My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« April 2006 | Main | July 2006 »

May 05, 2006

通訳ガイド時に学んだことが

以前、プロフィールに、通訳ガイドの資格を取得した旨を書いたせいか、時折、通訳ガイド(もしくはその受験)を目指している方々からメールをいただきます。

高校時代からワタシは、通訳ガイド、という職業にぼんやりあこがれていて(今考えると、なんて青臭い夢だったんだろう、と思うのですが、当時は、英語と旅行が好き、と言うだけで、ただただ「あこがれて」いました)、正直、どうしても、ガイドになりたかった。これホントです。

ヒヨコが通訳ガイド試験に合格したのは、はるか昔の1989年(ふるっ!)。2度目の受験で合格しました。翌1990年に資格をいただきました。ちなみに、ワタシは当時、心底ガイドになりたかったので、2年くらいは集中して、猛勉強しました。(子供のお昼寝中と、朝5時起きです)
研修を受けて、2年くらいガイドの仕事をちょぼちょぼとやりましたが、なんせ、当時まだ長男が小さかったこともあり、また、成田や都内のホテルに早朝お迎え、もしくは前泊なんていうお仕事のハードさに、正直体力ギブアップ。都内に住んでいたら・・・と何度思ったことか。
で、育児と両立させやすい翻訳の仕事へとシフトせざるをえなかったのです。

でも、この時勉強していたことが、なんと、ごく最近、役に立ったのです!それも2度も続けて!
海外から初めて日本に来た外国人に、お寺や神社のことを聞かれて、日本人の宗教について聞かれたときなんか。
まず、日本人はこれまで、土着の神道以外にも、仏教やキリスト教を受け入れてきた。それと同時に外国の文化を吸収してきた。しかし、現代の日本人はほとんどどの宗教も厳密な意味では、信仰していない。ただ、これらの宗教を、儀式として、生活には取り入れている。例えば、赤ちゃんが生まれると神社にお宮参りし、七五三や初詣も神社に行くが、若い人たちは結婚式を好んで教会やホテルのチャペルで挙げ、人が死ぬと、お寺でお葬式をあげる、というようなことを、できるだけ、混乱しないように(!!)、説明するわけです。神社は神道、教会はキリスト教、お寺は仏教、という説明も入れます。
この際、自分の個人的な意見や自分の信念・信仰などは脇へ置いておきます。あくまでも客観的に、これまで複数の宗教が共存してきた歴史的経緯と、現在の一般的なordinary 日本人市民が、どのように儀式として取り入れて行動するかを説明するのです。手短に。(長くなると、聞いてくれません。)
これはガイド試験のために、また、研修後なども勉強したことが、めっちゃ役にたってますぅ~!!
自分でもビックリしました。あれ?説明できてる・・・ワタシ。15年以上経ってるのに・・・。

それで、説明を聞いた外国人の反応が面白かった。
全般的に宗教心が薄れてきているアメリカ人女性は、
「まあ、複雑なのね。えーっと、神社って、なんの神様がまつってあるの?」
かたや、信仰心の厚いイスラムやヒンドゥーの方々は、
「信仰するものがないなんて、信じられない。」
「何も信仰するものがないなんて、or 自分の宗教がないなんて、アイデンティティーがないのと同じことだ。」
という反応。

で、日本には、確固たる宗教教育というものが存在しないにもかかわらず、人々が比較的平和に穏和に調和を保ちながら暮らしているのはなぜなのか、道徳心や品格というものはどうして身に付いたのか、などどいう素朴な疑問に答えてくれたのが、新渡戸稲造の「武士道」という著書でした。ワタシこれまだ全部読み終えていないのですが、(結構英語も格調高いんですよ。新渡戸先生ご自身が、英語でこれを書かれたらしい(翻訳じゃないんですよ)んですが、とにかくその思索力というか、洞察力は、すごい方だったんだなって思います。)、この本の言っていることは、先生ご自身が、外国人から質問されその答えに窮して考え抜いただけあって、非常に的を射ていると思います。
なので、上記のようなガイド時代の説明だけでは、自分がちょっと物足りないな、と思ったら、すかさず、この武士道の中に出てくる話を、受け売りですがと前振って、使わせてもらっています。

そもそも、通訳ガイドになる人というのは、ワタシのように英語と旅行や観光、古いもの大好き♪、っていうミーハーな人が多いのはたしか。また、日本のことをやたら批判する人、悪いところを挙げ連ねるような人は、2次試験(インタビュー)で、それを見抜かれて、落とされます。
何より大事なのは、(ワタシ的には)、日本という国を、誇りに思えるか、ってことです。外国から来たお客様に、日本のいいところも、悪いところもひっくるめて、ありのままに説明した上で、好きになっていただけるか、それにつきると思います。日本のいいところ?いっぱいありますよ。それはまた次の機会にでも。

追記: ガイド関連の記事は、思い出したら書いていくようにしたいと思います。受験&合格を目指していらっしゃる皆様、勉強は決してムダにはなりません。どうぞ、日本のことを知るためにも、がんばってください。応援しています。

May 04, 2006

ついに来た

手をつなごうとしたら、次男が、ワタシの手を振り払った。
ついに来ました、この時が。
長男で経験済みだったので、いつかはこういう瞬間がくることはわかっていた。
けどやっぱり、下の子は、いつまでーも、My baby でいてほしいな、っていう思いもあるわけですよ、母親としては。緊張して育てた長男に比べると、全体的におおらかに、一緒にいることを楽しみながら育てた次男は、いくつになってもMy baby だったんだけど、でもまあ、昨年あたりから、赤ちゃん扱いすると、本人はマジで怒ってましたらからね(笑)。
どんどん成長していくんですねえ。すくすく。
でもね、手を振り払われて、もちろん一抹の寂しさはありましたが、
でもこれ、自然なことですよ。だって、中高生で母親と手をつないで歩く男の子なんて、想像できないでしょ?もしいたら、それはマザコン予備軍です。
だから、自然な成長を、喜ばなきゃいけません。

そう、天使には羽がある。
その羽で、いつかは母親の元から飛んでいく。それは自然なこと。
しかもその天使は、
3歳ぐらいまでの間に、一生分の喜びと幸せをくれたといってもいい。
あとは、自分の力で飛んでいけるよう、祈りながら見守るだけです。

追記: Angel Memo とは、ワタシが二人の子育て中に四苦八苦しながら、悩んだりしたこと、笑えるような出来事があったときに、ちょこちょこと、メモパッドに書きためていたものにつけていたファイル名です。子供達のちょっとした言動や、自分の心の動きを書いていたのですが、ブログにアップしようと、ワードにまとめていたら、意外にも量が多くてびっくり。かなり赤裸々なものもあるので、そのうち編集してアップするかもしれません。あくまでも、記録として。

ジャケットを新調するということ

3月後半、スーツと春物のジャケットを新調した。
転職活動のためだったのだが。
スーツはなんと6年ぶり?
やっぱり、これだけ年数経てば、肩幅や襟のデザインなど、微妙に変わっている。
しかも!ワタシの体型も変わっている!!
そう、以前は、若い人向けのブランドでも、9号なら、まあなんとか着ることができた。
しかし!!な、なんと、肩周りがキツイの!!アームホール破けそう。(涙)
若い人って、こんなに細いの?って、あらためて思ったくらい、ヒヨコの背中と肩周りにはお肉が・・・
むむむ・・・しょーがないな、ってんで、
同じデパートの中で、ヒヨコ世代をターゲットにしているラインを置いている一つ上の階へ。
そこで、同じブランドのジャケット数点試着。なんと、着心地が好いではないの!
パンツも変なシワがよらず、適度にゆとりがあり、かつスッキリ見えるようにはける。
生地も仕立ても良くて、ヒヨコにとっては久しぶりのちょっとよいお値段。
4月から仕事があるかどうかもわからないのに、さあ、どうする?
でもでもでもね、
さすがにこの年になって、見るからに安物とわかる服を着て面接には行けませぬ。
昔、某芸人さんが、お弟子さんに言ったそうな。
「どんなに今、売れてなくても、格好だけはパリッとしてろ。間違っても、だらしのない格好や、冴えない格好するな。ツキが逃げてくぞ。今金がないならオレが出してやるから、パリッとした格好してろ!」
もちろんヒヨコは芸人さんではありません。通常会社に行くときは、清潔で、適度に身ぎれいにしていれば、特別な格好しなくても、カジュアルでも、特に問題はなかった。
ただ、この芸人さんの言ったことは、少しわかるような気もします。
今、実力もなくて、仕事がもらえるかどうかもわからない状況だったとしても、
やはり初めて会う人、時間を割いて面接してくれる人に会うために出かける時、
仕立てのよい&着心地のよいスーツというのは、
「いつかは本当にちゃんとした仕事ができるようになるための」
自己暗示兼自己投資とも言えるのではないでしょうか。
「運を呼び込む」ために、ジャケットを新調する。あ、ついでにニットも。

そうそう、必要経費と思えばいいのよ。
と、自分に言い聞かせる小心者なヒヨコだった。

2006 1-3月 計画と結果

まず、年頭に、英語のbrushupに関する今年の決意と誓いを立てた。これはプロフィールに載せた(でも恥ずかしいからあんまり見ないで・・・)。ちなみに、プライベートな誓いは、精神的なものから、バッグの中身を点検する、なんていうひじょーに俗っぽい細かなコトまで、マイ手帳に書き込んだ。(こちらは非公開です!!)

で、次に、年間計画というかテーマを、1年を4分割して、おおざっぱに決めた。
1-3月: 徹底的に基礎固め。現場に出る準備。テクニカルライティング基礎。
4-7月: できれば社内通訳の現場に出る。メンタル面の強化。受験準備?
8-9月: 多読速読&精読。多聴&精聴。
10-12月: '04年から始めた英語やり直し&通訳翻訳トレーニングの、3年間の総仕上げ。受験準備。

で次に、月別のテーマ・目標・対策を考えた。これは、自主トレの進み具合、自分のサボリ具合、等々、状況に合わせて、フレキシブルに立てられるようにする。なので月末か月初めに決める。

1月: 初心に戻って、飛躍の土台を築く。やさたく&対訳本で精読
実績: 朝練10days/31 
やさたくの教材として、Time for Kids (TFK) と Japan Times Weekly (JTW) の購読を開始。
対訳本は、新渡戸稲造の武士道(Bushido, The Soul of Japan)を選んだが、未だ読み終えてない。
区切り聴きとSV取りの練習は、BBCサイトトランスレーション。これは1月7日に2巡目終了して、9日に3巡目開始。
音読サイトラは、'05年からやっていたBBC Worldを継続。CNN-EE 12月号の基礎トレも。
友人と始めたプチ勉強会では、Scientific American の記事の精読、社説の音読逐次の練習。
いずれも少しずつ。

2月: 多読&精読。科学技術系の短文即訳を、たくさんやる。
実績: 朝練4回。
ハイ、正直言って、緊張の糸がブチッと切れました。全く自主トレに身が入らない日々が続いた。なんとか、TFKとJTW を、遅れながらも読んだくらい。気合いが入らなかった。
科学技術系の短文即訳は、工業英検の対策本から、以前やってみて間違えた短文を抜粋して、自分でワードに打ち込み、日英・英日、ササッと訳せるように練習。とにかく、短くても効率的な言い回しの練習。プチ勉強会で友人にランダムに読んでもらって、ちゃんと出せるかチェック。
週末しか自主トレできず、まったく目標未達。

3月: 集中力・冷静な判断力アップ!現場を想定したトレーニング。
実績: 朝練、自主トレともに、ほとんどまともにはできず。プライベートでとにかくいろいろ忙しすぎた。
短文即訳の練習に、昔買ったままで使ってなかった、Live! ビジネス英語リスニング、のCDを使って、メモなしで訳出する練習を加えた。BBC2本やっていたので、これとCNNでブリティッシュとアメリカンのバランスがとれるかも?
音読サイトラは、3月20日に、BBC World の3巡目終了。25日から4巡目にはいる。今回は、メモなし段落逐次と、音読、日本語訳音読をやる。とにかく、コンセプトの置き換えがスイッとできるようになりたいので。

というわけで、昨年末に思いっきり緊張の糸が切れて、1月はフレッシュな気持ちだったものの、2月は超たるんで猛省、3月は、プライベートが充実していた代わりに、自主トレ全く進まず、でした。
4月以降はまた今度!ピヨ!

« April 2006 | Main | July 2006 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!