My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« September 2007 | Main | March 2008 »

Feb 26, 2008

幸せのヒント

幸せになるんだ、って、まず決めてしまいましょう。

でも、日々の生活・仕事・子育てで、悩んだり、落ち込んだり、クヨクヨしたり。
「ヒヨコさんでもそういうことあるんですか?そうは見えないですねー」と言われることもあるのですが、
いえいえ、ワタシは凡人。聖人ではありません。
もう、しょっちゅう自分の醜さ(人をうらやんだり、ひがんだり、不安をおぼえたり)に気がついてはガックリ。
いかに自分の気持ちを立て直すかに苦心しておりますですよ。

そんな時、ふらっと訪れるページがここ。
幸せのホームページ

心が疲れたら、ちょっと立ち寄りたくなる、こんなHPをいつかワタシも目指したいのですが。
幸せって、心の持ちようなんですよね。
健康で、愛する家族がいて、好きな仕事をやらせてもらえる。
辛いことがあった日でも、寝る前に、
自分が恵まれていることを数えたり、幸せを感じた出来事を思い出すようにしたら、
本当に幸せな気分で眠れます。
何もない、と思えるような日でも、無理やり、5個、「よかったこと」「楽しかったこと」「幸せな気分になったこと」を思い出すようにします。
Be happy and Sleep well.

計画倒れと歯磨き化

もうずっと以前に、自主トレのために自分で月ごとにテーマを決め、計画を立て、ノートに実際は何をやったか記録していたことを書きました。このブログも、そのノートの記録を元に書いていたこともあります。
 ところで昔中学生だった頃、中間・期末試験前になると、試験勉強の計画表を書かされました。私はなぜか、「計画だけはスンバラシイ!」(担任の先生)ものを立てていたようで、100%の実行が伴わないのが常でした。それでも50%くらいはやっていたのかなあ?全くやらなかったわけではありませんが、いつも予定通りにはこなせていなかったような気がします。ただ、塾にも予備校にも通っていなかったため、誰かに指導してもらうのではなく、自分で見通しを立てて、自分でやるしかなかった。自分の弱点を補強するようなメニューを作っていたような気がします。
その頃から「三日坊主」「計画倒れ」だったような気がします。ヒヨコの原点?

今思うに、計画を立てているときは、何となくウキウキして、いろいろ欲張って、盛り込みすぎるんではないかと。しかもそれで「やったつもり」になって満足してしまうという。
もちろん、仕事でも、プロジェクトごとに綿密な計画を立てることはどこの会社もやっていることで、規模こそ違いますが、「計画を立てる」ことで、目標をはっきり意識し、見通しを立て、気合いを入れることができるという面もあります。
ただ、計画を立てただけで満足し、日々の忙しさに結局流されてしまい実行が伴わないのでは、意味がないですよね。

ふと気がついたら、2007年の4月16日頃、プツッと、この自主トレ記録(ノートにつけていたもの)が、途絶えたのです。
それまでは、例えば1月のテーマは「流ちょうさと記憶保持力アップ、メモなしで出す練習」、とか、2月は「Exposure を増やす、多読」「Make steady efforts」とか、3月は「定着するよう工夫する」「精度重視・スピード重視で素材を分ける」、4月は、「ぐっすり眠ってスッキリ目覚めて、音読多読」なんて具合。日にちを縦軸に、日々のもしくは1週間ごとに、大体何をやったかを記録していました。
しかし4月以降、月別テーマも日々の記録も、全くつけてない!のです。
これにはいくつか理由があります。

ひとつには、仕事が忙しくなったせいもあったのですが、計画をのんびり立てていられなくなった。計画を立てる時間自体が惜しくなってきた。
ふたつめ。テーマが大体いつも同じ事の繰り返しになってきた。金太郎アメ状態。精度を上げる、だとか、リテンションアップ、多読、なんていうのは、この2年間何度も繰り返したので、結局自分の求めているものは同じじゃん、ということなのだった。
そしてみっつめ、これは自分でも驚いたのですが、小さな自主練(音読だとかサイトラだとか)は、もう生活の中に組み込まれつつあったからではないかと。
そう、歯磨き化現象です。
つまり、壮大な計画は立てなくなった代わりに、
小さな自主トレをひとつでもやらないと、きもちワルイ(歯磨きしないで寝るのってきもち悪いでしょ?)と感じるまでに、いつのまにか習慣になっていたのかもしれません。

それでも、備忘録的に、A4の紙にThings to do を書き出したり、思いついたときに小さなメモ用紙にぐしゃぐしゃっと書きつけて、貼ったりはしましたが、計画を立てること自体が目的になったり、立てたことで満足したりということはなくなりました。

自主練も、歯磨きレベルになれば、ある意味気が楽です。ねじり鉢巻で、っていう感覚ではなく、ちょこっとやる、やらないときもちワルイからやる、という感覚。計画にこだわることもなくなりました。計画倒れの呪縛からも解放されました。
Brush your skill as you brush your teeth!!

Feb 24, 2008

はるまついぶき

♪♪降り積もる雪に覆われた 
春待つ息吹のように
かすかでも光に向かう強さを抱きしめたい

心に形なんてない
(中略)
暗い海の底に沈んだ日でも
青空を飛んでいる

強い風にタンポポの綿毛が
未来へと運ばれてく
向かい風だろうと
翼にして
ねぇ僕らも羽ばたけるかな?

降り積もる雪に覆われた 
春待つ息吹のように
かすかでも光に向かう強さを抱きしめ
いつの日にか
向かい風だろうと翼にして
きっと僕らも羽ばたけるはず
暖かな春の空に♪♪

日本著作権協会様 引用ご了承ください。

雪が積もった2月。
陽射しに春の訪れを感じます。


やっぱり

自主トレのための時間ってないですよ。私の場合。
前の記事の後に、こう書くとすごく言い訳がましくてイヤだけど、
よーく考えてみたら。
平日、仕事から帰るのが夕方6時から7時の間とするでしょ。
次の日晴れで、洗濯物がたまっている場合は、洗濯機をまわす。
それからがんばって夕飯の支度をして、食べさせる。これで8時過ぎ。
その後子供とTVを見たり話しながら食休みをする。
(ここでうたた寝してしまうこと限りなく多し)
片づけは、食器洗浄機に洗ってもらうんだけど、そのセッティングは家族で交代でやることになっている。
で、チラッと9時のニュースなどを見ながら、
次男にはお風呂に入るように促し、洗濯物をほす。
この合間に、学校に出す書類を整えたり、
生協の宅配の注文書を書いたりすることもある。
11時か、遅くとも12時前には寝たいので、
逆算すると、あっという間に自分もお風呂に入らなきゃいけない時間になり、
しかも家族それぞれが、さっさとお風呂に入らなきゃいけない。
翌朝誰が一番早く起きて出かけなくてはいけないかによって、
ダンナ、長男、私の間で、お風呂に入る順番を決める。
やっぱり、一体どこに自主トレする時間あるの?って、
あらためて思った。

で、「時間の使い方」っていうカテゴリーを作っておきながら、
全くと言っていいほど、その記事をエントリーしてこなかったので、
今度こそ、それについて、書いてみたいと思う。
「時間の使い方」は、「時間の作り方」でもあり、「時間の見つけ方」でもあり、
ぶっちゃけ、「ある程度何かをばっさり見切る、捨てる、あきらめる」ことでもある。(笑)
ダンナに言わせれば、寝る(時間を作る)ために、他をあきらめるんだろ、と。そうともいう。
これについては、また今度アップします。
こちらもお楽しみに!(最近予告ばっかりでスミマセン。)


「走った距離は裏切らない」

女子マラソン野口選手のトレーニング密着をTVで見た。
やはり、メニューをきちんとこなすんですね、彼女。まじめだぁ・・・
しかも!
優勝した日の翌日早朝から、もう走ってる!!
サボりたいなんて思わないのかなあ。一日くらい休みたいとか(スパ行きたいとか)。
思わないんだね。そこが王者たるゆえんなのかもしれない。
ヒヨコなんてしょっちゅう
「これが終わったら、マッサージ行って、お買い物して、美容院行って、、、」等々、
サボることばっかり考えてる。
いやぁ、、、脱帽ものの努力ですね。やはり。
私もいつか言ってみたい。
「訳した量は裏切らない。」なーんつって。
そんなにトレーニングしてまへんがな。(笑)

勇気も智恵も優しさも

2007年11月某日。次男の小学校の文化祭にて。
5年生の時も、クラスで劇(コメディー仕立てのシンデレラ)をやったのだが、
多くのクラスが迷路やゲームやお化け屋敷という定番の出し物をやる中、
小学校最後の文化祭、息子のクラスの出し物は、今年も劇。
「オズの魔法使い」
上の子が保育園の時の、最後のお楽しみ会でやったのもこれだったなあ。
映画をご覧になった方はよくご存じだと思うが、
これまともにやると、結構長いんだけど、1時間以内にどうやってまとめるんだろう?

今年は結構マジメな脚本。
全部、子供達で、キャストも道具も背景も、音楽・照明も手分けしてやっていた。
ドロシーが、3人に出会って、旅を始めるところは原作と同じで、
後半ばっさりカット。
でも、最後に、おそろしい怪物と闘い、智恵を出し合い協力しながら、
なんとか困難を乗り越える。
そして、天使だったか魔法使いに言われるのだ。
「勇気も智恵も優しさも、誰かに”もらう”ものなの?
あなたたちは、最初からちゃんとそれを持っているじゃない。」と。

ここでヒヨコ、不覚にも涙が・・・。
私は時に、自分の無力さやふがいなさを嘆いては、
「どうか私に力をください。これこれをください。」と、頼み事の祈りばかりしていた。
でも、子供達の劇に教えられた。
そう、皆(子供も大人も)、誰かにもらわなくても、
ちゃんと自分の中に持っているのだ。
それを育てていけるか、発揮できるか、ただそれだけなのだ。

今までいろんな劇を見たけれど、
子供らしくて、ピュアで、面白くて、ほほえましくて、
最後の最後に泣かされた劇はこれかもしれない。
ありがとうね。


Feb 09, 2008

Coming up soon...or later...

さて、ヒヨコの英語やり直し&自主トレは、2007年秋期に受ける3つの試験に照準を合わせることになりました。
国連英検特A級一次 Nov 11
工業英検二次 Dec 9
通訳検定1級二次 Dec 16
国連英検特A級二次 Jan 13 '08

それぞれの試験前に立てた計画と実際できたこと、試験後に雑感メモをとったので、それを元に、思い出す限り、どんな感じだったかを、今後書いていきたいと思います。
時間のあるときにしか書けないので、いつになるかわかりませんが、気長に待っていてくださいね。

念のため一応言っておきますけど、ワタシ別に資格マニアじゃありませんから・・・(笑)

それから、自主トレ以外にも書きたいことは相変わらずいっぱいあるわけで、それをどうやって書いていこうか、今も考え中です。くだらないこともいっぱいあるんだけど、書きたくてしょうがない。
そちらもお楽しみに!?

雌伏雄飛

意味:
ある期間は機会をじっと待ちながら人に従って過ごし、時がくればおおいに活躍すること。
「雌伏」は、不満をしのんで人の下につき従うさま。「雄飛」はおおしくふるいたつさま。

用例:
雌伏雄飛と言うではないか。今は将来のために力を蓄えておけばよい。

すぶりメニュー

From Memo in Oct 07:
1回聴いてリプロできるようになるために、リテンション・リプロの練習を毎日やる。野球でやる素振りと同じ。リプロ能力を鍛えて、内容がとれるチャンクを伸ばしていく。

すぶりメニュー:
1. リプロ
2. JJシャドウ
3. EE 音読

プラス、日替わりメニュー:
4. EJ逐次 (月・水・金)
5. JEサイトラ (火・木・土)

スペシャルメニュー:(土日など)
-スピーチ音声から逐次
-汎用性のある表現をノートにまとめる
-テーマ別要点書き出す(UN関連)
-視点論点サマリー

光の射す方へ

From Memo in Oct '07:
これを乗り越えれば、きっと光がさしてくる。
慢心も絶望もする必要はない。
今のこの経験は、全て未来へとつながっていく。
チャンスは必ず準備している人のところへやってくる。
あんまり思いつめないこと。やるだけやったら、あとはリラックス!

通訳は新しい方がメインでやるようになり、ワタシは翻訳メインになった。
でもいいこともある。
次の会議の準備ができないくらい忙しかった状態からは解放された。
自主トレの時間がとれる。
各種試験勉強ができる。
健康的な生活。
休みがとりやすくなった。
Hop, Step, Jump!!!

Feb 08, 2008

働くということ

From Memo in Oct 07:

自分がやりたいことと、
自分にできることと、
人が自分に望むこととは、
必ずしも一致しない。

「君のために仕事があるんじゃない。
仕事のために(その仕事が君を必要としているから)、君は働くんだ。」 by ダンナ

あおいくま

From Memo in Sep.
勇気と自信をもとう。
愛と理解と自信があれば、おそれることはない。

神様は、きちんと準備している人のところへ、
よき知らせを運んでくださる。
元気・勇気・根気
いつでも飛び立てるように、しっかり準備をしておこう。

以前は自分が入っていたトピックに他の人が入ってやっているのを、すぐ傍の席で聞くのはつらい。
翻訳していても気が散るし。
でも、ふてくされちゃいけない。
人事異動だと思おう。
人間力を試されているのだ。

あおいくま。タレントのコロッケさんが言っていた言葉(おまじない?):

あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな。

友を失い、また友を得る

自主トレを始めてから、ちょっと心苦しく思っていることがある。
「これじゃ友達なくすよなー、ワタシ。」
特に、子供を通して仲良くなったママ友に、久しぶりに電車の中で会った時など。以前ならおしゃべりに花が咲くところなんだけど、「ごめん、ちょっとやらなきゃいけないことがあって。時間がないものだから。」なんて言って、立っていたことと、少し離れていたこともあり、おもむろにプリントを取り出してサイトラをやったりして、内心、「あ~、絶対あきれられてるよなー。でもしょうがない。」
こんなこともあった。電車を待っているホームで、何か読んでいたときに、やはり昔のママ友にバッタリ。彼女はかなり親しかったので、プリントはしまって、電車も空いていたこともありおしゃべりしたのだが、やはりホームで英語のプリントを読んでいたのを見られていて、「よくがんばるわねえ。」と。そのうちみんな(以前住んでいたマンションの友人達)でまた集まって、おいしいものでも食べようね、と言って別れたものの、皆働き始めている人も多く、いまだに会っていない。こうやって友を失っていくのだろうか。

かと思いきや、小学校の修学旅行説明会が終わった後、保育園時代のママ達が、声をかけてくれた。「ご無沙汰してます~!」「元気~?」「(子供が)ゲームばっかりしてるわよ~」「中学行ってもよろしくね!」等々だったのだけど、なんだか覚えていてくれて声をかけてくれたことが、とても嬉しかった。保育園で知り合ったお母さん達は、皆今でも働いているので、普段も滅多に会えない。だからこそ、久しぶりの一言が嬉しいのだ。
ワタシも、臆せず、知人には声かけくらいしよう。

そうして、職場に新しく通訳の方が入った。しかもレベルの高い方だ。いろんな経験を積まれていて、いろんな事を教えてくださる。ケミストリーもいい方だと思う。この人となら、協力しながら、やっていけそう。
ヒヨコ、新たな友を得る。

生き馬の目

だんだんわかってきました。
この世界、やはり競争です。
うまい人に仕事がいく。当たり前といえば当たり前ですが。
二人で会議に入るという機会は、あまりないのですが、たまたま依頼がダブって、かち合ってしまった。
あまりcomfortable ではないまま、なんの打合せもせず始まってしまった。
私は、二人で入るときは、事前になんらかの打合せ(担当するスピーカーを決めるとか、英日・日英で担当を分担するとか)をするもんだと思っていたのだけれど、全くそれもなく、いきなり始まり、適宜訳す、という、とってもやりづらい状況。しかも、この方、「自分はこんなにデキますっ!!」と言わんばかりのパフォーマンス。人のミスは、助けると言うよりは、待ってましたとばかりに訂正しまくり。うわぁ~、参りました。
どうやらこの方、他の人と組んだときも、似たような感じだったらしい。助け合うという気はさらさらなく、ひたすら自分がやりますッ、という勢いで訳しまくってたらしい。
しかも通訳のスタイルがあまりにも違うので、私たちはついていけず、譲るしかない。
人のミスは密の味とばかりに、自己アピールする人が、たしかにこの業界では勝ち抜いていくのかもしれない。
でも、なんだかなあ。なんか違うような気もする。
この世界では、助け合いの精神が、いつか必ず必要になると思うから。もちろん、個人的には努力しますよ。助け合いというのは、人に甘える、という意味で言っているのではない。でも、能力不足や理解不足で、だれにでも、ミスをする可能性はあるわけで、その時に、同僚に助けてもらえるかもらえないか、それも結構大きいんじゃないかなあ。日頃のコミュニケーションの問題もあるだろうし。
生き馬の目を抜いたら、自分も抜かれるんだ、ってことを、お忘れなく。

荒れ野にひとり

振り返ることはあまりしたくないのですが、書き留めてあるメモを元に、
9月までさかのぼって心の軌跡を追います。

夏、自分の実力不足もあるのですが、最大の試練がやってきました。
誰も助けてはくれません。
自分でこの試練を乗り越えるしかないのです。
荒れ野にひとり。
表面は明るく冷静にふるまっていますが、心は荒涼としていました・・・。

« September 2007 | Main | March 2008 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!