My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 小さなことの積み重ね | Main | 子供に英語を教えるということ Part2 »

Apr 17, 2011

子供に英語を教えるということ Part1

この記事も3月上旬に書いたものです。

二人の子育てと英語を伝授した経験を通して気がついたことを書いてみます。ただ、私は英語教育の権威でもなんでもない、一母親としての意見なのでそのつもりで読んでいただければ。

まず、子供たちに英語をおしえる際、私には全くきれいごとではない、現実的な考えがあった。それは:

1.英語はあくまでも外国語。メインは母国語。抽象的な思考は母国語でのみ伸びる
2.なので子供たちをいわゆるバイリンガルにするつもりはなかった。むしろ国語や数学・理科社会、しっかり日本語で学んでおいてほしい。
3.英語はあくまでもツール。道具を使える程度になっておく。
4.日本では、理系文系どちらでも英語は受験科目。なのでやっておいて損はない。英語がある程度ラクにできれば、エネルギーを他の教科に向けられる。
5.英語そのものを学ぶというより、英語を通して世界を見る、違う視点や発想があることを学んでほしい


長男の場合: 
小学校5年生になってから、週に1回、土曜日に、「小学生の英語」という大判のテキストと付属のCDを使って、私が教えた。
6年生になっても続けた。基本的な会話・文法は教えたつもり、だった。ちなみにメインでやったのはリスニング・リーディングとスピーキング(パターン・プラクティス)のみ。ライティングはほとんどやらなかった。

ただ、中学入学時点で、長男は、私が教えたつもりだった文法事項などは、ほぼ全て忘れていた(!)(爆笑)

後に、本人曰く、「でも、単語の読み方を教えてもらったのは、未知の単語を読むのに役に立った」とのこと。
どうやら私が熱心に解説した、フォニックス(スペルと読みの関連性で読めるようにする)だけは定着していたようだが、それ以外の文法・単語・構文などは全く頭に残ってておらず、中学に入ってから本人が全部「学び直した」ようだった。
ただ、長男の場合、中学に入ってからは「つきっきりで教えた」記憶が全くない。おそらく、学校の授業と塾の勉強で、彼なりにできるようになったのだろう。

長男のケースから、私が得た結論のひとつは、
「小学校で早く始めても、週1回では、全く定着しない!」ということ。回数と時間を増やせば定着するのか?それはわからない。忙しかったし、そんな余裕もなかった。
ただ、「まあ、英語アレルギーはないけどね」程度の恩恵はあったのかな。

参考までに、長男は高校では理系に進み、英語に関しては私は全くノータッチ。時々試験前に、教科書を読ませてみたら、一応スラスラ音読できて、意味も頭からとれているようだった。(驚!)
大学では数学を専攻し、フランス語を取っていた。フランス語は私なんかよりもよく理解しているようだった・・・(唖然)

つづく

« 小さなことの積み重ね | Main | 子供に英語を教えるということ Part2 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 小さなことの積み重ね | Main | 子供に英語を教えるということ Part2 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!