My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« August 2009 | Main | October 2009 »

Sep 27, 2009

Good things to remember

先日、前の前の職場で、とてもよくしてもらったエンジニアから、上記タイトルのメールをもらいました。しょっちゅうではないですが、彼らは時々、仲間内でおもしろい(たいていはユーモアあふれる)メールを転送しあっていて、当時私にもよく転送されてきていたのですが、職場を離れても、こうやって送ってきてくれる、その気持ちがとても嬉しかったです。特に今回は、内容がとても素敵というか、印象的だったので、皆さんにもぜひ読んでいただきたいと思いました。
以下、その転送されてきたメールをそのまま記載しますね。

This is something we should all read at least once a week!

Written By Regina Brett, 90 years old, of The Plain Dealer, Cleveland , Ohio
"To celebrate growing older, I once wrote the 45 lessons life taught me. It is the most-requested column I've ever written." My odometer rolled over to 90 in August, so here is the column once more:

Continue reading "Good things to remember" »

マイリストを少しずつ、

見直して、整理していこうかと思います。

自分自身、記録を兼ねてブログを始めてからこれまで何度も、3ヶ月とか半年以上とか、中断したことがあるので、こんなことを言える立場ではないのですが、始めた頃に知り合ったブロガー仲間も、多くの方がページを撤去されています。訪れてみるとNot foundと示されて、淋しい限りです。大変申し訳ないのですが、無効になっているリンクは、外させていただきたいと思います。ただ、もしブログをこちらに引っ越したよ、という方は、ぜひ新規URLをお知らせください。もちろん、今でも続けてらっしゃる方のリンクはそのまま置かせていただきます。
続けるのって、結構大変。人によって事情はそれぞれあると思います。

Continue reading "マイリストを少しずつ、" »

Sep 23, 2009

目指せ、写輪眼ならぬ「写輪耳」!

リテンションの練習をする時の注意ですが、(何度も言うようですが)いきなりVOAやCNNから始めないこと!!私はそれでイヤになり、何度も途中で練習そのものをあきらめました。やはりまず、中学高校の教科書レベルがスラスラできるようになることが先です。←ここ、英語のできる人ほど盲点なので、要注意です。

それともうひとつ。

Continue reading "目指せ、写輪眼ならぬ「写輪耳」!" »

Sep 22, 2009

Rev-up #4 リテンション or リプロダクション (続き)

単語レベル・句(チャンク)単位・文単位・パラグラフ単位でのリテンションに使った教材は、それぞれ以下の通りです。時間がある方は、自分でテープなどに吹き込んでリテンション用の教材を作る方もいるようですが、何しろそういった余裕がないため、「とりあえずあるもの(市販の教材)」を適宜カスタマイズし、「やさしいもの」から始めてみました。音読と同じで、徐々にレベルを上げて、難しいものに挑戦していくのがいいと思います。

Continue reading "Rev-up #4 リテンション or リプロダクション (続き)" »

Rev-up #4 リテンション or リプロダクション

これも私の中では、「やらなきゃいけないとわかっているけど、一番苦手、だからやってない」練習のひとつ。恥ずかしながら。
苦手だからやりたくない→よけいできなくなる→苦手意識が強くなる、の悪循環。

もともとあんまり短期記憶が強くないので、本当ならこれもやさしいレベルから始めるべきだったのですが、今にして思えばちょっとやった順番がまずかった。
難しいものからやってしまい、やる気をなくしてしまったのです。
かなり試行錯誤を繰り返し&遠回りしました。未だに完璧にはできません。

Continue reading "Rev-up #4 リテンション or リプロダクション" »

Sep 21, 2009

アウトプット力の違い

なぜ、今さら英会話なのか?
アウトプット力の明らかな差異: 国産 < 帰国子女・留学組

以前NHKスペシャル脳の発達の特集の中で、乳幼児の言語習得過程を見るこんな研究実験があった。

Continue reading "アウトプット力の違い" »

Sep 07, 2009

英会話学校、個人レッスンって、どんな?

超多忙な8月が終わり、その疲れをとるために、やっとお休みをとってまず行ったのが、整体マッサージ、続けてリフレクソロジー、美容院など。たまった洗濯と掃除をやって、週末は友人とランチ&インテリアショップへ。いやぁ、おしゃべりもできたし、とにかくリフレッシュしましたぁ!昼間からワインなんか飲んで、とーっても優雅な気分に。ありがとう、mちゃん!次の日はエアロビ、バレエをやって、好奇心で初めてラテンダンスにも挑戦!?ステップ難しいしおかげで足がだるい・・・でも何も考えず、ただ体を動かして汗をかくのって、本当に気持ちいい!

で、すっかり英語やら自主練習から離れていたこともあり、脳みそは空っぽに。
おーっと、こんな状態ではまずいっ!と思いつつ、実は密かに考えていることがあって。
実は、英会話学校って行ったことなかったんですが、ちょっとのぞいてみようかしら、と思い始めている。もしくは個人レッスンを受けたい。これを言うとたいていの知人友人は口を揃えて、「行かない方がいい、行ってもきっとガッカリするよ」と。理由は、講師の質があまりよくないとか、そういうことらしいんだけど。
英会話学校や個人レッスンといっても、ピンからキリまである、ということはよくわかっているので、体験レッスンにでもいってみようか、ぐらいな感じなんですが。もしコレ読んでる人で、ここがいいとかあそこはよくないとか、オンラインで個人レッスン受けたことのある方などいらっしゃったら、何でも結構ですので、教えてくださるとうれしいかな。

ただ、昔から、英会話学校行かなくても、お金をかけなくても、話せるようになる!それは貧乏な国産ナルトの望みでもあったわけです。でもでも、じゃあどうして今さら、英会話学校へ?(いや、行くって決めたわけではなく、検討中)

ここまで書いたら、かなり目が疲れてきました。理由は次回、ということで。おやすみなさい。

Sep 06, 2009

気持ちを直接、素直に、伝える

気がついたら9月。早いですね~。忙しくしていたらあっという間に8月も終わってしまった。子供達の夏休みも終わり。実は去年の暮れに、次男に背を超されてしまったのですが、我が家で最もよく食べ、よく寝て、ストレスフリーなお気楽生活を送る?この次男、毎朝起きる度に背が伸びているように感じる・・・。

前回までの自分のブログを見ると、なんだかソーウツ気味ですね。嬉しいだの落ち込んだだの、まるでシーソーのように気分が上下してますぜ。 Life is full of ups and downs. ってことですかね。

実は、8月お盆休み明け、エィジェントを通して、初めて派遣先からクレームを受けました。
もともと私のスキルはそんなに高くないのに雇ってもらっていることはわかっていたので、スキル不足は仕方がないとしても、通訳者としての態度で、何か誤解があったようで、(もしくは、私が何か誤解を招くような言動をしてしまったらしい。いつのことを言われてるんだかわからないのだが・・・)それでちょっと落ち込んでいました。
上司が私に直接言わずに、人事とエィジェントを通して言ったことも、ちょっと悲しかったのです。日頃からそれを言えないような雰囲気ではないと思っていたからよけいに。
超忙しかった8月後半、
それでもやはり誤解されてるんじゃないかと悶々としたまま過ごすのは耐えられず、結局上司に時間をとってもらい、落ち着いた&リラックスした雰囲気の中で、話をしました。一緒に仕事をしていく上で、私の方からもどうしても伝えておきたいこともあったし。たとえクビになるとしても、それでも話だけはして、気持ちを伝えたかった。

で、結果から言うと、直接話してよかった、ということです。やはりエィジェントを通したことで、彼の意図がちゃんと伝わってなかったし、直接話したことで、彼の言いたかったことがわかりました。私も、自分の力不足は今現在発展途上プロセスにあるのでそれは改善していくとして、何より(結果的に)誤解を与えてしまうような言動をとったことを素直に謝りました。また、彼(外国人)も日本人のマネジャーも尊敬する気持ちに変わりはないが、あまりにも二人のアプローチが違いすぎるため正直驚くこともある、ということ、感情的な部分は理解はできる、でも絶対にどちらか一方に肩入れするようなことは絶対やってない(それはプロとしてやってはいけないことです)ということを伝えました。
正直、時間を取って話をしたい、と切り出すまでに、実は三日くらい悩みました。
ダンナは、プロなら結果が全てだから、もうクレームが出た時点でNGってことなんだから、それは潔く受け入れなきゃダメだ、プロなら結果出さなきゃ、と言うのです。たしかに、それもよくわかります。体調が悪かろうが、どういうお家の事情があろうが、全て結果だけで判断されるこの世界で、せめて自分の気持ちを伝えたい、なんていう甘い考えが受け入れられるのだろうか、と。
でも一方で、これでクビになるとしてもそれまでの間はやっぱりこの人について仕事するわけですから、やっぱり自分の思いを封じ込めたまま、表面だけニコニコ笑顔で接するなんてことは、私にはできそうにもなかった。こんな時こそ、きちんと話して、コミュニケーションをとりたかったのです。
そして、私は勇気を出して、話してみてよかったと思います。思いの丈を伝えることで、それまでのグジグジ・悶々とした状態が一気に消えました。素直に、自分の言葉で伝えることができてよかったと、思います。

友達や、恋人・夫婦同志の間でも、上司・部下の間でも、何らかの行き違いすれ違い誤解や対立は、必ず起きると思いますが、やはり、一方的に言いっ放し、またどちらかが押し黙って全く意見や気持ちを素直に伝えないままだと、必ずしこりが残りませんか?そんな時こそ、勇気を出して、直接対話することが必要な気がします。相手を責めるのではなく、こういう風に聞いたんだけど、それは本当ですか?もし違っていたら話してください。誤解があるような気がするんだけど、どういうことかおしえてもらえませんか?って具合に。

今回は、「結果が全て」というプロの厳しさ、プロなら結果で判断されて当然、だからそれはもちろん心するということ、そして、勇気を出して気持ちを伝えること・直接対話することの大切さを感じました。

« August 2009 | Main | October 2009 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!