My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« October 2005 | Main | December 2005 »

Nov 30, 2005

リフレィミングの術

11月を振り返って
朝練達成率: 66% (20/30days)(ちなみにこれでも過去最高記録!)
サイトラ:10本、読んだだけ記事:12本
工業英検対策: 問題集やり直し・パラサマ → 拙記事「ノーサイド」「大リーグボール養成ギブス」をお読みください。魔球完成は5カ年計画に変更してます。(笑)

11/21 以降通検対策: 
基礎トレ: 音読&シャドウイング: 11/29 VOA3巡目終了。おつかれ~! K/Hシステム3-10。
「BBCサイトトランスレーション」で、逐次練習。11/28 一巡目終了。
区切り方が短すぎて逐次しづらいので、全体を聴いてからメモ取って逐次。
20のストーリーのうち、精度の記録をとったのが14回。精度は、下は62%から、上は83%。14回の平均は、71.7%。やっぱり目標未達。
精度がなかなか上がらない。ブリティッシュの発音のせいではない。やはり語彙・表現・知識不足で訳出にムラが出る。2分弱くらいの軽めの話題が多いのに、くやすぃー!

NH w/ JL (PBS) で、3分+3分のみ、集中してメモ取り逐次。スクリプトでチェック。マイ語彙・表現集でボキャビル。話し手の知的レベルが高かったり、内容が難しいと、ついていくのがきつい。(特に米東部のジャーナリストの早口。容赦ないスピード。) でもやりがいのある内容が多い。

CNN Express (雑誌)を初めて購入。TVでCNNを視聴していて、自分が理解しているのかしてないのか、スクリプトで確認したくなったから。
むかーし買った「速読速聴トレーナー」で、サイトラ。(電車内) 短いのと、訳例がついているので練習にはちょうどいい。クリントンの話題とか、古いけど。
日英を全くやってないことにハタと気づき、LNE12月号を久々に買い、日英パラグラフ逐次。(電車内) 部分的に出てこないところは即チェック。昔(2年前)よりはサクッとできるようになったのでは?あー、でもやっぱりつっかかるところもある。サクサクッとできるようになるまで練習。

反省点
1.EJパラサマがあまりできなかったのが心残り。
ママさん通訳さんのお奨め練習法に、「なんでもかんでも要約してみる」っていうのがありました。(ありがとうございます!)
そう、内容がわかっていれば、要約できるのですよね。内容がとれてないと、要約で出すことができない。工業英検の問題でも、やはり内容が自分の中でしっくり処理できてないときは、要約できなかったです。逆に言うと、パラサマは、自分の理解力のチェックにもなります。12月に期待。

2.「覚醒していること」と、「実際に起き上がること」の間には・・・
時々、目は覚めているのに、体が起き上がれないときがあり、30分ぐらいふとんの中でグズグズ・・・
で、気がついたこと。
「あー、グズグズして寝坊してしまった。」という後悔の念を引きずってしまうと、一日どんより。あー、今日はトレーニングの時間がないー!と、あせる。

3.11月は、運動・体力づくりをサボった。
本当は体を動かしたほうがいいのは百も承知だし、ジムの会費がもったいないが、目先の優先順位(!こういう言い方イヤですけど)を考えると、命の維持に直接関わらないもの、バレエ・ジムとガーデニングがリストから落ちる。よって体型はどんどん崩れ、庭は荒れ放題・・・。ムムム・・・

よかった点
新しい発見: 朝は、スパッと起きてトレーニングできた日の方が、一日が充実して感じる。気持ちも前向きだし♪
でもどうしても寝坊してしまい、時間がとれない時もある。希望時間に起きられなかった時に、自分自身に何と言いきかせるか。
そんな時は、くよくよしない、「リフレイミングの術を使うべし。
つまり、コップに半分水が入ってるとして、もう半分しかない、と思うか、まだ半分ある、と思うか、っていう、あれ。
「寝坊した→ トレーニングできない!→ どうしよう!」の堂々巡りじゃなくて、
「今日はよく寝た(よく眠れた)。→ だから訳出の質が上がるかも。Or 電車で集中してやろう。 or よく寝たからお肌の調子がよいワ。」等々・・・
ものの見方のフレームをかえてみる、っていうことですかね。
これもね、トレーニングで、できるようになります。いい方に解釈するクセをつけるんですね。
(ただノーテンキなだけかも?でもヒヨコにはちょうどいいみたい)

これ、何にでも応用できまっせ♪

Tomorrow never knows

Qちゃん、東京国際女子マラソン優勝!おめでとうございます。
マラソンは(じゃなくて「も」だな。スポーツ全般)苦手だったヒヨコは、純粋に尊敬。
しかもあのスピードで!走るんですよ。すごい。
月桂樹の冠、笑顔、いいですねえ。

比べるのはおこがましいんですが、
国産にとっての通訳のトレーニングって、マラソンみたいだなって思うときがあります。
(すみません、スポーツネタが続いてて。私自身は運動音痴なんですが)
タッタッタッタッタッタッタッタ・・・独りでひたすら走り続けてる、みたいな感じ。
もちろん、周りのいろんな人達の協力があってこそ出場できるのだし、
また、マラソンは競争(レース)でもあるのだけれど、
どう見ても、他人との競争というより、

「途中で投げ出さない(棄権しない)」、「走り続ける」だけでも大変、
つまり、自分自身との闘いに思えてしまう。
自分の弱さや甘さとの闘い。

ま、よく言われるけど、人生=マラソンみたいなもんですわな。

♪果てしない闇のむこうに 手を伸ばそう
Tomorrow never knows
勝利も敗北もないまま、孤独なレースは続いてく♪

recorded on Nov 26, ‘05

脱線と善意のパワー その2

帰宅してから、引継ぎの様子をダンナに話す(別の意味で疲れたよー)と、
最近、自分でも会議を仕切ることの多くなってきた彼は、「会議をうまく運営する方法」類の本を読んでいたので、得意げに、ノウハウを話してくれた。
「会議を始める前には、必ず会議の目的とアジェンダと順番を提示する。」
「会議中に脱線するのはよくあること。それは仕方がないとして、それを元の本題に戻す人が必要だよな。司会者を決めないと。ファシリテーターが必要なんだよ。」
・・・そんなことわかっとるわい!
そういうMtgとは明らかにレベルというか質が違うんだけど・・・。

たとえば会社で、会議が始まる前に、議題はもちろん、内容の行く先を教えてくれなければ、そりゃあ不安になるし、どういう姿勢で臨めばいいのかもわからない。どういう方向に持っていきたいとか、どういうアウトプットがほしいとか、水先案内してもらえなかったら、私ならとっても不安で、絶対聞くと思う。

でもね、相手は私達の母親世代の人たちなのよ。
(第2次世界大戦(!)を幼少期または学童期に経験している!世代ですよ)
アジェンダだの、ファシリテーターだの言って通じる相手ではない。
彼女達は、FAXは使えるけれども、小さすぎる字は読めないし、メールは打て(た)ない。
「メールで連絡もらえますか。」なんて、言っちゃダメですよ~!そのくらい気がついてあげなきゃ。メールが打てないのは彼女達のせいじゃないんだから。
ヒヨコ思うに、彼女達が我々に合わせるよりも、私たち世代が彼女達に合わせた方がいいというか、スムーズにいくような気がする。
だから結局は仕切らなかった。
たとえ話し合いがチャッチャッと進まなくてもね、その場の空気に合わせるってことも必要かなと。(ワタシがこんなこと書くなんてねえ。苦笑)

それに何より1年振り返って、平日仕事をしているヒヨコは、平日は地域の手伝いはほとんどできなかったので、土日しか手を出していない。
あまり手を出してないから、口も出せない。平日の活動は、彼女達の賜物なのだ。だから決して話を仕切る立場ではない。

ハッキリ言って、地域の役員は、あくまでもボランティア、善意以外のなにものでもない。しかも今どき、なり手がいないの。
お給料もらって、利潤追求という同じ目的を持って、全員が一丸となってとりくむ開発部隊じゃないのだ。
そこんとこよろしく。
脱線パワーにも圧倒されたけど、でもなによりも、
彼女達の光り輝く☆善意のパワー☆なくしては、地域の活動はまわっていかないのだ。よって感謝。

脱線と善意のパワー

11月某日、地域の役員引継ぎのため、話し合いに参加した。
参加者(全員女性)の年齢構成(推測):60-70代4人+50代1人+ヒヨコ(子育て中)世代3人の、計8人 
ちなみに、皆さん、「いい人」ばかりなんですよ。心優しい方ばかりです。だから彼女達の人格を否定するつもりなど毛頭ない。
ただ、会議というか、話し合いの進め方に多少ギモンを感じたのと、あまりにも効率が悪いので、途中で何度も仕切りたくなってしまった。
まず、冒頭、
いきなり、ABさんはどうしてらっしゃる?とか、CDさんのお宅はどこなの?とか、知っている人同士での井戸端的な会話に突入。
あのー、引継ぎで顔合わせの意味もありますから、お名前と顔が一致するように一言、自己紹介したらいかがでしょう? とヒヨコ提案してみた。で、自己紹介。
しかし、
その後も、旧知の間柄という方々の間で、勝手に話が進んでしまう。
しかも、その話があっちゃ飛びコッチャ飛びして、もう飛び火アンド飛び火、
脱線に次ぐ脱線で、
「あーん、本題はどこ行ったー??」状態。
見かねた誰か(ヒヨコも含めて)が、「えーっと、まとめると、こうこうですよね?」「整理すると、つまり、・・・」と話を戻すんだけど、
油断すると、あっという間に、自分や自分の親の健康状態や、EFさんやGHさんの話、その他行事のこぼれ話などへと発展してしまう。ううぅ・・・

今日の話し合いの目的は、この地域での役員の引継ぎなので、
― 初めて引き受ける人に、仕事の説明、
― 年間の行事予定、地区の担当行事、掃除当番月、
― 連絡網の順番の入れ替え・確認、
― 旧役員から要望や改善点などを出し、新役員からの質問を受け付ける
― 今後数年間に役員を引き受けてくれそうな人の情報交換
これを順序よくやれば、なんてことないはずなんだけど。
もう順番もへったくれもなく、行き当りばったりで話が進み(後退し?)、しかも脱線しまくり~。
正味1時間くらいで終わるであろう話合いに、2時間半もかかってしまった。

小学校の懇談会の方が、もうちょっとスムーズに進むような気がする。(役員のなり手はなかなかいないけど・・・)
実家の母も話がメチャクチャ脱線するほうなので慣れてるつもりだったけど、でもそういう人が複数集まってたから、脱線の度合いがグーンと増幅されたみたい。
しかも、ワタシはこんなにせっかちだったかな?と思うくらい、途中何度もイライラしてしまった。元来のんきとかのんびり屋だとか言われていたのに。
なんだ~?話の行き先が見えない~!と、この、行きつ戻りつする話の非効率さに、イライラしている自分に、ちょっと驚いた。
通訳の自主トレと関係あるのかしらん? 「時間の使い方」にかなり敏感になってるせいかもしれない。
ともあれ、やっと役員交代できる。ちょっとホッとした。
(つづく)

little by little

一部、書き方が誤解を招いているのか、
ひよこががんばりすぎているのでは、という心配をしてくださったり、
勉強量がすごい、というふうにコメントをいただいていますが、
実際は、そんなにやってないのです。恥ずかしながら。
前も書いたかもしれませんが、all or nothing じゃなくて、a little or nothing なんです、ヒヨコの場合。
つまり、少しでもやればよし、ただ、全くやらないのだけは避けたいなと。

量的にも質的にも、本当に勉強する、っていうのはこういうことなんだなあと、
Tamazou さんのブログを読んではいつも感心しています。
通訳学校に通われている方々の学習量たるや、ヒヨコの比ではありません。
新崎先生の本を読んでもしかり。
質的・量的・時間的にコミットしてる度合いが違う。
ママさん通訳さんのおっしゃるとおり、人と比べても仕方がないですけど。
事情は人それぞれ違って当たり前なんだし。

ヒヨコはもともと性格がおおざっぱというか、いい加減♪
また、様々な事情から、物理的にトレーニングできないことも多いです。
なので、自主トレは、ゼロ(全くやらない)よりは、
少しでもやったほうがまし、と考えています。
なので、5分でも10分でもやったら、「やった。」ことにしています。

all or nothing じゃなくて、a little or nothing
a little step forward rather than nothing or going backward ってカンジ?

それから、ダンナにもよく言われるのですが、
髪振り乱してやるようじゃ、実際の仕事では使い物にならんだろう、と。
また、健康状態を損ねてまでムリしても、実際の仕事だとそれは言い訳にならないから、
そこまでムリしてやってダメなら、いい仕事もできねーぞ、と。
それもそうだな、と。
仮に将来通訳のお仕事をいただけるようになったとして、
体がボロボロだったら、クオリティー下がると思うし、
依頼元も、引いちゃうんじゃないかなって思います。

精神的・物理的・体力的に、稼動可能でなければ(下準備も含めて)、
余裕を持って仕事にとりくめないですよね。
ですから、
人前に出るための必要最小限の身だしなみを怠ったり、
体を壊してしまうほどには、自主トレやっておりません!(笑)
ってか、そんなにできないっす。

なのでご心配なきよう。
ご心配いただき、また励ましのお言葉、ありがとうございます。
ほら、もともと寝るのは大好きだから(笑)、てきとーに睡眠を調整してるんですよ。

どんな仕事でも、体壊すまでやったら(例えば致命的な病気にかかるほど)、
それは体が「ムリだよっ」て出してるサイン。
体を壊しちゃったら、がんばっても意味ないよ、って思います。
自分の体の声は、自分で気がついてあげなくちゃ。ねえ?

でもやっぱりもっと時間がほっすぃー!
ナルト(小学生に人気のアニメ・忍者もの)みたいに、陰分身の術が使えるといいのになー!

Nov 06, 2005

Go the distance...

11月の目標: 音と意味の一体化
Focus: イメージが焼きつくような読みと聴きを心がける

→ 11/6 までUNATE対策:過去問やり直し、語彙・表現チェック
→ 11/7 –20: 工業英検対策: 問題集やり直し・パラサマ
→ 11/21以降: 逐次訳出80%以上目指す。(現状初見だと65%くらい)

→ 基礎トレ: 音読&シャドウイング: 10月と同じものを継続。
毎日サイトラ&リテンション15分at Min サイエンステクノロジーにしぼろうかな。
ボキャビル、K/Hシステム途中。少しずつ。

逐次練習用に、BBC WORLD サイトトランスレーションのCD。区切り方が短いので、全体を聴いてメモとって逐次。とれたパーセンティジを記録。

予備校の先生の話より:
「不安を解消するには量をこなす。
プラトーを脱出するのにも量をこなす。」
量は質に転換するのだろうか・・・。
・・・ってか、ヒヨコ、そんなに量をこなしてないぞー!(笑)
それでもやっぱり、憧れのブレイクスルーを目指して、
Go the distance...

まだまだムラはあるけれど

10月朝練達成率: 45% (14 days /31)  ちなみに9月は0%でしたから(笑)。
UNATE 過去問: 計時速読&語彙調べ&読み込み: SA: ’01-1, 2, ’04-1, 2; A: ’01-1, 2
UN関連記事サイトラ:17本 (54%) +ただ読んだだけ:10本
工業英検過去問: 1巡目10月29日終了、2巡目(やり直し&読み込み)スタート、パラサマやってない
基礎トレ: 音読・シャドウイング: 七田(2巡目)・KH(2-8まで、継続中)・VOA(3巡目継続中)
9月にケーブルTVに入って、CNNを聴きだした。スピードには慣れてきたような気がするけど、やっぱり内容がとれなかったり、集中力が続かないことが多い。なんとなーくわかる、のと、逐次ができる、のは、大違い。やっぱりスクリプトのあるものでチェックした方がいいな。

反省点: QRほとんどやってない。苦手なリテンションから逃げない。少しずつでいいから毎日やる。
対訳本を読もうと思っていたが、できなかった。
ワンテーマ学習を全然きちんとやってない。
UNATE と工業英検対策を1週ずつ交互にやったが、気が散ってしまった。飽きないのはよかったのだが、どちらも中途半端にしかできないので、かえってフラスト&あせる。
日英を全く練習してない。2回くらい、朝日の社説を読んでもらって日英やってみたら、メタメタだった・・・

よかった点
10月後半、心を入れ替えて、朝練復活。そのおかげで問題集のやり直しができた。でも日曜の朝はさすがに寝坊したなあ(苦笑)。
とにかく、自分で納得できるまで、コンスタントに続けてみる。
1日1サイトラはできなかったけど、9月よりはやったんじゃないかな。ほとんど電車の中だった。とっても怪しいヒト、ヒヨコ。

まだまだ知らないことや表現は山のようにあるし、訳出にムラはあるけれど、
少しずつでもそれを埋めていくしかないんだろうな。

« October 2005 | Main | December 2005 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!