My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« May 2007 | Main | August 2007 »

Jun 20, 2007

ヒヨコ・ザ・ハイブリッド?

少し前のログに、自分にしかわからない小さな進歩を記録しておく、なんて書いたけど、
前言撤回!してもいいですか?というくらい、最近、英日練習で、超基礎的なミスをしてしまった。(それも続けて)
はぁ~(ため息) 構文の取り間違え・・・・・ これって、大学生でも間違わないんじゃない?というくらい、基礎的なミス。なんで今頃になってまだこんな凡ミスをするかなあ・・・・・

何か対策を講じねば。
というわけで、久々にサイトラをやることに。(正直言うと、最近数ヶ月、全然やってなかった!)
と、決心したのに、悲しいかな、疲れてできない・・・・・
仕事があるのは本当に感謝すべきことです。自分で望んでやっていることですし。
しかし、夕飯を作って食べた後、もう異常とも言えるくらい眠気とだるさが押し寄せてきて、サイトラどころじゃない状態です。
どうしてこんなに疲れるのか、トシのせいもあるでしょう、気力体力が続かない。
でも考えるに、仕事だけをずーっとやっていると、自分の中のリソースをただただ消耗するばかりで、ちっとも充電できないのです。自主トレしたり、何か自分に新しい刺激や栄養を与えたくても、それをする時間がない。エネルギーも使うばかりでは、どんどんすり減っていくような気がします。とにかく、仕事とは違う分野で自主トレやって、少しでも自分に栄養をつけてやらないと、本当に信じられないような凡ミスをしてしまう。

理想は、ハイブリッド車のように、ガソリンで運転しながら、充電できて、いざとなったら電気でも走れる、みたいなリソース配分。電気自動車の立ち上がりって、ものすごくいいらしいですね。私もそうなりたーい!!(切実)

能動的&受動的な 疲労回復

仕事をコンスタントに(フルに)依頼されるというのは、たしかにいいことではあります。
が、しかし、やはり会議に入って通訳してないときは、溜まったファイルをせっせと翻訳しているので、どうしても、用語の整理ができないっっっ!!これはこれでフラストです。
思うに、5月の連休明け以降、通訳メモ(覚えておくべき用語などを走り書きしてあるもの)と、翻訳済みの原稿(これも用語の整理用)が、どんどんデスクの脇に溜まっている・・・ことに気がついた。
そうして、いつの間にか自分の体にも疲れが蓄積しているような気がする・・・

先日、2本依頼された翻訳を終えて、ちょうど3時半のブレイクに、まだまだ翻訳するファイルはあるんだけど、
なんだか発作的にというか、衝動的に、グーグルのサーチ欄に、
「緑の風の中、ランチ、ブランチ、ゆったり」なんていうキーワードを打ち込んでいる自分がいた。

で、今ヒヨコに必要なのは、
「自然の治癒力」なんではないかと。そう、
「緑の風の中で、のーんびり寝ころびたい&ゆったりした気分で食事したい。」

これまでの経験から、エステは期待はずれに終わることが多く(これについては後日書きたい)、ヘッドスパやマッサージにも行ってみたけど、一時しのぎにはなるが根本的には疲れはとれない。
エステやマッサージは受動的な癒しにすぎず、もちろんこれはこれで時々行く分には効果があると思う。でも、やっぱり能動的に体を動かす方が、結果的には気分はスッキリするような気がする。
ヨガもバレエもジムもここのところお休みしている。
やっぱり疲れるから&時間がもったいないからジムを休んでいたけど、これだけだるさが蓄積してくると、やっぱり定期的に体を動かしていた方がいいのかも、と思えてきた。
会費ももったいないし、やっぱりヨガとバレエに行って体を動かそうかな。

Jun 11, 2007

邪念を取り払うには?

冷静になろう、なんて、エラソーに書いているが、
実際ヒヨコ自身、もっと冷静になれたらどんなにいいだろう、としょっちゅう感じている。
英語のできる日本人からの有言無言のプレッシャーに、心の動揺を隠しながら、
また、話されている議事とは全く関係のないことが頭をよぎったり、distraction はたくさんあるわけで、その度に、自分の集中力のなさを嘆き、どうして関係ないことが頭に浮かぶんだろう、と、これまた気が散る。

んも~っ!!ヒヨコの頭、邪念だらけ!!
邪念を追い払え~!
どうしたら平常心を失わずにきちんと通訳できるようになるんだろう。
もっと淡々と安定したピッチで正確に訳せるようになりたい。
同業諸氏先輩の皆様はどうされているのでしょうか?(気が散ることなんて絶対ありえないのでしょうか)
それともこんなつまらないことで悩んでいるのはヒヨコ(初心者)ゆえか。

やっぱり禅寺に行って座禅でも組むしかないか。
無心の境地に達したら、どんな状況下でも、平常心を失わずにできるようになるかも。
精神修養も大切ってことかな。ううむ。

Jun 10, 2007

キレたら負け、だけど

某設計関連のミーティングにて。
開発には様々な部門が絡んでおり、情報が錯綜することがよくある。
で、その情報がきちんと伝わっていないまま仕事が進んでしまうと、当然感情的になって衝突することもある。
先日、ある方が、怒って出て行かれたのを見ました。まさに、He walked out of the room. でした。
もちろん、真剣に仕事してるから、なんですが。それはよーくわかります。
でもね、やはり会議の場で、キレたら負け、です。

これだけメールが利用されて電話やネットミーティングができる環境にあっても、
face-to-face で会議をする理由もしくは目的は何か、それを考えたら、おのずとわかるはずです。
会議中にキレると、周りが引いてしまうし、何より自分が、場の空気を気まずくした&会議の進行を中断した、という負い目を追うから発言しづらくなるし、結局バツの悪い思いをするのは自分です。

でも、私は感情を出すのが悪いとは思いません。それはそれでいい。
時には怒ってテーブルをたたいたり、怒鳴ったりすることはあるでしょう(実際あった)。
でも、部屋から出ていっちゃダメです。やはりテーブルに戻りましょう。
誤解があったのなら、それをまず確認して、皆で同じ理解レベルを共有した上でスタート地点を決め直して、
面倒くさくても、やり直すしかない。
Be cool. は、冷静に、という意味もあるけど、カッコよくあれ、という意味にもなるんですよね。

常に冷静に

先週某日、午前中会議で午後翻訳。で夜の7時から9時までの予定で入っていた電話会議が、実際に終わったのはなんと11時!内容は通信関係。
前の前の職場で、私はインターフェイスプロトコルや、データリンクの仕様書を(それもかなり大量の)翻訳していたので、このトピックに関して全くの初心者ではないのだが、それでもやっぱり、予想したとおり、難しかった。
詳細は機密に触れるので書けないし書かないが、
本当に難しくて、途中何度も混乱して、最後の一時間は時々投げ出したくなった。でもなんとか投げ出さずに終わった。
ワタシのこの小さなアタマで、スペシャリスト同士の話を理解するのはもう本当にタイヘンです。限界を感じます。
それでも救われたのは、参加者皆さん冷静で、私がわかるように、言葉を換え表現を変えて説明してくださったこと。感心しました。以前の職場でも思ったけど、ソフト関係の方は皆さん冷静に話されますよね。
常に冷静に。見習いたいです。

器用貧乏と 不器用リッチ?

小学生の頃、何でもできて、つまり勉強もスポーツもできて、おまけに顔も性格もいい、なんていう子が必ずいませんでしたか?
そこまでいかなくても、なんでもソツなくこなせる多才多芸の人っていますよね。
でもふと気がついたんですが、
全般的に、何でもうまくこなせてしまう人、できてしまう人、って、意外と、それが当然だと思ってるからか、あまり欲がないというか、それ以上やろうとしないような気がします。
それはそれでいいと思います。
ヒヨコの場合、どちらかというと、全く逆というか、子供の頃は、親から「何の取り柄もない」と言われていたくらい、本当に何をやってもパッとしない方。
だから漫画家の藤子不二夫氏(のどちらか)が、勉強も運動もからっきしダメだったけど、漫画だけはうまかった、というのを聞いて、ああ、そういうのもありだな、と思ったのを思い出しました。
不器用だったからこそ、ひとつの事に打ち込めた、逆に打ち込むしかなかったんですよね、他ができないから。
それで「ドラえもん」という、いまだに子供達に楽しみを与え続けている漫画を生み出した。
これはこれで、不器用リッチな生き方だったのかなと思います。
その道を行くしかないほど不器用な人って、ある意味その世界の中では豊かに生きているのかもしれないです。
そう思えば、不器用もよし、と思えますね。

Jun 03, 2007

カメの歩みなれど

今の仕事を始めてからなのか、友人に支えれての自主トレの成果なのかわからないが、ヒヨコなりに、というより自分にしかわからない小さな進歩があったので、それを記録しておきます。

1.今年の初め頃だったか、日本語が、頭にすーっと残るようになった。それまでは、とったメモを見ながら、必死で「思い出して」いたのだが、それが、まるでコピーをとるように、日本語がはっきりと頭に残るようになった。英語はまだそこまでいかない。日本語だけ。でも、「思い出す」という作業をしなくてよくなったので、その分日英が楽になった。
2.クイックレスポンスが大事だということはわかっていたが、やはり単純作業的な練習(口慣らし)をやっておくと、現場で楽。逆にやってないと、ものすごく反応がスローになる。
3.訳出が苦しいのはそんなに前と変わっていないのだが、(特に英日は弱い)、それでも3年前と比べたら、聴き取れる量が増えたような気がする。思いこみによる誤訳も減ってきたような気がする。

現状での課題:
とにかくメモ取りとリテンションのバランスがまだ悪いので、もうちょっと練習して、リテンションのスパンを伸ばして、少ないメモで訳出できるようにしていきたい。
耳をよくして、構文を間違えずにとれるようになること。精読と多読。両方必要なんだろうな。
まだまだ道は遠いし、カメの歩み・・・だけど、mさんが以前言ってくれた、
「カメはウサギに勝つからね。最後は。」
ありがとう、mさん。

人の助けを借りて練習

仕事で疲れていたけれど、なんと先週は、スカイプ&電話練習のほぼ連チャン!
連チャンになることは滅多にないのですが、たまたま先週はいろんな条件が重なって、そうなりました。
 注: ちなみに、社内通訳の仕事を始めてからは、早朝練習はやっていません(睡眠をとって体調を整えたいので)。その代わり、夜やるようになりました。パートナーの方はそれぞれ忙しい方が多いので、練習のインターバルは、それぞれです。(毎週、十日に一回、隔週、等々)
月: スカイプ練習 英日 w/Eさん
水: スカイプ練習 英日 w/Pさん
木: 電話練習 英日 w/Tさん
金: カフェ勉 訳読&英日 w/Mさん

どんなに疲れていても、練習してくれる相手がいる、相手が待っていてくれる、と思うと、なぜか眠気やだるさが消えていくから不思議です。一人じゃなかなかこうはいかない。ソファでぐったり、なんていうのがよくあるパターン。
飽きっぽく、どうしてもサボリがちなヒヨコにとっては、この練習のパートナーがいるからこそ、自主トレができているようなもの。
あらためて、パートナーに支えてられてなんとか続けていられることに、心から感謝しています。
この場を借りて、ありがとうございます。
これからも、無理せず、失敗を恐れず、少しずつ、ともに歩んでいきましょう。


疲労感と充実感と

はぁ~、今週はなんだか忙しかったです。ざっと書くと、
月: 午前中はMtgがキャンセルされたので戻って翻訳。午後3時過ぎに面談のため小学校へ。
火: どんどん送られてくるファイルやメールを翻訳。夕方6時から電話会議。でも数値でモメて消化不良。
水: 10:30まで某会議で日英ウィスパ。10:30からは別の少人数のMtgでウィスパ。午後は翻訳。
木: 10:30から小規模Mtgでウィスパ。午後は翻訳。夕方6時から7時過ぎまで電話会議。
金: 現場で設計関連の打合せ。午後は戻って翻訳。3時からはエンジニアの情報交換会議(これはただ見学するだけ)。その後資料の翻訳。

木曜夜あたりからかなり疲れが出てきました。(もうトシです・・・)
あの、初期の頃の、開店休業状態が今となってはなつかしい・・・
でもねー、エンジニアはもっと忙しいんですよ。時差の関係で、どうしても夜電話会議を数本入れたり、一人でいくつもサブシステムというかモジュールをかかえてるから、打合せの相手も複数になるし。
彼らががんばっているのを、そばで見てよくわかっているので、また、どんなに疲れていても、ユーモアを交えて話をしてくれるので、私もグチったりはできません。
疲れているけど、人様のお役に立てているという感覚が、なんとか自分を支えているのだと思います。

ただ、ヒヨコ的に問題がひとつ。
以前は、会議がどんなに小さな規模でも、前準備をしてから臨むことができたのですが、最近は会議がない時間は翻訳に追われて、全くと言っていいほど前準備ができていません。会議の大小にかかわらず、終わった後は用語の整理などしていたのですが、それもどんどん溜まっていきます・・・。どうしよ・・・
でもそのうちきっと、ちょっとした空き時間ができることを期待しつつ、その時に、用語や資料の整理をしようと思います。
目や首・肩がツライし、体力も気力も衰えを感じることがありますが、でも日々これ精進だと思って、なんとか乗り切りたいと思います。

« May 2007 | Main | August 2007 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!