My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« July 2006 | Main | January 2007 »

Dec 31, 2006

クルージング&BBQ

最近、すっかりご無沙汰していた、年に1回のペースになっている、
某社ヨット部主催の、クルージング&BBQに次男と参加。

クルージングのいいところ:
道路や線路など、決まった道の上をいくわけではない、とっても不思議な感覚。
風と波の力で進む。 エンジンを止めると、本当に静か。
波のゆらぎ、きらめきに、癒される。 風を直接、肌で感じる。
沖合いから、陸を見る。何もかもが小さくなっていく。
船出、海、とくれば、
アンドレア・ボチェッリとサラブライトマンのこの曲をどうぞ。

Time to say goodbye. -- Con te partirò.
Paesi che non ho mai
veduto e vissuto con te,
adesso sì li vivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,

はい、これでは意味がわかりませんので、翻訳版をどうぞ。

Translations:

Time to say goodbye -- I'll go with you

Sarah
When I'm alone
I dream of the horizon
and words fail;
yes, I know there is no light
in a room where the sun is absent,
if you are not here with me.
At the windows
show everyone my heart
which you set alight;
enclose within me
the light you
encountered on the street.

Time to say goodbye. -- I'll go with you
to countries I never
saw and shared with you,
now, yes, I shall experience them.
I'll go with you
on ships across seas
which, I know,
no, no, exist no longer;
it's time to say goodbye. -- with you I shall experience them.


Andrea
When you are far away
I dream of the horizon
and words fail,
and, yes, I know
that you are with me;
you, my moon, are here with me,
my sun, you are here with me
with me, with me, with me.

Time to say goodbye. -- I'll go with you
to countries I never
saw and shared with you,
now, yes, I shall experience them.
I'll go with you
on ships across seas
which, I know,
no, no, exist no longer,

Both
with you I shall experience them again.
I'll go with you
on ships across seas
which, I know,
no, no, exist no longer,
with you I shall experience them again.
I'll go with you.

You and me.

Time to say goodbye.
Places that I've never seen or experienced with you.
Now I shall, I'll sail with you upon ships across the seas,
seas that exist no more,

another translation:

Both:
I'll revive them with you.
I'll go with you upon ships across the seas,
seas that exist no more,
I'll revive them with you.
I'll go with you.

You and me.


The underpinning of communication

is trust, I think.
意思疎通の基礎[支えとなるもの]は信頼だと私は思う。

今回、雇用側の予算の都合で、契約終了となる。
通訳を雇うとコストがかかる、という理由。(それは最初からわかってたはずだが)
短期的に利益が出ないと、コストを削減する。
長期的に人を育てようという姿勢は、ない。
でも、ここでゴネて、時間を浪費したくない。

コスト削減なので、後任の通翻訳者が来ないということになり、
突然だったので、今度は日本の会社側が怒ってしまった。
外国人側にも、日本のビジネス慣行や職場の暗黙の慣行など、いろいろ説明してみたけど、
イマイチ理解できないみたい。しょうがないか。
最後まで、板挟みだったなあ。

とにかく、今やるべきこと・できることをリストアップして、
優先順位をつけてやること。

これは何かを意味するサイン。
純粋に、休暇。読んでない本が読める。行きたかった所に行ける。
いつまでも同じ仕事をやっていてはブレイクスルーどころか上達しない。
それは前の職場でも感じたこと。
同じ事の繰り返しでは、実力は落ちていく。
もっとレベルの高い仕事に挑戦するべきだ、という呼びかけ。
その力がついてきたから、思い切って飛び出すべき、というサインかもしれない。
通訳の現場に入って行くための準備をするべき時。
学校に通ってみようか。
もう一度、やり直すべきかな。よく考えてみよう。 Sep 06

Miracle Steps

今を、充実させよう。
人と比べてはいけない。
上を見ても、下を見ても、人と比べることには何の意味もない。
(過去にさかのぼって比べて嘆いても、しょうがない。過去は変えられない。)

自分の能力のなさを嘆く前に、
自分がいろんな意味で、本当に恵まれていることに感謝しよう。
好きなことが勉強できる幸せ、協力してくれる家族、応援してくれる友人。
感謝した上で、祈る。
強い気持ちで、決意したことを祈る。

NHK スペシャル Miracle Steps で紹介していたように、脳にはまだ未開発の部分がある。
「起きあがること」「自分の足で歩くこと」
ただこれだけのために、想像を絶するような努力を続けている少女がいる。
彼女を支えているのは、強い信念だ。
この少女から、教わったこと。たゆまぬ努力。強く信じること。
自力では起きあがれなかった少女が、ほんの少しでも体を起こしていられるようになったら、
全く歩けなかった人が、一歩でも踏み出せたら、
それは例えば、私が不可能だと思っていた、同時通訳ができたり、バレエのピルエットがぶれずにできたりステップをきれいに踊れたりするのと同じなのではないだろうか。
多少体力は足りないが、私には、ちゃんと動く手足と、健康がある。
人よりもペースが遅いかもしれないけれど、その気になれば、自分なりに前へ進めるのだ。

アニーサリバンもマザーテレサも奇跡の人だ。
共通するのは強い信念、祈る姿、無私の愛情の深さだろうか。
やっぱり、それぞれの場所で、個性で、その圧倒的な存在感で、私を勇気づけてくれる人たちがいる。
Aug, 2006

秋へ向けて

決意・誓い: 通訳翻訳の仕事を通して、人の役に立つこと。

訳出の精度を上げる。初見で80%以上。
正確に、よどみなく、ムラなく、コンスタントに訳出できるように。

持続可能な自主トレ方法を考える。
自主トレを習慣化してしまう。
朝時間・通勤時間の活用。何をやるか、事前に決めておく。「通勤大学」という考え方
たるんだとき、落ち込みそうな時の対処法を前もって用意しておく。
必要ならば、人の手の助けを借りる。

ゆるぎない英語力および通訳の実力をつけるために、
国連英検特A・工業英検1級・通訳検定1級2次突破 を目指す。

8月中に読んでおきたい本

短い夏休み、山中湖で遊んだり、帰省したりで、あまり読めなかったなあ。
目標は多読だったんだけど、やっぱり中だるみした。

CL (clarity & logic) トレーニング 片野拓夫著
ここまで使える超基本単語50―同時通訳の最前線から学ぶ 鶴田智佳子・河原清志共著
CDブック「プロ英語」入門―通訳者が実践している英語練習法 鳥飼玖美子著
論理的に話す方法 小野田博一著
わかりやすい話し方の技術 吉田たかよし著

なれたらいい?能面通訳

久々に、日英&英日逐次。ここんとこしばらく、データの翻訳100%どっぷりだったので。
「競合相手の実力が思ったより良くて、当チームの将来的な見通しが暗い」、
なんてーのを訳すのは、正直ツライ。
どちらの立場も理解できるし、3ヶ月近く一緒に仕事して、いつの間にか情がうつってるのかなあ?
お金がからむことや仕事の先行きで、言いづらいことを、あえて通訳に言わせているような気もする。
なんだか、感情を入れずに訳すのって、難しい。
でも、言われたことにいちいち反応してたら身が持たない。
(例えば、「えぇっ?そうなんですか?」とか、「どうして?」とか。日頃エンジニアががんばっているのを傍で見て知っているからかな?でもreact するんじゃなくて、訳すのを先にやらなきゃいけないのに。)
正直言って、技術オンリーの説明を訳す方が、ずっとラク。だって事実と数字だけ伝えれば済むから。

やっぱりここは、毅然として、クールに訳すべきなんだろうな。

そう、どんな内容が出てきても動じず、マシンのごとく、顔色ひとつ変えず、チャチャチャーッと、
訳せたらいいのにな。初歩的な文法ミスなんかせずに(感情がからむと、動揺するのか、文法が乱れる!)。
目指せ冷徹能面通訳。

あと、日本人の方へお願い!!言葉を省略しないで~!!(って、ここでお願いしてもしょうがないけど)
ただでさえ、「あちら」「こちら」「穴埋めだから」なんていうあいまいな言葉を、ほとんどこれまでの経過と推移で推測しながら出してるのに、それに加えて、「全部やってくれること」の「全部」って、どこからどこまでなのか、わかりませんがなー!
そりゃあ、背景がわかってくると、かなりの部分を補いながら出せるけれども、それでもワタシは人の頭の中まで見通せるわけじゃないんですよ。全てを理解してるわけじゃないの。理解しようと努めてますけど。
ここでお願いしてもしょうがないか・・・ July 2006

中田の涙

中田(英)の引退記念番組を見ていたら、彼のプロ意識の高さを象徴する言葉があった。

「怪我をしたからxxできません、って言うくらいなら(言い訳するくらいなら)、最初からやるな、出るな」 「誰かから言われたからやるっていうんじゃなく、自分でこうしよう、と思うもの」

ダンナとの衝突というか、結構核心をついたことを言われたりするたびに、
「ホントにいったいいつまでこんなこと(人から見ればかなりバカバカしいことやってるのかも。音読したり、逐次の練習なんて)、やらなきゃいけないんだろう。年齢的にも、会議通訳目指してるわけでもないのに。」って思って、全てのことが、ばかばかしく思えてきたりする。投げやりーな気持ちになるのもこういう時。生きてることすらバカバカしく思えてくる。「私ってば、いい年して、何やってるんだろう?」

で、この投げやりな気持ちから脱出するために、他の人のブログを見たり読んだり、自己啓発の本をパラパラめくったり。
はぁ~、モティベーションをキープするのって、本当に難しいわあ。みんなどうしてるんだろう。
でも、中田英の言葉に、はたと気がついた。

「誰かから言われたからやるっていうんじゃなくって、自分でこうしよう、って思うものですからね。」

何かを目指してやっているときに、自分が自己チューじゃないか、とか、トレーニングはただの自己満足なんじゃないかとか、そんな迷いは消えているのかもしれない。

他人からみると、ヒヨコは、電車の中でブツブツ言ったりして、バカバカしいくらい、こっけいな人かもしれない。
でも、中田英には、だれも文句は言わないよな。
それは、彼には迷いがないから。そうして、ヒヨコとは比べ物にならないくらい、修羅場を踏んで、厳しい環境で闘ってきたから、目指すべきものが何かわかっているから。

だから彼の言葉には納得してしまう。マスコミや一部の人たちから、やっかみも入った非難や批判を浴びることもあるようだが、それでも、やはり彼にはプロとしての意識、プロとしての誇りがあったから、出てくる言葉も、自分が感じた、自分の中から出てくる言葉なのだ。

私は自分が甘いということを、あらためて認識した。
もともと訳出で間違うと、笑ってごまかす悪い癖があって、いつも秘かに自分は甘いなと思っていたのだけど、やっぱり、笑ってごまかしてる場合じゃない。
それに、朝練も、やるやるといって、結局あまりできていない。疲れた~と言っては、ソファでグタッ。
これじゃあ、家族にも、真剣さが伝わるはずがない。
真剣さが伝わらないから、ダンナにも、「いつまでこんなことやってんだ?」とグサグサ言われるのだ。
言われても仕方がない生活態度というか、勉強態度だったのだ。
やはり、真剣にやっていること、を、示す、表現しなきゃいけないのだ。
「真剣さを態度で示す。」 これも中田の言葉にあった。

負けて悔し涙を流すくらいじゃなきゃ、スポーツ選手にはなれない。
中田選手の涙、忘れません。長い間、お疲れ様でした。July 2006

自己チュー&自己満足?

ダンナに、通訳の自主トレや試験の勉強が、単なる自己満足なんじゃないかと言われて少し落ち込んだ。少しアタマにもきた。
以下実際の会話: in July 2006

夫: 「それ(自主トレ)って、ずーっと続くわけ?一生?」
ヒヨコ: 「一生ってことはないけど・・・」
夫: 「じゃあ、あとどのくらい勉強を続けなきゃいけないわけ?10年?」
ヒヨコ: 「・・・」(なんか、責められてる気分。ただでさえ、家事をやってないからなあ。)
夫: 「それで、試験勉強して、何かいいことがあるのか?あるいは仕事に結びつくとか?」
ヒヨコ: 「今はただ、自分の実力をもっと上げなきゃいけないと思ってるんだよ。それに、一生とは言わないまでも、仕事をする以上は、コンスタントに、新聞読んだり、ニュース聞いたりはしなくちゃいけないだろうし。いずれにしても、勉強量はまったく足りてないわけだから。」
夫: 「会議通訳を目指しているのか?」
ヒヨコ: 「いや、今の私の実力ではとてもそこまでは・・・っていうか、仕事しないで通訳の勉強だけやるっていうような環境ならともかく、今の状況じゃ無理だよ。」
夫: 「じゃあ、なんで勉強するのか?ただ、自分の実力アップのためだけなら、ただの自己満足じゃないか。」
ヒヨコ: 「自己満足って、私ってやっぱり自己チューってこと?」
夫: 「すごいなあとは思うけど、自己満足の世界だろ。それじゃあ、人を感動させることはないな。」
ヒヨコ: 「とにかく、2004年からトレーニングを始めて、一応3年くらいはがんばってみようと思ってるから、2007年くらいまではとにかくやってみる。」
夫: 「それで、何か見返りはあるわけ?絶対にペイのいい仕事に就ける、とかさ。見返りって、俺にじゃないよ、君自身にだよ。」
ヒヨコ: 「うーん、その保証がないところが苦しいところなんだけど・・・。会議通訳にはなれなくても、とにかく、もっと、企業で使ってもらえるような通訳を目指す。(から、協力して!!←声に出せず。)」

自己満足で何が悪い!!私は今まで、そしてこれからも、自分の人生の大半を家族のために捧げてきたし、捧げているんだぞ!
家事と仕事と様々な拘束のある中、かろうじてスキマ時間を見つけて、勉強というか自主トレに充てているだけじゃないか。
それで自分の実力向上を図るのが、そんなに悪いことなのだろうか。
それに、「通訳の勉強やってる人たちを、すごいとは思うが、人を感動させることはない」って、
じゃあ、人を感動させる、っていうのはどういう人たちかというと、、、

こういう時、ダンナがよく出す例として、マザーテレサや国境なき医師団の話を出してくるんだけど、
まずひとつ、私だってマザーや国境なき医師団を心の底から尊敬しているけど、私には子供がいるんだし、彼らみたいな仕事ができるわけないっしょ!Charity begins at home. なんだよ!

それに何より、あたしゃ、アンタを感動させるために自主トレやってるわけじゃないんだよ!フンだ!

でも、言えないんだな、これが。
というのも、今の職場に移ってから、勤務時間も通勤時間も以前より長くなったため、平日は家事の大半をダンナがやってくれているのだ(もちろんダンナも外で働いてます。主夫ってわけじゃないの)。
もともと、体を動かすのはいとわないというか、苦にならない人なので、家事や子育ては嫌がらずにやってくれる人なのだが、やはり、口に出してこそ言わないが、ひしひしと感じるのが、
「男の俺がこれだけやってやってんのに。」という思い。間違いない。
女性と違って、やはり家事に関しては、男性は、「やってやっている。」という感覚が強い。
うぅ~、心苦しいから、あんまり家事やらないで、って言ったこともある。放っておいてくれれば、週末私がやりますから。そうすると、「そんなわけにはいかないだろーが!」と。
そう、実際、家族4人分の衣食住に関わる家事、誰かできる人がやらないと、回っていかない。

「すいませんねぇ。」などというと、その言い方があまりよくないらしい。結局、
「いつも協力してくれてありがとう。本当に助かってるよ。」で締めるしかない。うぅ~、なんか、心苦しい。

結局、母親が外で働くことで、子供や家族にしわ寄せがいく。
その罪悪感を、ずーっと背負ってきたし、これからも背負っていくのだろう。
このこと(罪悪感を感じていること)は、これまでも、これからも、声にこそ出しては言わないし、「ほーら、私ってば、ちゃんと両立してまーす」なんて、胸張って言うことも、決してないだろう。
人からは、自己チューと思われても仕方ない。

distracted too much...in July

To keep motivated in July:

上半期は、受動的なインプットが多かったので、総仕上げとして、
最後、能動的なQRと訳出練習に注力する。ビシバシ!
daily に、音読・音読サイトラ・ビジネス用語のインプット
朝: BBCサイトラ、Live!BusinessE、BBC W、CNN E
通勤電車内: 
往き: QR、シャドウ、WST (Wall Street Journal) 1日1分!ビジネス英語
帰り: JTW (Japan Times Weekly) サイトラ、N-JE表現集で、即訳練習


振り返って:
この頃は、プライベートであまりにもいろいろなことがあり、集中力に欠けていた。
Distraction が多すぎて、自分で自分にハッパをかけるつもりで、
メモに書いていたのが上記の内容。
それでも現実はやはり気が散った。
そんな中、通勤の電車・バスの乗り換えが頻繁だったことを逆に利用して、
短い文章をサイトラすることに。

WST (Wall Street Journal) 1日1分!ビジネス英語 はオススメ。
初級から中級の英語学習者向けだが、内容がバラエティーに富んでいて、電車の中で気軽にできる。
最初は2行くらいの短文から始めて、100-130語くらいのまとまった記事を読めるように構成されている。
これを私は一読して、即、訳出する練習に使った。
訳例が載っていて、時々、ちょっと直訳っぽいものもあるが、うまく訳しているものもあるので、参考にして、とにかく、意味内容がとれていれば、次へ進む。
飽きっぽいヒヨコのようなタイプには、こういったアソートチョコみたいな本がいいのかも。

« July 2006 | Main | January 2007 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!