My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« June 2011 | Main | August 2011 »

Jul 31, 2011

奇跡ともいえる出会い

Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.

以下の記事は、5月に書いたものです。具体的に何かは忘れてしまったのですが、何かトリガーがあって、ちょっとひらめくことがあり、そこからいろいろ思いをはせているうちに、感謝の思いを伝えたくなって、書いたのだと思います。今読み返すと、ちょっと真剣に書いていて恥ずかしい気もする。ちょっと長いしクサイかも。

これまでに出会った人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そしてこれからの出会いにも感謝!!

ワタシはあまり過去を振り返って懐かしんだりしないタチなのだが、ふと、大学時代4年間に出会った仲間達、よく考えたら、いろんな場所からいろんな背景と理由で学生が集まり、たまたま、人生の横糸と縦糸が交わって出会った。
卒業後は皆それぞれの道を進み、それぞれまた新たな出会いがあっただろう。そのことを考えたら、本当に凝縮された4年間、幸運な出会いであった。

学生時代だけではない、小学校から中学・高校、そして社会人になってからも、住む場所や周りの環境、仕事が少しずつ変わっていき、いつも新たな出会いがあった。
その都度、そのタイムポケットと場所でしか起きなかった出会い。

よく考えたら、決して偶然ではない出来事の積み重なりがあって、人は出会うんだなぁ。
でも、時や場所がバラバラだから、偶然のように感じる。でしょ?

Continue reading "奇跡ともいえる出会い" »

ランチ時の雑談

(続き)
ランチ時も通訳。
雑談が多いんだけど、うーん、やはり国産にとってはキツイ部分がある。自分の知らない話題や固有名詞は取りづらい。
しかもまたざわついた店内(音楽がかかってたりする!)だ。
ランチにおける忍者の早食いのワザ。これだけだな、私がマスターしてるのは。

聞き取りと通訳自体はまたしても心残り・・・。ごめんなさい、日本人マネジャーさん!部分的によく聞こえないところがあったんです。
実際ある固有名詞を、それと気がつかずに別の普通名詞として訳していたら、帰国子女マネジャー氏から、あ、それ、xxxのことだよ、と。(冷汗) あ~、そうか、その会社名は知識(文字)としては知っていたけど、音が入ってなかったのね~、と。国産の弱みですね。

でも、この雑音騒音の中で、しかも自分も食べながら、通訳しろっちゅうのも、ねえ?食べないで聞き取りと訳出に専念しようとすると、「ナルトさんも食べて食べて」とか言われて。

それから、絶対やってはいけないし、実際やってないけれども、
たとえランチというカジュアルな場面でも、通訳者は絶対に、自分の意見やコメントを言ってはいけまっしぇん。

Continue reading "ランチ時の雑談" »

ドキドキのQA

7月某日、本国からビジターを迎えての会議

ビジターはノンネイティブ二人。
うち一人はこちらの事情を熟知しているし、前回の来日時もウイスパしたのでなんとかなるだろうと。
もう一人は、幹部としての来日来社は初めて、という。どんな英語をどんな話し方で、どんな内容を話すのかわからないので少し不安があった。しかも幹部の中でも地位が高い人らしい。

部長がウエルカムスケジュールを用意し、部門の皆も、事前準備を入念に?した。なんと前日は簡単なランスルーまで(!)やった(やらされた?)。あぁ、それだけ地位の高い人なんだってことが、この準備の入念さからわかる。
ちなみにそのプレゼン資料は事前に訳し、内容をほぼ把握していたので大丈夫。

久しぶりにパナガイド使用。思ったよりわかりやすい英語だった(訛りがきつくない、という意味)。ホッ。

日英プレゼンは、日本人スピーカー本人も本番の方が緊張しているのか、練習のときとは違うことを言ったりしたので、やはりよーく聞いて、本人の発話をきちんと訳すことが私の使命だろう。
日本と相手国の状況を比較して話すのはわかりやすい。
ちなみに、日本のある状況を説明するのに、相手国の似たような例を少し出すと、わかりやすくなるかなと思い、現地の同等対応名などを事前に調べておいた。

プレゼンは、事前に資料もあるし、ものすごく集中してついていけば同通可能。

やはりQAがキモ。

Continue reading "ドキドキのQA" »

Jul 17, 2011

スランプから脱出する​16の方法 Zen habitsより (要約摂訳)

いい感じの英文ブログを紹介します。

zenhabits - smile, breath & go slowly -

ワタシは最近このブログを知ったのですが、ずいぶん人気があるサイトらしいです。直訳すると、禅の習慣。読んでみると、ムダをすべてそぎ落としてシンプルに暮らし生きよう、ということのようです。
ちょっと前に、禅のよさ(simplicity)をアピールしている外国人が書いた本を紹介されたのも、根底には同じ理由があるのだろうなと思います。

つまりそれだけ、(特に欧米文化において。日本も似たような状況かもしれませんが)、生活が複雑になり慌ただしくなり、多くの人が情報に踊らされて、心のゆとりを失いつつある、あるいは自分を見失いつつある、という背景があるのではないかと。

だからこういう禅の習慣なんてものが、新鮮に映りクローズアップされるのかもしれません。

正直、日本人にとってはかなり当たり前な部分も多いわけですよ、あらためて説教されなくても。茶の湯、能・狂言、禅寺の修行風景等を少しでも観たり触れたりしたことのある人なら、あのミニマリズムの精神は、よーく理解できると思うし、実は日常でも息づいているのではないかと思うのですが。

ここへきて日本で、外国人による禅の習慣や精神性を称えているものが翻訳出版されたり逆輸入されているということは、日本の暮らしがいかに欧米化しているか、ということの逆の表れでもあるような気がします。


さて今回は、ワタシが6月にスランプに落ちたときこのサイトで読んでいたものを、全部ではないのですが、要約しながら訳したものがあるので、それをアップします。16個もあるので、そんなことわかってるよ、と思う部分も、アメリカ人っぽいな~と感じる部分も出てきますが、中にはちょっと新鮮な見方もありますので、ご参考までに。

Continue reading "スランプから脱出する​16の方法 Zen habitsより (要約摂訳)" »

急ハンドル!と他人の意図を汲み取ること

7月某日。

今日はお昼をはさんで会議2本。

午前中の会議は、複数他部門の方も出席されるPJT会議。

最初に、今日の議題はこれこれで、議論の後これこれの意思決定をしたい、という説明が。ここまではいいですわな。
議論に入ってからがちと大変。通訳的には、途中でおっとっと~となる場合が出てきます。

日本語は多くが省略されて話されるので、その辺を見極めながら慎重にかつ迅速に出していかなければならないのですが、こういう自由に意見を言う議論の場合、日本人には必ずこういう話し方をする人がいますよね↓

「xxxっていうのがあってさあ、それはこういう目的でさあ、でもそれじゃなくって、こっちのyyyはさあ・・・」

最初の部分で、xxxについて話すかと思いきや、(もうそのつもりで訳し始めてるんだけど)、途中で全く真逆のことを言い出して、結局言いたかったのはこっちyyyかい!となる場合。

こっちの方向に進んでると思ったら、急ハンドル切られた~!みたいな。

Continue reading "急ハンドル!と他人の意図を汲み取ること" »

Jul 10, 2011

工業英検1級 二次試験(面接)について

申し訳ない、工業英検関係の検索が非常に多いことはわかっていたのですが、なかなかタイムリーに記事を書くことができず、5月の一次試験も、6月の二次面談も過ぎてしまいました。検索して訪問してくださった方々、本当にごめんなさい。
やはりこの種の試験は、取得してしまうと気持ちが少し離れてしまいますね。取得に向けていろいろ勉強していた頃の方が、タイムリーに記事を書いていましたし、不合格も合格も、記録に臨場感があったような気がします。

さて、今回、POTUSさんから二次面接に関するご質問をいただきましたので、これを機に、当時の記録を引っ張り出して、二次試験について思い出す限り書いてみたいと思います。受験者の皆さんの実力や経験、得意分野等は各々違って当然かと思いますので、できるだけ誰にでも当てはまりそうな部分を拾いつつ、私のように純国産でこの試験にチャレンジしようという方へのエールになればと思います。

2度面接を受けてみて、今思い返すに、押さえておくべきポイントがいくつかあったと思います。

Continue reading "工業英検1級 二次試験(面接)について" »

Jul 03, 2011

社会の窓全開事件!

注: ズボンのチャック=パンツのファスナーのことです。またの名を、「社会の窓」とも言う。
以下、6月某日、実話。

夏になり、こう暑くなってくると、さわやかな装いをしたいですよね。
そこで、活躍するのが白のパンツ(ズボンのことです、念のため)。
どんな色と合わせても、白があるとさわやかに見えるし感じます。これは花を活けたり飾るときにもそうです。白が入ると爽やかになる。

先日もうだるような暑さの中、ペパーミントグリーンのトップスに白のパンツ、白い砂浜をイメージしたペディキュアが映えるように、ブルーグリーンのストラップのサンダルで出社しました。
とにかく涼しくて爽やかな格好したかったので。
  (ちなみに推奨クールビズでは、サンダルはNG、なので、職場に着いたら履き替えるんですが、その辺のことはまた別途書きます)

で、ある時、立ち上がってトイレに向かおうとしたら、他の社員と話していた日本人のマネジャーさん(男性)が、突然、呼び止めるではないですか。
「ナルトさん、ちょっと。」
真剣な顔つきなので、「あ、こりゃまたなんかやらかしたのかな、ワタシ」と思い、「はい」と言って話が終わるのを待っていたら。

マネジャーさん、そうっと近くに寄ってきて、小さい声で、「開いてるよ、前、ズボン。」

(@Д@; Σ( ̄ロ ̄lll) 

Continue reading "社会の窓全開事件!" »

つぶやきのおまじない どうしよう、ではなく​、どうしたら or どうすれば

つぶやきといってもツイートではなく、本当に日ごろのつぶやき。
気がついたのだけど、ワタシ、日常的に、つい、「どうしよう」とため息交じりにつぶやいてることがよくある。

「どうしよう」からは、ただ困惑と望み薄感がただようだけで、何も生まれない。
でもおそろしいことに、このつぶやきがクセになってるような気がして愕然とした。

前から言われていたことだけど、「どうしよう」の代わりに、
「どうしたら(いいかな?)」、あるいは、「どうすれば(達成できるかな?)」とつぶやくようにクセづけていたら、
もっと出る答えと、そもそも気分が違ってくるような気がする。


例えば、

Continue reading "つぶやきのおまじない どうしよう、ではなく​、どうしたら or どうすれば" »

« June 2011 | Main | August 2011 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!