My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« メインプレーヤーであれ | Main | 通訳=絶滅危惧種 »

Sep 05, 2010

頑張る人より、楽しむ人に

8月後半、このブログにも時々コメントをくださる現役フリーで大活躍中の通訳者、みかりんさんのブログ ラブリー通訳がゆく を読んでいて、とある記事に共感したので、リンクを張らせていただきます。
努力する人になってはいけない

まず、タイトルが刺激的で、目を引きました。でも、みかりんさんも書いていらっしゃいますが、これは元々の引用文を読むと、その意味と内容に納得!します。

努力する人になってはいけない

これは、努力する必要はないとか、努力しなくてもいいとか、そういうメッセージではありません。
これから社会へ巣立っていく卒業生へ向けた式辞で、会社もしくは何らかの組織の中で働く場合、どういうタイプの人が有害か、という視点で話されているので、その前提で読めば、そしてなぜ、
「努力はするけど目標を達成できない人(=結果を出せない人)」がよくないのか、その理由がよくわかります。

組織の中で、ひたすらまじめにやる人は、要注意です。よくいるタイプだと思いますが。かつて私が働いていた職場にもこういう人(そして文句ったれのことが多い)いっぱいいた。
あこがれるのは、「怠け者だけど、必ず目標を達成する人(結果を出す人)」で、これはリーダーの資質だそうです。なので会社の経営者向き。おそらく少数でしょう。

みかりんさんも書いていらっしゃいますが、ワタシも、「頑張り屋さんね」と言われて、ちょっと違和感を感じるクチです。

以前、ある韓国人の神父さんが、日本人はがんばる(頑張る)、っていう言葉が好きですね、と言っていたのを思い出します。何か励ましたり、出かける人に声をかける時、よく、「がんばってねー」と言ってるのを耳にします、と。

でもよく考えたら、頑を張る、ってすごい響きですよね。頑固に気を張るってこと?

また、ある人が、「もう私はじゅうぶん頑張っているんだから、これ以上がんばれ、って言われてもね・・・」と。

がんばる、という言葉に気をつけるようになり、最近は自分ではほとんど使わなくなっていました。なんか、音の響きもあんまり好きじゃない。

時々ですが、がんばり屋さんだね、と言われて、あんまりいい気分ではないですね。なぜか。

やっぱり言外に、「がんばってるけど、一体何のためになるの?」「努力はしてるし頑張ってるけど、その割に結果が出せてないね」って言われてるような気がして、なんとなく辛いような恥ずかしいような感じがする。
そう感じるのは自分がそう思ってるからかもしれないけど。苦笑

それから自分のこのブログも、読み返すと、なんかマジメなトーンで気張ってばかりで、楽しくない。努力家、っていうイメージがもしついているとしたら、それはそれで気恥ずかしい。だって実際はそんなに努力できてないし。


「脳は頑張る人より、楽しむ人に味方する!」

最近読んだ、「脳を味方につける生き方」苫米地英人さんの本のオビに書いてあったこのコピー。

バレリーナや通訳者も、たいていは「努力する自分が好き」「がんばっている自分が好き」なタイプが多い。
ほんでもって、実際やはりものすごい勉強家だったり努力家だったりする。皆やっぱり人知れず努力してるのね・・・なんて感心してしまう。あまりのすごさに、正直引いてしまいそうになることも。

もちろん、何か一つ事を成すのに、継続的な努力が一つの要素であることは否めません。
ただ、一流の人たちというのは、おそらく努力というよりも、やはりそれ自体が楽しくてやっているんだろうな。だから続けられる。

自分の短い経験からも、通訳の練習を苦行だと感じている間は、なかなか伸びないのに、なんか楽しいね、これ、と感じられる時のほうが、力がついているような気がするのも不思議。
これは個々人の性格とも関係するのかもしれないが、ワタシは自分が興味の持てない、もしくは面白くない分野は、どうしてもはかどらない。自分が「これ、楽しい」と感じているときの方がはかどる。
やっぱり脳は「楽しむ人」に味方するんだろうか。

ただ、大学時代のとある経験から、「真剣に取り組む(別名、頑張る)こと」と、「楽しむこと」の、バランスが大事なような気もしていたので、それについてはまた今度書こうと思う。

とりあえずは、努力しないし、がんばらない、その代わり、思いっきり楽しんでみようかな。
(↑こんな事をワザワザ書いてるようじゃ、まだまだ・・・笑)

« メインプレーヤーであれ | Main | 通訳=絶滅危惧種 »

Comments

こんにちは。私のブログ記事を引用していただいていたとは恐縮です。
私のブログの引用元である、芦田宏直先生にとても最近興味があり、彼のブログの文章は殆ど読んでいるといっても過言ではありません。
一見、理不尽に思える一言に込められたその真意を一旦知るや、納得せざるを得ない強さがそこには有ります。

私なんかはまだまだ何かあると、すぐにグチグチしてしまい、先に進むために考える切り替えるまでの中間フェーズ(グチグチ期)に時間がかかっています。それが、頑張り屋と言われてしまう所以だと思ってます。

しなやかに、前に進んでいける力…それが当たり前のように発揮できる自分になりたい、と今は思っています。

なるとさん、ありがとう!

みかりんさん、事前承諾もなく勝手に引用させていただき失礼しました。でも本当にいい記事だと思ったので、紹介させていただきました。
芦田宏直先生については初めて知ったので、紹介してくださったみかりんさんには感謝しています。
通訳の勉強途上、どうしても、結果が出せない自分がいやになったり、逃げたくなったり、意志の弱い自分にがっかりしたり。でも、バレエも通訳も、「がんばること」そのものに逃げてしまっちゃいけないんだよね、って言い聞かせています。常に、結果(もしくは仕事)を意識することが大切なんだろうなと。もちろんそこまでいくのに、かなり汗はかくんでしょうけど。私も>しなやかに、前に進んでいける力<をつけたいと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75103/49360955

Listed below are links to weblogs that reference 頑張る人より、楽しむ人に:

« メインプレーヤーであれ | Main | 通訳=絶滅危惧種 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!