My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 工業英検1級・2級対策会 | Main | Defying Gravity »

Sep 25, 2011

glee 印象的なエピソード

「自分に自信があれば、人を蹴落とす必要なんてない」という名せりふの他にも、歌とダンスシーンにうっとりしたり圧倒されたり、いつも元気をもらっているドラマです。友人に面白いからとおしえてもらって、昨年ケーブルテレビ(と衛星放送)を解約したので、休みの日にDVDで最初から少しずつ観ています。

glee club 合唱部メンバーの皆がそれぞれ悩みや問題を背負っていて、たかだか高校生のコメディだと思っていたら、意外とほろっとさせられます。合唱部顧問のシュー先生や、彼をとりまく他の教師とのやりとりも面白い。
最初は極端なパーソナリティ設定に引きそうになりますが、フシギなことに、アリーマイラブの時と同様、一人ひとりの個性が強烈なためにかえって気になり、次を観てしまう。

選曲もすごくよくて、60年代のオールディーズから往年のポップス、ミュージカルの主題歌、ロック、ゴスペル、現代のラップまで、いろんな曲を全く違和感なくアレンジし取り込んでいて、親子で観ても楽しめる選曲になってます。このドラマが幅広い世代に受け入れられている理由がよくわかります。

ここにも一人、悪魔のように恐ろしい女性教師が出てきます。プラダは着ていませんが、いつもジャージを着ている、チア部の顧問。このチア部の鬼コーチも強烈、口は悪いし気は強い、どんなに汚い手を使っても人を蹴落とすのは平気、いわゆる常識的に良しとされていること全て裏を行くような行動をとります。

もちろん、このドラマ全体はコメディ仕立てなので、このくらい強烈な個性がいないと、面白みに欠けるでしょうけど。この鬼コーチ・スー先生は、何かにつけて、主人公のグリークラブの顧問シュー先生と対立・対決します。(一度だけ、この二人が一緒にジャイブを歌って踊るシーンが出てくるんだけど、驚きました。ダンスが上手いのも驚いたけど、この二人がこんな仲のいいひとコマもあったんだーって。)

先日見たのは、車椅子のグリークラブ、というエピソードタイトルがついていた話。グリークラブには車椅子の生徒が一人いて、彼が乗れる遠征用のバスをチャーターする必要がある、というところから始まります。

ある日、鬼コーチ・スーは校長に呼ばれて、チア部は敷居が高すぎる(推薦でしか入部できないらしい)、一人抜けた穴(slot)をオーディションで一般公募したらどうかと言われます。米国の学校ですから、表面的な建前として「多様性を尊重する」、というのがあるわけですが、チア部は花形、コンペで勝つために当然、運動神経もおそらくルックスも粒を揃えているわけで。当然、異端児や障害者や変わり者は入れません。明らかに差別していることになります。
Give students fair shake they deserve! スーは、校長に言われたから渋々オーディションをやることに。以前アメリカンアイドルやダンスアイドルの地方予選で見かけたような、米国独特の超個性派(よく言えばユニーク、悪く言えば超変人)生徒が出てきます。当然、Noを連発。最後に、ダウン症の女の子が、縄跳びの振り付けだったらできるからと出てきます。もちろん、チア部がやるような曲芸的な振り付けがムリなのは明らか。でもなぜか、スー先生は彼女を採用します。オーディションに同席していたシュー先生が、「何をたくらんでるんだ?What are you up to, Sue?」と。

実際練習風景を見ると、スーは、このダウン症の子に健常児と同じように厳しく指導しています。挙句、スー先生は、「ひどすぎる」と叱り飛ばす。ダウン症の女の子は、「一生懸命やってるんだけど、難しくて、できないんです。」と。
その様子を影から見ていたシュー先生は、「あの子をいじめるつもりか」みたいなことを言います。スーは、「You're asking me to treat this girl differently because she has a disability when actually, it seems to me she just wants to be treated like everybody else. 本人が他の生徒と同じように扱ってほしいと望んでいるのに、あの子だけ障害があるからって手加減しろと言うのかい(つまり差別してることになるんじゃないか) 」と。
それでシュー先生は、「でもあの子が他の生徒と違うのはハッキリしてるじゃないか!いじめるのはよせ Im not gonna let you bully that girl.」と。スーは、「ふん、生徒をいじめるのが私の仕事だよ I bully everybody. Its the way I roll.」と切り返します。
「君の事は知ってる。絶対(彼女を採用したのは)何かあるな You are up to something.」と疑いの目を向けるシュー先生。スーは、「あんたは何にもわかっちゃいないよ You don't know the first thing about me.」みたいなことを言います。

そしてある日、校長が、スーが突然、車椅子用スロープを作るための寄付をしてくれたと喜んで伝えます。以前、校内に車椅子用のスロープを作ると、健常児の体力や筋力が衰えるから('lazy makers')反対!と言っていたスーがスロープ設置の小切手を寄付!?!思わずシュー先生は校長に、"You think she has a brain tumor? That can cause erratic behavior. What is her angle??" →どのくらい彼女の普段の言動と違うかをあらわしてます。笑
おかしい、何かたくらんでる、絶対何かウラがある!今までの経験とスーの性格から、私たち視聴者はナイスガイ・シュー先生の立場とものの見方なので、やっぱりそう思います。

他のエピソードも同時進行する中、鬼コーチ・スーが、病院か施設らしきところを訪ねるシーン。ドアを開けると、そこにはやや年老いた、一目でダウン症だとわかるお姉さんがベッドにいます。
あっと息をのむ、そういうことだったのかと、視聴者にはそこで全ての謎がとけるのです。

部屋に入る前入り口で、「あ~わたしゃもっと頻繁に来なきゃね」と受付のナースにぽろっと言ってたスー。もし二人の両親がもう亡くなっていて、施設に入っているのだとしたら、面会に来てくれるのは妹のスーだけなのです。当然スーが来てくれるのを心待ちにしているわけ。
ベッド脇でダウンのお姉さんに「あかずきんちゃん」を読んであげる(おそらくもう何百回と読んでいるはず)スーの笑顔は優しく哀しく美しい。この人もこんな表情をするんだ、と思います。(→とはいっても、これ全て演技だってこともよーくわかってるんですけどね!)
この、あかずきんちゃんを、ほんの少し涙声になりつつも気丈にやさしく読む姿には、本当に泣けました。スーは泣いてない、登場人物は誰も泣いてないのに、こちらが泣けてくる。


こういう話の持っていき方、脚本のうまさは、やはりホワイトハウス(West Wing)を思い出しますね。いろんなエピソードがからまりあって、最後にものすごくハッとしたりグッとくるように作っている。
作り話なんだけど、リアルに心情に迫ってくる。


昔セサミストリートを見ていた頃にも感じましたが、一人ひとりの個性(それがどんなに偏屈で変わっていても)を大切にする姿勢が根底にあるので、観てるうちに共感を覚えることがあるんです。人は誰でも欠点や弱みを持っていますよね。障害さえもひとつの個性だと考えてみると。自分の欠点や弱みを思えば、他人の欠点さえ愛おしくなってくるというか。そう、バートやクッキーモンスターやグラウチ達が大好きだった。私の中では、セサミでおしえられた、多様性、「違い」を寛容に受け入れること、自分はそのままでいいし、人もそのままでいい、という姿勢が、アリーやグリーにも脈々とつながり生きていると感じます。


まだまだglee、この先どんな展開があるのか、とても楽しみです。

« 工業英検1級・2級対策会 | Main | Defying Gravity »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 工業英検1級・2級対策会 | Main | Defying Gravity »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!