My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« August 2011 | Main | October 2011 »

Sep 26, 2011

Defying Gravity

gleeで歌われる楽曲は、洋楽ファンには馴染みがある誰でも知ってる曲が多く、毎回さりげなく、エピソードのテーマや、登場人物の心情をうたうようになっています。

グリークラブで、カートというゲイの子と、レイチェル(この名前は、彼女の父親があのフレンズのファンだったからつけたらしい!こんなところでつながってるなんて!)とでDeva Off (歌姫対決!)をやった時の、Defying Gravity という曲。この曲はミュージカルで歌われたらしく、私は知らなかったのですが、メロディーも歌詞もとても印象的だったので、載せておきます。
なんか、勇気が湧いてきます。

♪他人の決めたルールに従い他人の人生を生きるのではなく、自分の直感を信じて、飛び立つんだ
♪誰かがそう言った(決めた)その限界を受け入れてきたし、自分では変えられないことはあるけれど
♪やってみなければわからない
♪もう飛び立つ時がきた 今こそ 飛ぶんだ そして誰も私を落とす(倒す)ことはできない(落ち込ませないで)

原文はこちら↓

Continue reading "Defying Gravity" »

Sep 25, 2011

glee 印象的なエピソード

「自分に自信があれば、人を蹴落とす必要なんてない」という名せりふの他にも、歌とダンスシーンにうっとりしたり圧倒されたり、いつも元気をもらっているドラマです。友人に面白いからとおしえてもらって、昨年ケーブルテレビ(と衛星放送)を解約したので、休みの日にDVDで最初から少しずつ観ています。

glee club 合唱部メンバーの皆がそれぞれ悩みや問題を背負っていて、たかだか高校生のコメディだと思っていたら、意外とほろっとさせられます。合唱部顧問のシュー先生や、彼をとりまく他の教師とのやりとりも面白い。
最初は極端なパーソナリティ設定に引きそうになりますが、フシギなことに、アリーマイラブの時と同様、一人ひとりの個性が強烈なためにかえって気になり、次を観てしまう。

選曲もすごくよくて、60年代のオールディーズから往年のポップス、ミュージカルの主題歌、ロック、ゴスペル、現代のラップまで、いろんな曲を全く違和感なくアレンジし取り込んでいて、親子で観ても楽しめる選曲になってます。このドラマが幅広い世代に受け入れられている理由がよくわかります。

ここにも一人、悪魔のように恐ろしい女性教師が出てきます。プラダは着ていませんが、いつもジャージを着ている、チア部の顧問。このチア部の鬼コーチも強烈、口は悪いし気は強い、どんなに汚い手を使っても人を蹴落とすのは平気、いわゆる常識的に良しとされていること全て裏を行くような行動をとります。

Continue reading "glee 印象的なエピソード" »

Sep 17, 2011

工業英検1級・2級対策会

取れる!工業英検1級
皆で工業英検を受けて、ライティングスキルを身につけよう!

10月の毎週日曜、秋季工業英検1級・2級対策会を開催します。

受験される皆様の少しでも力になればと、微力ながらサポートをさせていただきます。

英文和訳、誤文訂正、要約のコツ、和文英訳の添削等、弱点補強にお役立てください。

Continue reading "工業英検1級・2級対策会" »

悪魔に魂を売ると The Devil Wears Prada 感想2

このミランダ(上司)のBitchぶり、鬼上司ぶりには読んでいても圧倒されますが、なぜそうなのか、ファッション雑誌のカリスマ編集長というだけで、なぜそこまでわがままを通せるのか、そして皆も皆なぜ言うことを聞いてしまうのか、一切説明はありません。
同僚のシニアアシスタント、エミリーが何度も言います(彼女もこの鬼上司に振り回されっぱなしなんだけど)。「彼女はいつもそうなのよ、悪気はないの、ただそういう人なの」と。有無をも言わせぬカリスマ編集者の迫力!!

ただ、わがままで理不尽な要求をする上司っていうのは国に関係なく、どこにでもいますよね?彼女の横暴ぶりを思えば、うちのボスなんてたまに暴走しますけど、まだカワイイ方かもしれません。

先日、それを職場の仲間にちらっと言ったら、(もちろん、皆、上司の暴走には悩まされた経験あり)

Continue reading "悪魔に魂を売ると The Devil Wears Prada 感想2" »

The Devil Wears Prada プラダを着た悪魔

今年は震災以降、原発問題や風評被害、震災以前からある少子高齢化や財政赤字、円高や雇用不安など、とにかく暗い話題が多く、練習に使う素材もおのずと深刻なものに。
できるだけ日々の生活は普通に明るく過ごそうと思っていても、やはり時に気持ちが沈んでしまうのは仕方がない。

ただ、せめて観たり読んだりするものは、明るく笑えて、元気が出るものがいい。

The Devil Wears Pradaについて。

8月中旬に読み始めて8月中に読み終えるつもりが、印字が小さくだんだん目が疲れてくるので、本当に少しずつしか読めず、やっと先日9月8日読了。ホント、年ですわ、目がイタイ。PBを大量に読める時期というのも限られてしまうのかな。でも上記の理由から、殺人事件や探偵ものではなく、明るい軽いものが読みたかったので、ちょうどよかった。

いや~、面白かった。
ライター志望なのに全く畑違いのファッション業界で、ボスの理不尽な無理難題に振り回されながらも奮闘する主人公。なんかところどころ共感できる部分もあって、結構笑えました。
でもこの小説に出てくる悪魔みたいな上司に比べたら、うちのボスも含めて、世の中の上司はみーんなカワイイもんじゃないんでしょうか?
この話、原作者の実体験に基づいているらしいので、それなりにリアルです。

Continue reading "The Devil Wears Prada プラダを着た悪魔" »

Sep 11, 2011

盆栽?活け花? (工業英検1級 要約対策その5)

取れる!工業英検1級
皆で工業英検を受けて、ライティングスキルを身につけよう!

いつもご訪問&読んでいただき、ありがとうございます。

さて、要約力というのは、一朝一夕に身につくものでもなく、私自身、いまだに苦労しております。ブログを読んでお分かりのとおり、ダラダラ書いたり、話すときもまわりくどくなってしまう悪い癖があるので。
今回、久しぶりに工業英検の要約について自分がやっていたことを書きながら、まだまだ要約修行は必要だなーとあらためて感じています。ちなみに、要約力を磨くことは、通訳スキルにも役立つそうです。

とはいえ、日ごろ勉強時間がたっぷりあるわけでもなく、どうしても細切れにしか時間がとれない労働者兼母親業兼主婦業の場合、その超細切れの時間でなんとか工夫せねばなりません。

当時私がやっていたのは、以下のようなことです。

Continue reading "盆栽?活け花? (工業英検1級 要約対策その5)" »

制限語数内での要約 (工業英検1級 要約対策その4)

語数制限のある要約について (前回からの続きです)

前もって、制限語数にあわせて、大体自分の書けるセンテンス数を出しておきます。恥ずかしながら私の場合は、制限語数が40語だったら3~4文、60語だったら4~5文、80語だったら6~7文、という具合です。問題集の回答例より多めです。理由は前回書いたとおり。
当日、試験問題にある語数制限が60語だったら、大体4~5文くらい書けばいいな、というのを念頭におきます。

まず、問題文を超速読して、大体何の話かだけつかみます。以前も書きましたが、この時、辞書を引いて単語を調べる余裕はありませんので引きません。ところどころ意味がわからなくてもとにかくザーッと一読します。

次に、各パラグラフの最初の1文か2文を読んで、トピックセンテンスを探します。ピンとこない場合は、

Continue reading "制限語数内での要約 (工業英検1級 要約対策その4)" »

« August 2011 | Main | October 2011 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!