My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 滝と虹 Falls and Rainbows 2 | Main | 一難去ってまた一難! »

Feb 21, 2010

蘇生

しばらくお休みしていた理由は。
息子が虫垂炎で緊急入院&手術、別の検査で気胸の再発がわかり再手術となり、計2週間入院してました。
幸いにも手術は成功し、術後の経過も順調で、先日無事退院しました。
やっぱりいろんなことが起きますね・・・

子供がいると、やはりいろんなことで手がかかり気にかかり、大きくなって手がかからなくなったとしても、やはり今回のようなこともあります。
2回目の手術は全身麻酔で行うものだったので、ドクターを信頼しているとはいえ、少し不安でしたし緊張もしました。
「こんな思いをするなんてね・・・」

こんな思い、とは、子供が病気になると、どんな親御さんも感じると思うのですが、「替わってやりたくても替わってやれない」思いです。

息子の方が私よりも落ち着いていて、事実をしっかり受け止めて、手術の説明もきちんと聞いた上で、手術した方がいいと自分で決断しました。
計3時間強におよぶ手術の間、彼がもっと小さかったの頃のことなどが走馬燈のように頭をよぎりました。そして、ずっと祈っていました。祈る以外、他にできることがないんです。

手術が終わった後、戻ってきた息子の名前を呼ぶと、うなづいてくれて、去年もそうでしたが、今回も、この瞬間、とてもホッとしました。

「こんな思いをするなんてね・・・」
こんな思い、とは、息子が無事蘇生して、生きてくれてるだけでいい、他には何も要らない、という思いです。


以前から子供がいると、やはり仕事を制限したり時間を制限したり、キャリア構築(そんな大げさなものではないですが)にはハンディではないかと感じてました。

でも、じゃあ、「産まなきゃよかった」というふうに考えたことは一度もないんですね、なぜか。これがフシギなんです。おそらく、子育ては、大変なことや苦労もいっぱいあるんだろうけど、それ以上に子供の存在自体が喜びである、という、それが全てをしのいでしまう、ということなんでしょうか。

今日はまとまりませんが。
とにかく、生きて、そこにいてくれるだけでいい、そんな思い、です。他はもう大したことじゃない、って思えるような。

« 滝と虹 Falls and Rainbows 2 | Main | 一難去ってまた一難! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75103/47629243

Listed below are links to weblogs that reference 蘇生:

« 滝と虹 Falls and Rainbows 2 | Main | 一難去ってまた一難! »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!