My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life | Main | 涙の理由 2) »

Apr 10, 2011

涙の理由 1)

以下の記事は、3月6日に下書き、その後加筆修正。

その前にひとこと。気持ちが高ぶったり、揺れたりしたときは、すぐには文章をアップしないようにしています。後で読み返すと、顔から火が出そうなくらい恥ずかしくなったりするものもあるからです。特に今回は、子供がらみで、しかもあまり軽くもない。でも、311大地震の前にいろいろあれこれ悩んだりしていたことが、地震後は吹っ飛んでしまった部分もあります。
あまり自分の内面にばかりフォーカスして書くと、読んでるほうはつらいんじゃないかと思うんですね。私も別にツライぜ自慢をしたいわけではなく、宇多田光ちゃんのように切々と文章で訴えるつもりもなく、自分の気持ちの整理として書いてる部分があると思うのですが、人から見れば子育ての悩みなんてかなりどーでもいいことかもしれないわけで。いつも長いので、できるだけ短くしてみます。

3月6日
土曜日、自宅で掃除する前、突然泣いてしまった。最初は声をころしていたんだけど、そのうち号泣。

きっかけは、
掃除する際片付けようと、ふと見た折り込みチラシに、地元の塾の生徒の進学結果が載っていて、その中に地元の中学に通う次男の同級生の顔写真と名前が載っていた。最初は、すごいねえ、などと感心していたのだが。

他の学校のとある生徒さんのコメントを読んでいたら、
「いつも送り迎えしてくれた母に感謝しています」とあった。

ここで、タガが外れた。というかトリガーになった。
いつもだったら、読み流している。ほほ笑ましいね、で終わっている。でも今回は流せなかった。

涙があふれて、止まらなかった。

「この子達は皆、同じ15年前に生まれ、9年前に地元の小学校に入学し、最初は皆似たり寄ったりだった。皆子ザルか子犬みたいだった。でもいつの間にか差がついている。
私は10年間、いったい何をしていたんだろう?

自分が仕事をしたいばっかりに、子供の宿題や勉強をろくすっぽ見てやらず、
保育園や学童保育の送り迎えはしたけれど、塾の送り迎えをする余裕はなかった。

子供に取り返しのつかないことをしてしまったんじゃないか、(というより手をかけなさすぎたんじゃないか)、
出身高校は、ある程将来の行く先を決めてしまうのに、もっと早くから見てやるべきだった、もっと大局的に考えてやるべきだった。」

後悔と無念の思いが押し寄せてきた。嗚咽が止まらない。

つづく

やっぱ暗いな。うーん、どうしよう。

« ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life | Main | 涙の理由 2) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ソーシャルメディア中毒にご用心 When Twittering Gets in the Way of Real Life | Main | 涙の理由 2) »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!