My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« サードチャンス | Main | 君が運んでくれた幸せ »

Mar 22, 2008

卒業式の喜びと涙

すみません、続くと書きましたが体験記をチョットお休みさせていただき、今回は次男の小学校卒業を記念するエントリーとさせてください。
3月19日、次男の小学校の卒業式でした。
職場のエンジニアに「どの息子さんの卒業式?youngest one?」と聞かれて、(二人しかいないんだけど、)そうだと答えると、「Oh, your last baby.」と。そう、そうなんです。まさにそうなの。二人目は、迷いに迷って、生む(というか持つ)決心をした最後の赤ちゃんです。最初は、夫も私も、子供は一人でいいと思っていました。でも、どうしても「もう一人いた方が自然ではないか」という思いが頭を離れず、しかし仕事を中断しなければならないジレンマと、年が離れるとひとりっ子二人みたいになっちゃうかも、などという懸念がありました(それは杞憂に終わりましたが)。
結論から先に言うと、やはり二人産んでおいてよかったと思います。仕事をする必要がなければ、もしくは経済的に余裕があれば、子供はもっといた方がいいとさえ思います。年が離れると二人一気に育て上げることはできませんが、その代わり上の子が面倒を見てくれたりして、助かった部分もかなりあります。幸い男の子同士だったので、おもちゃなどはそのまま使えましたし、一緒に遊んだりケンカしたりしてました。次男は赤ちゃんの頃からお兄ちゃんの友達の中に入って明らかにみそっかすなのに、自分も同じ事ができるんだと思い行動していたようなふしがあります。ライバル心を持ちながらも兄をどこかしら慕っているような、そんな感じでした。
最近は、ゲームばっかりやってどうすんの、なんでこんな漢字を全然覚えてないの、もっと字をきれいに書きなさい等々、口を開けば小言になっていましたが、よく考えたら、スイミングでどんどん進級して今では家族の誰よりもよく泳げるようになっていたり、学校のマラソン大会で12位になったりと、本人がガンバっていることもたくさんあるのです。お手伝いも、前は言われてやっていたけれど、最近は、言われなくても動くようになりました。
もっと、本人「丸ごと」認めてやらなきゃなあ、と思います。まだまだ親業の修業が足りませんぜ。

そう、子育ては、究極の、「『自分の思い通りにならないこと』を受け入れ、折り合いをつける方法を学び鍛錬する」体験です。そういう意味では、私にとって子育てというのは、精神的に大人になるために必要だったのかもしれません。(子育てを経験してなくても、精神的に鍛錬された、大人な人はたくさんいますし知っています。神父さんみたいに家族を持たずとも、ずっと精神的に成熟している人がいるのも知っています。なので子育てが精神的な成熟に万人に絶対必要だというのではなく、「私にとって」ということです。)

卒業式が、喜ばしい、でも涙涙になるのは、「よくここまで育ってくれた」という思いと、これまでの自分の葛藤をなんとか乗り越えてきたというミックスされた思いがあふれるからでしょう。
式が終わった後、「卒業を祝う会」で、卒業生全員の現在の写真と1年生の頃の写真がスライド上映されたのですが(制作してくださった父母会の方々に感謝!)、それを見ながら、またさらに、笑いと涙があふれてきて、(他のお母さん達も皆、)本当にemotional な一日となりました。

« サードチャンス | Main | 君が運んでくれた幸せ »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75103/40602128

Listed below are links to weblogs that reference 卒業式の喜びと涙:

« サードチャンス | Main | 君が運んでくれた幸せ »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!