My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« November 2008 | Main | April 2009 »

Mar 29, 2009

録画するのはいいけれど

昔に比べると、ここ数年で、ケーブルに加入したこともあり、TV番組を録画するのが非常に簡単になった。なんせあのVHS(ビデオテープ)やDVDの時代を経て、今やハードディスクに直接録画できるんですもの。なーんてラク。予約リピート設定もいろいろできるし、デジタルだから、録画しながらさかのぼって最初から見れちゃったりするので、とにかく便利。というわけで、TVをあまり見ない長男以外、家族は録りたい番組を録りまくっている。しかも2番組同時に録画できるので、次男のアニメと親が見たいドキュメンタリーが重なっても、どちらもしっかり録れる。わーい。

ただ、ここで新たな問題が。
録りまくるのはいいんだけど、それを見る時間がないっっ。もしくは、見る時間を作らなきゃいけない。

ちなみに、ワタシが予約録画しているのは、以前はフレンズだったんだけど、終わってしまったので、今は次の番組。
NHK 視点論点
NHK 海外ネットワーク
CNN Daily Show (ニュース番組のパロディー・コメディー)

ダンナは、もっぱら24とかLOSTとか、他にもアクション、スリル&サスペンスものをよく録っている。
共通で楽しんでいるドラマは、
House (ドクターハウス)、
Numbers (天才数学者がFBIと事件を解決)、
Glay's Anatomy (若きインターン医師達の青春ドラマ)
などなど。シリーズが新しくなったり、放送時間が変わったりして、最近ワタシはあまり見てない。

あと、予約はしないが、気になるニュースがあるときは、単発的にABCや CNNのニュースを録っておく。勉強のために、後からプロの通訳を聞き直そう、という思いで。

録画するのはいいけれど、1時間番組なら1時間どこかで作って見なければいけない。たとえばジムやバレエに行くのをあきらめてでも。
しかし本来、忙しいから録画しているので、考えてみたら、その1時間を作るのが結構大変だったりする。結果、ワタシだけが見てない番組が蓄積されていく・・・・・
今日は久しぶりに、録画した海外ネットワークを3回分見た。でもこれ去年の11月から今年の2月頃のもの。
タイの空港占拠、イラクの選挙、イスラエルの総選挙、ロシアの輸入車関税引き上げ、イラン革命30周年など、なんだかちょっと「なつかしい」話題ばかり。ほんの数ヶ月前なのに。
この番組は、海外情勢をざっくり知るには非常によくまとまっており、情報収集のために録画し始めたのだ。45分番組だが、やはりこうして後からまとめて見るよりは、都度見ておいた方がいいような気がする。その時の旬な話題も、3ヶ月経つと、そういえばそういうこともあったなあ、みたいになるし。
録画するのはいいけれど、定期的に時間を作って、さっさと見ていかないと、録り溜めても見溜めはできない。他にもいっぱいやることあるから。
ご利用は、計画的に。だな。

なぜ書きたくなるのか

Feb '09の予告より:
「近いうちに、希望的にはできれば毎日、またブログを更新していきたいと思っています。ただ日々あまりにも忙しく、記録をつける暇さえ惜しい!のが問題です。読みたい本も山ほどありますし、チェックしなければいけないこともたくさんあります。だらだら書くくせをやめて、15分で切り上げるようにするとか、100字以内で書くとか、何か工夫しないといけませんね。でも、「書きたい」気持ちは以前からあるので、個人的な記録になると思いますが、またログを再開できればと思います。こうご期待?? 」

実は、特に誰かに期待されてもされなくても、書きたくなる理由が発生している。最近。
もちろんこれまでの職場でも通訳者には守秘義務が課せられていて、都度サインしているので、当然詳細を書いたり話したりすることはできないし、プロとしてはやってはいけない。
今回の仕事は、しかしこれまで以上に、社内的にも社外的にも極秘事項・機密事項・時にデリケートな事柄を扱うことが多く、当然ながら、My lips are sealed. なのだ。
昔から、口が堅いことには自信があるので、その点は大丈夫。

でもでも!しっかーし、である。
大体通訳になりたいなんて言う人は、どこかしら、おしゃべり(が好き)な人が多くないですか?
かくいうワタシも、もともと、おしゃべりして発散するという女子特有の気質からか、人とのコミュニケーションに飢えていたからか、翻訳だけやっているとアタマがおかしくなりそう、やっぱしゃべんなきゃ、というわけで、通訳の仕事もやりだしたわけですが、これがまた、人の話や意見をひたすら訳すだけ。
そう、自分の意見を言えないのです。当たり前と言えば当たり前なのですが、慣れるまで結構苦しい。
自分の言いたいことがふっと頭をよぎっても、それを蹴散らして、人の意見を訳すのです。

だから、気が合う同僚の通訳さんがいると、休み時間などにひたすらおしゃべりしまくるわけです。あーでもないこーでもない、通訳の苦労話や時事問題、文化の違いやコミュニケーションの難しさなど、いかにもな話もしますし、全く関係ない家族の話や相手の恋バナや買い物の話なんかもします。自分の意見を言えて、聞いてもらえるって、楽しい!みたいな勢いで。
ただ、今回、残念ながら苦労を分かち合える同僚通訳がいない。もちろん社員の同僚はいますが、皆それぞれ役割分担があり、ワタシもまだいろいろと学ぶべき事が多く、ただでさえ忙しい彼らに迷惑をかけたくないし、そこまでぶっちゃけて話せる感じでもない。
となると、小さなワタシの頭の中は、通翻訳した機密事項で一杯になり、それを社外はもちろん社内の人にも話すわけにもいかず、溜め込んでしまうのです。もちろん、詳細はどんどん忘れます。訳した先から忘れていく。だから、そんなに内容を覚えているわけではないのです。
なんていうか、溜め込んでしまうのは、内容ではなくて、好きにおしゃべりできないという、ストレス。

そう、だからそのカウンターバランスとして、書きたくなるんでしょうね。
ブログを書く目的は、最初の頃は、通訳トレーニングや受験の記録を残すこと、自分で自分を励ますこと、だった。
けど最近それプラス、自分の言葉で、頭の中のゴチャゴチャを整理しておきたい、ただ単に発散したい、おしゃべりしたくて書いてる時もあります。
というわけで、ワタシのおしゃべりにつきあってくださって、ありがとうございます。
もっと簡潔に書けるようになりたい!といつも思っています。

Mar 11, 2009

2008年 読書記録 (2)

2008年自主勉強のテーマは経済と書いたけれども、平行して、仕事に関係あるもの、それから全く関係ないものを読んだ。当時の同僚だった通訳者達の読みを思い出すに、これがまた三者三様で、興味深い。うち二人はワタシと同じ国産。一人は必ず日経新聞を丹念に読んでいた。学校の先生から、少なくとも日経に書かれていることは、理解できなければいけない、と言われたらしい。もう一人は、かなり難解な科学読み物(日本語・または邦訳、ちなみに分厚いのが多かった)を読んでいた。あと一人は、日本で生まれ育ってはいるが、幼少期からずっとミッション系の学校で、英語やフランス語が当たり前な環境で、自然に身に付いたと言っていた。さらに留学経験ありなので、英語はものすごく自然。彼女はいつも、ロマンス系のPBを読んでいた。

この尊敬すべきかつての同僚通訳者達の読み方は、今でもワタシの中で都度思い出される。
日経は経済知識を理解し、仕事でクライアントと同じframe of referenceを維持するために必要、科学読み物は、ロジックを追いながら理解する力を養うことができる、PBの速読は外国の文化・歴史に触れ、自然な英語の表現が身につく。

というわけで、前回の続き。
秋口は仕事がかなり忙しくなり、新聞を読むのもままならない状況が続いた。疲れて電車内でさえ読めない日々。。。

10月~12月 新書
技術の伝え方 畑村洋太郎 ☆☆☆☆☆ おすすめ。技術者だけでなく、ものづくりに関わる全ての人に読んでほしい本。
日本人の技術はどこから来たか
世界を制した中小企業
ものづくりに生きる
品質管理の基本
品質管理のカイゼン入門
戦略的思考の技術
グローバル経済を学ぶ ☆☆☆
あなたの話は、なぜまわりくどいか
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 ☆☆☆☆☆ あえて説明する必要はないベストセラー。遅ればせながら読んでみて、なぜベストセラーになったのかがよくわかった。身近な例で、経済のしくみや会計学がわかりやすく説明されている。面白くて、印象に残った1冊。

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める 築山 節  ☆☆☆ 
脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める 築山 節  ☆☆☆ 
この2冊は、お医者様が書かれたものなので、実用的かつ説得力あり。意外にも、実行していることも少しはあり、チョット嬉しい。でも新しい発見もあり、時々読み返したくなる本。

Paperback
H.R.H. 友人に借りたロマンスもの
The Shop on Blossom Street ☆☆☆ こういうのを読むと、米国の映画やドラマの脚本の巧さは、こういうタペストリーのような物語を書けるライターがいる裾野が広いのかなと思わせられる。非常に読みやすい。
2007 Best Short Stories まだ全部読み切っていない。やっぱり文学作品系は、難しい。読みごたえあり。

うーん、他にもあったかもしれない。思ったほど読めなかったというのが正直なところ。特にPBは、計画では1週間に1冊のペースで読まないと、身長の2倍に到達しないのだが(しかもそのペースで読んでも2年近くかかる計算)、ぜんっぜんそのペースで読めてなかった。ちなみに、これらの本以外に、ネットからとったニュース記事などはコンスタントに読んでいた。特に金融・経済中心。ただ、ニュース記事以外に、いろんな種類の文体やロジックに触れる必要があると考えていたので、日本語ではとにかくいろいろ読むようにした。
さて、効果のほどは・・・・・?

時間がないので今日はここまで。

Mar 10, 2009

2008年マイ・テーマ&読書記録

もう過ぎてしまったが、一応、昨年2008年の自主勉強テーマは、ずばり、「経済」だった。
昨年の3月頃、友人のpさんとサイトラや逐次の練習をしていて(通称カフェ練)、サブプライムがらみの経済・金融関係の記事をいくつかやってみたのだが、これが全然うまくできない。英語の問題と言うよりも、基本的な経済・金融の知識が全く足りないことからくる理解不足。なんだか一応訳してはいるけれど、人にはそのまま聞かせられないような日本語で、練習だからと割り切ってはいたものの、録音していたら、きっとうなだれていただろう。それまでも、そういう思いは何度かしていたが、その場限りで終わってしまい、何ら進歩がなかった。

そこで、ワンテーマ学習、というか読書を思い立った。
工業英検1級をとっていたので、技術関係の次は、やはり、「経済」。
ちょうどサブプライムや金融危機の問題もあったけれど、何より私たちの生活全ては、経済と密接に絡んでいる。これを一度きちんとやっておく必要があると思った。ただ、大学の経済学部に入り直している時間的・金銭的余裕は全くない。ということは、自分で本を読むしかない。

で、記録によると6月頃、以前読んだ超初心者向けの経済学の本(マンガ)「超入門ゼロからスタート」の中で、推薦されていた本を、いくつか選んでアマゾンで購入。読み切ったものもあれば、ざーっと一読しただけ、部分的によんだだけのものもある。ちなみにこれ全部日本語か、邦訳。知識を入れるのが目的なので、母国語の方が早いから。まず日本語で理解することが先かなと。いずれにしても、一気に読むのは難しく、相変わらずパラレルに数冊ずつ。難しくてどうしても無理、と感じたら、軽い新書などにスイッチして読んでみた。以下はそのリスト。
「日常生活を経済学する」 フリードマン
「まんがDE入門経済学」
「ゼミナール国際経済入門」
「ゼミナール国際金融入門」
「マクロ経済学講義」(これは昔買っておいたもの)
「ミクロ経済学戦略的アプローチ」
「現代アフリカと開発経済学」
「開発経済学入門」
「開発経済論」

7月
「貧困の克服」 アマルティア・セン この本はダンナが持っていた本。期待せずに読んだら素晴らしくて、「こういう本が読みたかった。」と思えた。おすすめ。
「クリティカル・シンキング」 まあまあ。2p読み切りになっているので、読みやすい。
「財政学から見た日本経済」 ダンナが持っていた新書。

8月~10月 洋書多読月間(でもないか・・・) レベルの易しいものからちょっと読みごたえのあるものを、アマゾンのベストセラーランキングを参考に。
Charlie and Chocolate Factory ロアルド・ダールを原書で。笑える。
the Giver 考えさせられる。
Holes 面白い!人気があるのがわかります。
Hush Money これ探偵もの。面白い!

続く

Mar 06, 2009

Passion

ブログ再再々?スタートにあたり、2008年の総括とか、読んだ本や自主トレなどなど記録しておきたかったのだけど、2009年も既に3月に入り、やはり気持ちは日々の業務や暮らしと連動しているので、どうしても今、感じていることを、書きたくなってしまう。2008年の記録(特に後半)は、前後するけれどもいずれぼちぼち出していこうかな。

というわけで、今日会議中、ふとヒヨコのアンテナに引っかかったのは、'Passion'という言葉。

ワタシは昔から、あまり熱い人間ではない。どちらかというと、ぬるい方。
ただ、時々、自分の好きなことに打ち込む時があって、そういうときは、端から見ていると、普段とのギャップからか、「ヒヨコのどこにそんな情熱があったのかねえ」などと言われたりしていた。
けれども子供を育てていく段階で、そういう若い頃わずかにでも持っていた何かに打ち込むということはあきらめざるをえなくなっていた。何かに没頭したり、一つのことに打ち込んだりしていたら、育児はできない。同時多発的に起きる様々な事に対応しなければならない。自分の中のエネルギーやリソースを、適宜分散させる必要があるのだ。

以前見ていたダンスアイドル("So you think you can dance")という番組の中で、ダンスの素質がある少年を引き取って養子として育て、実際にトップ4に残るほどの素晴らしいダンサーに育てあげた母親に、「こんな素晴らしいダンサーを育てる秘訣は一体何?」という質問に、彼女が一言、"Passion!"と答えていたのが印象的だった。秘訣っていうと、なんだかtips みたいなちょっとこざかしいことを思い浮かべたのだけど、その女性は堂々ときっぱりと、"Passion!"と言い放った。彼女のダンスに対する姿勢と傑出したダンサーを育てあげた自信が、この一言に凝縮されていた。

Passion と聞いて、燃えるような情熱を思い浮かべる人も多いだろう。例えるなら、キャンプファイヤーで見るような大きく燃えあがる炎。
でも最近、ワタシの胸によぎるのは、まるでろうそくの炎のような、小さいけれど、めらめらとは燃えてはいないけど、静かに、絶えることなく、ずっとそこにある炎。
ビジネスをやるにしても、芸術にしても、やはり情熱を持って取り組むことが大事なのだろう。
でもその情熱は、一時的なもので終わってはならないのだ。
情熱を持ち続ける、それこそが大切なのだし、当然エネルギーを必要とするから、情熱の火を絶やさない方が、難しいのだ。
よく考えたら、それって、仕事、結婚生活、子育て、全てに言えることではないか。

帰りにバスの時間待ちのために立ち読みした雑誌にも、偶然、「情熱」という言葉が使われていて、それが目に飛び込んできた。一日に2回も同じ言葉を耳にし、目にする。これって、何かのサインじゃない?

♪離さない    このまま 時が流れても   ひとつだけ   小さな赤い火を   守り続けていくよ   喜び 悲しみ 心ゆがめても   寒がりな二人をあたためて   無邪気なままの熱で♪

昔聞いたスピッツの「スカーレット」という曲の出だしが印象的で、この曲は、恋仲にある二人の、これから育てていくであろう愛情を、「小さな赤い火」に例えている。
当時も、今も、すごく共感できる。
恋愛だけではなく、何か物事に対する情熱というのは、爆発的・一時的なものもあるのだろうけど、
大概そんなに大げさである必要はなく、小さくても持続させる炎、その火を消さずに持ち続けること、これも、ひとつのPassionなんだろうな。
「情熱」や'Passion'とは無縁、ほど遠いと思っていたワタシだけれど、「小さな赤い火」ならば、持ち続けることができそうな気がする。そう、それを思い出させるための、サインだったんだ。

Mar 04, 2009

HLT ダイアリー

何かの本に、小さなワクワク体験やうまくいったときのことなどを、書き留めておくとよい、とあった。小さなハッピー体験と、感謝の気持ちを言葉にして書きためていく。そうすると、あ~ら不思議、なぜか次から次へといいことが起こる、そうな。
単純なワタシは早速、記録によると昨年2008年6月、それまで無機質なノートばかり使っていたけれど、気に入ったデザインの小さなノート(表紙が透明なアクリルで下のきれいな水色が透けて見える)を購入。
このノートには、決してネガティブなこと・悲観的なことは書かない。
このノートに書き留めるのは、
よかったこと。嬉しかったこと。うまくいったこと。ワクワクしたこと。ひらめいたこと。そして、
感謝すること。感謝の気持ち。
だけ!!
名付けて、"Happy, Lucky, & Thanks ダイアリー"略してHLT ダイアリー。

たとえば、2008年6月某日は、
朝、駅まで歩いた。(エクササイズできた)(時々バスに乗るので。)
10:00am-12:30pm ウィスパ通訳(←突然言われて入ったけど、髪洗っておいてよかった)
Bと話せた。
Bは帽子を取ってきてくれた。(ワタシが忘れたおニューの帽子)
お礼にクッキーをプレゼント。
今日は、ものすごく頭がスッキリして、冴えてる感じ!

家族みんなで焼きそば&スープ。家族で食事できる幸せに感謝。
NHKスペシャル「マネーの流れ」見た。学ぶこと多し。感謝。

プラス、この日着ていた服まで記録している。(ウエブ上ではナイショ)

こうやって、小さなハッピーとラッキーの発見を少しずつ積み重ねていく。
そうすると、本当に小さなことにもハッピーを感じる体質に変わっていくような気がする。

このダイアリー、毎日書いていたわけではなく(そんな暇もなく)、それでも時々は書いていました。いつも思うのだけど、手帳にしても、こういうハードの方が、PCのように開けて立ち上げて、っていう手間がいらないから、とにかく歯磨きしながら立ったまま書いたり、ちょこちょこっと、ささっと書けるところがいいんです。
でもこれはプライベートなものなので、これ以上ウェブで公開するのは控えます。
でも、今にして思えば、この頃から、人をうらんだりねたんだりすることがほとんどなくなったような気がする。
小さな感謝の積み重ねが、今につながっているのかもしれない。すべてのことに感謝。
Happy, Lucky & Thanks の連鎖、ぜひお試しあれ。


Mar 01, 2009

スポンジではなく、鏡

再スタート1本目。
どうしてもこれだけは心に留めておきたいこと。
前の職場で時々感じたし、今の職場でも感じること。
通訳者は、スポンジじゃなくて、鏡であるべき。
注: 「模範」という意味の鏡ではありません。「反射鏡」に近いかな。

特に双方感情が激してきた時など。間に立つ通訳は、
両方から感情を投げられるので、たとえば、
「そうじゃなくて、これこれこーなんだ!angry
「いや、こちらは事情がこれこれこーなんだから、できないっつーの!(`ε´)」
通訳するときに、こういった怒りの感情をまともに吸収してしまったら、もう大変です。
以前ほどすくんでしまったり、一瞬たじろいでしまったりすることは最近はないですが、
それでも訳出した後なんだかいやーな感情を吸い込んでしまうことがあります。
そうすると、後でドドーっと疲れが出てきます。
もしくはそのネガティブな感情を一人悶々とかかえてしまったり。
だから、、
反射鏡のように、いえ、まさに反射鏡になって、
言葉だけを反射させて相手に投げるのです。
人の感情まで吸収してたら、ほんと身が持ちません。
反射鏡、もしくはフラッシュメモリーのごとく、
言葉をサッササッサと跳ね返していくのです。

とはいっても、それはほら、人間だから、そうも言ってられなくて。
発せられる言葉というよりその感情に反応してしまう自分がいるわけで。
内心オロオロしながら訳してるときもあるわけです。
自分に感情ぶつけられてるような気分になるときがあって。
でも、冷静に考えたら、やっぱり当事者同士の問題であるべきで、
自分がそれに振り回される必要はないし、それでよけいな神経がすり減るというのも困ります。
マシンのように冷徹に、能面のように無表情に、ホレイショーのようにクールに、
淡々と淡々と訳しましょ。

« November 2008 | Main | April 2009 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!