩でもあり師でもある方にこの問いを発したところ、
『難しいものをこなしていくためには、地頭の比重がどんどん高くなってくるような気がします。もちろんそれだけのレベルになるには、語学力も知識も経験値もすべてが上がって行くことになるとは思いますが、どこまでいけるのかは頭の良さ(的確な情報処理力)が重要になってくる』
というお返事をいただきました。

うーん、やはりそうか・・・・・なんかそんな気がしたんです。実際やってみて。上に行けば行くほど、この世界、がむしゃらな努力だけじゃどうしようもない部分があるんちゃうのん?って。
もちろん、知り合いの通訳さんたちは、ものすごい努力家の方が多いのも事実です。プロになってからも、もしくはプロになったからこそ、不断の努力を続けている。勉強量が半端なく多いです。彼らの努力に比べたら、私なんか、何もやってないし、何も勉強してないです。「ナルトさん、つべこべ言ってないで勉強したらどうですか?」って叱責が聞こえてきそう・・・・・ハイ、その通りです。

さて、どうするか?
地頭、あるいは元々のアタマがそれほど良くない場合、どうやったら、どんな業界でもどんな会議でも、そこで話されていることを100%近く理解できるようになれるのか?
そもそも、理解力、情報処理能力を上げることは、できるのか?しかも今さらこの年で???

そして、いろんな人に話を聞いたりあれこれ調べたりしてりしてるうちに、やっと自分なりの(自分で納得できる)答えが見えてきた。

でも長くなったから今日はここまで。笑 すみません。いつ書けるかわからないけど次回、乞うご期待!

先輩、同輩の方々、ご意見、コメントいただけると嬉しいです。

« YELL 巣立っていく君へ | Main | K先生、あなたの愛は生きています »

Comments

こんばんは。

以前、工業英検の部分でコメントを残したものです。

同じようなことをつい最近のお仕事で感じました。終日一人でウィスパというお仕事だったのですが、下準備をしたとはいえ、内容が日本語でもよくわからない!というもので。英語は聴き取れても、瞬時に「内容を理解」することができず、とりあえず日本語には変換するものの、自分の発している日本語が意味をなしたものになっているのかさえもわからない状態でした。

いろんな分野のお仕事をしていますが、今回のものが一番やっていて辛かったです。

@WILL@さん、コメントありがとうございます。いつも読んでいただきありがとうございます。

自分が関わった業界が複数あってもやはり限られているので、全く別の初めての他業界となると、やはり難しく感じますよね。また、社内でさえ、他部門のことはよくわからないし、その部門(というか業種)で使っている専門的な内容もあるので、日本語・英語に関わらず一度聞いてピンとくるのに時間がかかります。
今までの経験からいって、3ヶ月くらいそこで(その業界・業種で)やれば、かなりスムーズにできるようになるのではないかと思いますが、企業側にそんな「育てる」余裕はないわけで、単発やスポットで入る場合、やはり即戦力が求められます。

しかも付け刃では太刀打ちできないような内容の会議だと、結局専門家の方が理解度は高いわけですから、それに半分くらい依存しながらの通訳になります。理想は自分も同じくらい理解しているほうが、きれいに出せるし、自信を持って出せると思います。そこまでいけるかどうかが問題です。

なので、フリーの方々が、今日はこの企業、明日はあの会社と、いろんな案件をこなしているのは、すごいことだと思いますし、それが「できる人がいる」のだという事実があります。
社内通訳が、外部のフリーの人と組んでやった場合、たいてい、「(外部の方にもかかわらず)ものすごくうまくて驚いた。」と言います。おそらく、地頭力のよさプラス数をこなして知識や経験を通して、「あ、この話はこういうことだ」と瞬時に把握し、予測する力の高い人が多いのではないかと推測されます。

そういう上手い方を目の当たりにして、また、同じ場所で同じ発言を聞いていたのに自分が「ついていけない部分があった」場合、英語力でもスキルでもない、地頭力のよさが必要なんだということを痛感します。ただ、いまさら自分の地頭の悪さを嘆いていてもしょうがないので、気を取り直して(?)、少しずつでも理解力を上げていこうと思います。
何か実践されている方法があれば、シェアしてくださいね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« YELL 巣立っていく君へ | Main | K先生、あなたの愛は生きています »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!