My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« April 2009 | Main | June 2009 »

May 31, 2009

貸店舗のお知らせ

友人の依頼でこのお知らせを載せますが、私はこれで仲介手数料をとろうなどとしているわけではありませんのでご安心ください。
湘南地区に住む知人のビルの1階にある貸店舗が、テナント移転のため8月に空くことになりました。広さは136㎡(約40坪)だそうです。場所は昔ながらの商店街の一角で、周りはマンション・戸建て等の住宅街、近くに中学校もあります。大手のショッピングモールに抜ける道沿いにあるので、交通量は多いそうです。駐車場は5台分あります。以前は、ミニストップや運送会社が入っていたそうです。
興味のある方、起業を考えていらっしゃる方は、まずメールでご連絡ください(アドレスはプロフィールにあります)。折り返し詳細をお知らせします。May '09

May 30, 2009

バラエティー あなどるなかれ

通訳を目指している人は、ABC, CNN, NBC等のニュースを見て時事問題を熱く語ったりする人が多いと思う。もちろん、国際問題を意識するという意味でもニュースは必須だろうと思う。ただ、私は息抜きも兼ねて、気軽に楽しめるバラエティーを見ることがよくある。ブログにも書いたが、アメリカンアイドルやクイア・アイズなどなど。最近ではスタイリストのコンペをドキュメントしたスタイリスタなんていう番組もある。
もちろんドラマも時々観るが、ドラマの場合、脚本が非常によく練られているので、せりふに無駄がない。日本のドラマを思い浮かべてもらうとわかるが、「そんなこと日常生活じゃ言わないよ~」的な会話もあるわけだ。
それに比べると、バラエティーでは、かなり自然な状態の(時に生々しい)会話が聴ける。これは海外経験の超少ない私たちにはとてもありがたい。おっ!こんな言い方するんだ!って目(耳?)からウロコ。しかも字幕がついてると、その翻訳の巧さにもおぉ~!と感嘆したりする。録画した場合は、同時通訳を後から聴いて、これまたなるほどぉ~!と感心したりできる。

Thanks for having me. (インタビューの前に) 「今日はよろしく。」
gratifying 「充実感がある」
easy to be around 「側にいて気のおけない」
recapture fresh approach 「初心に返る」
disconnected 「集中力が切れる」
predictable 「ありきたりだ」
peer pressure (麻薬を吸った言い訳)「仲間意識」
educated guess 「カンだよ」 (これはドラマ「CSIマイアミ」より)
What goes around comes around. 「因果応報だ」 (これはドラマ「Numbers」より)

私がメモるのは、
1.日本語だったらこう言うよね、っていう巧い&簡潔な訳
2.逆に日英で「これは使える!」と思ったとき。
3.ただ単に、「カッコイイ!」と感じたとき。単純。

特に上記の中で「集中力が切れる」のdisconnected は使えます!アメリカ人なんかは一発でわかってくれる。もう何度も使った・・・ていうか、私は自分の下手な訳出の言い訳に使ってるだけかも・・・(苦笑)

現場は宝の山 2

また少し戻って去年の話。
とっさに出てこなかった&勘違いした単語に、「たんしん」っていうのがある。計測器の説明で出てきたので、「短針」かな、と思い、とっさにshort hand なんて言ったけど、その後同僚のベテラン通訳さんが、"probe" って言葉を使っているのを聞いて、アッと思い即辞書を引いたら、「(電気用語)計測用の探針、プローブ」とある。なぁるほどぉ!

それから、ブローバイ(blow-by)って言葉、この業界の方なら当然知っている用語だが、私にはピンとこなかった。で、辞書を引くと説明が書いてある。当時のメモには、「オイルの中の気化したfuelを取り出す、そのための横穴を貫通させているので、片側を fill w/ ball plug でふさぐ」と、おそらく現場のエンジニアから聞いた説明をそのまま日英チャンポンで書いている。その横に、「パチンコ玉みたいなもの!」と書いている。つまり、辞書の説明を読み、現場の人からの説明を聞いて、現物を見た印象を書き留めている。

現場では、外国人のエンジニアから、直接教わることも多い。私としては非常に助かります。だって現場で同じモノを見て、それを彼らの英語でなんと言ったら一番通じるのかが、ズバリ、わかるからです。
例えば、サプライヤーさんが部品を入れる「通い箱」ってありますね。部品を使ったらその箱はサプライヤーさんに戻すようになっています。これを、ナントカ box って訳していたら、外国人のエンジニアは、それを一目見て、"bin"と言うのです。私はゴミ箱じゃないのに、と思いましたが、彼らが"bin"と言うのですから、その後はその言葉を使いました。おそらくイギリス英語の影響ではないかと思いますが、基本的に私は、クライアント・現場の人間がわかりやすいことが一番だと考えているので、決して辞書ではこうだ、とかそんなのおかしいなんてことは言いません。彼らにはこの言葉が一番通じやすいと気がついたら、その時点で彼らの用語に合わせます。

「ラインをつなぐ」 まず日本語の解釈。ラインとラインをつなぐ、ではなく、ラインがストップしないようにする・稼働させておく、と言う意味です。で次に英訳ですが、拙訳は"make the line operating"とか、"continue the line operation"とか、"prevent the line from stopping"等、いかにも直訳調でもたついてます。すると、外国人のエンジニアは、"keep the line runnning"と。ずっとスッキリしてますよね。

もうひとつ。「貫通していること」 詳細は忘れましたが、私はこれを"penetrate" とかって言ってたと思うんです。それを聞いたエンジニア達は??という表情。あ、通じてないなと。で、その後そのモノ(部品)を見たとたん、これまた一言、"open out"と言ったのです。あぁそうか、そう言えばいいんだって。

ね、現場は宝の山でしょう?

May 24, 2009

忍びの術

ナルト流・社内(もしくは現場)通訳の心構え:
(これも去年のメモより)
  黒子に徹するべし。
  会話の架け橋となるべし。
  意思疎通の交通整理。必要に応じて交通整理。
  俯瞰の術を会得せよ。
  どこかで、これはあくまでも他人事であるとわきまえよ。サラリーマンネオ・シーズン4など見るとよろしい。

注: ちなみに、これはサスケタイプではなく、ナルトタイプ(思わず熱くなってしまったり、おっちょこちょい)の忍者が心がけることであり、生まれつきサスケタイプのクールで「できる」忍者は、もうすでに会得していることばかりと思われる。

修行が足りないってばよぉ

ちょっと話がさかのぼりますが、去年の秋の現場にて。もう半年も経っているので、詳しいことは忘れてしまいましたが、通訳としてというより、大人として社会人として絶対やってはいけないことをやってしまい、私はしばらく落ち込んでいました。その時のメモ書きを見つけたのでそれを元に、反省と自戒を込めて、ここに書いておきます。

社会人として見苦しい行為をやってしまった・・・。本人達の前で深ーくため息をついてしまった。
いくら話が長時間に渡り疲れていたとはいえ、いくら双方のコミュニケーションがうまくいってなくてイライラしてたとはいえ、やはり本人達の前で聞こえるようなため息をつくのはまずかった。
一生懸命やっても、どうしても自分たちのほしい情報がとれない、もらえない場合があるし、自分たちの納得するような説明を相手がしてくれないときがある。単に言葉の問題ではなく、情報の出し方というか、説明の仕方が違う場合、双方が真意を隠してわざと伝えるポイントをずらしてしまうような場合、どうしてもフラストレーションが生まれる。また、「いくら言ってもわからない、何度言っても通じない」状況になってくると、通訳者のフラストも徐々にたまってしまう。心の中では、「さっきも同じ事聞いたし、今度も同じ事答えてるよ~!!」「それ(その説明)じゃ通じないよ~」と、叫びまくりなのだ。
でもでもでも、やっぱりため息はまずいっしょ。

今思い出すと、やっぱり人間修行が足りてなかったです。
当時はとにかく一生懸命だったのですが、ほぼ1日中通訳していて、やはり時に頭がカッカすることもあったのです。ここが真のプロとの差でもあるのですが、駆け出しの場合、首を突っ込んで一生懸命やってしまうと、突き放して客観的に見ることができなくなったり、本当にムキになってしまったりして、冷静さを欠いてしまうことがあります。その点、ベテランの方々を見ていると、実に冷静に対処されている。もちろん一生懸命というか、誠実に訳出されているのだけれど、どこか引いてる感じで、決して激したりしなさそう。

ちなみに、これまで自分の経験と他人の行動を見て、社会人として、これはやってはいけない見苦しい行為だと感じたワースト3は、
1.怒りをあらわにする、キレる
2.本人の前で(聞こえるような)ため息をつく
3.舌打ちをする

自分が何のためにそこにいるのか、誰のために働いているのか、よーく考えたら、絶対に上記のような行為はとらないはずです。
相手が理不尽だと言って怒り出したり、舌打ちをしたりするような時というのは、自分のことしか考えてないときです。だから怒りをあらわしたり、ため息をついたり舌打ちをしたりすることで、相手がどれだけ不快に思うか、といった想像力が全く欠如してしまうのです。

でもこうやって、失敗をして、自分でも内心「あ~まずい、次からは絶対にしないようにしよう。」って思っても、またカーッとなったりムキーッとなったりすることもあって、いやあ、この時ほど、自分の未熟さを思い知らされたことはありませんでした。「ふん、ナルトよ、まだまだ修行が足りんぜ。」

May 10, 2009

四字熟語から

明鏡止水
(くもりのない鏡と静かな水、との意味から)
邪念がなく、静かに澄んだ心境。

一意専心
他のことに心を動かされず、ひたすら一つのことに気持ちを集中させること。

知者不惑
賢者は物事の道理をわきまえているから、判断に迷うことはない、ということ。

どれもナルトの忍術修行に必要なものばかりだ・・・・・
スポンジではなく鏡、持続的集中力、即断即決

木の葉隠れの里

Home, sweet home とは言えないかもしれないけど。(小声で)やっぱり産んでよかった!!
毎年カーネーションとカードをくれるのでいつも携帯で写真を撮るのですが、これまでずっと切り花(2本とか)だったのに、今年はなんと鉢物!(バージョンアップ?)だったので記念に。うまくアップロードできるといいのですが。Sorry, I don't want to brag this, but I am just happy.

Carnation_10may09

Thank you, sons!

追記: 鉢物は長持ちしますね。つぼみが開いたのを、またパチリ。

Carnation_18may09

息子達よ、すぐ怒ってしまったり疲れてグッタリしてしまって、全然いわゆるいい母親ではないけれど、それでも母は嬉しいぞ。大きな声で言うのは恥ずかしいからこっそりここに書いておくけど、君たちは私にとって幸せの源であり、天使であり、宝物であり、元気の素なのだ。ありがとうね。この花に恥じぬよう生きたいと思う。

森林浴 新緑と風と光と

山へ森林浴に行ってきました。
電車や地下鉄、コンクリートの建物やPC、とにかく人工的なモノに囲まれて毎日を過ごしていると、無性に自然の中へ行きたくなるのです。

新緑の香り、風も光も心地よく。
お昼を食べた後、木陰で寝っ転がると、森の緑と空の青、聞こえてくるのは鳥の声だけ。
木々の緑が風に揺れて、木漏れ日も揺れる・・・

ふと、背中の下の大地を感じ、空を見上げていると、
太古の人々も、こんなふうに空を見上げて、同じように風や光を感じたんだろうか・・・
なんて思いをはせてしまいました。
時々、太古の人々と同じ大地を感じて、同じ空を見ているんだ・・・と思うと、人間がもっと原始的だった頃を想像して、おおらかな気持ちになって、なぜか少し安心します。
大地や森、森がはぐくむ生き物、湧き水に触れていると、
自然の恵みを直に感じることができることを本当に嬉しく思い、水や自然に恵まれたこの国に生まれたことを感謝せざるをえません。
また同時に、地に足をつけて生きていくことの大切さを、思い出させてくれます。

時々は、自然の中へ。Return to innocence.

« April 2009 | Main | June 2009 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!