My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 技術翻訳でこぼこ道 | Main | スパ・ジャンキー »

May 22, 2011

医学・医療分野での通訳は

最近時々、医療通訳という言葉を耳にするが、これは推測するに、医療の現場で医師と患者さんの間に立って行う通訳なんだろうか(よく知らなくてごめんなさい)。
だいぶ前に人から、医学・医療関係の通訳は少ないから、できるようになると重宝されるよ、と勉強するよう勧められたことがある。
科学技術畑出身ではないが、技術系の通翻訳にアレルギーは起こさずにきた私も、やはり医学・医療となると、気持ちが引いてしまう。

ずいぶん昔、看護師をやっている知人から、医師と看護師向けの「子供の糖尿病の治療あるいは療養方法」を記した英語論文の翻訳を頼まれ、気軽に引き受けたが、正直かなり苦しんだ。
書かれている英文は読めるし、単語も調べればわかる、なのに因果関係の是非が自分では理解というか判断できないのだ。おそらく専門家なら、一読してすぐにわかる内容であろう。私は最後までわからない部分があったことを友人には正直に伝えた。

おそらく医学・医療関係の通訳や翻訳には、普通の技術系の通翻訳とは大きく異なるプレッシャーがあると思う。

ひとつには、人の命をあずかる仕事に、間接的にも関わってしまう、というプレッシャー。(ワタシの誤訳で誰かの命が危険にさらされたらどーすんの?という)

もうひとつは、医師や看護師になるには、それなりの年数をかけて専門的な知識や実務を習得していくことを考えれば、医療に分野では全くのド素人が、仮にも会議に入ったり文献を読んだりして、いったいどの程度正確に理解しえるというのか、というプレッシャー。

さて、先日、全く別件である調べものをしていたら、ひょっこりこんなサイトを見つけた。その名も、「日本脳神経外科同時通訳団」。

ん?そんな団体あるの?何だろう?と思って、その対談を読んでみたら、、非常に興味深い内容だったので、皆さんにもご紹介。

日本脳神経外科同時通訳団とは、本業は、それぞれ専門分野があるお医者様が、学会やプレゼンなどで同時通訳をやり、英語の比較的得意な人たちを集めて研修して育てている、という。

やはり脳神経外科は、素人には通訳できませんよね~。
ないと思うけど、万が一オファーがきたとしても、私しり込みしそう。

やはり内容をわかっているお医者様が直接訳したほうが絶対いい。早いし正確。
何より、専門分野の内容を熟知しているということが絶対的な強み。因果関係の判断も瞬時にできるだろうし。

でも、本業は医師であり、学会での通訳は副次的にやっていらっしゃるので、いろいろ苦労や工夫をされている様子が、非常によく伝わってくる。素晴らしい。(ほんと、おつかれさまです!!)

対談の中で、普通の通訳者との違いについて言及されている部分もあり、僭越ながら共感を抱きつつ、非常に興味深く読んだ。
一般の通訳者も学ぶことが多い、一読の価値あり、です。

日本脳神経外科同時通訳団 ─アジアをリードする日本医学界からの発信

« 技術翻訳でこぼこ道 | Main | スパ・ジャンキー »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 技術翻訳でこぼこ道 | Main | スパ・ジャンキー »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!