My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« March 2011 | Main | May 2011 »

Apr 18, 2011

ゴジラー誕生!

一気に5時起きへシフト。
新学期でお弁当作りが始まると、普通の早起きでは自主練タイムがとれない。そこで5時起きにトライ!

がんばってしまうと、朝起きがストレスになってしまう。それでは意味がない。
とにかく楽しめることを用意しておく。

朝はキラキラ、わくわく、とにかく楽しい!そう体とココロに思い込ませる。かくして、
ゴジラー誕生!

さらに、メールチェック、ツイッターチェック、ブログチェックの回数を週何回かに限定する。

Continue reading "ゴジラー誕生!" »

Apr 17, 2011

自分探しをしない

息子の高校の説明会で、先生が言われたことに、印象に残った言葉があった。

「よく自分探しといいますが、高校では、自分を探すのではなく、自分をつくってください。自分を鍛え、訓練する場としてください。」

いい言葉です。そのとおり。
「自分探し」という言葉を使うのを耳にすると、はぁ?と思う。自分を探してるヒマあったら、他にすることあるでしょう。

もうひとつ。

「よく考えて、いい習慣を作ってください。いい習慣ができれば、人格が変わる。人格が変われば、運が開ける。」

高校生でなくても、耳がちょっと痛くなる言葉。どこかで聞いたような気もするけど、たしかにそのとおり。
いい習慣が、人をつくる。

子供に英語を教えるということ Part2

NHK基礎英語1・2・3に感謝!!

英語は、中学から始めても、大丈夫
ただし、スポーツや楽器のように、ある程度練習を続ける必要はあり

二人の子育てと英語を伝授した経験から、引き続き書いています。あくまでも私見ですのでご了承ください。
しかも兄弟二人、性格が違うので、実はやり方も全く違いました。

前回書いたとおり、小学校5年生から週1回だけ、小学生用のテキストとCDを使っておしえた長男は、中学入学時、フォニックス以外はぜーんぶ!きれいサッパリ忘れてしまってました。中学入学後はほとんど私はノータッチでしたが、不思議なことに英語力はごく普通についていたようで、受験も問題なかったです。

さて、次男の場合。

Continue reading "子供に英語を教えるということ Part2" »

子供に英語を教えるということ Part1

この記事も3月上旬に書いたものです。

二人の子育てと英語を伝授した経験を通して気がついたことを書いてみます。ただ、私は英語教育の権威でもなんでもない、一母親としての意見なのでそのつもりで読んでいただければ。

まず、子供たちに英語をおしえる際、私には全くきれいごとではない、現実的な考えがあった。それは:

Continue reading "子供に英語を教えるということ Part1" »

Apr 16, 2011

小さなことの積み重ね

これも3月3日にメモしたようです。出典不明です。申し訳ない。


小さなこと・できることの積み重ねが、心を強くする


続ける才能さえあれば、他のどんな才能も凌駕する時は必ず来る


アウトプットする力を向上させるには、周囲の人から何か質問されたら必ず「打ち返す」という習慣を身につけるのが近道


今の自分と五年後の自分の違いは、その間に読む本とつき合う相手によって決まる。

忍法ヒタヒタの術

今日の原稿、3月下旬に書いたらしい。

ディレイド・シャドウイングは(同通初心者に)効きそう!

一日一練の中に、D-Sh という略号があるのは、これのことです。
通常のシャドウイングは、ほぼピッタリついていくので、遅れても、2,3語ってとこ。

ディレイド・シャドウイングは、その名の通り、わざと、あえて遅れて出していくのだけど、これを思い切って5,6語遅れ、状況によっては1文丸まる遅れてついていってみる。

これ、同通やボイスオーバーの初心者には、効きますよ!

Continue reading "忍法ヒタヒタの術" »

Apr 13, 2011

桜のうた

雨で散ってしまったかと思っていたら、家の近くのある通り、なんとまだ満開の桜、残っていました。意外と強いんですね、桜。
桜の花びらって、透明感があって好きです。
青空に、花だけの(つまり葉がない)状態で咲き誇っている、あ~日本の春だ~、と実感。
咲く時期が短いので、はかないという人もいますが、私はそんなふうには感じないです。むしろ、清冽で絢爛な感じがする。清冽というのは水の形容詞なんだけど、水と通じるものがあるんですよね、桜の花びらって。透明感があるからかな。

花爛漫で、風が吹いたら、花びらがまるで雪のように舞う。下を見れば花びらのじゅうたん。

桜をテーマにした歌、多いですよね。

Continue reading "桜のうた" »

Apr 12, 2011

moment of silence

大地震から1ヶ月、経ったのですね。

昨日、職場では、経営トップの意向により、部門ごとで黙祷を捧げました。今回は3分。

ざわついた心を落ち着けるのには、まだ足りない感じでしたが、仕事を中断してでも、こういう時間を持つのはいいことだと感じました。

目をつむり、静かに祈る。

今は、祈る。ただ、祈るだけ。

Apr 11, 2011

取れる!工業英検1級

皆で工業英検を受けて、ライティングスキルを身につけよう!
あなたも取れる、皆で受けよう工業英検!

私が使用した本、参考書は、意外と少ないです。あれこれ手をつける時間がなかったというのもありますが:
注: ただし、英検1級程度の英語力が前提。英語の基礎体力がない場合は、また別途参考書を紹介しますね。

ミニマム: (正直この2冊だけでも、きちんとやれば、必ず受かる と思います)
工業英検1級問題集
工業英検1級対策 Welcome to Technical Writing


補完教材として使用したもの:
The Elements of Technical Writing (Elements of Series)

こうすれば書ける 技術英語  副題: 英語が苦手な人に!ビジネスマンのための英作文すいすいマスター術 (書けなければ話せない) 中野幾雄 著  工業調査会

国際問題を書く英語 伊藤重昭 著  茅ヶ崎出版


教材としても、翻訳仕事をする際も役に立った本:
テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣 Trans-Word 編

Continue reading "取れる!工業英検1級" »

Apr 10, 2011

涙の理由 5) かなしみを乗り越えて

そして、東日本大震災が起きた。

多くの命が津波に奪われた。子供たちもいたと聞く。
また、被災地ではたくさんの子供たちが、友達と離れ離れで卒業式を迎えた。
もっと胸をしめつけられたのは、親と生き別れ、震災孤児になった子供たちがいるということだ。

次男が中2の頃から、受験のことでいろいろあれこれやきもきしていたが(私一人で)、あの大震災の後、何か全てが吹っ飛んでしまった。

自分の悩みは、全くたいした悩みじゃなかった、ちっぽけだったことに気がついた。学校のレベルとか、私立とか公立とか、そんなのどうでもよくなった。

人間の根源的な思い、もっと大切なものがあるだろーって。

Continue reading "涙の理由 5) かなしみを乗り越えて" »

涙の理由 4) 卒業式にて

今年の卒業式の「呼びかけ」は、とても趣向が凝らしてあった。

卒業証書授与式の後、生徒たちがくるっと後ろ、つまり保護者席のほうを向いて、3年間のいろんな思い出を語りだす(台詞はもちろん用意したものを)。
合唱コンクールで各組が歌った曲をメドレー、全員で4部混声合唱、相当練習したとあって、300人近い人数でハモると、すごい迫力でコンクールの時より素晴らしい。

中盤では、生徒全員がステージ上のひな壇に登り、再び呼びかけと合唱。

最後は、親への言葉。

それまで何度も涙は流れたけど、ここでほぼ100%の親たちが泣いたと思う。それは、

Continue reading "涙の理由 4) 卒業式にて" »

涙の理由 3)

3月6日 つづき

泣くだけ泣いたら、かなりサッパリした。目はお岩さんみたくなっちゃったけど。

それにどんなに後悔しても、この3年間はもう過ぎてしまった。

それに、もし働かずに家にいたとして、自分の仕事を諦めて、教育ママ(or子育て熱心なママ)になったとして、
息子も私も、果たして幸せだったんだろうか?

Continue reading "涙の理由 3)" »

涙の理由 2)

3月6日 続き

これまで、周りの人によく言われた慰めの言葉、自分でもそう思うことにしていた:
「男の子は(勉強)しないって。」
「男の子は冬眠中。目覚めるのが遅いんだよ。」
「頭(の良し悪し)は親の遺伝。ジタバタしたって、カエルの子はカエル。親がそこそこだから、子供も知れてるんだよ。」
「なんか万引きしたりバイクを乗り回したり盛り場をほっつき歩いてるわけでもないし、元気なんだからそれでいいじゃない。」

そう、そうだよね。でもこれ全部、今となっては

Continue reading "涙の理由 2)" »

涙の理由 1)

以下の記事は、3月6日に下書き、その後加筆修正。

その前にひとこと。気持ちが高ぶったり、揺れたりしたときは、すぐには文章をアップしないようにしています。後で読み返すと、顔から火が出そうなくらい恥ずかしくなったりするものもあるからです。特に今回は、子供がらみで、しかもあまり軽くもない。でも、311大地震の前にいろいろあれこれ悩んだりしていたことが、地震後は吹っ飛んでしまった部分もあります。
あまり自分の内面にばかりフォーカスして書くと、読んでるほうはつらいんじゃないかと思うんですね。私も別にツライぜ自慢をしたいわけではなく、宇多田光ちゃんのように切々と文章で訴えるつもりもなく、自分の気持ちの整理として書いてる部分があると思うのですが、人から見れば子育ての悩みなんてかなりどーでもいいことかもしれないわけで。いつも長いので、できるだけ短くしてみます。

Continue reading "涙の理由 1)" »

Apr 03, 2011

ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life

大震災で会社が休業になったのをきっかけに、ツイッターを始めたのは先日も書いたとおり。

これまでミクシィに誘われても入らず、フェイスブックも興味はあるが実名公開やいろいろな問題を耳にするため躊躇していたのに、ツイッターの気軽さお手軽さが災い?いえ幸いして、つい気軽な気持ちで始めてしまった。
日本にいながらにして、世界中でいろんな国籍・人種の人がどう考え、どう行動しているのかがリアルタイムでわかる。
しかしこれ、楽しいのはいいけど、また新たにチェックするものが増えたことになる。しかも、面白い記事が紹介してあると、ついついそこに飛んでいって読んでみたり。もちろん、uptodateで有益な情報もあるので、それは自分の練習用に使わせてもらったりもしている。ただ、時間がとられる。うーん、またしても、ソーシャルメディアのディレンマだ。

もともと、携帯やデジカメが登場したとき、私は心底こう思ったものだ。
「あぁ、これが私の高校・大学時代になくてよかった」と。
だって、もしこんな便利なコミュニケーションツール(おしゃべりツール?)が学生時代あったとしたら、100%ハマッていたと断言できる。もともと上の空だった授業中、ノートや紙切れに他愛もないおしゃべりを書いては渡しあいこしてスリルを楽しんでいた元・不良学生は、これ幸いと机の下でケータイでtextしていたであろうと、当然の成り行きで、全く勉強に身が入らなかっただろうと、確信を持って言える(きっぱり)。

デジカメだって、当時プリントするという煩わしさがあったにもかかわらず、行事の度にコンパクトカメラを持ち出しては「思い出作り」と称して写真を取りまくっていたことを考えれば、デジカメなんかあったらそりゃもうハマッちゃって、整理が絶対大変だったはずですよ。

Continue reading "ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life" »

超単純な音声練習の効用

最初におことわりさせてください。4月3日以降当ブログにアップする記事には、311東日本大震災前に書き溜めておいたものが含まれます。その場合は、こちらでわかる限り書いた日にちを付していきますので、多少時間のずれがあるかもしれませんが、それを念頭に読んでいただければと思います。どうぞご了承ください。

今日の記事は、2月28日月曜日に書いたものです。月曜日に書いたってとこがポイントです。


先週末、音読・シャドウイング等 音声練習をやるかやらないかで、月曜日のパフォーマンスにものすごい差が出ることが判明!

先週末、長時間ではなく、本当に10~15分ずつ、ウォームアップ程度に音読・シャドウイング等をやっていたら、
月曜午前のミーティングで、言葉の出方にスラスラ感があり、+頭の回転数がぐわーんと上がっていく感があった。
ん?でもちょっと音読やシャドウイングやったくらいでそんなに効果あるんかいな?とその時は半信半疑。

で、翌週末、

Continue reading "超単純な音声練習の効用" »

« March 2011 | Main | May 2011 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!