My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« June 2007 | Main | September 2007 »

Aug 05, 2007

アメリカン・パワー

大人になったとはいえ、自分の中には「子供」な部分もたくさんあって(残っていて)、それはそれでいい。
自分の中の「ミーハー」な部分を意識するときなんか、そうだな。

アメリカン・アイドルという、アメリカ版スター誕生番組がある。(日本の「スタ誕」知ってる人どのくらいいますか?)
高視聴率なので、ご存じの方も多いと思う。
以前私は数回しか観るチャンスがなく、あまり気にも留めてなかったのだが、
たまたまスカイプ練習の相手の方も観ていて、面白いですよ、という話になり、
最近、土日に再放送されているのを、たまたま観て、
つい引き込まれてしまった。
さすがにトップ12くらいになってくると、本当に皆歌がうまい。
アメリカの底力を感じますね~♪
毎回、ロック、ラテン、ソウル、などなど異なるテーマが与えられて、それぞれ出場者が歌いこなしていくのだが、
そのコーチが現役のスターや往年のスターだったりして、観てるだけでも楽しい。
私が覚えている限りでも、
スティーヴィーワンダー、ダイアナロス、トニーベネットといった大御所から、
ジェニファーロペスやボンジョビといった旬のスターもいる。(華やかですねぇ~)
番組構成も、エンターテイメントに徹していて、アメリカ的絢爛豪華なセットも、むしろ「らしすぎる」くらい。

私がこの番組を観て強く感じたことは3つ。
1.アメリカの多種多様性。底力。
  人種や個性の多様性は、日本にはないからかもしれないが、その中から生まれてくるパワーはものすごいものがある。なんだか観ているだけで、元気が出そう。
2.歌うときは泣かない。
  コンテストなので、毎回、一人か数名ずつ、落選させていくのだが、落選者が、それまでの軌跡をビデオで振り返っているとき、やっぱり涙を流している。この辺は演出もうまくて、こちらもしんみりしたりする。うんうん、ここまで本当によくがんばってきたよね。で、最後に、この去っていく人が、歌を歌って番組が終わるのだけど、それまでボロボロ涙をこぼしていた人が、まるで別人のように、しっかりと1曲歌いこなすのだ。泣きじゃくったりなんかしない。これを見てまたビックリ。歌(を歌うこと)が、本当に好きなんだなあ、と感じてしまう。落ちたことは悲しいけれど、舞台の上で歌うことはそれ以上に楽しく、好きなんだ、ということが伝わってくる。
3.ほめられて、けなされて
  3人のジャッジが、いろんな事を言う。客観的に聞いていると、たしかにそうだな、と思えるが、日本人だったら、絶対ここまで言わないだろう、ってことまでズバッと言うこともある。歌唱力、パフォーマンス、そして個性。たしかにこれらが完璧にそろうなんて、すごいことだ。でもそれこそがスターに求められていることなのだろう。どんなに酷評されても、あまり気にしない人もいれば、予選などでは悪態をついたり言い返したりする人もいるようだ。ふと気がついたのは、本選では、この酷評に対する反応の仕方も、しっかり見られているようなのだ。ユーモアで切り返すことができたら最高OK、日本人だったら落ち込んで黙りこくってしまうような(?)酷評にも、若い出場者が、「正直に言ってくれたことは感謝する」とか、「私もそう思います。不安でした。」と、ここでまた、コミュニケーション能力の高さを見せてくれる。ここで絶句したり、「バカヤロー」的な発言をしたら、たぶんアウトなんだろうな。

アメリカン・アイドルは、エンターテイメントに徹しているから、こちらもそのつもりで観ている。
でもふと、職業人の目で見ている自分に気がついた。
通訳者も、どんなに悲しいことがあっても、通訳中に泣きじゃくっちゃ仕事にならないから、通訳するときはシャキッとするだろう。どんなに叱られても、その場でキレたら負けだし(後のことを考えれば)、心と言葉にいつもユーモアを持っていたい。誠実に仕事に取り組み、どんな課題を与えられても、自分なりにこなせるようになりたい。
挑戦する勇気と、パワーをくれた番組に、感謝。

試練はサイン

若い頃に比べて、大人になったな、と思うときがある。(ちょっとエラソーな書き方ですが)
注: 老けたなァ、とか、トシだな、というのとは違う。そこんとこ気をつけて。(笑)

それは、感情をコントロールできたときであるとか、
とっさに衝突を回避するような言動をとれたときとか。
若い頃だったら、感情が爆発・暴発して、収拾がつかなくなったりしたけれども、
そういうのをやっとコントロールできるようになってきた。
しかもリラックスして自然体でいられるようになった。
妙に構えたりもせずに。

それから、30代の頃強く感じていた他人をうらやましく思う気持ち、
これを、克服というか、全く感じないと言うのではなく、
人をうらやむ気持ちを感じても、すぐにそれを認めて、流せるようになってきた。
これには、海原純子先生の著書を読んだことと、ダンナの影響が大きい。
ダンナはもともと、"You are OK. I am OK. Everyone is OK."
という見方ができる人。OKは、fine でも great でもいい。
人にはそれぞれ個性があって、それぞれの良さがあって、それで充分なのだ、という。

それからまた、何か試練というか、苦しいことにぶつかったとき。
それは「何かのサイン」なのだ、と思えるようになってきた。
「このタイミングで、これは何か意味があるのかもしれない。」
最近も、これは「自分の人間力を試されているのかもしれない」と思えることがあり、
理性に従い行動したら、結果は良好だった。
ひとつ、(自分にとっての)小さな試練を乗り越えられると、それが小さな自信につながる。
それは自分にしかわからない小さな事だけれど、
子供の頃から自分に自信を持てなかった私にとっては、とても貴重なことなのだ。

「若い頃の苦労は買ってでもしろ。」という言葉があるけれど、
若い頃はノーテンキすぎて気がつかないこともある。
だから、買ってでも苦労を、とまでは言えないが、いくつになっても、
そこそこの苦労や試練は、結果として人を磨くことになる。
ということを実感できるようになった。
(ほら、大人な感じでしょ?(笑))


Aug 04, 2007

365歩のマーチ♪

♪一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる♪
3歩進んで2歩下がるんだったら、1歩は進んでるわけだから、いいじゃないですか(プラマイ ポジティヴ)。

しかーし!
最近のヒヨコの実力は、1歩進んで2歩下がり、2歩進んでも3歩下がる、といった状況。
一進一退じゃないの。一進二退か三退してる(プラマイ ネガティヴ)。

つまり、ちょっとでも練習を怠ると、とたんに落ちてしまう程度の実力。
しかも、自分の到達したい地点には、まだ全然届いてない。
そりゃ、やるべきことをちゃんとやってないからな。まずいよなー。
苦しいなあ。
でもやっぱり歩いていくしかないんだろうな。

「幸せは、歩いてこない。だから歩いて行くんだよ。
・・・・・(中略)
じーんせいは、ワンツーパンチ、汗かき、ベソかき、歩こうよ。
???(歌詞忘れた)つけた足跡にゃ、きれいな花が咲くでしょう。
腕を振って 胸を張って ワンツー、ワンツー、焦らないで行こう。」

幼い頃聞いたこの曲が、なぜか今頃になって、頭の中で鳴っている。

待ち遠しい夏休み

子供達は夏休み。うらやましいなあ。
今や真夏も働かねばならない。

夏休みになったら♪
リゾート行って(国内ですけど)森林浴して、
映画を映画館で観て、スパかエステに行って、
まだ読んでない本や読みたかった本を、たっくさん読みたい!
タオルがだいぶくたびれてきたので、きれいなものに買い換えたい。
インテリアショップや雑貨店を見て回りたい。
絵を飾りたい。(絵を買いたいんだけど、まだ実現せず)
あ、下の子はそろそろ一緒に行動するのを嫌がるようになってきたので、
最後のチャンスとして、科学館に連れて行くつもり。

んー、他にもやりたいことがたっくさんあるのだけど、
思いつくままに書いてみた。

夏休みがこんなに待ち遠しいなんて。

トリプル・パンチ?

軽いジャブ、ジャブ、パーンチ!!!
(ノックアウトはされてない。だから、立て、立つんだ、ジョー!は必要なし。)

具体的には書けないけど、自分の気持ちとしては、そんな感じ。
(なんでこういう事って、続いて起こるんだろうね。)
でもトシのせいかな。立ち直りが早くなった。

もう、クヨクヨしたり、がっくりきてヤケになったりするのは、時間の無駄!
お肌にもよくない!

・・・というわけで、なんとか乗り越えつつある。
どう考えたらいいのか、「心の態度」というか、「心の姿勢」を調整中。

« June 2007 | Main | September 2007 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!