My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 涙の理由 4) 卒業式にて | Main | 取れる!工業英検1級 »

Apr 10, 2011

涙の理由 5) かなしみを乗り越えて

そして、東日本大震災が起きた。

多くの命が津波に奪われた。子供たちもいたと聞く。
また、被災地ではたくさんの子供たちが、友達と離れ離れで卒業式を迎えた。
もっと胸をしめつけられたのは、親と生き別れ、震災孤児になった子供たちがいるということだ。

次男が中2の頃から、受験のことでいろいろあれこれやきもきしていたが(私一人で)、あの大震災の後、何か全てが吹っ飛んでしまった。

自分の悩みは、全くたいした悩みじゃなかった、ちっぽけだったことに気がついた。学校のレベルとか、私立とか公立とか、そんなのどうでもよくなった。

人間の根源的な思い、もっと大切なものがあるだろーって。

子を持つ親なら誰でも、子供が生まれてくる前に、「元気だったらそれだけでいい」と思ったはずだ。
そしてたとえ五体不満足でも、何かしらの障害をもって生まれたとしても、この子を愛している、愛していくんだ、という思いを持ったはずだ。

ジャズピアニストでシンガーの綾戸智恵さんが言っていた、「生きてるだけでまるもうけ、生きてるだけでラッキー」という思いを、震災の後、思い出した。
携帯がつながらなかった地震直後の数時間、私はただただ次男の安否が心配でしょうがなかった。


震災前の卒業式では、いろんな思い出とともに親への感謝の言葉が呼びかけであり、親たちは涙した。

でも、震災後の入学式では、ただ単に「生きていて、普通に学校に通える、教育が受けられることに感謝する」涙、だった。(最近、年のせいか、震災のせいか、とにかくちょっとしたトリガーで泣けてきます。やっぱり年かな)

被災地でたくましく生きようとする子供たちの様子を見ると泣けるが、同時に励まされる。先日はNHKで、保育園の子供たちが笑顔で遊んでいる映像が流れて、なんだかとても嬉しくなった。

せめて命を授かった私たちは、精一杯、今ここでできることをしようね、と息子とも話している。


時には涙を流してもいい。どんなに平静を装っても、涙の理由は人それぞれだ。
でも次は、自分のちっぽけなグダグダで目をはらすんじゃなくて、もっと違う理由がいいな。復興の過程で、そんな、素敵な話に出会えるかもしれない。

おわり 

なんとか明るいトーンで終わることができました。
もしここまで読んでくださった方がいたとしたら、おつきあいいただき、ありがとうございます。

被災地の子供たちみんな、そして日本中、世界中の子供たちに、明るい未来と幸せがやってきますように。

« 涙の理由 4) 卒業式にて | Main | 取れる!工業英検1級 »

Comments

子供は親の背中を見て育つ、本当にそう思います。仕事をしていたから、子育てに専念してたから云々より、親の生き方と考え方が大きく影響すると思います。親が迷いながら悩みながら子育てしてくれたことが子供にとっての宝物になるのだとも思います。しっかりお子様を見ていらっしゃるから、自信を持ってくださいね!(かくいう私も毎日悩んでいますがcoldsweats01
地震を機にいろいろ気付かされ、生きているだけで幸せだと私も思います。この気持ちを忘れずに生きていきたいですよね。

あさこさん、ありがとうございます。

子供は親の背中を見て育つ、たしかにそうですね。長男を見ていても、口で言ったことよりも、言わなくてもちゃんと伝わってることのほうが多くて驚きます。
いろいろ書きましたが、根っこのところで、ワタシは子供たちの持つ芽というか、根源的な力を信じています。本人の持っている力の方がずっと強いと思うので、親はただそれを踏みつぶしたりしないように気をつけること、その芽が伸びていけるように、そっとサポートすることだと。
以前、職場の先輩が言ってました。親があれこれしつけようとしても、結局それは親の狭ーい価値観の枠組みの中でしかやってないから、それに当てはめようとすると、どこかでゆがみが生じる。だったら枠組みに押し込めようとするんじゃなくて、何やってもええがな、くらいの気持ちでゆったり構えとったほうがええぞ、と(その人関西人だったので)。それを思い出しました。親である自分が、人間としてまだまだ未熟なんだと思えば、しつけてやろう、なんて傲慢な気持ちにはならずにすみますね。
やっぱり何でも子供と一緒に楽しむことかな。

なるほど!
私のブログに勝手にメモさせていただいちゃいました。
子育ても仕事もなかなかうまく行かず悩む毎日でしたが、
元気がでました。ありがとうございます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 涙の理由 4) 卒業式にて | Main | 取れる!工業英検1級 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!