My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« May 2006 | Main | December 2006 »

Jul 01, 2006

あいまいさを防ぐ

From hiyoko's notebook:

6/6
☆あいまいさを防ぐために:
順を追って説明してもらう。具体的に指示してもらう。
特に重要な部分は、目的語や、省略部も確認した方がいい。
(どことどこの交点か、どこの頂点か、xx線は、何に対してか、等々・・・)

☆伝達不足を次回に活かす。
後から、「本当はこうしたかった。」「こう言ったつもりだったんだけど・・・。」って、言われても・・・。
数値を示しながら、「大体この辺にあるから」なんて説明をしたら、「ああ、この数値のあたりにこれを作るのか。」って、理解するじゃないですか。通じてないというか、きちんと伝わってないのは、日本人側の説明の仕方にも問題があるんじゃないかなあ。あいまいな指示の背景には、これくらいは共通理解できてるだろう、という、日本人特有の腹芸でわかるだろう的、説明を省いてしまうことによる伝達不足、があると思う。

もっと具体的に言ってくれなきゃ、技術的なことに関しては特に、私だって、あなたの頭の中まで見通してるわけじゃないんですから、言ったことが全てなんですよぉ~!省略しないでぇ~!!

そりゃ、ワタシだって抜けがあるかもしれない。これは心して反省して、次回から抜けがないように気をつけます。お互いに、気をつけて、正確に伝わるようにしましょうよ。
Be specific and accurate.

淡々と事実だけ訳す

またまたhiyoko's notebook より:

5/25
☆通訳中は、たとえインフォーマル・カジュアルな会話でも、私見をはさまず、言われていることのみ訳すこと。
足さず、引かず、事実だけを訳す。
余計なことは言わない。抜けがないよう気をつける。
それでも理解されない場合は、言い方を変えて言ってみるとか。

☆話し手が感情的になっても、とにかく淡々と訳す。
ある時、話し手が感情的になって、ちょっとした言い合いになり、せりふがオーバーラップして、どちらも訳せないことがあった。つまり、ヒヨコ=オロオロ状態。私はこういう状況に弱く、つい小さくなってしまうのだが、訳すことに徹するべきだったかなあ。
板挟みになるのはしょうがない。だからこそ、毅然としていなきゃいけないんだろうな。
Be cool always!

「察してくれ」は通じない

以下、hiyoko's notebook より:

☆日本的な、「察してくれ」は通じない。
外国人は、「察すること」は、できない。
言いたいことは、はっきり言ってこそ、通じる。
どんなに小さなこと・要望でも、伝えなければわかってもらえない。
日本人の口からよく出る言葉: 
「わかってると思ってた」「向こうに伝わってると思ってたよ」
ズバッと言わない限り、伝わりませんがな。

☆要点を先に言う。
v動詞と、センテンスの肯定否定を決める部分は、先に言ってしまった方がいい。
自分が訳しているうちに、忘れてしまうことがあるから。(苦笑)
あんまり、持って回った言い方をしたり、なまじかっこいい表現使おうなんて、思わないこと! ヒヨコなんだから。Be simple!

順序よく説明するって

難しいっすね。これがきちんとできないと、外国人って、なかなか理解してくれないような気がする。
以下、ヒヨコ's notebook より:

5/11 ☆重要なことを指示するときや、変更点がある場合は、それを先に言ってもらう。
わからない時、あいまいなときは、日本語を整理して、エンジニアへ確認する。
この時、「こんなことも知らんのか?」ってあきれた顔や嫌な顔をされたとしても、気にしない!だって本当にワタシは知らないんですから!

4/24 ☆ニュアンスは汲むべきだが、真意(隠れた意図)まで汲んで訳すべきなのか?
事実・言ったことを、直接訳すだけでいいのではないだろうか?

4/20 ☆エクセル等の、何か機能の手順を説明するとき:
順を追って、言葉で説明できるように、日ごろから気をつける。自分がマウスを取り上げて操作してしまったら、相手が覚えられない。

☆本人の質問に答える。
つい、質問に答えずに、私見を言ってしまうことがある。とにかく、まず、yes or no, もしくは答えを言う。

練習(勉強)と現場の違い

4月某日
学校へ行っているわけではないが、これまで、通訳合宿などで逐次の練習をしていた時は、たとえば、英日なら英日、日英なら日英を、2時間ずーっとやるでしょ。しかも5人くらいでまわってくるから、他の人が訳しているときは、(メモはとってたけど)、基本的に自分の訳出は「お休み」。
これが実際の現場では。
よく考えたら当たり前なんだけど、日本人と外国人の間に立って互いの言い分を訳すわけだから、英日、日英、英日、日英、が繰り返される。!!最初これに慣れなくて、すぐに切り替えられなかったり、ただ聴いてるだけで、ボーッとしたりしてしまった。やっぱり勉強してるときと違うわぁ~。
あと、背景知識がないというか、裏の事情を知らなくて、訳出にマゴついていたら、日本人の方に怪訝な顔というか、明らかにイヤな顔をされた。うわぁ!こりゃ大変だ。
でもMtgが終わった後で、その裏事情というか、会社側の事情を事細かく説明してくれた。うーん、そんな背景があったんですねえ。
でもここだけの話、お金がからむとどちらも真剣だし、どちらも自分の主張を譲らないし、平行線。ムズカシイわぁ。

« May 2006 | Main | December 2006 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!