My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« March 2009 | Main | May 2009 »

Apr 26, 2009

これってどう言うの?

日英通訳していると、ハタ?と困ってしまうことがよくあります。駆け出しの頃はしょっちゅう、「えーっと、これってどう言えばいいのかな・・・」と、内心冷や汗ものの状況に出くわします。その時は、素知らぬ顔をして、その場で思いついた訳でしのぎますが、どう考えても洗練されてなかったり、もっといい訳がないのかな~という思いが残る場合は、できるだけ会議や話し合いが終わった直後に、即、調べておきます。それでも、電子辞書や英辞朗に載っていなかったり、単語レベルの問題ではない場合もあるわけで(むしろそっちの方が多い)、そういう場合も、とりあえず日本語だけメモっておきます。というのも、ニュースやドラマやバラエティーを見ていて、偶然、似たような表現に出くわすことがあるからです。そういうときのためにもメモっておく。

わからない、困った、というのは、都度メモっておいて、できれば表現を調べておき、また次に同じ表現が出てきたときに、今度こそ、スッキリと訳出できるようになっておきたいものです。
日英は、国産は日本語はほぼ100%わかるわけですから、訳出も同等のクオリティーで100%出してあげたい、というのが私の願いです。しかし意外にも苦戦を強いられるのは、やはり英語の表現力不足。それでも日英はどうしてもきれいに出したい、相手がわかるように訳したいので、自分で使える表現を引き出せるようにしておくために、地味ですが、やはり使える表現を増やしていくようにするしかないと思っています。
考えてみたら、すごく日本的な話し方をしてくれる人は、ある意味、すごくいい出題者、でもあるわけです。

去年の現場でとったノートより、ナルトの「これってどー言うの?」:

粒がそろう
全部そろっています

徹底する
心と心のふれあい
落とし込む
カン、急所

xxに対する意識が高い・低い
いいとこ取りをする
とらの巻

ものさし(比喩的な意味で) 別々のものさしで評価される

続く To be continued

Rev-up #1

このタイトルは、私のiPodのプレイリストのタイトル。
Rev-up というのは、エンジンの回転数を上げることなんですが、私にとって「お口のラジオ体操」。

若い方なら、何もせずいきなり会議に入ってもスラスラ訳せちゃったりするのでしょうが、私のトシだともう、朝、アタマがぼーっとして、エンジンがかかりにくい状態のまま何もせずに会議に入ろうもんなら、とんでもない目にあいます、経験上。あ、やっとアタマが動き出した・・・と感じる頃に会議終了、なんて情けない思いをしたことが社内通訳初期の頃何度もありました。なので、朝一、といってもたいていは電車の中ですが、頭のエンジンの回転数を上げるためにナルトがやっていることを、恥ずかしながら紹介します。別名、前頭葉のウォームアップ。
恥ずかしながら、というのはですね、内容が中学生レベルの超やさしいものだからです。それをこの年で電車の中でブツブツ(もちろん小声で、電車ががんがん走ってるときです!止まってるときは黙る)・・・でも社内通訳をやりだしてから、口の周りの筋肉を動かしておくことの大切さを認識したので、かれこれここ1年以上はやってるかな。

Rev-up は全部で5種類あって、今日はそのうちの基礎の基礎、クイックレスポンスですが、通訳用と言うよりは、とにかく脳みそに早く目覚めてもらうための練習を紹介します。使用している音声は、

「晴山式 英語速答700問ドリル 基礎体力編―1日10分 英語が口からポンポン飛び出す!」のCDです。

出てくる英文は全て、中学生レベルで短く、指示も、疑問文・否定文をを作ろう、とか、英語で足し算・引き算してみよう、とか、とにかく簡単ですが、ただ、スピードを要求されるので、まごまごしてると答えを言われてしまいます。瞬時に反応する訓練にはちょうどいいです。量が多いので、以前は全部やっていましたが、最近は練習用に適宜抜粋してプレイリストにしています。最後の方になると、複文・重文を作ったり、仮定法の文を作ったりしますので、簡単ですが、スピードアップの練習にはいいです。

読みもやさしくたくさんから積み上げるのが大事というのは実感でしたので、クイックレスポンスも、ある程度レベルを下げて、大量にやる必要があると感じました。内容が超やさしいと、スラスラ感が生まれます。このスラスラ感を、キープするよう努めるわけです。
これからも、少しずつですが、ナルトの基礎の基礎練習を紹介していきたいと思います。

Apr 18, 2009

国産通訳ナルトの課題

最初タイトルを、国産の課題、と書いたのですが、それじゃあ、クルマだか牛肉だか大豆なんだかってことになるので、あえて書き換えました。そう、帰国子女や両親どちらかが非日本人でバイリンガル、インターナショナルスクール出身者、留学経験者、長期駐在経験者の方々は、あまりにも自然に身につけているがゆえに、気がつかない国産通訳特有の課題をお伝えします。まあ、私の個人的な悩みを、どうやって克服していったらいいか、ということにもつながると思います。ですから帰国子女や留学経験者、上記該当者の方々、スキップしてください。

たくさんあるのですが、まず初回は(って、何回続けられるかわかりませんが、一応カテゴリー作ったんで)、
☆ネイティブの小・中学生・高校生なら当然知っている単語・言い回しを知っているか、言えるか?☆です。

通訳だったら業界の専門用語を事前にたたき込んで、それこそ現場で日本人とネイティブに現物を見ながら教えてもらいつつ、その専門用語をものにしていく、と思うでしょ?もちろんそうなんですが、国産の場合、それ以前の問題があります。
たとえば、
「対角線」とか、「台形」って言葉が出てきて、パッと英語で対訳出てきます?
「千鳥格子」は?
「xx札(ふだ)」は?
「表面がケバだつ」の「ケバ」は?

これ、別に専門用語ではないですよね。専門用語をたたき込む前に、国産通訳がやらなければいけないこと、それは、ネイティヴの小中学生が学校の算数や理科や社会で習う語彙を入れておくことだと思います。そんなの当たり前じゃない、と思われますか?でもこれは意外に落とし穴です。
ナルトこと私は、18歳になるまでガイジンのガの字にも会わないようなド田舎で育ち、初めて会った外国人は、大学の英会話、英作文の講師の米国人でした。小中高の基礎教育は全て日本語で入っています。だからものすごく基本的な単語の英語を知らなかくて、アセったりする。

次男が中学にあがってから、一緒にラジオの基礎英語1や2を聴いているのですが、遊園地にある「観覧車」って言葉が出てきたんですが、なんていうか知ってます?私はこの年になって初めて知りましたよ。

対策としては、
1.都度、辞書を引いてたしかめる (当たり前すぎますかね?でも積み上げですから)
2.向こうの小学生向けの教科書を読む、ティーン向けの雑誌などを見てみる
3.アニメを日・英で見る(最近は時間がなく見ていませんが、昔はセサミストリートやディズニーのアニメなど子供と一緒に見てました。単純で効果的な言い回しが参考になります。)

よく、ボキャビルの方法として、新聞・タイムなどの雑誌に特化したボキャビルブックや時事英語単語本で勉強してる方も多いと思うのですが、それと平行して、小中学生レベルの単語を入れておくことも必要かと。それもあまりマニアックでない、ごく普通の言葉。
もちろん私自身、まだまだ覚えてないというか、とっさに言い換えられない言葉は多く、冷や汗をかくこともしばしばです。それから、自分のアタマに音での入力がない単語は、聞いたときにもピンとこないので、見れば知っている単語でも気がつかないことがあります。英語のimmersion/exposure の量が圧倒的に少ない国産にとっては、もう永遠の課題かもしれません。

話はちょっとそれますが、「ガーゼ」は、英語ではgauze なんですが、これもその場で調べて発音記号通りに言ったのですが、ノンネイティブには通じなかった。結局、'thin cloth' でわかってもらえたみたいです。やさしい言葉をさらにやさしい言葉で置き換える、こんなことも時には必要です。

現場は宝の山

去年の秋に行った現場。
朝早くから夕方遅くまで、通勤往復4時間かけて、家事の大半を夫にやってもらわざるをえないという罪悪感をかかえてまで、通う意味はあるのか?答えは、ある、だ。少なくとも私にとっては。

あるビジネスセミナーで、「自分がワクワクすることをやりなさい。」と。そして、
「自分の将来の夢を実現するために、今現在目の前の仕事に迷ったら、こう考えなさい。その仕事が、自分の将来の目標に近いかどうかで、決めなさい。おいしいかどうかで決めちゃダメです。おいしくなくても、少しでも自分の将来像に近い方を選びなさい。」と。

通勤がラクで通いやすく、待遇も良く(つまりおいしい)、でも一日中デスクに座っているのは、自分の将来の目標に近くなかった。
満員電車にもまれ、駅から20分近く汗だくになって歩いて通って、時給は安くなって(つまりおいしくない)、でも一日中通訳できるのは、将来の目標に近づく第1歩だと感じた。これは直感だった。

現場は宝の山だ。
机やPCにかじりついているだけでは得られないものがたくさんある。
学校や勉強会にはない緊張感とプレッシャーの中で訳出しなければならない。
でもそれ以上に、現場が好きなのは、皆がそれぞれの持ち場で、本当に真摯に「働いている」からなのだ。

三ゲン主義という言葉があって、ゲンバでゲンブツを見てゲンジツテキに判断する、という品質保証の要となる考え方なのだが、まさにこれこそ私に必要なことだったのだ。
世の中には、自分の知らないことも知らない言葉もたっくさんあるということを知った。
国産通訳の課題にも気がついた。自分の言い回しのクセや、ゲンバで訳しながら直そうとしたことなど、これから少しずつ、書いていきたいと思う。早く記録しておかないと記憶が薄れていくし。

Apr 16, 2009

Gift

友人からおしえてもらったYouTubeです。とにかく一回見て(聴いて)みてください。いるんですねえ、こんな人。
アメリカンアイドルのイギリス版。

http://www.youtube.com/watch?v=9lp0IWv8QZY&feature=related


連日の疲れから、なかなかブログを書けないでいますが、思わず皆さんに知らせたくなってしまった。
なんだか、ものすごく勇気づけられました。アメリカンアイドルのシーズン7はすんごく良かったし、今のシーズン8も時々見てますが、なんだか、このビデオには言葉では説明できないものがあります。

Apr 04, 2009

リニューアル

予告: 4月から、リニューアルに伴い、ハンドルネームを改名します!いつまでもヒヨコのままだと、「駆け出しだから」という甘えにつながって、ヒヨコ状態から抜け出せないような気がするからです。新しい名前?今いくつか候補を検討中。4月になってからのお楽しみということで。Mar '09

というわけで、いよいよ新ニックネーム公開です。
ヒヨコ改め、ナルト、です。
ヒヨコのままだといつまで経っても飛べないような気がしたのと、マンネリを打破したくなったからです。
クールで斬れる通訳者を目指したいのですが、なかなか自分に対する甘さが払拭できず、ここはやはりエネルギー充填という意味でも、また、自分にハッパをかけて、ブレークスルーへ向けて追い込みをかけるという意味でも、新たな目標、次なるステージへ向けて気合いを入れ直したい。
そのためにも、中だるみになっている通訳修行のアプローチを見直していきたい。
目指せ!通訳力UPのトルネード!

« March 2009 | Main | May 2009 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!