My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« March 2008 | Main | May 2008 »

Apr 28, 2008

人と比べない

人と比べている限り、幸せにはなれない。
幸せは、自分自身で感じるものだから。
明らかに頭も良く家庭環境にも恵まれ、物質的にも恵まれている人たち(そして私は時に彼らをうらやましく思い)の中に、なぜか幸せではない人がいるようなのだ。あーもったいない。
どんなに恵まれていても、ないものを数え続けている限り、どんなに頭が良く理性的な人でも、幸せを感じることはできないようだ。それは常に人との比較において優劣をつけているから、上を見ればきりがないし、いつまでたっても充足感は得られない、ということなのだろう。
自分は自分でいい、と思えるか。
今あるもの、今恵まれていることを数えることができるか。

幸せでいることで、さらに幸せを引き寄せることができるとも思う。

練習できることの喜び

忘れないようにしよう。
子供達が小さかった頃、勉強したくてもできなかった頃、
子供のお昼寝中に時間を盗むようにして勉強したこと、
時間がなくて泣きながら勉強したこと。

今も時間がないとはいっても、本を読む十分な時間がない、という程度で、
あの頃に比べたら、練習しようと思えばできる環境になっている。
昔できなかった、自分のやりたかったことができる。
こんなに恵まれていることを、忘れないようにしよう。
助けてくれる家族がいることに感謝しよう。
健康でいられることに感謝しよう。
支えてくれる人たちがいることに、感謝しよう。

「泣いてもしょうがないから。」

泣いてる場合じゃない!ヒヨコ、卓球の愛ちゃんに学ぶ。
自分の失敗や能力のなさを嘆いて、勝手な涙を流すのはもう止めよう。
「泣いてもしょうがないから。」
試合で負けると泣いていた卓球の愛ちゃん。ある時から、負けても泣かなくなった。その理由を聞かれて答えた言葉がこれ。彼女は幼い頃からそれこそ国内外で百戦錬磨、勝つことも負けることも経験してきた。
そんな中で、実力とともに、冷静さや精神的な強靱さを培ってきたのだろうか。
今、彼女の目は、もう幼い頃のような甘えは残っていないようにみえる。

実力をつけるにはどうすればいいか、考えてみよう。
百戦錬磨。

Apr 27, 2008

最初の一歩

先日友人と話していて思い出したのだが、初めて人前で通訳したのは、かれこれ15年以上前。
たぶんガイド免許とりたてで、まだまだ実力的には低かった頃。
ボランティアで、地元の青年会議所が主催したレセプションの通訳をした。
ボランティアだったから、もちろん無給。でも応募してきたボランティアの通訳はたくさんいた。
当時のワタシ、実力低いから、怖いもの知らず。
(出席者はアジア・オーストラリアの人が多かったような気がする)
その時、マイクを渡され、「へ?ワタシがやるの?」なんて感じで、
えーい、ままよ、と一か八かでやっていたら、だんだんテンションが上がったのを覚えている。
子育て中だったから、何か少しでも人(社会)の役に立ちたい、という気持ちが強く、無給でも仕事ができただけで嬉しかった。

誰にも、最初の一歩があるのかもしれない。

最近では翻訳でお金をもらうようになって、通訳でもいただけるようになった。
社内通訳をやり始めてしばらくした頃、名前ではなくて、「通訳さん」と呼ばれて、ドキッ!としたこともあった。
通訳に関しては、もちろん自分はまだ駆け出しで、内心、まだまだまだだ~!!できない!!下手だ!!と思っているけれども、周りはそう思ってはいない、というか、見てくれないかもしれない。
お金をとってる以上、ちゃんと仕事しろよーって、思ってるだろう。
そりゃ、逆の立場から見たらそうですよね。

昔のように、単に英語が好き、じゃすまなくなってて、好きを通り越して、
プロとしての自覚を持って練習せねば。
やはりお金をもらってやる以上、今のままじゃまずいよなあ。

Apr 21, 2008

in the evolution process

会議中間違いをやらかしたことは、後から知ったとはいえ、一応エンジニアには、遅ればせながら、「ごめんなさい」メールを送った。すると、次のようなメールが送られてきた。いろんな意味で驚き、印象的だったので、記念に。

Hiyoko-san,
We know that your job is very hard. Most of the time is very difficult to understand a discussion even if in our mother language; image in a different one.

Do not worry about mistakes. Mistakes mean that we are trying to do the best and also means that we are in the evolution process.

One suggestion for your improvement is to "make questions always" when you are in doubts (to A, or B (社名) engineers). As much as we understand the subject as much as we improve our knowledge.

Just to take this opportunity, I have to say also I am sorry, because some times we are deep involved on the subject and we need a fast solution from A as soon as possible. Seems we are asking you an answer; but we know it is not your fault, we know the negotiation with A is hard. So I am sorry too.

Thanks and it was very helpful to have this exchange of opinion between us.

このエンジニアは、以前も私がオロオロしていた時に、"Don't worry too much. You are just in the process of improvement." と言ってなぐさめて?励ましてくれた。自分もネイティヴじゃないから、英語を完璧には話せない、とも。ところで、その時はYou are in the process of improvement と言ってくれたのだけど、上のメールでは、in the evolution process になってる。正しいかどうかは置いておいて、こういう表現って、前向きな感じがして、いいですよね。もちろん、この優しさに甘えてはいけないと思っています。決して、間違ってもいい、といっているわけではないのですから。ただ、それを長々と引きずったり、悩みすぎてもいけないのかもしれません。一番いいのは、これを教訓にして、次に活かせることですよね。ヒヨコ、進化の途中です。

間違いに気がついたら、潔く直す

「すみません、間違ってました。訂正させてください。」と言えるということ。

先日、同僚が、「ヒヨコさん、この前(ある情報を)逆に訳していたよ、それでその後(別の場所で)ミスコミになってたよ。」と教えてくれました。
私は、そういえば、その辺のことをきちんと理解しないまま訳していたことをふと思い出し、心の底から申し訳なかったなと思いました。
通訳が正しく理解してないと、全く余計な混乱を招いてしまいます。(本来議論されるべきこと以外のことで混乱が生じてしまう。)
この同僚が以前(来てすぐの頃)、QAかコメントの途中で自分の訳の間違いに気がついて、
「すみません、間違ってました。訂正させてください。」と言って、きちんと言い直した時、
間違いに気がついたこともスゴイし、それを皆の前できちんと言い直したのも、スゴイことだなと思ったものです。
私は自分が何と訳したか、すっかり忘れてしまっていることもあるので。つまり、理解があまりにも表層的で、深く理解していないと、言ったことを全く覚えてもいないのです。(ひどいですよね)本当にごめんなさい、です。
人によっては、「流暢であれば多少ずれていてもそちらのほうがいい。」という人もいれば、「正確に出さなければダメ。」という方もいます。もちろん、正確で流暢に出すのがベストでしょう。
けれど、もし間違いに気がついたら、即、訂正できる、ということも大切ですね。
おそらく私の同僚は、きちんと深く理解していて、日ごろからそのことで自信もあるからこそ、きちんと訂正することができたんだと思います。
そういう意味では、やはりレベルの高い人と組ませていただくと、いろいろと勉強になります。
もちろん、間違わないように、話の内容をもっと深く理解する必要もあります。これは私にとっては当面の課題ですね。

Apr 20, 2008

being parents

卒業式の前後に、ある駐在エンジニアと子育てについて話していて、その方は3人育てて、うち上の二人はもう社会人。思い切って、子育てというか親業で何が大切だと思うか聞いてみた。すると次のような返事がもらえた。経験に裏打ちされているだけあって、私にはとても説得力のある内容に感じたので、皆さんにもご紹介したい。
Hiyoko san,
One thing for sure, being parents is a very difficult task and no one has the right formula or knowledge.

We always have internal conflicts to balance what we would like them to be versus what they really want to be. Of course in certain things they may not know it because they have not lived long enough to know and there is when we can help them to understand or at explain our point of view. Some times is difficult but you have to let them do some of the wrong things in order to allow them to learn from themselves.

You asked the following questions:

What do you think is the most important thing(s) in raising children?
To listen to then an understand who they are and what they want. Then provide the appropriate support that they may need.
Like with the animals in the nature, you protect and teach them when they are little and later help them to become independent as they grow.
Another important thing when they become teenagers is to remember that we were one once and made mistakes, this will help you to be a little bit more tolerant. There will be moments that they will try to challenge both of you and if you make them to decide you will see that they will came back for help.
One of the hard task is to always keep track where they are and what they are or will do.

Do you and your wife have any policy or principle about educating them?
I believe that first husband and wife should be united and in agreement all the time. Remember the husband and wife couple came first and children after (later in life the couple will be alone again). Also is very important to lead them with your examples. Like you mentioned at one time you mentioned that you would like them to help others so you do it first and then have them participate as you do
Teach them the moral principles and to always tell the truth.
I believe that they will project their future based on your relationship with your husband. If they see both of you happy, they will look in life for a similar thing.

One thing for sure is that does not matter how good other families looks, they have their issues somewhere as well. Also in every country the families have their own challenges to overcome.
I believe that the good times that you have with them are always treasured. They always remember how we used to play or do things with them.

I consider the life as an adventure and we have to go for it. Also most of the time we have only one chance in life to be able to do what we want. If they embrace this concept they may look for challenges in life.

Sorry for the long email but I hope it helps somehow.
Regards,

すったもんだ

詳細はもちろん書けないのですが、あることで社内(日本の会社)のエンジニア数名の間で、メールが飛びかっていました。駐在のエンジニアにもccで入っているので、彼はよく、私に日本語のメールを訳してくれと頼んできます。この時は、何かのトラブルとミスコミが重なって、かなりメールも険悪な雰囲気。一旦数件を訳したところで、さらに、追加のメール数件が送られてきたようです。その時駐在員が使った言葉がこれ。
The saga continues.

うーん、と私はうなりました。こういう英語、私は出てこない。すったもんだが続いてるね、ってことなんですが。さりげなくこういう表現使うんだから・・・。
というわけで、考えてみたら、仕事上で出会う、面白い表現、気の利いた表現、使えそうな表現、結構あるんですね。気がついたら、できるだけアップしていきたいと思っています。

need intensive training more

「三冠達成しました。2004年秋期の通検2級、2007年秋期の工業英検1級、同期の国連英検特A級と、念願だった三冠を、やっと達成することができました。(この三冠は、以前、植田一三先生が、ご自身のHPで、この3つがあれば、英語のプロとして通用するとして挙げていた試験で、英語のやり直しを始めた頃に、ヒヨコが掲げた目標です。) 
詳細は、またブログに書いていきたいと思います。とりあえずは報告と、長い間応援してくださった皆様、励ましてくださったり、支えてくださった全ての方々に、感謝の気持ちを伝えたいと思います。
ありがとうございました。ブログは続けますので、気長に待っていてくださいね。」

上記はは今年2月、お知らせの欄に書いた文ですが、あらためて調べてみると、三冠に関する私の記憶がいかにいいかげんだったかということがわかりました。ので、ここで訂正させていただき、お詫び申し上げます。
詳しくは、植田一三先生のIES School of Communicationのサイトに、英語運用力ランキング表の説明と、資格三冠の説明がありますので、そちらをご覧いただいた方が、誤解がないかと思います。ただ、私は、このIESというスクール?に通ったこともなければ、何か指導を受けたことがあるわけでもなく、数年前にたまたま、このサイトを知り、ここでの運用力ランキングを、自分の目標設定に、参考にさせていただいたものです。
あらためて見ますと、この9ランクの中で私はまだまだランク5=プロレベル初段ですよ。上からも下からも真ん真ん中。まだまだ発展途上ってことです。でもこれは私の実感とかなり近いものがありますので、信頼できるランキングだと思います。

もうひとつ、最近見つけた実力レベル分けをご紹介します。残念なことに、URLを控えておりません。ごめんなさい。なので以下はコピーしたものです。これも英語のスキルアップのスクールか何かのサイトだったと思います。

Level 8 (The Advanced Level)
英検1級、通訳ガイド、TOEIC960点、TOEFL270点、通訳検定2級、工業英検1級、国連英検特A、ケンブリッジ英検CPE、欧米大学院修士号取得などを目指して勉強し、そのうち資格3冠クリア。実用英語教育&出版、通訳、翻訳などのプロに多いレベル。まだまだ伸びるので気を抜かずに頑張るべきレベル。1日2.3時間のシステマティックな集中的トレーニングを行い、Level 7(the Advanced Level)からさらに約1年(800~1000時間)かかる。洋画・CNNの理解度は約60%、タイム・エコノミストの読書スピードは約250wpm。

Level 9 (The Upper-Advanced Level)
英検1級、通訳ガイド、TOEIC980点、TOEFL280点、通訳検定2級、工業英検1級、国連英検特A、ケンブリッジ英検CPE、欧米大学院修士号取得などを目指して勉強し、そのうち資格5つをクリア。Level6と同じく英語教育&出版、通訳、翻訳などのプロに多いレベル。資格試験にパスしたことに満足せず、自分の日本語と英語の運用レベルとのギャップを考えて、真のバイリンガルを目指して精進すべきレベル。1日2.3時間のシステマティックな集中的トレーニングを行い、Level 8(the Super-Advanced Level)からさらに約1年(800~1000時間)かかる。

Level 10 (The Master-of-Art Level)
英検1級やGREの英文ライティングやスピーキングや日英翻訳を教えたり、上級者向けの英語学習本を執筆したり、洋画字幕翻訳者、同時通訳者、英語ニュースライター、英字新聞ライターなど英語のプロとして活躍できるレベルで、アーティスト(達人)としての真価が問われる域。Level 9以上はスキルUPプログラムがないので、プロとして活躍し、Level 10を目指して自分のスキルを向上させるためにあらゆる努力をして自分を磨き、Level 9 (the Professional Level)からさらに3~5年の修行(職業なので1日に8時間以上はやっている)、つまりプロとして活躍してから約7,500~10,000時間)が必要。

こちらも、プロも含めてのレベル分けなので、書かれているコメントなども、共感できるものがあります。私はこの中では、Level 8の三冠とLevel 9の五冠は一応、クリアしたことになります。しかしまだまだ上があるのは百も承知。コメントの中の、
「資格試験にパスしたことに満足せず、自分の日本語と英語の運用レベルとのギャップを考えて、真のバイリンガルを目指して精進すべき。」
「1日2.3時間のシステマティックな集中的トレーニングを行い」
「自分のスキルを向上させるためにあらゆる努力をして自分を磨き
「さらに3~5年の修行が必要。」
部分的にでも、このブログで使っている言葉と同じ言葉が使われているのが印象的です。これらのコメントは、まさにヒヨコのために書かれているのではないか?と思われるほど、慢心を戒め、かつ諦めずにスキルを磨いていくことの大切さを思い出させてくれました。もう、三冠とか五冠とか、そんなことにはこだわりません。資格試験はあくまでも目安であり、通過点としてとらえるべきだからです。今回は、自分に対する、また同じようにがんばっている方々への励ましのコメントとして、上記掲載させていただきました。


Apr 06, 2008

So you think you can....?

"So you think you can dance" 踊れるって思ってるわけね、君は?
「アメリカン・ダンスアイドル」っていう邦題、全然ニュアンスが出てないし、なんだか番組のレベルの高さに全く合致しないタイトルで、非常に不満ですが、この('07)秋冬、(自分の練習そっちのけで)最もハマッてしまったのがこれ。歌は歌でよかったけど、ダンスのコンペはさらに素晴らしい! 電話練習の相手の方に薦められて見始めたのだけれど、トップ20から絞り込んで、トップ4で決勝。いやぁ、見応えありました。
このくらいレベルが高くなってくると、ただ(技術的に)上手く踊れるのは当たり前で、ダンスによって人の心をつき動かしたり、感動を与えたりすることができると、審査員や会場のスタンディングオベーションに迎えられます。もちろんその陰には、満身創痍になるほどの厳しく激しい練習をしているのですが・・・。ステージではその苦しさが微塵も出てこず、ただただ素晴らしいパフォーマンスに圧倒されてました。
審査員から出てきたホメ言葉もいろいろで、"Ridiculous!" "Outstanding!" "Crazy" 等々・・・
これぜーんぶ、絶賛のバリエーション。やっぱり生の英語は面白い。米国人と英国人でも微妙に違うしね。

自分の専門ジャンルの壁を越えて、様々なスタイルのルーティーン(振付け)に挑戦するわけですが、
ふと、これで通翻訳バージョンをやってみたら面白そうだな、なんて思いました。
So you think you can translate/interpret? Huh? みたいな・・・(笑)
いろんなジャンルの与えられた課題に、次々と挑戦するとか・・・
いや~、でも本当にこんなのやったら、「いえ、で、できません。無理ですぅ~」なんつって逃げ出しそう(笑)。
あ、でも通検の1級は、それに近いものがあるかも・・・。
なんせ、何のトピックが出るか、その時になるまで全くわからないんですから。純粋に実力勝負ですよね。
そういう意味では、やっぱり次に目指すべき山なんだろうか。
Yes, I think I can...何でも訳せます!って胸張って言えるようになれるといいなあ。

(以上、'07年冬に記録)(以下、本日記録)
秋期の二次通過者は7名、うち最終合格者は2名だったようです。年間で計4名。まさにトップ4ですね。素晴らしい。尊敬してしまいます。
どうしたら、一定の時間集中して、情報をこぼさず正確に訳せるようになるのでしょうか?
本人が本来持っているポテンシャルが高いのでしょうか、日頃の努力がものをいうのでしょうか?
ダンスのように若さが利点となるのと違い、通翻訳は積み上げるものもあるので、そこがせめてもの救いです。

道は遠く、険しいけれども

概要がわかればなんとかなるかというと、そうではない、というのが今回の教訓。
時事問題でもなく、スピードもそんなに速くなく、難しい言葉は一切使われていないので、逆に
日本語の訳出の洗練度が問われる試験だったと思います。
試験に出たのはほんの一部でしたが、友人との練習で私は一度全部訳したはずなんですが・・・
それでも及第点がとれないというのは、耳からだとまだまだ情報を落としたり誤訳したりと実力が足りてない。
また1級は、(2級と違って)解釈できればよし、ではなく、
解釈できるのは当たり前で、いかにお客さんに聞いてもらえるか、品質の高い訳を出せるか、をみるのでしょう。
日英も、細かいところが雑になってしまい、やはりスラスラ出せないところがあった。
うーん、道は遠いなあ。 しかも険しい。

でも、偶然とはいえ、こういうこと(知ってる題材が出題されたこと)もあるんですねぇ・・・。
めったにないと思いますが。やはりmimyさんとのプチ練習のおかげです。
ありがとう、mimyさん!

ところで、このブログを読んでくださった方、また、同じように通検を受けられた方、
一緒に練習しましょう!という方がいらっしゃったら、ぜひコメントください。
こういう練習方法が効果ありますよ、等のアドバイスなどもありましたら是非お願いします。
励まし・応援のコメントも大歓迎です。

「皆さんは、新しい」???

考えられる原因としては、
1, びっくりするやら嬉しいやらで気持ちが舞い上がってしまい(声が震えた!)、一部情報を落とした&誤訳した。
2. 悪いクセだとわかっているのだが、相変わらず訳を言い直してしまう。聞いている側は聞きづらいと思う。
3. 1級の英日は、単に「英文解釈」ができればいい、というレベルではなく、もっと高い、「訳出の品質」が問われるのだと思う。
例えば、訳しながら自分でマズイな~と思ったのは、 ジョブズが、3つ目のテーマとして「死」を取り上げるところ。
"Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away." といった文章で、
落ち着いて考えれば、また、卒業生に向かって話していることを考慮すれば、
「今まさに若い(卒業したばかりで新社会人となる)皆さんですが、しかしいつかは(そう遠くない将来)皆さんも年をとり消えてゆくのです。」
といったような流れだと思います。アセリもあったでしょうが、私はなんとこれを
「皆さんは、新しいのです。しかしいつかは年をとり死ぬのです。」とやってしまいました。なんですか、この日本語?(笑) 「皆さんは、新しい」???
高校生の訳文ならいざしらず、やはりプロがやってはいけない訳です。

もうひとつ覚えているのは、intuition の訳出で、「自分の直感を信じて生きていってください。」というところも、
最初うっかり、「自分の本能に従って」と言ってしまい、直後にあっ違う、と気がつき、急いで「直感を信じて」、と言い直したのですが、
本能と直感じゃあ、ぜんっぜん意味が違いますよね。(笑) 
これは気がついたからまだしも、
こういうレベルでのミスというのが、他でもありえたわけです。
内容が素晴らしいスピーチだけに、不注意なミスで、スピーチが台無しになってしまいます。

というか、このブログを書くにあたって、もう一度原稿を探し出して抜粋部分を読み直したら、
うわー!間違ってる!情報落としまくった!ことが新たに判明。
全くトホホな訳出だったみたい。これじゃあ落ちますわな。
おーいヒヨコ、タマゴに戻るか?

心臓バクバク・・・で自滅

通検1級二次 受験記
'07年春季は受験せず、秋季のみ。工業英検1級二次から1週間置いた12月16日。
ちなみにこれは逐次で訳をテープに吹き込む試験です。
英日はスティーヴ・ジョブズのスピーチから抜粋。
日英は深刻化する30代のうつ。

英日は、最初耳を疑いました。だってこれ、ネットで入手可能なんですよ。
スティーヴ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式で行った、それは感動的な素晴らしいスピーチです。
友人からおしえてもらっていたので、このブログでも紹介したことがあります。
テープの声が流れてきて、「やっぱりこれジョブズのあのスピーチだ!」とわかったら、
もう心臓がドキドキ・バクバクしてしまって、舞い上がってしまった。「ウソでしょ?」
そんな、誰もが入手できるネタを試験に出していいんですかぁ?という素朴な疑問が湧きました。
だいぶ前に、プチ練習でやってもらったもので、時間がたっていたので細部はすっかり忘れていましたが、概要は頭に入っていました。
当然ですが、試験用に抜粋&編集してありました。
大好きなスピーチで、一度聞いたことがあるんだから、絶対訳せる!とも思いました。
がしかし!
結果は不合格A。またしても玉砕です。
(続く)

« March 2008 | Main | May 2008 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!