My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« December 2010 | Main | February 2011 »

Jan 30, 2011

質疑応答でドキドキ

1月某日。
この日は朝2時間近くぶっ続けでEJ逐次+JEウィスパ。ちなみにメモA4x19枚使った。
外部から人が来るというのでボスは得意になってペラペラしゃべりっぱなし・・・てことは私はほぼ休む間もなくしゃべりっぱなし。はぁぁ~ 

Continue reading "質疑応答でドキドキ" »

Jan 23, 2011

そちは「宝」を持っておる

先週NHKの大河ドラマ「江」を観ていたら、信長が、江姫に向かって言ったセリフに、

「そちは宝を持っておる。持って生まれし、その心根じゃ。それを大切にして生きよ。そのまま大きゅうなれ」

このセリフを確認していたら、今回の大河の脚本家 田渕久美子さんのインタビュートークを偶然見つけました。

自分を「全肯定」してほしい

これを読んで、ふと、腑に落ちる部分がありました。

Continue reading "そちは「宝」を持っておる" »

取れる!工業英検1級 #2 理系と文系でアプローチは違う

皆で工業英検を受けて、ライティングスキルを身につけよう!

☆ 文系出身か理系出身かで、アプローチは違う ☆

注: ここでは便宜上、文系・理系と言葉を分けていますが、頭の使い方がどちらかというと理系的か文系ぽいか、という括りでもいいと思います。幸運にもどちらも得意、またはクロスオーバーしている方も多いと思いますので、それは適宜、自分に当てはまるところだけ、取り入れてください。

文系出身者で、英語力はあるけど、科学技術アレルギーだったり工業英語に苦手意識が強い方は、やはりそれを克服する必要があります。工業英語となっていますが、内容は多岐にわたります。どんな内容でも読めて書ける、くらいの自信をつけましょう。

理系・工学系出身者で、理系アタマなので理解力はあるけど、英文を読んだり書いたり(二次を考えると聞く話すも入る)が苦手、という方は、英語力4技能の底上げが必要です。ただ、英語力さえつけば、あとは内容がわかっているし専門分野もある方が多いので、鬼に金棒、ラク~に1級クリアできます。

Continue reading "取れる!工業英検1級 #2 理系と文系でアプローチは違う" »

Jan 22, 2011

脳をやる気にさせる習慣

脳流行りで、いろんな本が出ています。

茂木健一郎さんは、「プロフェッショナルたちの脳活用法」という本で、NHKの番組で出会ったその道のプロの方々の努力について、脳科学者の立場から解説していて、興味深いし面白いなと思いました。

昨年末に読んだこの本「脳をやる気にさせるたった一つの習慣」では、ご自身の体験等も含めて、本来は相当難しい研究(クオリア)をしているにもかかわらず(ちなみに以前NHKプロフェッショナルで本人を取り上げていた時、東大で学生達を指導する時の会話、NHKのディレクターも「さっぱりわからない」と言っていたほど難解だった!)、とってもわかりやすい言葉で、脳の仕組みについて説明してくれています。

時間をおいて読み返すと、また新たに気づきがあったりして、ちょっといいなと思ったので紹介します。

仕事でもスポーツでもなんでもそうだと思いますが、いかにやる気を出させるか、どうやってそのやる気を維持するか、結構たいへんですよね。ワタシもいったんやる気が出て、だんだんノッてくると練習が楽しくなるのですが、まずは最初、自分にやる気の灯をともして、そこまで行くのに一苦労。

Continue reading "脳をやる気にさせる習慣" »

Jan 16, 2011

読むメンタルトレーニング

サッカーアジアカップ、シリアとの試合、見ましたか? 2-1で劇的に勝った試合!

ってワタシ、見てないんですが、ちょっと気になっていたので、当然ニュースのハイライトと新聞で(!)チェックしましたとも!!

あ~、日本もこんなプレーができるようになったのね・・・・・ってワールドカップの時も思いましたが、最初の得点シーンは素晴らしかった。昔なら、あそこでパス回してるうちに相手に取られてた。
本田選手のPKも成功。やっぱり相変わらず持ってますね、彼は。GKが交替して10人で戦わなければならなかった後半は、本当に大変だったと思う。

ちなみに、ゴールが決まる瞬間って、試合90分のうちほんの数分か数十秒で決まることが多い。それくらいスピード感がある。ん?ちょっと待てよ。ってことは、
選手達は、90min分の1min(90分の1)のために、いったいこれまでどのくらいの練習をしてきたんだろう。

たった1分、いや、場合によっては、本当に数十秒で決まってしまうのを何度も見てきた。
その一瞬のために、あらゆる条件・場面を想定して、練習を積んできたんだろうな。

Continue reading "読むメンタルトレーニング" »

Jan 15, 2011

読書会に参加して

今年は、殻を破って、comfort zoneから抜け出したいなあ。
もっと世界を広げたいなあ、と思っていた矢先。

ナルト、読書会に参加!
先日、「クーリエジャポンDE朝食会」という集いに参加しました。

誘ってくれたPさん、ありがとう。突然の飛び入りにもかかわらず、快く受け入れてくださった主催者の方にも感謝。

参加した理由は単純。
英語以外の刺激がほしい。
異業種・異職種・異世代の人たちと話してみたい。コンフォートゾーンから抜け出してみたい。
たまたま、クーリエジャポンを昨年夏より定期購読していた。(次男と聞いてるNHKの基礎英語テキスト以外、唯一初めての雑誌の定期購読。でもこの会のことは知らなかった)

Continue reading "読書会に参加して" »

Jan 11, 2011

みんなで取ろう!工業英検1級

以前、とある事情により、通訳検定2級・国連英検特A級・工業英検1級の各受験記録(合格手記)を、このブログから、削除してしまいました。(いつも発作的にやってしまいます)
その後(2009年3月)、私は約束しました。
「受験記録は手元にとってありますので、いつか、きちんと整理して、情報発信できるといいなと思っています。」と。

昨年初め、もう一度アップしようとしましたが、家庭の事情により、なかなか復活できずにいました。思い立ってから約1年も経過し、さすがに今年は、きちんと整理し情報発信して、約束を果たそうと決意しました。

Continue reading "みんなで取ろう!工業英検1級" »

Jan 04, 2011

Justice with Michael Sandel [ハーバード白熱教室]

以前知人が練習素材として取り上げた、サンデル教授のインタビューを聞いて、ぜひこのハーバード大学初の公開となった講義を見てみたいと思っていました。

ウエブでも見ることができますが、Justice with Michael Sandel 
NHKが1~2日の夜中に一挙再放送してくれたので、DVD録画しました。
なんせ長いので、少しずつ見ることに。
幸いにも二カ国語放送で、字幕はなく吹き替えだったので、日本語でも英語でも視聴できます!やったー!

本来なら学費を払っている学生しか聴講することができない海外の大学の講義を、こうやって公共放送でタダで(まあ受信料は払ってますけど)見聞きすることができるなんて、本当に時代は変わったし、幸運だなと思います。

講義は予想以上に面白くて、最初の第1回~2回(01 The Moral Side of Murder / The Case for Cannibalism 「殺人に正義はあるか」「犠牲になる命を選べるか」・「サバイバルのための殺人」
02 Putting a Price Tag on Life / How to Measure Pleasure 「命に値段をつけられるか」「ある企業のあやまち」・高級な「喜び」 低級な「喜び」)までを見た限り、もっと見たい・聞きたいなと思いました。

Continue reading "Justice with Michael Sandel [ハーバード白熱教室]" »

Jan 02, 2011

飛躍の年に

新年を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

卯年は、飛躍や繁栄を意味するそうです。また、ウサギって、前向きにしか跳ばないことから、縁起のいい跳ぶ動物なんだそうです。
今年は、勢いよくホップステップジャンプといきますか。

ナルトの決意2011:

Continue reading "飛躍の年に" »

« December 2010 | Main | February 2011 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!