My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« August 2007 | Main | February 2008 »

Sep 24, 2007

Clarity & Logic の大切さ

片野拓夫様、

コメントありがとうございまいした。著者の方から直接コメントをいただくとは思ってもみませんでしたので、嬉しい驚きでした。
片野様の「CLトレーニング」は、素晴らしい本だと思います。
特に、
1.思考・発想の仕方が大事である、と説いている点。
2.イメージ思考とCL(Clarity & Logic)思考の違いについて解説されている点。
3.的を射た質疑応答の解説。(ユーモアで切り返すことも含めて)

私は純国産の人間ですので、やはり発想が日本的です。生意気にも企業で通翻訳の仕事などさせて頂いておりますが、やはり、様々な国籍の人たちと接するたびに、
「自分の英語には、何かが決定的に欠けている。」と、ずいぶん前から、痛切に感じておりました。
それが、言葉の問題ではなく、発想の仕方、ロジカルな考え方なのではないか、と気がついたのは、3年前くらいでした。
このClarity & Logicをマスターできれば、おそらく私が望んでいるブレイクスルーがくるのではないかと、常々感じていました。
そこで、ロジックを学ぶための本がないだろうかと、探していて、やっと出会えたのがこの本だったのです。

片野様も書かれていますが、日本の学校では、(日本語ででも)論理的に考える・話す訓練を全くしないまま大学まで行ってしまいます。日本人の(理系の)エンジニアが話す日本語が、10人中7~8人くらいはわかりにくく、当然通訳しにくいことが多いのです。理系の方でも、アウトプットの際に、論理的に話す訓練を受けてないからではないかと推測されます。時々日本語が明瞭で理路整然と話す方が2~3人くらいいますが、この方達はやはり頭の中が明瞭で、かつ、どう話したら正確に伝わるかを考えて話しているのだろうと思います。
自分自身を振り返っても、ロジックを体系的に学んだり、相手を論理的に説得する練習をしたという記憶がありません。
また外国では、子供でさえ、質問に対する答が的を射ていて、かつ理由をきちんと言っているのを見て、非常に驚いた覚えがあります。
逆に日本で、いわゆる英語のできると目される人たち、留学経験がある、英検1級をとっている、通翻訳の仕事をしている人でも、ネイティヴとのコミュニケーションに支障をきたしている人をたくさん見てきました。しかもやっかいなことに、この方達は、「自分は英語ができる」と、言いはしませんが思っているので、自分の何が問題か、気がついてないようなのです。

片野様が、
>日本人は、英語の思考/発想法を身につけないと、国際コニュニケーション力のある英語は使えないという私の主張は、完全に無視されてきた...と思っていた

と書かれていましたが、無視されたのではなく、「英語の思考/発想法を身につけないと、国際コニュニケーション力のある英語は使えない」ということに、気がついている人が(残念ながら非常に)少ない、と言った方がいいかもしれません。英語がある程度話せて通じればいい、という安易な英会話信仰も、この問題を見えづらくさせていると思います。
私自身は、やはり仕事を通して、ネイティヴにぐうの音も出ないほど言いこめられたり、要領を得ない答をしては不満な顔をされたりして、「何かが欠けている、何かが足りない。」と、ずーっと悶々としてきたことと、ここまできたら、言葉の問題というよりもむしろ、発想とロジックの問題だと痛感した(文字通り、痛い思いをした)ことによって、気がついた、とも言えます。

少なくとも、私のブログを読みにきてくれる方々は、きっと片野様の主張を、心底理解し、共感していることと思います。
片野先生よりお知らせ:
  「MIXIで「アーメン鐸坊」の名で「英語の魔法:名詞文」というコミュニティーを作り、毎日英語講座をやっています。どうぞご利用ください。その他、四谷三丁目で「英語のかけ込み寺」というサラリーマンのための英語塾をやっています。どうぞ遊びに来てください。ホームペイジはホームペイジは「www.eigodera.net」です。こちらでは来月から無料初級講座をやります。」

片野様、どうぞ、これからも、私のように日本的発想で英語を話して苦労している(!)、発展途上人達へ、愛あるエールを送り続けてください。一層のご活躍を、お祈りいたします。
引用:

愛と理解と自信に満ちていれば、恐れることはないはずだ。」 by 片野拓夫氏

読書記録 Sep 07

Books for parallel reading:

超基本語50 同時通訳の現場から (読了)
英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング (読みかけ)
人道援助、そのジレンマ (読了)
FA: Crash of Civilization (読了)
Chocolate Chip Cookie Murder (読了)
Tuesdays with Morrie (読了)
You know you should be glad (読みかけ)
Hope in the hell (読みかけ)
CLトレーニング(再読)

これ以外に、JTW (Japan Times Weekly), Foreign Affairs, Economist で気になった記事・エッセイのみピックアップして数本。これはちょっとお勉強入ってるかな。
自己啓発も兼ねて?Dale Carnegie の本(PB)も取り寄せてみた。読書尚友。さて、読み終わるかな?

それぞれ感想を書きたいけど、おそらく時間的な制約で無理でしょう。残念。

それから、最近話題になった、サブプライムローン焦げ付きがらみで、株安円高、利下げの話等、理解するためにも、ここらで経済関係の本を読んでおくべきかなあと思案中。マクロとミクロが絡み合っているので、苦手意識を克服する意味でも、挑戦するべきかな。
APECやASEANがらみで、貿易関係も読みたいし。あ~・・・読む時間がほしい・・・ですね。

Sep 23, 2007

パラレル・リーディング

飽きっぽい性格のワタシが、どうやったら多読速読精読ができるんだろう?
これは以前からの課題で、このブログでも何度か、ふざけたりしつつ時に真剣に書いたことがある。
で、最近、というか、まあ、以前からそうせざるを得なかったというのもあるが、複数の本を読んでいて、大体自分の読むリズムがつかめてきた。(8月くらいしか、いろいろ読む時間がとれない、という事情もあるが)
聞けばなーんだ、ってことなんだろうけど、要は、4,5冊の本を、平行して少しずつ読む、というだけ。
その、4,5冊の組み合わせ方は、例えば、こういう感じだと、ワタシの場合、飽きない。
 1. 日本人が書いた、英語関連の本(つまり、英語と日本語両方載ってる)
 2. 現在自分が最も興味のある分野・事柄についての、日本語&英語の本
 3. ペーパーバック(軽めのもので、純粋に楽しみのために読む)
 4. 新聞・雑誌等(英文)
 5. 英語や時事問題とは全く関係のない日本語の本

そして、どんなに近場にお出かけする場合でも、常に上記4~5種類の「何かしら読むもの」を持ち歩くのだ。ちょっとでも時間ができたら、電車やバスの待ち時間とかに、すかさず、チョコチョコッと読む。もちろん、集中して読めれば一番いいのだけど、それが難しい場合。
逆に、時間がポッカリ空いて、カフェなどで1時間くらい過ごせそうな場合、これを15分か20分くらいに区切って、4冊なり3冊を読むようにする。もちろん、面白くてノッてきたら30分くらい読み進んでもいい。
特にルールはないのだけど、自分なりに、集中力が切れてきたな、気が散ってるな、と感じたら、迷わず、他の本へ移ってみる。硬軟取り混ぜて、自分を飽きさせないようにする。
それから、レバレッジリーディングという本にあったのだが、100%読もうとしなくていい、と、ある程度完全読了を諦めるのもいいかも。大事なことは本の20%に書いてあるらしいし。
人から強制されるのではなく、お勉強でもなく、あくまでも、自分の興味や楽しみのために読んでるんだ、と実感できれば、結構読める。

カフェ読書

子供が小さかった頃は、自分の時間が全くなかった。特に後追いがはげしい1~2歳頃。トイレの中まで追いかけてくるので、一人になることができなかった(それはそれで可愛くて、写真撮ったりもしたんだが)。子供が起きている間は、自分のことをするのは一切あきらめて、子供中心に動いていた。
カフェで一人読書ができるなんて、あの頃は夢にも思わなかった。
カフェで読書をする。こんな平凡なことがこんなに幸せなことなのだと、今だからこそ、わかるのだ。こんな贅沢な時間の使い方があるなんて。

PS: 今、育児で毎日奮闘中のお母さん方へ。
子供はいつか必ず大きくなります。振り返ったら、子育てで本当に目が回るほどタイヘンなのは、人生の中の本当に一時期です。その時は、「いったいいつまでこんなこと続くんだろう・・・」って不安になることもあるかもしれませんが、子供は、確実に成長します。あせらず、子供の育つ力を見つめましょう。子供の成長に負けないように、親も着実に成長していきましょう。

夏休みスペシャル(のはずだった)

夏の間体験したことをネタに、ブログを書くつもりだったのですが、結局暑さに負けて、断念しました。
もう9月も後半に入っており、今さら、という感じもするので、思いついたときにクシャクシャッと書いておいたメモのタイトルだけアップします。(でもこれで、大体ヒヨコの行動がわかってしまうというもの・・・単純)
  マイナスイオンって・・・?
  紅茶キノコ
  エステ: 格安体験のワナ!?
  未来科学館
  A.ジョリーが輝いて見えるわけ
  バレエ: マダム達のお稽古
  指導者たる者

面白そうでしょ? そう、もう書きたくてウズウズしてるんですけどね・・・
いつか書けるといいな。

あ、それから、通訳翻訳のサイト等からリンクで飛んでいらっしゃった方、すみません、最近全然通翻訳に関する記事を書いておりません。通翻訳に関しては、他にもっと素晴らしいブログがたくさんあると思いますので、ぜひそちらをご覧ください。ヒヨコのブログは、あまり期待しないでください。相変わらず、個人的な記録としてつけておりますので、どうぞご了承ください。

ヒヨコサイズでお届け

通訳・翻訳の自主トレ以外にも、大切にしたい衣食住、お気に入りの映画や本、自分を磨き直すためのあれこれ、バレエ・ヨガや筋トレの話など、ヒヨコサイズで少しずつ記録。
どうぞよろしく、ピヨ!

HappyがHappyを呼ぶブログにしたい 06/04/24
なんだか、自分がHappy にしていると、Happyなことが集まってくるような気がする出来事に出会いました。
なんでも、運とタイミング、ってあると思うけど、それって、自分の心の持ち方次第なのかな、って思えるようになってきた。
自分なりのステップアップを、素直に喜べるようになりたいですね。

感謝とともに。06/07/01
ご無沙汰しております。ヒヨコは元気です♪
半年近く、全く更新ができていませんが、相変わらずリアルワールドが忙しく、疲れと体力消耗のため、ブログに手がまわらないというのが実情です。
でもヒヨコはまだあきらめておりませぬ。なんとか記録をつけていきたいと思います!
2007年が、世界中の人々にとって、それぞれの恵みあふれる年となりますように。

近況報告 06/12/31
06年12月より、また別のメーカーで通訳翻訳のお仕事に就いています。今度は、通訳翻訳50%ずつくらいで、以前の職場よりも、通訳の割合が上がってきたので、気が楽です(翻訳オンリーだと目も肩も疲れますから)。
もちろん技術的なことは、新しい分野だと、質問したり、調べまくったりと、毎日が勉強です。でも、新しいことを学べるのは、とっても嬉しいというか、喜ばしいことです。今度の職場でも、駐在のエンジニア(外国人)達からも、日本人の方々にも、とてもよくしていただいています。感謝。

日本にいても 07/03/25
世界は拡がります。最近立て続けに、海外の会社から来てくださる方々のプレゼンに同席させていただきました。ワタシ自身は海外に行くチャンスは現在ほとんどありませんが、こうやって海外からはるばる来てくれる(もちろんビジネスで)方々が、異文化の香りを運んできてくれます。。
思えば、20代後半から30代前半の、気力体力が一番充実していた時期に、ワタシは子育てに大半のエネルギーを注いでいました。当時しょっちゅう感じていた、社会からの疎外感、キャリアを積んでいく知人達への羨望、社会復帰できない焦り、を思い出すと、プレゼンを聞きながら、思わず涙が出そうになったヒヨコなのでした。ワタシが日本にいても、こうやって日本へ来てくれる人たちがいる。日本にいても、世界は拡がるのです。

« August 2007 | Main | February 2008 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!