My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« January 2007 | Main | April 2007 »

Mar 24, 2007

橋渡し

3月某日、社外の方々を招いてのMtg。
参加者は、日本人(英語使える)2名+外国人5名、社外の日本人5名(英語は使わない)。
かなりフォーマルな雰囲気。社外の方は皆さんスーツ。
ヒヨコ、やや緊張。
英日、日英の繰り返し逐次。
さすがに、日本語の言い回しにも気を遣いますよ。

理解できたところは、自分でも驚くほど(!)スラスラ出せたが、
聞き取れない、わからないところはやっぱりもたつく。
でも、lessons learned で、わからないところは、
「こういうことですか?」と、確認できるようになった。
それでもわからない箇所が一度だけあったのだが、
この時は、エンジニアが助け船を出してくれた。

そうして2時間半に及ぶMtgがあっという間に終わった。
内容が重要なだけに、皆、真剣だった。

会議の終わった後、
主催側の外国人エンジニアが、さりげないタイミングで、
"Good job."と。
その後、社外の方が帰り際に一言、笑顔で、
「明快な通訳ありがとうございました。」と。

そんなふうに言われたのは初めてだったので、本当に嬉しかった。
もちろん、まだまだ改善の余地は大ありなんですよ。
でも本当に嬉しかったの。
面と向かって言われたので。
「いえ、まだわからないことも多くて、教えて頂くこともたくさんあると思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。」とヒヨコ頭を下げる。

でも本当に、無事に橋渡しができたことを実感できたMtgだった。
そういう意味では、全ての人に感謝。

決戦は金曜日

某金曜日、週1回の定例Mtg。
出席者は、変動はあるが、大体、日本人10名前後(全員英語わかる)、外国人10名前後(英米圏ネイティヴ3,4名+ノンネイティヴ7,8名)。
バイリンガル通訳氏が去ってから、このMtgの逐次は私がやることに。
重要議題が出てくるらしいのだが、私にはイマイチ何がどうなっているのか背景がわからないまま、2回目を迎えてしまった。

そうしてとうとう恐れていたことが起こった!!
エンジニアがプレゼンで言っていることがよくわからない! よくわからないのに推測で補って訳してしまった。
「もう1回言ってください」と言えばよかっただけなのに。
逐次が入ると時間がかかる。会議を効率よく進めるためにも、通訳に時間がとられてはいけない。
ということを肌で感じているだけに、聞き返すことができなかった。
「よくわからないけど、大体こういうことを言っているんだろう」という、一番やってはいけない危険を冒してしまった。
会議の後、日本人の方から、
「推測で補わないで、言ってることをそのまま訳して。聞いてるほうが混乱するから。」
と注意を受けた。
これじゃあ信用落とすよな・・・

純粋にテクニカルなMtgやWorkshopだと、言ってることそのまま訳しても、
専門家同士だと十分伝わるので、彼らの専門知識に助けられている。
この金曜日の定例Mtgのプレゼンは、専門的なことプラス、プログラムの進捗状況に合わせた問題点や要求事項が提示される。
正直、何が飛び出してくるのかわからない、びっくり箱状態。
どうしても、自分で納得&理解できないと、スパッとすっきりした訳にならない。
後味が悪いまま、だ。

やはりグローバルな企業で、英語話せるのが当たり前な人たちばかり(!)の中で通訳しなければならないというプレッシャーは、相当きつい。無意識にそれを感じていたのだろう。
「聞き返したら、わかってないことがバレちゃう!」なんて、変な見栄があったのだ。
でもこれは絶対やってはいけない。
わからないことをそのままにしていたら、誠実さを疑われてしまう。。
週末の疲れも重なり、自分でも、頭が固まって、いつものように機能していないのがわかる。
でも疲れているなんて、そんなこと言い訳にならない。から言わない。

理想は1回できっちりと訳すことだけれど、わからないときは聞き返したほうがいい。
それから、エンジニアも、しゃべりだすと止まらないで、あっという間にたくさんしゃべってしまうので、
メモを見ても思い出せない、リテンションがきかないくらい、量が増えていることがよくある。
他のエンジニアが、気がついてくれて、「ヒヨコに訳させないと」と、止めてくれることもある。


会議の終わった後、外国人のチーフエンジニアと話したのだが、彼は、
「君はとってもよくやってくれてる」(英語で)とねぎらってくれたけど、
それは日本語が100%ハッキリわかるから、日英はやりやすいだけで、
英日はかなりあやふやな理解のままだったので、それを正直に伝えると、
「エンジニア達のプレゼンの方法にも問題がある。
彼らは伝えたいことはたくさんあって、しゃべりたいだけしゃべってはいるが、
要点がつかみにくい。私自身も時々混乱した。皆を混乱させてしまっていた。
私からも、プレゼンの仕方を改善するように、彼らに言っておく。」
とのこと。
ふむ。混乱したのはワタシだけ、というわけではなかったようだ。
しかし安心はしていられない。
早く彼らの訛りのある英語にも慣れて、きっちりスッキリした訳出ができるようになりたい!!
まだまだ発展途上人。
改善の余地はたくさんあるぞ。

ドラマのスクリプト vs. Time/Newsweek

職場にいる、正社員で、在米18年の完璧バイリンガル通訳さんいわく。
(ちなみにこの方、通訳学校など通っていませんが、バリバリで同時通訳なさってます。
英語を聞いた限りでは、ネイティヴですね。でも日本語は訛っておらず、完璧バイリンガルです)

「ふふん、TimeとかNewsweek みたいなのばっかり読んでるだろ。」
(ヒヨコ、ちょっとヤな予感)
「そんなの読んでも、通訳うまくならないぞ」
ヒヨコ 「えー?TimeとかNewsweek がダメなら、エコノミストはどうですか?みんな結構いいって言ってる」
「あのなー、日本語学ぶ外国人に、プレジデントとか、日経ビジネスみたいな雑誌薦めるか?
だいたい、メディアはバイアスかかりまくってるんだぞ」
(ヒヨコ、ちょっと話がずれそうだなと思いつつ、)
ヒヨコ 「じゃあ、何を読めばいいんですか?」
バイリンガル通訳氏: 「自分の好きなTVドラマのスクリプトか、ペーパーバック。」
ヒヨコ 「へ?じゃあ、前ワタシよくアリーマクビールとか、West Wing とか、フレンズとか見てたけど・・・」
バイリンガル通訳氏: 「そうそう。それでいいの。オレは自分の経験できない世界とか事柄は、全部スクリプトを通して経験できると思ってるし、自分が経験できないことまで、全部文字になってるんだぞ。
大体日本人が話そうとしてる英語って、大学レベルの複雑きわまりない英語なんだよ。
話す言葉って、中学か高校レベルで十分だし、それで伝えられないようじゃ、いい通訳もできないんだよ。
この会社の(通訳)採用試験の時も、受けに来てた人たちみんな、『お勉強』できそうな人ばかりだった。でも、簡単なことを簡単な表現で言えない。だから落ちた。」

この会話はちょっと印象的だったので、即刻、友人にも話しました。
Time, Newsweek で必死で勉強している人たちがたくさんいるのを知っているだけに、
また自分自身も、今はTime Newsweek を読んではいないけれど、いずれはEconomist やForeign Affairs が読めるようになるのが、最終的な目標でもあるだけに、ちょっとショックでもあります。

でも、一理あるような気もする。
いかがでしょうか。皆さんどう思われます?
友人との会話では、私たちは、国産なのだから、両建て
(つまりTime/Newsweek AND ドラマのスクリプト、の両方をやる)で行こう、
ということで落ち着きました。

Brush up 現場力

2月下旬、1週間、某システムのワークショップ。
走り書きのメモより:

良かった点:
1.訳し忘れたところに気がついて、後からだったが、ちゃんと伝えることができた。
2.シミュレーションと実地のテストの相関関係について、後からおしえてもらうこと。
3.日本人の発話の特徴として、省略することが多いので、私もそのまま訳しているから、
わからないときは、それを質問してくれ、そうすれば日本人も、どこが言い足りなかったかわかるから、
と伝えることができた。

12月の頃のMtgに比べると、ほぼ95%近く正しく訳出できたと思う。EJもJEも。進歩だ!!

↑ この走り書き、今読み返すと、よっぽど嬉しかったとみえて、ニコニコマークまでついてました。

実はこの後まだまだ、いろいろ苦労するんですけどね。
でもこの時は、「できた!」っていう喜びが大きくって、思わずメモっちゃったんだと思います。
自分にしかわからない進歩ですからね。
この後、うまくできたりできなかったりで、結構苦労するんですが、
やっぱりこの時は、よほど嬉しかったんですね。まだまだヒヨコな証拠。

ドキドキ?ヒヨコ、電話会議デビュー

2月上旬、これまたドキドキの電話会議デビュー。
しかもトピックが Electric Archtecture だぁ?
電気は苦手なんですってば・・・
でもそんなことも言ってられず、
ハイ、あせる気持ちを抑えつつ、関係のありそうな資料を読みまくりましたよ。

っつーか、これ通信じゃない!
そういえば、以前の職場でも、この通信の話はよく出てきたんだった。
今頃になって、思い出した。
今や、この通信の話抜きには技術畑は歩けないんじゃないかしら。

あれこれ資料を読んではみたけれど、
一番助かったのは、何といっても、
同席してくれる日本人エンジニアと、事前に直接電話で話ができたこと!!
この方が本当に親切な方で、技術的な事はもちろん、
この話し合いの背景と、問題点、今日の電話会議で争点になりそうなこと、等々、
ヒヨコの知りたかったことを全て、おしえてくださったんです!!
会議で使うことになっている一覧表の説明までしてくださいました!!
どんなに心強かったことか・・・
(わかります?この気持ち。)

実際、電話会議でお会いして、とてもぼくとつな、いい方で、
話が込み入ってくると、図を描いて説明してくださったり。
電話の向こうは例によってノンネイティヴ。
クセのある英語だけれども、皆真剣だから、伝わるのね。

終わった後、この電話会議を主催した駐在の(外国人)エンジニアに、
「今日のはとても充実しててよかったね」みたいなことを言われて、
ホッとした。(わかります?この気持ち)
助けてくれた方々へ、感謝。

Mar 23, 2007

プチフォーマル会議デビュー

ちょっと記憶が薄れてきているので、急いで書いておきます。
1月下旬、2日間、社内にて、日本側と外国側のface-to-face meeting にアテンドしました。
日本人は20名近く、外国人は2名+海外駐在の日本人が2名。
そんなにフォーマルではないのですが、会議室が広く整っていたので、
ヒヨコにとってはちょっと緊張する、プチフォーマルな会議でした。

ヒヨコがアテンドした外国人は英米圏の出身ではないので、
やはりかなり発音やアクセントにクセがあり、
結構わからないことがあり、冷や汗をかきました。
また、お互いの会社のやり方に違いがあるのは当然ですが、
それを充分理解しないまま会議に臨んだので、
正直その部分は???でした。

やはり英語力だけではない、背景をわかっていないと
うまく訳せない、ということを痛感しました。

神様が与えてくださる場所

そう!こんな仕事がやりたかったのだ。
現場でエンジニア同士の綿密な打ち合わせ、
技術用語がバンバン出てくる会議、
デザイナーと設計側で意見が衝突する定例会議、etc...
臨場感のある現場でのウィスパリング。

子供を育てながら、技術翻訳を黙々とやっていたけれど、
それが決してムダにはなっていなかったことに最近気がついた。
作るものが違っても、メーカーで共通する部分って、多々あるのだ。

終わった後、「とってもいい仕事だった」ってお礼を言われたときの、
「ああ、人様のお役に立っている・・・。」という気持ち。
なので、ヒヨコはとても嬉しい。

友人が、仕事とのめぐり合いは、
「神様が与えてくださる場所というのがある」、と言っていたのを思い出す。
ヒヨコのような者でもできる仕事と職場を、
神様が用意してくださったとしか思えない。

そのくらい、外国人のエンジニア達とのケミストリーがいいのだ。
いろんな意味で、この職場との出会いには感謝している。

ひな型トレーニング

2月某日メモより。
今年は通検の二次が1月にずれこんだこともあり、
1月は、通訳自主トレの総仕上げ月間として、
試験のために、政治経済中心に取り組んだ。
必然的にムズたくになっていた。

問題点:
1回でとれない・忘れる・抜ける(というより、理解できていないのだろう)
メモ取りとリテンションが全くうまく機能していない。
たった40秒くらい、メモをとらなくても、覚えていられるようになりたい。


2月は、やさたく&ムズたく 硬軟とりまぜて取り組む。
合理的に考えて、やるべきこと&できることを、淡々と着実にやる。

近々の目標は、流暢さと記憶保持力のアップ。英日・日英両方。
最終的な目標は、分野を問わず、1回で理解して80%以上、正確に訳出できるようになること。

- オーラルイングリッシュのブラッシュアップのため、ドラマ・映画のせりふなどをスクリプトでチェック
- 自動車工学・automobile engineering の本を日英どちらでもいいので読む。
- 記憶保持力アップのため、一日1サイトラ、メモなし逐次
- Fluency UP のため、とにかく耳に入るもの何でも訳してみる

ヒヨコのひな型トレーニング、大公開!?
 K/H システム: 4分のスピーチ素材のシャドウイング、リテンション、逐次、日英反訳。これをとにかくくり返す。K/H システムは非常によくできていると思う。初心者向けだが、中・上級者にもとてもよい刺激になる。これをやり込んで、ベースにして、他の素材で同じように練習すれば、かなり力がつきそう。
 「晴山式」英語速答700問ドリル 基礎体力編: これで中学レベルの英語、足し算引き算など、とにかくQRの練習。
 VOA, BBC の音読。やはり音読は効果があると、友人がおしえてくれた。

って、ぜんっぜん目新しくないやん!

伸び悩み・壁を感じるとき

1月8日のメモより

自分で伸びを実感できない時、変わり映えしない時、諦めたくなったり、迷いが生じる。
疲れた、飽きた、という心理とどう向き合うか。
プラトー脱出方法をグーグルで検索したら、アイデアで共通していたのが

1 黙々と辛抱強く練習する。もっと練習する。 ← これが一番多かった。
2 少し前に戻って(レベルを下げて)やり直す。 → 基礎トレ・たぶん自分の基盤となるひな型に戻るっていうのもこれに含まれる。
3 全く別の方法を試す。(現在のアプローチが違っているかもしれないから)
4 しばらく離れる。 → 離れすぎて、逆効果(スキル低下)にならないよう予防策が必要。
ほかには、
5 欠点を冷静に確認する。&弱点克服のためのメニューを考える、とか。

スランプ克服法としては、
ひな型トレーニングに戻る、下位技能の訓練、理論書を読む、なんていうのもあった。

上級の域に達するためには、あせりとあきらめを乗り越えなければいけないらしい。
(ちょっとため息)

で、とっても気に入ったフレーズを見つけたので、思わず手帳に書き込んでしまった。

「後退していなければ前進している」

これでちょっと笑えますね。
迷ったときはこれを唱えることにします。

1回で理解する&俯瞰で訳す

通検1級のレポートするのを忘れてました。遅ればせながら。

2005年秋期:
英日: リーダーシップに関するスピーチ (後から知人に聞いたところ、通検2級と同じ内容だったようです。)
日英: エイズと日本の若者

2006年秋期: (春期は受験せず)
英日: MBA vs. MFA 
     参考までに→ http://www.michael-r-nelson.com/design_blog/images/HBR_Feb2004.pdf
日英: 介護予防の工夫

結果: 2次試験敗退

反省&考察: 05年も 06年も、前回までの機関銃のような速さの対談とは違い、吹き込みによる素材でした。
当然、英語自体は聞きやすかったのです。が!
やはり1回で聴き取り理解して訳出する、という力が完全に欠けております、ヒヨコの場合。
2回聞けば、絶対わかる内容だったと思います。

英日はまた、ヤマをかけていた政治経済&世界情勢というのがことごとく外れまくり、
全く未知の内容だったので、
純粋に英語力とリテンション力を試された感じがしました。
繰り返しになりますが、今の自分に決定的に欠けているもの、
1分から2分の素材を、1回で聞いて理解して訳出するという力が不足していることを
あらためて思い知りました。

それから、日英は、小手先の訳出じゃダメです。
英日もそうだけど、俯瞰でまるごと訳せるようにならないと、ダメです。
瞬時に情報をまとめて訳出できるようになりたい。


だいぶ前に朝日の「ひと」の欄に紹介されていた、神山昌子さんという方の切り抜きを、
目の前のボードに貼ってあります。
神山さんは、22回連続の挑戦で司法試験に60歳で合格したシングルマザーで、
現在日本司法支援センター(法テラス)の常勤弁護士をやってらっしゃいます。
子供を育てパートを転々としながら予備校に通い、連続不合格に泣きながらも、
弁護士になる夢を諦めなかった方です。

才能や環境に恵まれて、1回で合格する人もいるでしょう。
でも20回不合格でもあきらめなかった、神山さんという方が、私は好きです。
試験に落ちて肩を落としても、神山さんの切り抜きを見ると、
よし、またがんばろう、という気持ちになります。

« January 2007 | Main | April 2007 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!