My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« April 2008 | Main | November 2008 »

May 07, 2008

10年前と10年後

10年前の「ればたら」を言っても、またダンナにしかられるだけなので、
10年後に、同じこと(「やっぱりあの時練習しておけばよかった・・・。」 )を言わないように、今度こそ、注意しなければなりません。

翻訳をやったことは、子育ての両立のためには必要なことだった。
(実際とても助かりました。翻訳は納期さえ守れば、自分で量をコントロールできるので、学校の行事にも出ることができましたし、休みも取りやすかった。通訳だと時差の関係で夜の会議等に出なければならないので、子供が小さいうちは絶対できなかったでしょう。)
と、自分を納得させつつ、子供も大きくなり、今度こそ、時間を大切にして、やるべきことをやっておこうと心に誓うのでした。

10年ひと昔、って言いますが、
この10年間で、ワタシってば何もやってないんじゃないか、全く何も成し遂げていないんじゃないか、と悲観的な気分になるときも実はあったのです。でもでもでもね、
10年前の自分と、今の自分を比べたら、少なくともここ2,3年の自主トレその他のおかげで、英語力だけは、伸びているのです。つまり、年をとってもやれば力はつくということ。やらねばそのままか、落ちるだけだったでしょう。また、当時まだ幼かった次男をかかえ、いつかは社会復帰するゾと心に誓っていましたが、それが現実となり、保育園の送り迎えと仕事と家事でそれはもう綱渡りかジャグラーのような生活を送り、よく人にも冗談で、「そのうちいつか道ばたでパタッと倒れるかもしれない。」なーんて言ってた時期もありましたが、それも過ぎ、二人の子供達もだんだんと成長し、思い切って通訳の仕事にもチャレンジし、仕事にも恵まれました。
それを考えたら、男の人や、女性でもキャリアを着々と築いている方々に比べたら(人と比べること自体無意味ではありますが)微々たる進歩かもしれないですけど、形になっているもの(肩書きとか名誉)は何一つないけれども、それでもワタシにとっては、やはり10年前(の自分)に比べたら、進歩しているといえます。
だから、次の10年も、進歩していたい。今度こそ、後悔したくない。
そのための、小さな一歩を、今、歩んでいるのです。

駆け出しのジレンマ

これは今私はチョット反省しているのですが、あまりにも翻訳仕事を長くやりすぎてしまったなと(しかも同じ業界で)。
10年前、自分には通訳は無理だろうと思い、完全に諦めて、翻訳の仕事をやっていました。
でも、そんなに決めつけず、諦めずに、仕事は無理でも、勉強もしくは訓練を続けていれば、もうちょっとよかった(何とかなった)のかな、とも思います。
というのは、翻訳に比べて、通訳は、生身の人間がしゃべる言葉を訳さなけばならないので、一見簡単そうですが、いろんな知識・経験豊富な人たちが話すこと、その真意を瞬時に正確に汲むことのできる、高いコミュニケーション能力が必要だと思うのです。
それは一朝一夕に身につくものでもなく、やはり相当 場数を踏む必要がある(その中にはいろいろ失敗も含まれるけれども)ということに、今さらながらというか、 実際現場で悪戦苦闘してみて、痛感させられるのです。
書いてあることを何度も読み返せて、じっくり訳文を練ることができる翻訳との大きな違いは、やはり生身の人間が、生の言葉で語ることを、それが論理的であれ、思いつきであれ、支離滅裂であれ、とにかく瞬時に訳出するという、反射神経と理解力が必要です。しかも、これは机に座って身に付くものではなく、様々な人のいろんな考え方や話し方に接して、試行錯誤しながら身に付くもの、という気がするのです。
まだ駆け出しの私は、人前で訳す、というだけでも緊張の連続です。
でも緊張しすぎると、相手の言うことがわからなくなったり、不要なミスもしてしまいます。
そうならないためにも、たくさん練習するか、現場で場数を踏むしかないわけです。
でも下手な人にはなかなか仕事は回ってきません。だから駆け出しはジレンマに悩むわけです。
(続く)

メリハリのきいた訳出

が、できるようになりたい。(切望)
時間を惜しんで進行する会議で、しかも情報が大量に流れて、重要な点を見極めながらポイントを外さないようにウィスパで訳す(主に日英)。
駆け出しの私にはかなり難しいことです。大体まだまともに同通の訓練を受けたこともありません。必要に迫れれて仕方なくやってます。
どうしても、壁紙を貼るときに使うローラーのような、ベターッとした直訳調になりがちです。
全くメリハリがないのです。
それから、ポイントを外すと、どんなに他をグダグダ訳しても、「要は一体何だ?」ということになります。

常々、これではイカンなあと思ってはいたものの、何せ会議中はその辺は流してしまいがちでした。
アタマの回転数を上げて、瞬時に話者の言いたいことを汲み取って訳す、(日本語でも英語でも)、私にはかなり難しいことです。
訳すには訳したけど、本当は話者の頭の中に、
「これをこういう目的のために使いたい(使うつもりだ)。」という本音のようなものがあった場合、それを知らなければ、ベタッとした訳にしかなりません。もし知っていれば、それを補って訳すことができます。通じやすくもなります。
自分の知識で補いながら訳す、そちらの方がメリハリの効いた訳になるのでしょうか。
ただ、どこまでそれをやっていいのか、疑問もあります。
また、自分の理解度が、エンジニアと同じレベルではないと、やはりどうしようもない。
上手い人は、同じ発言を聞いても、その意を汲み取るというか、理解の仕方が違うのです。
(続く)

動詞をとる、またはリテインする

逐次の練習をしていて気がついたこと。
英日は、聞こえたキーワードだけ書き取っても、やはり動詞を落とすとキツイ。
悲しいことに、動詞だけ全くとれてないことが最近よくある。(!!!)
スピードと聴解力の問題もあるだろうが、あまりにもとれていなくてガックリ。
動詞と、その前後ひっくるめて覚える訓練が必要。
とりあえず、集中して動詞だけ、メモる練習をしてみた。
しかし、動詞が簡単な場合、また前後の語彙と結びついて意味を成す場合、動詞だけ覚えてるってわけでもなく、チャンクごとのイメージで残す場合もある。
それから、短か過ぎて聞き取れない(もしくは聞き逃す)場合、2回3回聞くとわかるので、やはり1回で集中してとれるようにする。
動詞が知らない単語だったり、聞き取れなかったりする場合はツライが、スクリプトがある場合は必ずチェックして、その語彙自体を覚えるべく、音読やシャドウイングで頭に音と意味をインプットする必要がある。
スピーチや講演会で使われる動詞というのは、この先も出くわす可能性が高いと考え、こんなの知らないなどと言っている場合ではなく、とにかく音と意味を叩き込む。
ただ、逆に言うと、動詞さえきちんと見つかれば、意味を瞬時にとりやすいので、やはり大事だということも判明。
動詞を探すような聞き方をしたほうがいいのかも。
主節が長い場合や挿入句が入る場合は、動詞が出てくるまで、我慢して聞くとか。
長めのチャンクで聞いていく必要あり。ただその場合も、忘れないようにどうメモるかがポイント。

« April 2008 | Main | November 2008 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!