My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 駆け出しのジレンマ | Main | 念願だった夢が »

May 07, 2008

10年前と10年後

10年前の「ればたら」を言っても、またダンナにしかられるだけなので、
10年後に、同じこと(「やっぱりあの時練習しておけばよかった・・・。」 )を言わないように、今度こそ、注意しなければなりません。

翻訳をやったことは、子育ての両立のためには必要なことだった。
(実際とても助かりました。翻訳は納期さえ守れば、自分で量をコントロールできるので、学校の行事にも出ることができましたし、休みも取りやすかった。通訳だと時差の関係で夜の会議等に出なければならないので、子供が小さいうちは絶対できなかったでしょう。)
と、自分を納得させつつ、子供も大きくなり、今度こそ、時間を大切にして、やるべきことをやっておこうと心に誓うのでした。

10年ひと昔、って言いますが、
この10年間で、ワタシってば何もやってないんじゃないか、全く何も成し遂げていないんじゃないか、と悲観的な気分になるときも実はあったのです。でもでもでもね、
10年前の自分と、今の自分を比べたら、少なくともここ2,3年の自主トレその他のおかげで、英語力だけは、伸びているのです。つまり、年をとってもやれば力はつくということ。やらねばそのままか、落ちるだけだったでしょう。また、当時まだ幼かった次男をかかえ、いつかは社会復帰するゾと心に誓っていましたが、それが現実となり、保育園の送り迎えと仕事と家事でそれはもう綱渡りかジャグラーのような生活を送り、よく人にも冗談で、「そのうちいつか道ばたでパタッと倒れるかもしれない。」なーんて言ってた時期もありましたが、それも過ぎ、二人の子供達もだんだんと成長し、思い切って通訳の仕事にもチャレンジし、仕事にも恵まれました。
それを考えたら、男の人や、女性でもキャリアを着々と築いている方々に比べたら(人と比べること自体無意味ではありますが)微々たる進歩かもしれないですけど、形になっているもの(肩書きとか名誉)は何一つないけれども、それでもワタシにとっては、やはり10年前(の自分)に比べたら、進歩しているといえます。
だから、次の10年も、進歩していたい。今度こそ、後悔したくない。
そのための、小さな一歩を、今、歩んでいるのです。

« 駆け出しのジレンマ | Main | 念願だった夢が »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75103/41128008

Listed below are links to weblogs that reference 10年前と10年後:

« 駆け出しのジレンマ | Main | 念願だった夢が »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!