My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« April 2011 | Main | June 2011 »

May 22, 2011

東日本支援Tシャツ Peace be with You

4月末に、東日本大震災義援金募金活動の一部として、息子たち用にTシャツを2枚購入。ちょうど季節的にもTシャツが気持ちいいし。
Peace be with You というロゴとハート、東北地方がハイライトされた小さい日本地図のデザイン。男女兼用。

当日、現金での募金もしたのだけれど、こういうTシャツを買う、という方法も、参加しやすい。

写真はこちら↓。次男が着たところをパチリ。画像横向きになっちゃってるかも。首をかしげて見てみてください

Continue reading "東日本支援Tシャツ Peace be with You" »

スパ・ジャンキー

久しぶりに、スパやエステの話題を。
とはいっても、家計緊縮財政の我が家、ワタシだけそんないい思いするわけにもいかず。昨年後半の家計費コスト削減計画を言い出した身としては、やはり贅沢費は使えない。
まあ、安い健康センターのお風呂や岩盤浴あたりでお茶をにごしております。

さて、職場で上司が取っているFTの、Friday edition に載っていた、chronicle of spa junkieという特集。スパ・ジャンキーという言葉につられてざくっと読みしてみたら(仕事中だったのでゆっくりは読めず)、

今回紹介されたスパは、どうやら、普通のスパではないらしい。なんていうの、トレーニングあるいはエクササイズ・スパ?

Continue reading "スパ・ジャンキー" »

医学・医療分野での通訳は

最近時々、医療通訳という言葉を耳にするが、これは推測するに、医療の現場で医師と患者さんの間に立って行う通訳なんだろうか(よく知らなくてごめんなさい)。
だいぶ前に人から、医学・医療関係の通訳は少ないから、できるようになると重宝されるよ、と勉強するよう勧められたことがある。
科学技術畑出身ではないが、技術系の通翻訳にアレルギーは起こさずにきた私も、やはり医学・医療となると、気持ちが引いてしまう。

ずいぶん昔、看護師をやっている知人から、医師と看護師向けの「子供の糖尿病の治療あるいは療養方法」を記した英語論文の翻訳を頼まれ、気軽に引き受けたが、正直かなり苦しんだ。
書かれている英文は読めるし、単語も調べればわかる、なのに因果関係の是非が自分では理解というか判断できないのだ。おそらく専門家なら、一読してすぐにわかる内容であろう。私は最後までわからない部分があったことを友人には正直に伝えた。

おそらく医学・医療関係の通訳や翻訳には、普通の技術系の通翻訳とは大きく異なるプレッシャーがあると思う。

Continue reading "医学・医療分野での通訳は" »

May 15, 2011

技術翻訳でこぼこ道

企業で技術翻訳の仕事を始めた頃、大量に訳していた頃は、あまり考えずに機械的に訳すことがよくありましたが、納期に追われるので、結局は訳漏れチェックや文法ミスを直す程度で終わってしまい、
いつも心の中で、本当にこれでいいのかな?という思いを抱いてました。

技術文書は特に、洗練されていなくても通じればわかればいい、というのがあった上、何のフィードバックもなかったので、直しようがなかった。
ただ、いつも、「このままじゃ、ここでは通用しても、他では全く通用しない・使い物にならない翻訳者になってしまう!」という危機感は持ってました。

Continue reading "技術翻訳でこぼこ道" »

通訳の大先輩 その2

4月中旬に書いたもの

職場で、余震が続くためTVをつけているのだが(音声は最小にして)、偶然、NHKTV アーカイブ 「あの人に会いたい」という番組で、ロシア語通訳者の故米原万理さんを特集していた。

米原さん(というか大先輩)の本やエッセイで文章はよく目にしていたが(抱腹絶倒の小気味良い文章が多いですよね)、
ご本人の生前のご活躍の様子や、容姿も含めて声や話し方などは、この番組で初めて、見聞きすることができた。

Continue reading "通訳の大先輩 その2" »

May 01, 2011

高知にて、通訳の元祖、大々々先輩に会う

3月末に行った四国の旅行記、松山が先だったのですが、帰ってきてから備忘録として書いたのが下記:

高知では、まず竜馬ゆかりの桂浜と坂本竜馬記念館を見学。ゴールデンコースぜよ!
翌日、高知城(重要文化財)を見て、少し時間があったので近くの「坂本竜馬の生まれた街記念館」へ。あまり期待していなかったが、この記念館は営利目的で建てたものではないらしく、好感がもてた。

ここで、全く予期してなかった、私たちの大々々先輩にバッタリ会った。

通訳の元祖、なんていうと、私たちの世代では西山千氏や村松増美氏を思い浮かべるかもしれない(同通の元祖というべきか)。あるいはちょっと前ドラマで話題になった白洲次郎氏とか。

でも、もっと前の時代の方がいた!しかも高知に!まさに、元祖と言っていい!
Can you guess who he is? 誰だかわかる?

Continue reading "高知にて、通訳の元祖、大々々先輩に会う" »

want to forget old implicit rules/cust​oms for female workers: ocha-kumi & zokin-gake

4月上旬に、職場で出たお茶・コーヒーの話題。今の若い大卒の女性社員にとっては、お茶当番が女性の仕事だという意識は全くないようで、とっても頼もしく感じました。

そのときの若く美しく頼もしい女性社員たちにつぶやいたメモ。とても140字では無理なのでこちらに。


私、まだ、お茶汲みとぞうきんがけの呪縛から開放されてないのかもしれないと思いました。

昔は、女性がやるのが当然、と思われていた風潮もあり、「そんなのおかしい、不公平です!(やるんなら、全員でやりましょう)」と言いたかったのを、ずーっとこらえていました。

だから、多くの女性は私も含めて、外資系に来ると、正直ホッとするんだと思います。
「女性がやって当然」、という前提・風潮そのものがないのが外資系だから。

えぇぇ?そんなことでー??と思われるかもしれないけれど、(笑)
昔はたいていの日本企業・職場では、お茶汲み(お茶だしや片付けも含めて)とコピー取りは、女性の仕事でした。

Continue reading "want to forget old implicit rules/cust​oms for female workers: ocha-kumi & zokin-gake" »

« April 2011 | Main | June 2011 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!