My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« もっとうまくなりたいぃ~! | Main | ためらわずに発信する 工英1級二次 07 体験記(2) [再掲載] »

Nov 20, 2011

Clear, Correct, Concise 工業英検1級二次・再受験07 体験記(1) [再掲載]

あなたも取れる!工業英検1級

一次試験も終わり、次はいよいよ二次ですね。
そこで、2007年秋季二次を再受験した時の記録を、アンコール?再掲載します。実際にブログに掲載したのは合格通知をいただいて少し落ち着いた2008年春で、タイトルと内容は、加筆編集せず、当時のまま載せます。ちなみに5回シリーズです。今読むとかなり稚拙な感じがしますが、仕方がない、編集する時間がないので。

ちなみに、当時ハンドルネームはヒヨコでした。なつかしいなー!

2007年12月9日。質問は06年とほぼ同じでした。(これは意外でした。) もちろん、話の流れから、いくつか違う質問も受けました。
面接官の人数が増えて、06年の3人(ネイティヴ2人+日本人1人)から、5人(ネイティヴ2人+日本人3人)に。
質問は英語ですが、回答は英・日どちらで答えてもいいことになっているので、ワタシは、
06年は、英語の質問に全て英語で答えましたが、
07年は、切り替えて、全て日本語で答えました(英語の質問に日本語で答えるというのは初めての経験だったので、最初ちょっと妙な感じがしましたが、要するにこれは英会話の試験ではないので、質問内容に対して答えられれば言語はどちらでも構わないわけです)。ちなみに2人のネイティヴ面接官の方々は、完全に日本語を理解している様子でした。

06年の二次に落ちた後、このブログを通してFreddyさんという方から、とても親切なアドバイスをいただきました。その時気がついたのが、この二次試験に対する心構えというか、気構えが私には06年は欠けていたなということです。07年ヒヨコが無事合格できたのは、Freddyさんのそのアドバイスのおかげです。本当に感謝しています。以下、Freddy氏ご本人の了解を得ましたので、一部引用させていただきます。

 「工業英語協会によると、1級というのは「テクニカル・ライティングを指導できるレベル」だそうで、1次でライティングの技能を見た上で、2次の面接では、指導者にふさわしい理解度や実践力を確認したいのだと思います。テクニカル・ライティングとは、3Cを基本に読み手の立場に立った・・・ といったスローガン?心構え??が、自分はちゃんとわかって身についていると試験官へアピールすることが(運転免許実技試験の安全確認のように?)重要となります。」  「ヒヨコさんなら「単なる社内翻訳をやった経験しかなく」などとおっしゃらずに、翻訳はエンジニアにテクニカル・ライティングの添削指導!をしていると言えますし、通訳をなさっている間は言わばマネジメントに対するテクニカル・プレゼンテーション!!をなさっている訳ですから、堂々とそうおっしゃれば良いのでは? そうすることで次々やって来る質問に、「積極的に、自信を持って」答える自分を創りやすくなるのではないでしょうか?」

この、「テクニカル・ライティングを指導できるレベル」という視点は、前年のワタシの頭には全くなかったものでした。ワタシはただの一介の雇われ翻訳者に過ぎない、マニュアル製作の経験などないし・・・などという初心者意識を払拭する必要がありました。そこで、07年は、受験前に、以下のような想定をしました。

 → もし自分が、マニュアル翻訳版制作Grのリーダーだとしたら、何を考え、部下にどう指示するか? テクニカル・ライター初心者に、どんなアドバイスを与えるだろうか、どのような教え方がわかりやすいだろうか、等々。

この視点を持って面談に臨みました。 このように想定することで、おのずと、良いテクニカルライティングとは何ぞや、ということに行き着きますし、他人に、自分の知識をどうやって説明すればわかってもらえるか、考えることになると思います。

この体験記も今後何回かに分け、失敗談も含め具体例も書いていくつもりですが、思い返すと、いかにFreddy氏のアドバイスが的確であったかが、わかりました。自分に欠けていたものに気がつかせてくださったという意味で、とても感謝しています。

次回へ続く。

« もっとうまくなりたいぃ~! | Main | ためらわずに発信する 工英1級二次 07 体験記(2) [再掲載] »

Comments

ナルトさん
お久しぶりです(そうでもないか)。

ナルトさんの1級対策会の効果絶大で、本日、協会から「2次試験のお知らせ」が届きました。本当にありがとうございました!
2次試験は2回まで受けられるらしいのですが、プレッシャーにはわりと弱い方なので、この勢いで一気に突破してしまおうと気合いを入れ直しております。続編の再録を楽しみにしております。

La Châtaigneraie さん、
一次試験突破、おめでとうございます!!

基本的な実力はおありになる方だと思っていたので、コツさえ飲み込めれば、あとは時間配分に気をつければ大丈夫だと思っていました。
本当におめでとうございます!私も嬉しいです!
次はいよいよ二次ですが、恐るるに足らず、です。ご自分の持ってらっしゃる力を思う存分発揮なさってくださいね。

せっかくのチャンスですから、会話を楽しんでください。ご健闘を心よりお祈りしています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« もっとうまくなりたいぃ~! | Main | ためらわずに発信する 工英1級二次 07 体験記(2) [再掲載] »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!