My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 読むメンタルトレーニング | Main | 取れる!工業英検1級 #2 理系と文系でアプローチは違う »

Jan 22, 2011

脳をやる気にさせる習慣

脳流行りで、いろんな本が出ています。

茂木健一郎さんは、「プロフェッショナルたちの脳活用法」という本で、NHKの番組で出会ったその道のプロの方々の努力について、脳科学者の立場から解説していて、興味深いし面白いなと思いました。

昨年末に読んだこの本「脳をやる気にさせるたった一つの習慣」では、ご自身の体験等も含めて、本来は相当難しい研究(クオリア)をしているにもかかわらず(ちなみに以前NHKプロフェッショナルで本人を取り上げていた時、東大で学生達を指導する時の会話、NHKのディレクターも「さっぱりわからない」と言っていたほど難解だった!)、とってもわかりやすい言葉で、脳の仕組みについて説明してくれています。

時間をおいて読み返すと、また新たに気づきがあったりして、ちょっといいなと思ったので紹介します。

仕事でもスポーツでもなんでもそうだと思いますが、いかにやる気を出させるか、どうやってそのやる気を維持するか、結構たいへんですよね。ワタシもいったんやる気が出て、だんだんノッてくると練習が楽しくなるのですが、まずは最初、自分にやる気の灯をともして、そこまで行くのに一苦労。

茂木氏の「脳をやる気にさせる方法」の中に、脳は遊びを求めている!という項目があって、
1.コンプレックスを逆手にとる
2.目標をつくる
3.課題を楽しむ+遊びながら仕事・勉強をする

これは参考になりました。ある意味ワタシは、切れ者ではない・純国産というコンプレックスがあるからこそ、「まともな通訳・翻訳ができるようになる」という目標を持ち、日々あまり時間がなくてできないにもかかわらず、あれこれ工夫して練習することを楽しんでいるともいえます。

印象的だった言葉をいくつか(以下全て「脳をやる気にさせるたった一つの習慣」からの引用):

「人生とは偶有性という名のオセロゲーム」

「無意識の垂れ流し」に気がつくかつかないかが、「素敵な女性と、困ったオバサンの違い」を分ける

「書いたものは脳の資本になる」

「文字を書き綴る行為は、自分の周りに大小のたくさんの「鏡」を並べて、世界を眺めることと同じなのです。」

「言葉のセンスを磨くことは、人生を変え、より豊かに生きるために必要なことなのです。」
    → 通翻訳に携わる者にとっては、珠玉の言葉ですね。

「偶有性という概念が血肉化されていくと、一つひとつの出来事に対して一喜一憂しなくなります。」

「茂木健一郎流の偶有性を楽しむための八か条」
    → これは本書でご確認ください。でもどれもとっても参考になります。


脳の働きに関しては、苫米地さんの著書も数冊読みましたが、最近はビジネスに結びつけようとしていらっしゃるようで、ちょっと近寄りがたい感じ。
今のところ、茂木さんの著書の方が読みやすさ・受け入れやすさという点でお薦めです。


« 読むメンタルトレーニング | Main | 取れる!工業英検1級 #2 理系と文系でアプローチは違う »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 読むメンタルトレーニング | Main | 取れる!工業英検1級 #2 理系と文系でアプローチは違う »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!