My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« April 2007 | Main | June 2007 »

May 27, 2007

Wake-up call

100%完璧にはできないかもしれない。
でもとにかく、人に直され、皆の前で失敗したことは、今は私の中では、wake-up call だったと思える。実際仕事で疲れることを理由に、自主練をサボっていたから。それからプレッシャーを感じたり、動揺するとうまく出せなくなるのも、これまで何度か経験している。
「毎日、少しでもいいから、淡々と、地道に練習しなさいよ。」
「自分の弱点がわかっているのに、手を打たなかったのは、自分でしょ。わかったら、さっさと手をうちなさい」
「気を散らさず、集中するんだよ。」
という声が聞こえる。

工藤投手が、一勝をあげたらしい。これまで4敗。
(工藤投手、おめでとうございます。現役を続けるその姿と努力に、何度か励まされました。こっそり応援しています。)
「今までは、勝ちたいという気持ちが強すぎたのかも。邪念があったのかもしれない。」とのコメント。
「うまくやりたい」なんていう邪念は追い払って、無心にやるべきなんだなあ、と。

Keep looking; don't settle. (by Steve Jobs)

現場で、見つめて、よく聴いて

「現場から離れないこと。」
これは、以前お世話になったFreddyさんから、最近いただいたメッセージです。
Freddyさん、ありがとうございます!米国でも一層ご活躍くださいね。
そうですよね。
「現場で、何が起こっているかを見つめて、耳をそばだてていれば」
ヒヨコでも、何かしらお役に立てるかもしれません。

正直言って、もの作りの現場が好きです。
基本的に、私はものを作る方々というのを、心から尊敬しています。
現場で汗を流して働いている方々、いいものを作るために一生懸命のエンジニア、
妥協したがらないデザイナー、淡々と成立性の是非を説明する設計者、
試作所で黙々と組み立てる作業者の方々、陰で支えるモデラーさんやオペレータの方達には、
畏敬の念さえ覚えます。
だから私は現場で、技術以外のこともたくさん学ばせて頂いているのだと思います。
ヘルメットや安全靴だって、(笑われたって)、かぶりますよ、はきますよ。

そう、だからヒヨコは、また現場でがんばります。ジャマにならないように気をつけながら。

セカンド・チャンス

(注: この原稿は、今年3月頃書いたものです。)
人間は、変われるのだろうか? 
それとも変わら(れ)ず、同じことを繰り返すのだろうか?

私は観てないのだが、ダンナが観た16 Blocks とかいう映画で、
内容はブルースウィルス主演の、ダイハードの焼き直しみたいなアクション映画だったらしいが(笑)、
ダンナにあらすじを聞いているとき、 なかなかいいこと言うなぁ、と感じたセリフがあった。
背景をざっくり説明すると、(違ってたらごめんなさい、私は観てないので聞きかじりです)」
あまりうだつのあがらない主人公の警官が、「人間は変われない」と、ぼやく。
どこかで人生投げちゃってるというか、まあ、そういう人たくさんいると思うけど、
そんな彼が、ひょんなことからある事件の証人を、自分も不利になることがわかっていて、
悪徳警官たちから守ることになる。その護送する範囲(というか距離)が、16ブロックらしい。
で、助ける羽目になった証人が、これまたちょこまか悪いことをやってたらしいが、
悪徳警官から命を狙われ続けるので、途中、
もしこれで助かったら、いつか、夢だったケーキ屋を開くんだ、と言う。
まあその後いろいろあって、最後主人公が刑期を終えて出てくると、
大きな誕生日ケーキが、この助けた相棒から届く。
「人間は、変われるんだよ。」
というメッセージカードとともに。

実際、この主人公は、証人の護送がきっかけで、
人の命を助けるというミッションに目覚め?まるで人が変わったように行動する。
つまりそれまで「人生投げちゃってた組」から、「人の命を守る、正義のヒーロー」へと。

罪を犯したり、取り返しのつかない大失敗をしたりして、
うちのめされている人はたくさんいるだろう。
ブタ箱にぶちこまれるような犯罪ではないとしても、
思わず人を傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったりで、
それを悔いて、顔を上げられずにいる人もいるかもしれない。

でももしセカンドチャンスがなかったら、本当につらい。
逆にチャンスが与えられたら、立ち直るきっかけになるかもしれない。
そんな大げさなことでなくても、
セカンドチャンスがあってこそ、人は新しい道を見つけて、歩くことができる。

追記: 上記の原稿は、だいぶ前に書いたもので、この時は、
人生のセカンド・チャンスは、必ずある、くる、という自分自身の希望も込めて書きました。
ただ、最近、人生という長いスパンでなくても、
日常的にも、セカンドチャンスを与えられることによって失敗から立ち直ることもあるのではないか、
と思うようになりました。
なので、いろんなところでセカンドチャンスに気がつくかもしれません。

一途な愛

↑ベタなタイトルやなぁ~
って、最近、偶然ケーブルで見た映画と、最近読み終わったPBの、テーマがまさにこれだったのだ。
映画は、チャンツィー主演の「初恋の来た道」。
PBは、Nicholas Sparks の "a Walk to Remember".
どちらも、初めてなので何にも期待せずにいたら、最後に泣かされたのも、同じ。

「初恋の来た道」は、話自体はなんてコトないんだけど、非常にきれいに撮ってあって、下手な日本のTVドラマよりずっと、いい映画の‘品’みたいなものがある。
話がそれるが、ずいぶん昔、ウッチャンが、この映画に惚れ込んで、「チャンツィーが、おべんと持って走って追いかけるところ、演ります!」とかいって、某バラエティーで、そのシーンを再現していたけど、その時はその様子を見てケラケラ笑って、気にも留めてなかったんだけど、たしかに、本編を観ると、グッとくるものがある。それから、ニュースキャスターの筑紫哲也氏が、自分の好きな映画のひとつにこれを挙げて、映画評論家のおすぎ(でいいんでしたっけ?)に、「なんで筑紫さんがこんなベタな映画もってくるのよ~っ!」とあきれられていたのを思い出した。
大の大人が、思わず好きな映画のひとつに挙げたくなる。初めて本編を観て、その理由がわかるような気がした。

a Walk to Remember は、読みやすい適当な洋書を探していて、アマゾンの売り上げ上位に入っていたので、ちょっとたまには話題作を読んでみるか、程度の気持ちで、何も期待せずに買った。これってもしかして、「セカチュー(世界の中心で愛を叫ぶ)」の下敷きになった話?と思わせるほど(実際どっちが先だったのかは知りませんが)、高校生の恋愛もので、女の子が不治の病、という設定も同じ。でもこれは昔からある古典的な設定ですよね。
でもわかっていても、最後はやはり泣けるんですね。どうしてかな。

この2作品に共通するのは、ひとりの人を一途に想い続ける、その一途さ、けなげさ、でしょうか。

モノがあふれかえって、物欲を刺激されて、広告やうわさにふりまわされる現代(日本)の生活。娯楽には事欠かないし、ほしいモノはたいてい手にはいる、何一つ不自由ない生活。気を紛らすものもたくさん。

でもこの映画と本は、「人を愛すること」の尊さ、潔さを思い出させてくれます。
普遍的なテーマだからこそ、一昔前の中国の農村が舞台であれ、40年前のアメリカであれ、多くの人の胸にうったえるものがあるのでしょう。
そうして、誰でも(多くの大人にとって)、大人としての分別がついたり、世渡りをしていく過程で、気持ちがすれてしまったりしても、心のどこかに、純粋に人を想う気持ちを持っていて、それをすっかり忘れていたのに、ふとこの作品にそこをつっつかれて(呼び起こされて)しまう。
どんなに富や名声を得たとしても、もしかしたら、こんなふうに「一途に人を想う」ことに比べたら、大したことないのかもしれない、これほど、幸せなことはないのかもしれない、いいなあ・・・って。

ベタな物語に、ベタな感想でした。(笑)すみません。

May 20, 2007

Stay hungry. Stay foolish.

ネガティヴモードで終わりたくなかったので、スティーヴ・ジョブズのスピーチを聴きました。
有名なスピーチなので、ご存じの方も多いかと思います。
これは、友人とのカフェでのプチ勉強会で、逐次の練習に使ったスピーチで、原稿を通してやったので、内容はほとんどわかっていましたが、やはり本人の肉声で聴くと、感動します。
スピーチの構成も非常に良くまとまっていて、
何度聴いても、とてもいいスピーチです。

どのエピソードも大好きなのですが、中でも好きなのは、最後のくだり、
Stay hungry. Stay foolish.
ここを聴くと、なぜか涙が出てきます。
(たぶん、その前までの話がすごくいいからだと思う)

とても聴きやすいので、時間のある方は、聴いてみてください。
The address given by Steve Jobs, CEO of Apple Computer and of Pixar Animation Studios, at the 114th Commencement on June 12, 2005

失敗してもいいじゃん。
本当にやりたいことをやろうよ。
そんな元気が出るスピーチです。

力不足

力不足を痛感しています。
悪いことは重なるというか、自分のできなかったところを、他の人にズバッと直されてしまいました。
それも何度も。
う~ん、やっぱり力不足。。。

なんだか、仕事も自主トレもうまくいかない。
正直、ツライです。
気力体力の衰えを感じます。
若い人や能力のある人がたくさん出てきて、
「あんたみたいに下手な人なんか要らないよ」って言われてるみたい。
子育て時の勉強しなかったブランクと、翻訳の仕事を始めた後も勉強しなかったブランクが、
今さらながらコンプレックスとしてひしひしと。

でも、すんだことをクヨクヨしていてもしょうがない。
目の前の、やるべきことをやるしかない。

でも誰か、助けて!
って、めずらしく叫びたい気分。
どうしたらいいのか、おしえてください!!

May 07, 2007

宇宙へ行ったサル君

副題: Discovery Channel HD に感謝。

4月下旬、社外のメーカーさんとのMtg。ちなみに相手のメーカーさんは皆さんスーツ。
以前も書きましたが、この手の打合せは、やや緊張するのですが、
でも実は用件が技術案件にしぼられているので、話も弾むし、やりやすい。
(交渉ごとというか、駆け引きとか、なんだかお互いが疑心暗鬼のまま紛糾する会議より、ずっといいです)

ただ、今回私がついて行く外国人エンジニアは一人だけだが、早口の米国人。他は全員日本人。
ってことは、日本人が発言している間はずーっとウィスパ日英、彼の発言は逐次で英日。
ところでこの米国人エンジニア、日頃から早口なのはわかっているのだが、問題は、大のジョーク好き。
時には、一人でふざけて、一人でウケてたりする。
"xxxxxxx, xxxxxxx, (laugh)"
ほら、日本人にもよくいるでしょ、(オヤジ)ギャグを一人で言って、一人でウケてる人。そんな感じ。
まあ、緊迫した雰囲気を砕きたくて、笑いを誘いたいのはわかるんですけどね。
でも時々わからないこともあるから、そこが難点。

今回は、というか、いつも大体そうなんですが、
最近は日本人の技術者の方々も、英語ができる、わかる方が圧倒的に多いのです。
だから、いちいち訳さなくてもわかる方が大半です。私は一応、念のため訳して、皆さんも確認のため聞いてる、という感じではないでしょうか。

打合せも終わりに近づき、進行役の方が、
「まあ、今回のケースは僕らが初めてのケースになるかもしれないから。定期的にコミュニケーションとってやっていきましょう。」
米国人: 「そうですね。僕らが実験台(ginnie pig)ってとこかな。ほら、あの宇宙へ初めて行ったサルみたいにね(笑:一人で)」
ここでポイントは、ginnie pig の方ではなく、宇宙へ行ったサルの方です。
彼は、実験台の比喩として、アポロ計画の前に、ほ乳類として初めて一人(一匹?)ロケットに乗せられ、宇宙へ飛んだサルの話を出したのです。
本当に偶然ですが、1ヶ月くらい前に、私ディスカバリーチャンネルで、この話をボーッと観ていたのです。
その時は、それがアポロ計画の前哨戦というか、実験として行われたということ、カプセルの回収に時間がかかり、サル君(名前忘れました)の安否がわからず、皆が冷や冷やしていたこと、カプセルを開ける時のドキドキする気持ち(「生きているんだろうか、大丈夫だろうか」)、そうしてサル君が無事生きて帰ってきて皆笑顔、その後このサル君は有名になったこと、などが、当時の白黒フィルムで紹介され、私の頭の中に、その映像が残っていたのです。

米国人エンジニアが早口で言ったことは、他の日本人の方はすぐにはわからなかったようです。私も、このディスカバリーチャンネルの番組を観ていなかったらわからなかったかもしれない。でも観ていたのが幸いして、わかりやすく訳す(説明する?)ことができました。で、笑いをとれた。すると、日本人の一人が、
「じゃあ、僕らはサルってことだね?」と、英語で言ってくれました。ここでも一同爆笑。すると米国人、
「そう。バナナがあるから、食べに来て。」
という具合に、(彼の望み通り?)、笑いがとれたので、とても終わり方としてはよかったわけです。

この日ほど、たまたま観ていたTV番組に助けられたと、感謝したことはありませんでした。
Discovery Channel さま、本当にありがとうございました。
これは何かのサインかもしれません。何が幸いするかわからない。
何にでも関心を持つことが大事なのでしょうか?
これからも時々、チャンネルをあわせて観ておきたいと思います。

延長線上2

以前、「仕事の延長線上にある」っていうのを、英語でどういうか、という記事を書きました。
先日、Science Friday というPodcast を聞いていたら、
エタノールが、呼吸器系の病気に関係があるかもしれない、という研究をしている人へのインタビューで、質問者が、「なぜこの研究をするようになったのですか?」という問いに対して、答の冒頭で、
「自分はもともとガソリンやディーゼルの体に及ぼす影響について18年間研究をしてきた。だから、今の仕事は、
the natural extension of my previous work I did. 」
と言ったのです。
やっぱり、こういう言い方するんですね。

ボルトが丸見え

よく、設計者の方々が、
「この中のボルトが見えちゃうんですよ。」(だから、設計上クリアランスがよくない、という意図を含んでますが)
と言う。これと類似の言い方で、
「ボルトが丸見えになる。」と言うこともあります。

これをワタシ、The (entire) bolt can be seen. とか、We can see the bolt inside. とか、
ウイスパで、テキトーに訳してましたが、
外国人エンジニアの中に、スペイン語・英語・日本語を話す人がいて、
日頃彼には用語や表現の日英ダブルチェックのため、いろいろ質問しているんですが、
この時ワタシの訳すのを聞いた後、
「それからね、The bolt is exposed. とも言えるよ。」
と教えてくれたのです。
The bolt is exposed!! たしかにそうですよね。でもこの発想が私にはなかった。
丸見え、という言葉から、expose という言葉は出てこなかった。

現場で、実物を見ながら表現を学んでいく、いい例だと思いました。

May 06, 2007

ワイドパンツとフリルとチュニック

景気が回復して上向き、というのはニュースで聞いていた。
この話は去年あたりからもう何度も聞いているのに、実感がなかった。
多くのニュースでも言われていたように、
景気がいいのは一部の大企業だけで、
中小企業や契約社員などは給料は上がらず、ボーナスも出ないところもあるとか。
庶民にはまったく縁のない話かも。

しかし、
ある日電車の中でふと目にとまった中吊り広告(女性雑誌)のコピーに、「ん?」
「私たち、もう着回さない」
これまでの女性誌は、こぞって、少ないアイテムで上手に「着回す」記事を載せていたのに。
これはどういう変化だろう。ただ目新しさをねらっただけかもしれない。
でももしかしたら、考えようによっては、景気が上向いてきたから、
チマチマと少ないトップとボトムの組み合わせに悩むこと(ケチケチするの)はやめて、
景気よくパーッとお洋服をいっぱい買って(読者に買わせて)、
ぜいたくなおしゃれを楽しんでもらうことを提案しているともとれる。
(あくまでも推測です。ここ数年女性雑誌は買ってないしほとんど読んでないので、真偽はわかりません。)

連休中、デパートで、久々のショッピング(本当に久しぶりでした)。
そこで店員さんの言うには、「今年はワイドパンツがきてます」。
それから、チュニックって、若い人の着る服だとワタシ思ってたんですが、
今年、ヒヨコ世代の売り場のブランドを見て回った限りでは、
私たちの世代の売り場でも、チュニック売ってるの!
それから、ヒヨコはフリルのついたシャツやブラウスが苦手で買ったことないんですが、
またまたどこのブランドでもこれでもか!っていうくらい、フリルものをそろえてます。
しかも、カジュアルブランドだけじゃなく、いわゆる高級なオートクチュール系のブランドでも、
フリルを着たマネキンが立ってます。
うぅぅむ。
ワイドパンツ、チュニック、フリル。
共通点は、布を多く使っているということ。

バブルの頃、やたらダボッとした肩幅の広いジャケットが流行り、
景気が悪くなるとミニスカートが流行る。
何かの本にも書いてあったが、
不景気の時は、布地をあまり使わないで、できるだけミニマムに服を仕上げる傾向があるとか。
布地を多く使う服が流行るというのは、やはり景気が上向いているからだろうか。

とはいえ、ヒヨコは結局この3つのどれも買わず、
定番のストレートのパンツと、シンプルなニットのセットを買ったのでした。
流行ものを着ればおしゃれにはみえるかもしれないけれど、
どうしても、質のいいものほど永く着たいという気持ちも強く、
また、プレーンなものの方がいろいろ組み合わせられるので、
結局「着回さざるをえない」ヒヨコ。相変わらず冒険はできないのでした。
一度でいいから言ってみたい、
「ワタシ、もうケチケチ組み合わせに悩んで、着回したりしませーん!」って。

« April 2007 | Main | June 2007 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!