My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 06年 ヒヨコの失敗例 工英1二次 体験記(4) [再掲載] | Main | 何度も答えをハズした失敗から学ぶ(日常的に) »

Nov 27, 2011

Global Plain English 工英1二次・再受験07 体験記(5) [再掲載]

インタビューは楽しもう!ワクワクの二次面接!

いつもお読みいただきありがとうございます。

工業英検1級のカテゴリーを久々に復活させましたが、最初の頃書いた通り、資格試験というのはある意味クセモノで、「足の裏のご飯粒」。=取らないと気持ち悪いけど、取っても食えない。
これを取ることに執着しすぎるのはよくないし、また取ったからといって、突然ライティングが上手くなるわけでも、収入がアップするわけでもないです(残念ながら!)。
一度このカテゴリーを削除したのは、いろんな理由があるのですが、あまり資格試験にとらわれすぎないことも大事かな、というのと、過去の栄光(?笑!)をふりかざすのはあまりよくないと考えているからです。

でもそれでも1級を取りたい、取って自分の実力を証明したい、と思う方々が(多くはないですが)いるということもあり、カテゴリーを復活させ、少しでもお役に立てればと思いました。

さて、二次試験の記録、実はアンコールなんかされてませんけど(笑)、一部の方からは「再掲載楽しみにしています。」というお便りもいただいており、気をよくして再掲載、最終回です。短いのでがっかりしないでください。

前年の失敗から学び(まさにLessons Learned)、Freddyさんからのアドバイスを胸に臨んだ07の二次ですが、それでもあまり他人のアドバイスどおりに答えていると、やはり自信がなく声も小さくなりがちなので、私は思いきって、現在の仕事上の経験から答えた部分も多々ありました。すると、やはり経験からくる自信のためか、堂々と答えることができます。

どこの製造業でも、昨今グローバル化が進んでいると思います。電話会議なども、4地点を中継して行われることもしばしば。しかも、多国籍企業においては、参加者が全員英語のネイティブなんてことはまずありえません。中国訛り、東南アジア訛り、南米訛り、ヨーロッパ訛りの英語(訛りだけでなく、文章の構文も母国語に引きずられることが多い)が飛び交うわけです。
そこで何が重要になるかというと、「必要最小限の重要事項が、正確に伝わること」です。もちろん、最大公約数的な、通じる英語でもって。これを仕事上で痛感している私は、率直に、Plain English の必要性を話すことができました。電話会議で起きていることは、そのまま、テクニカルライティングに当てはまるのです。凝った文学的表現や、米国ネイティヴしか知らないようなイディオムを使う必要が全くない代わりに、技術会議では、徹底した簡潔さと、わかりやすさが求められるのです。
Global Plain Englishとでもいうのでしょうか(今自分で思いついた言葉ですが)。世界中の誰が聞いても・読んでも理解できる英語を話し、書くことの必要性。これを説明できたとき、面接官の方が満面の笑みでうなづいてくださいました。仕事での苦労がムダにはなってなかったと感じた一瞬でした。

二次試験の記録の再掲載はこれで終わりです。稚拙な内容・文章をお読みいただきありがとうございました。

« 06年 ヒヨコの失敗例 工英1二次 体験記(4) [再掲載] | Main | 何度も答えをハズした失敗から学ぶ(日常的に) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 06年 ヒヨコの失敗例 工英1二次 体験記(4) [再掲載] | Main | 何度も答えをハズした失敗から学ぶ(日常的に) »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!