My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« November 2005 | Main | April 2006 »

Dec 30, 2005

お詫びと、更新お休みのお知らせ

お詫び:

当ブログにて、私の不注意と軽率な行動によって、一部関係者の方々にご迷惑をおかけしました。
この場を借りて、深くお詫び申し上げますとともに、今後このようなことがないよう、細心の注意を払うようにいたします。

やはり、自分の不注意とはいえ、不特定多数の方が読むことのできる媒体で、軽はずみな行動をとってはいけないと、深く反省しております。
ただ、ブログの記事は、決して他意も悪意もなく、営利目的も全くなく、書いておりますので、その点だけはご理解いただきたく存じます。

もし、関係者の方々が読んでいらっしゃいましたら、
「本当に心から申し訳なく思っていること」、
「今後は記事の公開に充分気をつけること」、
を誓いますので、どうかお気を悪くなさらないでください。
本当に浅はかで軽率でした。心よりお詫び申し上げます。

自分なりの敬意を表すために、
当ブログの更新を、しばらく自粛いたします。

読んでいただき、どうもありがとうございました。

追記:
今年は、たくさんの出会いとその喜びに支えられた1年でした。
感謝の気持ちで一杯です。
来年が、皆様にとっても、素晴らしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
ヒヨコ

Dec 10, 2005

お知恵を拝借: サイトラで、どう訳すか

「私ならこう訳します」という、皆様のお知恵を拝借したいので、ふるってご参加ください。

4月から11月にかけて、自己流でサイトラの練習をしてきましたが、途中、どうしても訳出の仕方がわからない、うまくきれいな日本語にできないところを、‘ほったらかし’にしてました。もっと小出しにして皆様の訳例を伺えばよかったと思うのですが、溜めてしまいました。ここで一気に一部を放出して、皆様のお力とお知恵をいただきたく思います。(実は他にもまだたくさんあるのですが、今回はとりあえずこれだけ。)

下記は、全文を載せるのは不可能なので、背景が少しでもわかるように、
記事のタイトル
日付、出典
英文(抜粋)、の順番になっています。

下線部が、特に、訳出に迷ったところです。もちろん、英語としては、なんとなーくわかる、または、単語も辞書で調べれば意味はわかります。でも、サイトラで、声を出してうまく訳せないのです。

時間のない方もいらっしゃると思いますので、1番だけ、もしくは、わかったものだけ、のご参加でも結構ですし、もちろん、複数訳出していただいても、とても助かります。
コメント欄でも、メールでも受け付けます。必ず、どの文を訳したかわかるように、文章番号を入れてください。
なお、後ろから出せる翻訳ではなく、サイトラで頭から出す場合の訳出例を、書いてください。
ちなみに、6-1, 7, & 8は、if の訳し方(つなぎ方)がわかりません。頭のif はまだしも、文の後半に出てくるif は、どうやってつなげて訳したらいいのか、どなたか教えてください。どうぞよろしくお願いします。
悩めるヒヨコに愛の手を!?


1. Annan encourages pursuit of Uganda rebels in Congo
Oct 5, from REUTERS

Inflammatory statements detrimental to the conduct of United Nations operations do not serve the cause of peace and could result in putting the lives of UN personnel in danger,” Annan said in a statement in an obvious reference to Uganda.

2. China contemplates change
Oct 13, 05, from Economist: Global Agenda

The growing protectionist sentiment among America’s legislators has had little obvious effect on the Chinese, who continue to resist fiercely any appearance of caving in to American demands.

3. How to Help Poor Countries
Jul/Aug 05, from Foreign Affairs

These assumptions ignore key lessons of the last four decades -- and of economic history more generally. Development is something largely determined by poor countries themselves, and outsiders can play only a limited role. Developing countries themselves emphasize this point, but in the rich world it is often forgotten. So too is the fact that financial aid and the further opening of wealthy countries' markets are tools with only a limited ability to trigger growth, especially in the poorest countries. The tremendous amount of energy and political capital expended on these efforts in official circles threatens to crowd out attention to other ways in which rich countries could do less harm and more good. A singular focus on aid and market access at the September 2005 Millennium Summit should not leave other potentially rewarding measures on the back burner.

4. Ivory Coast ‘recruiting Liberian child soldiers’
Oct 29, 05, from Guardian

“The Ivorian government is bolstering its military manpower by recruiting children who fought in Liberia’s brutal civil war.”

5. Carter roasts Bush over Iraq
Nov 03, The Australian

Former US president Jimmy Carter overnight accused President George W. Bush’s administration of degrading moral standards underpinning decades of US foreign policy.

6. Saving One Life At a Time
Oct 30, 05, from Time

6-1. You can’t stop an earthquake; but you can stop malaria, say the experts, if you just spend the money to do it. And malaria is like an earthquake that kills more than 80,000 every month.

(中略)

6-2. The “we’re safe, it’s far away” illusion has died; the sense of being stalked by a disease is now felt in rich countries as well as poor, and we find we have something in common with people who live with such fear every day.
To fight an enemy like this, we need an army nimble as a virus, huge as hunger, brave as Marines. In this special report dedicated to global health, you will meet some of these defenders, models of not just charity but also ingenuity, nerve, patience and faith.


7. Greenspan: Oil prices should cool
Apr 5, 05, from CNN Money

Slower rising demand and increasing output had already led to faster oil-inventory building, he said, adding that stockpiling could pick up further as producers seek to cash in on higher futures prices.
If sustained, these market technicals could encourage enough of an inventory buffer to dampen the current price frenzy,” Greenspan told the conference.


8. Former Health Minister Publishes Anti-HIV/Aids Pamphlets
Oct 3, 05, The Post from allAfrica.com

The Fako SDO, Bernard Okalia Bilai, who presided at the launching ceremony said it was incumbent on the local communities and the governments to join their efforts if indeed the fight has to be won.


ご協力、ありがとうございます! 
他にもほったらかしの「訳しにくかった文」、たくさんあるのです。
第2弾、第3弾スタンバイ中!? その時はまた、ご教示ください。

レバタラいため

Dec 8, 05
今さらアセってどうなるってもんでもない。
でもやっぱり、と、いつも、思う。
「もっとコンスタントに、やっておけばよかった・・・」って。
そんな、1週間やそこら突然ガーッとやっても、急には力はつきませんがな。
でもだからって、全く何もやらずに受けるほどの勇気はない。

そう、そして、いつもこの試験1週間前から10日前くらいになると、
山のようにやり残した、もしくは読んでない記事を思い浮かべては、
いきなり、「反省&後悔」モードに突入して、メソメソ、グジグジ。
もしくは、「開き直り」モードに突入して、
そりゃー、洗濯も食事の支度も掃除も地域の手伝いもクリーニングの手配も、ぜーんぶ放り出して、子供の服やら文房具の心配もせず、子供を病院に連れて行ったりしなくていいんなら、もっと時間がとれるし勉強できるってばよー(ナルト風に)!!と心の中で叫んでみたり。
あー、会社休みたい(=休んで自主トレしたい)、マジで。とズル休みの誘惑が頭をもたげたり。
でも休んで1日くらいやっても、きっとそんな急には伸びないよなー、と言ったり。ブツブツ・・・

で、ダンナから、いつものトドメの一撃:
レバタラいためは要らんっつーの。」
つまり、
「あーしてれば、こーだったら、って、100万回言ってみても、現実は何ひとつ変わらないんだぞ。」(いーかげんにしろよ、という口調)
「現実的な仕事をする人間にとっては、マイナスの感情はムダなだけなんだよ。」
目の前にある、できることからやる。」(いーかげんに学べよ、という口調)
レバタラいためはマイナスの感情。言うだけエネルギーのムダ、って、
バッサリ斬られたってばよォ・・・(ナルトの口調)

"If and When were planted, and Nothing grew."
Proverb

無謀な挑戦

今までの経験(数は少ないが)から言って、純粋に初見の題材ほど、その人の持っている英語力&理解力の差がハッキリ出る。
初見の素材で聴くチャンス1回で逐次をやらせれば、訳出の巧拙よりも、英語力の差の方がハッキリするから、試験する側も、スクリーニングしやすいのだろう。
だから、実を言うと、小手先のテクニックでは太刀打ちできないのが、通検1級。あんたの実力はこの程度だよって、突きつけられる。(グサーッ!)
まず、初見1回で、内容が、ロジック見失わずにとれるか、否か。
国産で1級とった人いるんですか?私の知る限りでは、いないんですよね。

じゃあ、落ちるのがわかってて、ヒヨコはなんで受けるのかって?無謀にも? 
学校通ってないから、客観的にダメ出ししてもらうため。かな。(笑) オマエはマゾか?

1級をとった帰国子女の方のコメントに、「レベルチェックのつもりで受けました」っていうのがあったけど、さっすが~余裕を感じますよね。
ヒヨっちとは大違いじゃ。

とにかく、やろう」という気持ちを駆り立てるために、受験しているのかも。ダメもとで。
まあ、その過程は結構楽しんでるけど。自己満足じゃマズイよなー。
緊張すると耳鳴りがしそうだから、つとめてリラックスするようにしよう。
って、そこで寝てちゃダメでしょーが。

準備はいつもスリリング

Dec 7, 05
あと10日。どうしよう、とあせるのではなく、
落ち着いて、何をするか(何ができるか)、リストアップ。

Things to do に下記を追加。
2005年の国際問題・経済・外交・時事トピックで、最低押さえておきたいものを、もう一度おさらい。
朝日とasahi com. 、読売とDaily Yomiuri で、同じテーマの社説を読み比べ。
手作りマイ用語集「これって何ていうの?日本的表現」&「これってどういうの?時事表現」の見直し。
分野別の表現集(ネットから記事をコピー&ペイストして、知らない言い回しを調べて脇に書いただけのものだが)を再チェック。

ニュース記事や社説を読んでいて、気になりだしたら、キリがない。
イラク戦略、イラク問題全般、6者/カ国協議、米中日関係、ODA 、UN改革&常任理事国、米ハリケーン被害対策、パキスタン地震、人民元切り上げ、G7、WTO、東アジア共同体、EU問題、G8&途上国支援、アフリカのエイズ問題、温暖化、麻薬問題、他にもイロイロ、エトセトラ・・・日本国内問題もあるし。

あれもこれも読んでない、「読まなきゃーっ!!」と、また直前になって心の中で叫んでいる。
本当に、何が出るのかわからないって、スリリングですわ・・・
でも今回はヤマかけしない。とにかく、浅くでもいいから、ひと通り押さえる。(って、できるのか?時間ないゾ!)

漢字の宿題

帰宅してからのドタバタが一段落する夕食後、以前なら家族とTVのバラエティー番組など見ながらワハハと笑っていたのだが、さすがにお尻に火がついて、せめてお風呂に入る前に少しでもトレーニングせねば!と思う今日この頃。
が、夕食後というのは、(朝練を始めてからは特に)、もうどうしようもなく睡魔がおそってくる時間帯。お腹もいっぱい、体もぽかぽか、気分もホーッとする。
で、ソファでちょっと一休み・・・キ、キケンすぎるぅー!!(そう、過去の経験から、熟睡体制に陥る危険度大)
そこで、子供(まだ素直な小4次男)にちょいと頼む。「8時半になったら、何が何でも、起こして。」(そう、頼む時点でもう寝るだろうことを想定している)

「おかーさん、8時半だよ」
「zzz... う、うーん、あと5分待って。」
「おかーさん、5分たったけど。」
「zz...うーん、ね、ねむい。めちゃくちゃ眠い。でもトレーニングやらなきゃなあ。」(そうこう言いつつ、グダグダ)
「おかーさん、15分も過ぎてるけど。(あきれ声で)」
「z...うーん、やっぱ、やらなきゃなあ。フンガー(眠い)」(同じ言葉を繰り返している。寝ぼけている)
「・・・おかーさん、トレーニング、オレが代わりにやってあげようか? ほとんど意味ないと思うケド。」

ん?このセリフ、どこかで聞いたような・・・?
そういえば。
この小学生の次男を、学童保育からピックアップして帰宅する途上、いつも私が、今日の宿題はなあに?と訊くのだが、大体、算数の計算か漢字の練習が出ている。うちは下の子は塾には通わせていないので、この、毎日担任の先生が出してくださる宿題はとてもありがたく、助かっていて、必ずやるように言っている。で、次男は計算は得意というか、速くできるからそんなに苦にしてないのだが、漢字の練習がどーもニガテ。これは以前からそうなので、仕方がないのだが、時間がかかることがわかっているし(あんまり字が汚いと書き直させたりするので)、漢字の宿題だと、必ず、
「今日は漢字だ。イヤだなー。」と言う。そんな時、低学年の頃は、
「じゃあ、漢字がスラスラ書けるように、おまじないをかけてあげる」と言って、手をさすりながら、おまじないをかけてやっていたのだが、さすがに中学年になって、おまじないもないかなと。
そこで、
「漢字の宿題、イヤだよね。じゃあ、お母さんが代わりにやってあげよっか。そしたらスグ終わるよ。」
と言ったことがある。そうすると、
「(やらなくて)いいよ。だってそんなの、意味ないじゃん。」ときた。
そう、自分じゃない、他の誰かが宿題をやってくれても、全く意味がないことを、私はそれとなーく、本人が気がつくように言っていたのだった。
でもそれを逆に、自分につきつけられるとは・・・

目が覚めましたワ。
Dec 5, 05

Dec 03, 2005

精度を上げたい

12月の目標: 逐次の精度を上げる
Focus: 6分でいいから集中する
Always keep this in mind: 常に、実際の現場を思い浮かべながら発声・通訳(の練習を)する

12/18 まで:逐次初見で安定して80%以上出せるようになること。
時間があまりないので、優先順位を決めて、できるだけ毎日やること。
1.NH w/ JL (PBS) で、3分+3分のみ、集中してメモ取り逐次&パラサマ。スクリプトでチェック。マイ語彙・表現集でボキャビル。
2.CNN E.Express: 1回か2回聴いてメモ取り逐次。スクリプトでチェック。
3.リテンション: 「BBC サイトトランスレーション」:2巡目 リテンションと頭出しサイトラ
4.音読&シャドウイング: K/H, BBC World 3巡目(電車内)
5.サイトラ: 「速読速聴トレーナー」 (電車内)
6.日英: LNE12月号(電車内)
7.(時間があれば)短い記事でメモなし逐次練習 or スピーチの逐次練習

注意すること: 
ビジネスの現場で使える力をつけることが当座の中期的目標。国際関係や政治経済のトピックは、どこでも通用する実力をつけるための教材である。
決して、勉強している自分に酔わないこと。酔ってるうちはまだまだ甘いんだろうな。

クリスマスとその翌日は次男の誕生日なので、それまでは、忙しさに振り回される12月。
なので自分に「ごほうび」を。
ずーっと行ってないマッサージに行きたいっっ! 肩と首と目の周りの筋肉がもう既にバリバリです。
ホントはタラソに行きたいんだけど。遠いしなあ。
とにかくどこかに行く。温泉でもいいし、何でもいいから、ボーッとできるところに行く。
観たかった映画を観る。アルバムの整理。
あぁ~、でも書いてるうちに、大掃除のこととかお正月のおせちのこととか思い出してきた・・・。
結局休めないのね、ヒヨコ・・・。
小さくてもいいから、自分にごほうび用意しておこうっと。
ナイショのごほうびもネ♪

« November 2005 | Main | April 2006 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!