My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« June 2009 | Main | August 2009 »

Jul 12, 2009

ホームベースを作る

Rev-up の基礎練習について再び書く前に、ひとつだけ、この練習の元になった本を紹介しておきます。
そもそも、究極の英語学習法 というタイトルからして、通訳訓練を取り入れた英語学習法としては元祖的な存在のひとつではないかと。当然ご存知の方も多いと思います。私は入門編はやらず、入門編ワークブックからやりました。
記録によると私がこの本に初めて出会ったのが2005年5月で、まず、現状把握・自分の弱点の認識からスタート。
使う素材は「理想の上司像について」という、わずか4分程度のネイティヴによるスピーチ。短いですが、英語の構文が非常にバリエーションに富んでおり、英検1級やTOEIC900を取ったばかりくらいの人には初見(聴)でちょっと噛みごたえがあるくらい。スピードは比較的ゆっくりです。正直私は最初、このくらいスラスラできるとタカをくくってました。

が、当時の実力診断では、やはり基本的な英語力はあるが、構文が長くなると聞き取りでは混乱する、まだ自分の言葉や実感として落とし込めていない、細部やニュアンスがとれてない、という弱点判断だったと思う。
4分のスピーチを聞くと、なんとなーくわかるけれども、リテンションやいざ訳出となると、当時はスラスラ感が全くなかった。聴いてみて「わかったつもりになっていた」ことと、実際は正しく「理解できていなかった」こと、そのギャップに気がつかせてくれた。
以来、プライドは一切捨てて、素直にこの本の指示に従って練習。もうイヤッと言うほど、何度も練習させられます。(笑)
例えばシャドウイングですが、軽く、「30回練習」なんて書いてあるけど、ひとつの教材を30回シャドウイングするのって、かなり苦痛ですよ。
ただし、私の場合、発音・イントネーション・アクセント矯正は飛ばしました(というかそれができなければシャドウイングできませんから)。それが目的ではなかったからです。ただ、英語学習初心者・中級者はやる必要があるかもしれません。
同じスピーチで、これでもか!というくらい練習を繰り返す(繰り返させられる)ので、さすがに途中で飽きて、放っぽり出したことも。これは相当根気がないと、一冊全部やりぬくのは至難の技です。(笑)
なので、当時パート2くらいまではかなりみっちりやりましたが、3以降は自分の苦手なところだけやる、とか、自分に必要な訓練を集中してやったりしました。

印象に残ったことは:
1.「やまと言葉落とし」。大学入試の受験生が書くような直訳調の英文解釈ではなく、自分の言葉に落とし込んで訳す、という。尽きるところ、通訳はこれができなきゃいけないと思うので。
2.「音と意味の一体化」、リテンションをやり込む、「細部への意識(味わう感覚)」を大切にする。これも、今実際に通訳している時、ハッと思い当たることがあります。
3.説明が非常に丁寧で、深い。同時通訳者の著者ならではの解説が満載で、いろんな意味で勉強になった。
4.基本的な練習方法がわかったので、これを他の素材に適用していけばよい、ということ。
5.「さらなる飛躍には、常に実戦を考え、実戦を想定した英語の身に付け方を意識する必要がある」、という点。

もちろん、この本だけやっても当然ですが通訳にはなれません。
ただ、この本が私にとってとても画期的だったのは、
どうやって練習すればいいのか、自分の問題点は何か、また(特に国産にとって)、どのくらいの量と回数をこなさなければ、アタマに通訳回路が作れないか、ということを体感させてくれた、という点です。
英語学習者なら、これ1冊やり込めば、かなり実力がつくでしょう。
また、ある程度英語の基礎力があると自負している方は、プライドを捨てて、このやさしいスピーチをやり込むことで、真の意味で理解する、とはどういうことかが実感としてよくわかるようになると思います。
そういう意味で、非常に良くできた本だと思います。

私も含めて通訳初心者・修行者は、あとは、ここで教わったやり方をホームベースとし、自分なりにアレンジして、他の素材でチャレンジしていけばいいのだと思います。
それが、今のRev-up の練習につながっています。
実は今でも、このワークブックのCD素材はiPod に入れていて、たまにシャドウイングやリテンションや訳出練習したりします。これを私は勝手に、「ホームベースに戻る」と言っています。
新しい素材やスピーチは毎年次々と出てくるし、今やPodcast は聴き放題。でも、たまにこの最初の練習素材に戻ることによって、自分の力が落ちていたらすぐ気がつきますし、調子がいいときもすぐにわかります。イヤになるまで練習した素材も、3ヶ月、半年、1年くらい経つと、意外と細かいところは忘れてたりします。だからバロメータとして、最初に、「自分のホームベース」を作っておくといいと思います。


Jul 04, 2009

七転び八起き

7回ではすまないくらい何度もころび、その度に立ち上がった2008年だった。正直へとへと。あれからもう半年以上過ぎたのか・・・とにかく2008年の記録を忘れないうちに終わらせようっと。
そんなこんなで(どんなこんなだ?)、とにかく現場通訳の仕事終了。

最後に関連部門全体へのプレゼンがあり、その後所属部門全体で締めのレビュー。
お世話になった部署・方々へお別れのごあいさつ。

大変だったこと、キーッとなったり自己嫌悪に落ち込んだり、いろいろ苦労もあったけれど、
それは全て、最後には報われた。七転び八起き。

というのも、最後に、アテンドしていた外国人が、「話がある」と言ってお茶を飲みながら、面と向かって
本当にあらたまって、ていねいに、お礼の言葉を言ってくれたのです。
「君がいなければ、ここでの仕事は進まなかった。本当に助かったよ。ありがとう。」って。
「以前ヨーロッパで、別の会社でやはり通訳を介して仕事をしたんだけど、その時通訳がめちゃめちゃで、さっぱりわけがわからず困った思いをした。
だから今回僕らは君と仕事できて本当にラッキーだったよ。」
ここまで言われて嬉しくない人いないでしょう。
前職を去るときも皆(ワタシは断ったのだがサプライズで)お別れ会をしてくれたりお花をくれたりしたけど、
こんなに丁寧な感謝の言葉は初めてだったので、素直に嬉しかった。やってよかった、と思えた瞬間だった。
仕事中は、まるで通訳を手下か雑用扱いしてるように感じたことも何度かあり、
カッカして、も~!とか、はぁ~とか、イライラやため息もフラストもあったはずなのだが、
今となっては全ていい思い出。全体としては、なんとか無事終了にこぎつけた。
ワタシが返した言葉は、
「こちらこそ、一緒に仕事できてラッキーだった。私は家族がいるからなかなか海外に行けない。
でもあなた方が日本に来てくれたおかげで、いろいろ学ぶことができた。
一緒に仕事ができてワタシの方こそ本当にラッキーでした。」

これでワタシにとってこの仕事はいったん区切りがつくが、彼らにしてみればまだまだ母国へ帰ってから山のような仕事が待っている。
そして日本の会社とのつながりも続いていく。だから、彼らは絶対、ここで得たつながりを断ち切るようなことはできないし、しない。
彼らのこれからも脈々と続く仕事に比べたら、通訳は、ほんの一時しか関わらない。
でもだからといって、訳をてきとーにはできない。むしろ、これで最初で最後だからこそ、誠意を持って精一杯やるしかないのだ。

一期一会、という言葉のとおり、人との出会いというのは、何らかの必然と偶然が折り重なって発生するものだ。
どんな相手であれ、そこには時間軸・空間軸で、何らかの引き合わせがあったはずだから、互いに影響を与えあっている。
どんなにいろんなことがあっても、最後は
「会えてよかった。」と、その出会いを肯定的に受け入れていきたいと思う。
じゃないと、本当に別れがつらくなってしまう。

すったもんだもあるけれど、やっぱり、人と人の間に立って、人間的な反応がある、
温かみを感じることができる、この仕事が好きだ~~!!

I hate to say good by, so see you again sometime somewhere!


追記:
当時学んだことは、また随時他のカテゴリーで書いていきたいと思います。ただ、ここでいったん08 七転び八起き?発展途上の通翻訳カテゴリーは終わらせていただきます。
転んで転んで傷だらけ。でもとにかく最後には起き上がった2008年。次のステップへ向けて、前進しよう!

« June 2009 | Main | August 2009 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!