My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 涙の理由 3) | Main | 涙の理由 5) かなしみを乗り越えて »

Apr 10, 2011

涙の理由 4) 卒業式にて

今年の卒業式の「呼びかけ」は、とても趣向が凝らしてあった。

卒業証書授与式の後、生徒たちがくるっと後ろ、つまり保護者席のほうを向いて、3年間のいろんな思い出を語りだす(台詞はもちろん用意したものを)。
合唱コンクールで各組が歌った曲をメドレー、全員で4部混声合唱、相当練習したとあって、300人近い人数でハモると、すごい迫力でコンクールの時より素晴らしい。

中盤では、生徒全員がステージ上のひな壇に登り、再び呼びかけと合唱。

最後は、親への言葉。

それまで何度も涙は流れたけど、ここでほぼ100%の親たちが泣いたと思う。それは、

「反抗的な態度ばかりとって、素直になれなくてごめんなさい。」

「けんかして、あんたの弁当なんかもう作らない、って言ってたのに、翌朝はちゃんと作ってくれていましたね。」

「働いて疲れているのに、云々・・・」

「子供は、親を選んで生まれてくると、聞いたことがあります。本当にそう思います。」

「お父さん、お母さん、今まで育ててくれて、ありがとう。これからも、もう少し、お願いします。」


つらいことも、うれしいことも、君がいたから感じることができたんだね。

こちらこそ、ありがとう。
そして、ドジでおっちょこちょいで口うるさいかーちゃんだけど、
こちらこそ、これからもどうぞよろしく。


« 涙の理由 3) | Main | 涙の理由 5) かなしみを乗り越えて »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 涙の理由 3) | Main | 涙の理由 5) かなしみを乗り越えて »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!